スマートフォン用ページへ

がん総合診療体制

がんの3大治療法

現在行われているがんの治療法には、主に、①手術療法、②放射線療法、③化学療法(抗がん剤)の3つがあり、これらをがんの三大治療法とよんでいます。
日本では、これまで手術ががん治療の中心にありましたが、近年は化学療法や放射線療法が進歩し、がんの種類やステージ(病期)によっては手術と変わらない効果が認められるようになってきました。

当院の「がん診療連携拠点病院」との連携について

当院は、神奈川県の「がん診療連携拠点病院※1」や「がん診療連携指定病院※2」が作成する「がん治療連携計画」を共有する病院として、関東信越厚生局に届出をおこなっております。届出要件は、「がん診療連携拠点病院※1」や「がん診療連携指定病院※2」が地域連携診療計画を作成し、その計画に基づいた治療を行う体制が必要となります。

地域連携診療計画に基づき、当院は手術療法、放射線療法、入院化学療法(外来化学療法は第二川崎幸クリニックにて)が可能です。

※1がん診療拠点病院一覧(神奈川県ホームページ)
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f417303/p443459.html#kyoten
※2がん診療連携指定病院一覧(神奈川県ホームページ)
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f417303/p443459.html#siteibyouin

がんの集学的治療

このように、がんの治療には大きく三つの治療法がありますが、場合によっては、2つ以上の治療を組み合わせることもあります。
手術療法、放射線療法、化学療法を組み合わせた治療をがんの「集学的治療」と呼び、三大治療法を効果的に組み合わせ併用することで、より大きな治療効果が期待できます。
川崎幸病院においても、従来行ってきた手術療法と化学療法に加え、2012年7月より放射線治療を開始したことにより、がんの集学的治療が可能となっています。

がんの3大治療法 化学療法 放射線療法 手術療法

がんの治療法を選択するためには、まずさまざまな検査を行いがんの状態や場所、進行度を調べることが大切です。
検査の結果をもとに、医師は、“患者さんのがんにはどの治療法がもっとも効果的か”を判断し、患者さん・ご家族に治療法を提案し、患者さん・ご家族の希望を伺い相談しながら治療法を決めていきます。
がんという病気は、病状、治療方針、その後の療養などを患者さんとご家族に充分に理解していただくことが大切です。
また、治療方針を選択するのは患者さんご本人とご家族です。納得いただける治療法をわたしたち医療スタッフとともに考えていきましょう。お悩みのことがございましたら、医療スタッフにご相談ください。

手術療法
手術療法

外科手術により、がんの病巣を切除する治療法です。また、周辺組織やリンパ節に転移があれば、一緒に切除します。
しかし、手術により、身体にメスを入れるため、創部の治癒や全身の回復にある程度時間がかかる治療法でもあります。
しかし最近では、切除する範囲をできるだけ最小限にとどめる縮小手術や、腹腔鏡下手術、胸腔鏡下手術など、身体への負担を少なくする手術(低侵襲手術)の普及が進んでおり、当院でもこの低侵襲手術を積極的に採用しています。

放射線療法
放射線療法

放射線をがんに照射して、がん細胞の増殖を防ぎがん細胞を殺してしまう治療です。放射線は、細胞分裂を活発に行う細胞ほど殺傷しやすい性質を持っています。このため、がん細胞は正常な細胞に比べて放射線の影響を受けやすく、一定の線量を小分けにして何回も照射することで、正常な細胞にはあまり影響を与えず、がん細胞を殺傷することができるのです。

化学療法
化学療法

化学療法とは、抗ガン剤などの化学物質によってがん細胞の分裂を抑え、がん細胞を破壊する治療法です。がんは次第に転移し全身に広がっていく全身病です。抗がん剤は内服や注射により血液中に入り、全身のすみずみまで運ばれ、体内に潜むがん細胞を攻撃します。そのため、全身的ながんの治療に効果を発揮します。

がんの治療は、この3つの治療を組み合わせ併用する事により、より大きな効果をあげることができます。

ページトップへ

臓器ごとのがんの治療について

がんのステージとそれに応じた治療法

一般的に、がんの進み具合を「ステージ」(=「病期」)といい、「ステージ」に応じて治療をおこないます。

「ステージ」とは、がんの進み具合を表すものです。例えば大腸がんでは(1)大腸の粘膜から腸の壁にどれだけがんが入り込んでいるか、(2)リンパ節への転移があるか、(3)他の臓器への転移があるかを総合してステージが分けられています。がんの治療には、まずこのステージを診断することが大切です。

がん治療のガイドライン

がん治療では、臓器ごとに治療の「ガイドライン」があります。当院でもガイドラインに沿った適切な「標準的治療」をおこなっています。がんの治療は、3大治療法である外科療法、放射線療法、化学療法(抗がん剤)を組み合わせておこなうことが大切であり、当院では、がんの総合的な治療を提供するために、この3つの治療すべてに対応できる体制を整えています。

  • 胃がんの治療について
  • 大腸がんの治療について
  • 肺がんの治療について
  • 乳がんの治療について
  • 肝臓がんの治療について
  • 前立腺がんの治療について