スマートフォン用ページへ

がん総合診療体制

受診のご案内

受診のご案内

医療の進歩により、がんは早期発見・早期治療により完治が期待できる病気となりました。
また、治療の選択肢も増え、患者さん・ご家族がご自身で治療法を決めることができる時代にもなりました。
一方、高齢化が進むにつれ、がん患者さんの高齢化も進んでいます。そのため退院後のご自宅での療養などに訪問看護・訪問介護などの医療・介護サービスがサポートをする必要性も高まってきています。
このように、これからのがん診療は、検診から入院治療そして退院後の療養まで、地域の各医療施設・介護施設が連携をして患者さん・ご家族に切れ目のない一貫した診療(シームレスな診療)を提供していくことが求められています。

川崎幸病院のシームレスながん診療体制~地域での連携~

川崎幸病院は手術や放射線治療などの入院治療を担っていますが、関連施設に検診・人間ドック、一般外来、在宅医療・介護サービスを担う施設がございます。
川崎幸病院は関連施設と連携し患者さん・ご家族にシームレスながん診療を提供します。
また、地域の病院・医院・クリニック・訪問看護ステーション・介護施設とも連携・協力をし、患者さん・ご家族がお住いの地域の中で、どの医療機関・介護施設でもシームレスながん診療・介護サービスが提供できることを目指しています。

川崎幸病院のシームレスながん診療体制~地域での連携~

川崎幸病院受診を希望される方へ

「検診でがんの疑いがあるといわれたので川崎幸病院を受診したい」、「他院でがんと診断され、川崎幸病院を紹介された」、「がんと診断されたが他の治療法がないか川崎幸病院の医師の意見も聞いてみたい」など、患者さんのいまのご状況ごとに当院受診の流れを下図にまとめております。 下図をご参照いただき、お問い合わせください。
がんという病気は、病状、治療方針、その後の療養などを患者さんご本人に充分に理解していただくことが大切です。 また、治療方針を選択するのは患者さんご本人とご家族です。もし納得できない場合には無理に結論を出さずに、遠慮なく他の医師の意見(セカンド・オピニオン)を聞くことをお勧めします。 納得いただける治療法をわたしたち医療スタッフとともに考えていきましょう。お悩みのことがございましたら、医療スタッフにご相談ください。

気になる症状があるので受診したいのですが・・・

または

検診でがんの疑いがあると言われました。精密検査を受けたいのですが・・・

一般受診

他病院でがんと診断され、川崎幸病院を紹介されました。

または

他病院でがんと診断されましたが、川崎幸病院での治療を希望しています。

紹介受診

他院でがんと診断され治療の説明を受けましたが、他の治療法はないのか悩んでいます。
川崎幸病院の医師の意見も聞いてみたいのですが・・・

一般受診

川崎幸病院の外来部門をご受診ください

当院外来部門である川崎幸クリニック・第二川崎幸クリニック・さいわい鹿島田クリニックのいずれかのクリニックをご受診ください。
診察・精密検査をし、良性の病気かがんかを診断いたします。

  • 川崎幸クリニック
  • 第二川崎幸クリニック
  • さいわい鹿島田クリニック

紹介受診を希望される場合

現在の主治医の先生に受診を希望するクリニック(川崎幸クリニック・第二川崎幸クリニック・さいわい鹿島田クリニックのいずれか)宛の紹介状を書いていただいてください。必要に応じて、レントゲン写真などの検査データを紹介状に添付します。

紹介状は、患者さんのご希望で主治医に依頼する場合と、主治医が他の病院での治療が適切と考えて作成する場合があります。

ご不明な点は各クリニックにお問い合わせください

  • 川崎幸クリニック

    予約専用電話
    044-511-2112

  • 第二川崎幸クリニック

    予約専用電話
    044-511-2112

  • さいわい鹿島田クリニック

    予約専用電話
    044-556-2722

セカンドオピニオンを受けることができます

川崎幸病院でセカンドオピニオンを受けることができます。紹介状が必要です。
紹介状が必要です。

セカンドオピニオンとは

主治医から治療方針について説明を受けたが、他に治療法がないのか迷われたり、決断するための情報が少ないと思われた時には、他の病院の医師の意見を聞くことができます。

044-544-4611(代)

幸病院担当にセカンドオピニオン希望とお伝えください。

診察・精密検査により、ご病気の状態を診断します。
患者さんのご病状と治療方針については、患者さんとご家族が充分にご理解、納得していただけるまで説明いたします。
治療方針に納得していただけましたら、川崎幸病院での入院治療となります。

がん検診のご案内

検診

がんは早期に発見することができれば、治癒率はぐんと高くなります。
しかし早期のがんの多くは無症状です。
そのため、がんを早期に発見するためには定期的に医療機関で検診を受診することが大切です。
日本のがん検診は、対策型検診と任意型検診に大きく分けられます。

対策型検診・・・市のがん検診など
任意型検診・・・人間ドック・企業健診など

人間ドック・企業健診を実施している関連施設

  • アルファメディック・クリニック
  • 川崎検診クリニック

川崎市のがん検診を実施している関連施設

  • 川崎幸クリニック
  • 第二川崎幸クリニック
  • さいわい鹿島田クリニック
  • 川崎検診クリニック

二次検診

検診にて再検査・要精密検査・要治療となった方は、かかりつけの医療機関にて二次検診を受診し、ご自身の健康状態を確認してください。
早期のがんの多くは無症状です。症状がないからとそのままにせず、速やかに二次検査を受診して、早めの診断を受けてください。

二次検診を実施している関連施設

  • 川崎幸クリニック
  • 第二川崎幸クリニック
  • さいわい鹿島田クリニック
  • 川崎クリニック

入院中の患者さん・ご家族へのサポート体制

ご病気によるお身体の苦痛、治療やご病気に対しての不安やお悩み、さらには、治療費のこと、お仕事のことやご家庭のことなど、患者さん・ご家族は多岐にわたる不安やお悩みを抱えていらっしゃると思います。 川崎幸病院では、入院中の患者さん・ご家族の不安やお悩みに対してそれぞれの専門スタッフがお話を聞かせていただき、患者さん・ご家族と一緒に、最善の方法を見つけていきたいと考えています。

詳細はこちら

退院に向けたサポート体制

入院治療が終わり、状態が安定しましたら医師の判断により退院となります。
退院後の生活や療養についても各専門スタッフがサポートを致します。

経過観察/通院治療

治療後5年間は再発や転移を防ぐためにも、経過観察をしていく必要があります。(乳がんについては10年間の経過観察)
また、病状によっては、抗がん剤の内服や点滴による抗がん剤投与を行うこともあります。
そのため、退院後も当院の関連施設もしくはかかりつけの病院に通院をしていただくこととなります。 通院先の病院とも充分に連携いたしますので、安心して通院治療を受けることができます。

診療記録手帳について

退院時には、診療記録手帳をお渡しします。この手帳には経過観察中の検査や診察の予定表やあなたのご病状の記載、また、定期受診の記録を記載する手帳です。この手帳をご使用いただくことで、医師が患者さんのご病状を把握でき、患者さんはどの医療機関を受診してもスムーズに診療を受けることができます。

在宅療養

退院後ご自宅で療養されるにあたり、訪問看護や介護サービスが必要な場合には、関連施設や地域の訪問看護ステーション・介護サービス事業所と連携をとり、患者さんに必要な医療・介護サービスのご調整を致します。

緩和病棟などへのご転院

療養病院や緩和病棟へのご入院を希望される場合は、当院のスタッフが調整させていただきます。
退院後も緊急を要する場合には、すぐに川崎幸病院で必要な診療を行いますのでご連絡ください。

0445444611