スマートフォン用ページへ

診療科のご案内

 
 

CE科

コメディカル部 副部長 CE科 科長 長澤 洋一

  • 略歴

  • 1992年3月 日本工学院専門学校臨床工学科卒業
    1992年4月 石心会 川崎幸病院 勤務
  • 取得資格
  • 臨床工学技士
    体外循環技術認定士
    透析技術認定士
    呼吸療法認定士
  • 所属学会
  • 日本臨床工学技士会
    神奈川県臨床工学技士会
    日本体外循環技術医学会(学術委員)
    日本人工臓器学会
  • 担当
  • 体外循環 
  • 任命
  • 医療機器安全管理責任者

ページトップへ

皆様へ

CEとはClinical Engineerの略称で、臨床工学技士と言います。臨床工学技士は1987年に制定された「臨床工学技士法」に基づく医学と工学の両面を兼ね備えた国家資格者で、年々高度化する医療機器の操作及び保守点検、管理を行うスペシャリストです。具体的な業務内容としては人工呼吸器、血液浄化、人工心肺、心臓ペースメーカー、補助循環などの様々な生命維持管理装置を操作、保守管理することが基本ですが、カテーテル検査や人工透析、ペースメーカー点検など、患者さんと直接携わる業務にも従事しています。ゆえに、我々は医療機器の知識だけではなく医学的知識も必要とされることから、学会認定資格や認定試験などを積極的に取得し、石心会の理念である「医学的根拠に基づく高度医療の実現」を実行できるように努力をしています。

ページトップへ

CE室の紹介

新川崎幸病院のCE室は約130m2の面積が有り、その中には医療機器安全管理室、機器倉庫の他に部品(パーツ)などを保管するパーツ倉庫を設けました。また、機器のメンテナンスを行う為のスペースを広く確保できたことから作業効率も上がることと期待しています。旧病院ではスペースの関係から縮小していた臨床実習生の受け入れを拡大することができ将来の臨床工学技士によりよい実習が提供できるように努力していきたいと考えています。

CE室の紹介
CE室の紹介

CE室の紹介

ページトップへ

CE科の概要

川崎幸病院のCE科は大きく別けて血液浄化チームとCEチーム、手術室チームの3チームに大別することが出来ます。それぞれのチームの業務内容を紹介します。

  • CEチームの概要
  • 手術室チームの概要
  • 血液浄化チームの概要
  • スタッフ紹介

ページトップへ

CEチームの概要

  1. カテーテル検査業務
    心臓カテーテル検査や脳アンギオ、腹部アンギオなど3部屋ある検査室では、多くの検査や治療が行われていますが、その中で医療機器の操作、デバイスの管理などを我々が行っています。また、緊急検査なども多く行われているため24時間体制で対応出来る体制を整えています。
    カテーテル検査業務カテーテル検査業務カテーテル検査業務
  2. カテーテルアブレーション業務
    発作性上室性頻拍(PSVT)や発作性心房細動(Paf)、心室頻拍(VT)など、カテーテルアブレーション治療で必要となる不整脈解析装置や3Dマッピング装置、スティムレーター、高周波発生装置など、あらゆる機器の操作・管理を行っています。
    カテーテルアブレーション業務カテーテルアブレーション業務
  3. 心臓ペースメーカー・ICD/CRT業務
    ペースメーカーやICD/CRT植え込み患者さんの定期点検、植え込み時の点検等を専用の機械(プログラマー)を使用して行っています。
    心臓ペースメーカー・ICD/CRT業務心臓ペースメーカー・ICD/CRT業務
  4. 人工呼吸器業務
    生命を維持する人工呼吸器が正常に作動するように始業前点検や使用中点検などを行っています。また、呼吸ケアチームの一員として重症呼吸不全の患者さんに対して最善の治療を提供できるように努力をしています。
    人工呼吸器業務人工呼吸器業務人工呼吸器業務
  5. 医療機器管理業務
    平成19年4月より医療機器を安全に使用するため、厚生労働省より保守点検が義務づけられました。それに伴い、院内の医療機器を法律に従い保守管理しています。
    医療機器管理業務医療機器管理業務
  6. 集中治療室業務
    ICU、CCU、ACUで重症患者さんの生命維持管理装置を操作・管理・点検をしています。例えば、急性血液浄化、人工呼吸器管理はもちろんですが、補助循環の一種であるPCPSやIABP、心臓ペースメーカーなども管理しています。
    集中治療室業務集中治療室業務

ページトップへ

手術室チームの概要

  1. 体外循環業務
    心臓や大動脈手術の際に必要となる体外循環を担当し年間約500件の症例を行っています。また、急患に備え24時間365日どんな状況でも緊急手術に対応できる体制を整えています。体外循環症例においては大動脈手術が95%以上を占めていることから、そのほとんどが脳分離体外循環や左開胸下で行う左心バイパスを行っています。川崎幸病院の体外循環技士は如何なる大動脈疾患にも対応可能な技術と知識、経験を兼ね備え、陰ながら患者さんに最高水準の技術を提供できるように心がけています。
    体外循環業務体外循環業務
  2. 手術機器管理
    平成19年4月より医療機器を安全に使用するため、厚生労働省より保守点検が義務づけられました。それに伴い、7部屋ある手術室の医療機器全てを安全に使用できるよう、日々点検調整などをしています。
    手術機器管理手術機器管理

ページトップへ

血液浄化チームの概要

  1. 入院透析室
    15床のベッドにて入院中の患者様に血液透析を行っています。準備から穿刺、返血まで血液透析に関する全ての業務を行います。
    入院透析室入院透析室
    外来透析室外来透析室
  2. 急性血液浄化
    ICUやHCUなどでエンドトキシン吸着や持続的血液透析濾過など、あらゆる血液浄化を24時間体制で施行します。
    急性血液浄化急性血液浄化
  3. シャントアンギオ
    主に透析患者さんの内シャントを検査・治療しています。
    シャントアンギオシャントアンギオ

ページトップへ

スタッフ紹介

スタッフ紹介

構成人数(2016年9月1日 現在)

27名

・臨床ME専門認定士:4名
・体外循環技術認定士:4名
・ペースメーカー関連専門臨床工学技士:2名
・呼吸療法認定士:18名
・透析技術認定士:15名
・心血管インターベンション技師:2名


CE科 主任
縮 友和
略歴
1997年3月 日本工学院専門学校臨床工学科卒業
1997年4月 石心会 川崎幸病院 勤務
取得資格
臨床工学技士
ペースメーカー関連専門臨床工学技士
透析技術認定士
呼吸療法認定士
所属学会
日本臨床工学技士会
神奈川県臨床工学技士会
日本不整脈学会
担当
アブレーション担当
CE科 透析室主任
長澤 建一郎
略歴
1999年3月 日本工学院専門学校臨床工学科卒業
1999年4月 石心会 川崎クリニック
2005年7月 石心会 川崎幸病院 勤務
取得資格
臨床工学技士
透析技術認定士
臨床ME専門認定士
所属学会
日本臨床工学技士会
神奈川県臨床工学技士会(役員)
担当
血液浄化担当
CE科 主任
八馬 豊
略歴
2003年3月 日本工学院専門学校臨床工学科卒業
2003年4月 石心会 川崎幸病院 勤務
取得資格
臨床工学技士
ペースメーカー関連専門臨床工学技士
透析技術認定士
呼吸療法認定士
心血管インターベンション技師
所属学会
日本臨床工学技士会
神奈川県臨床工学技士会(役員)
CVIT(日本心血管治療学会)
担当
アンギオ室担当
CE科 主任
山田 剛士
略歴
2008年3月 帝京医学技術専門学校卒業
2008年4月 石心会 川崎幸病院 勤務
取得資格
臨床工学技士
臨床検査技師
体外循環技術認定士
透析技術認定士
呼吸療法認定士
心血管インターベンション技師
所属学会
日本臨床工学技士会
神奈川県臨床工学技士会
日本体外循環技術医学会
日本人工臓器学会
CVIT(日本心血管治療学会)
日本不整脈学会
担当
植え込みデバイス