スマートフォン用ページへ

がん総合診療体制

がん登録

がん登録

「がん登録」とはがんの診断、治療、経過などに関する情報を集め、保管、整理、解析する仕組みのことです。

がんの登録の詳細については
独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービス
および、
国立がん研究センターがん情報サービス『がん登録・統計』
をご参照ください。

全国がん登録

『がん登録等の推進に関する法律』(法律第111号、平成25年12月13日公布)に基づき、平成28年1月1日症例により登録、届出を行います。

全国がん登録の詳細については
国立がん研究センターがん情報サービス『がん登録・統計』内の
「全国がん登録とは」
をご参照ください。

院内がん登録

院内がん登録とは、来院された全てのがん患者さんについて、診断、治療、予後に関する情報を登録・収集するしくみのことをいいます。 登録の目的は、当院におけるがん診療の実態を把握し、がん診療の質の向上とがん患者様・ご家族への支援に役立てることです。
対象となる疾患は、上皮内がんを含む悪性新生物、ならびに良性を含む頭蓋内の腫瘍です。当院ではその中で、5大がん(胃・大腸・肺・肝臓・乳房)について登録をおこなっています。
国で定めた情報収集の基準「がん診療連携拠点病院 院内がん登録 標準登録様式 登録項目とその定義2006年度版修正版」の標準項目に沿い、主治医や診療に携わった医師とともに、国立がん研究センターで所定の研修を受けた職員が情報の登録をおこなっています。

院内がん登録の詳細については
国立がん研究センターがん情報サービス『がん登録・統計』内の
「院内がん登録とは」
をご参照ください。

統計情報

川崎幸病院 院内がん登録2014年症例集計

川崎幸病院 院内がん登録2013年症例集計