スマートフォン用ページへ

診療科のご案内

 
 

脳血管センター

脳神経外科部長 脳血管センター長 神林 智作

  • 専門分野・得意とする手技

  • 脳血管障害の診断と治療
    脊髄・脊椎及び末梢神経疾患の診断と治療
    脳血管障害
    脊髄脊椎疾患の手術
  • 略歴
  • 富山医科薬科大学医学部卒
    1986年 医師免許取得
  • 勤務歴
  • 富山医科薬科大学 脳神経外科入局
    横浜新都市脳神経外科病院
  • 認定資格等
  • 医学博士
    日本脳神経外科学会専門医
    日本脳卒中学会専門医
    厚生省認定 臨床研修指導医

ページトップへ


皆様へ

当院の脳血管センターは、脳神経外科と脳血管内治療科の2つの部門で構成され、脳・神経疾患に対する先進医療を提供しています。また脳卒中の患者さんの超急性期治療および脳卒中の予防的治療を積極的に行っています。
当センターでは毎日脳神経外科の当直医を配置し、急性期の脳血管障害を主体に、365日24時間体制で診療を行っており 超急性期の脳梗塞に対する血栓溶解療法(t-PA投与)も積極的に行っています。脳血管センターでは従来の開頭手術での治療は勿論のこと、切らずに治療する脳血管内治療も行っておりコイルを用いた脳動脈瘤塞栓術、頭頚部・頭蓋内脳動脈狭窄・閉塞に対するバルーン・ステントを用いた血管形成術等を行っております。これらの治療は超急性期から慢性期まで適応に応じて最新の技術を取り入れて行っております。
脳血管センターとして急性期脳卒中の治療を全身の血管障害として血管病に関わる他科との連携も含め、常に最善の質の高い最先端治療を提供できるよう努力しSCU病棟、脳外科病棟の専門看護師、リハビリスタッフ、ソーシャル・ワーカーと連携し速やかな社会復帰をめざし,在宅支援なども行い地域に貢献していきます。

ページトップへ

脳血管センターが扱う主な病気

  • 脳卒中(脳内出血・脳梗塞・くも膜下出血)
  • 脳卒中関連疾患(未破裂脳動脈瘤、頚部内頚動脈狭窄・閉塞、脳動脈狭窄・閉塞など)
  • 脳腫瘍
  • 脊髄・脊椎疾患(頚椎・胸椎・腰椎のヘルニア、変性疾患、腫瘍など)
  • 脳神経・末梢神経疾患(三叉神経痛・顔面けいれん、手根管症候群など)
  • 頭部外傷

脳血管センターの概要

  • 脳血管センターの特色
  • 脳神経外科部門
  • 脳血管内治療科部門
  • 診療実績・手術件数
  • 医師プロフィール

ページトップへ

脳血管センターの特色

  1. 365日24時間態勢で、脳卒中の患者さんを中心とした急性期治療をしています。
  2. 常に、開頭手術、脳血管内手術ができる数少ない施設の一つであり(川崎南部医療圏では唯一)、患者さんに最も適した治療が選択できます。
  3. 顕微鏡を用いたマイクロ・サージャリーの技術を駆使し、脳疾患、脊椎・脊髄疾患、末梢神経疾患に対し安全で確実な治療をしています。
  4. 症例数・治療成績において、神奈川県内でもトップクラスの施設です。
  5. 9床のSCU(脳卒中ケアユニット)を有し、脳卒中の集中的治療を行い、早期の回復に寄与しています。
  6. 日本脳神経外科学会専門医訓練施設、日本脳卒中学会認定研修教育施設に認定されています。

ページトップへ

脳神経外科部門

脳卒中

私たちは開設時より、脳卒中の急性期治療を重視し、常に急性期の脳卒中の診断、治療が可能な体制をとっております。
脳卒中の治療には内科的治療と手術療法があります。手術法としては頭を実際に開ける開頭手術と、血管のなかにカテーテル挿入して治療する脳血管内手術の2つの方法があります。
当院では常に両方の手術が可能な体制にあり、患者さんごとに適した方法により治療が可能です。

近年、社会的にも医学的にも脳卒中の急性期治療の重要性が注目されておりますが、脳卒中に対する治療の充実を図り、地域の方々により貢献できればと考え、平成14年4月1日に脳血管センターを開設し、日夜脳卒中の患者さんの治療に励んでおります。
また、平成18年7月より、5床のSCU(脳卒中ケアユニット)の認可を受け、さらに2012年の新築移転時に、9床に増床し、集中的に脳卒中のケアを行っております。

脊髄・脊椎・末梢神経疾患

平成15年4月より頸椎、頸髄および末梢神経の手術を開始しております。
年間約30例の手術(前方固定、脊柱管形成術、手根管症候群など)を実施し、入院日数も脊髄脊椎疾患では10日程度、手根管症候群などでは1泊入院で、結果も良好です。

脳腫瘍
イメージ

特に良性の脳腫瘍(髄膜腫、頭蓋咽頭腫、下垂体腺腫など)や脊髄腫瘍の治療に力を入れております。
年間20人ほどの入院患者さんのうち、外科的な適応のある8割程度の方に摘出術を行っております。これらの腫瘍は、最初の段階の治療が大変重要であり、合併症を最小限に抑え、可能な限り全摘出を目指しています。
現在当院では、最新のナビゲーションシステムを導入し、術前には脳血管内治療科による超選択的腫瘍血管塞栓術を行い、さらに術中には蛍光色素診断法(5-ALA)による的確な摘出を行っております。
これらの治療機器のほか、最新の超音波吸引装置や脳神経モニタリングなどの方法を用いて、出血を最小限に抑え、短時間で、患者さんの体にやさしい手術を心がけています。
手術後から退院までの平均入院期間は約10日間です。脳腫瘍の診断は、当院の病理科により正確な診断が行われます。

また、不幸にも悪性度の高い腫瘍と診断された場合は、放射線治療や化学療法をお勧めしています。場合により、悪性腫瘍を専門とする医療機関へ治療を依頼することもあります。

平成16年6月ブレインラボ社製手術用ナビゲーションシステムを導入しました。このシステムにより、深部の脳腫瘍に対してもより確実に到達できるため、低侵襲で確実な脳腫瘍の手術が可能となります。

頭部外傷

24時間体制で診療を行っており緊急手術の必要な患者さんも受け入れております。

機能的疾患

顔面けいれん、三叉神経痛などの疾患に対しても積極的に手術療法を行っております。
また、顔面けいれん・眼瞼けいれんの治療としてボトックスによるブロック注射も行っております。

ページトップへ

脳血管内治療科部門

イメージ

脳血管内治療とは脳や脳に関連する血管に対して、皮膚を切開したり頭蓋骨を開けたりすることをせず、血管の中から治療を行う手術です。
手術の方法は身体の表面近くにある太い動脈からカテーテルというを管を挿入し、目的の血管近くまで進めます。
その中にさらに細いカテーテル(薬品やコイルを用いるための管)やバルーンカテーテル(血管を拡張させる管)、或いはステント(血管を拡張させる道具)を入れ、目的の病変部位まで進めて治療を行います。

脳血管内治療の対症となる疾患は主に出血の原因となる脳動脈瘤、脳血管奇形等と、脳梗塞の原因となる頭頸部・頭蓋内血管の狭窄・閉塞などがあります。
出血の原因となるような病変に対してはプラチナコイルや液体塞栓物質、粒状塞栓物質等を使って病変部を閉塞脳血管内治療 します。
又、狭くなったり詰まってしまった血管に対してはバルーンカテーテルやステントを使って血管を拡げ脳梗塞の進行を予防します。

ページトップへ

血栓溶解療法(t-PA投与)、血栓回収療法について

急性期の脳梗塞においては治療までの時間が非常に重要です。
t-PA投与による治療では治療を受けた患者の1/3がほぼ後遺症がなく日常生活が可能とされていますが、治療適応が発症後4.5時間以内の患者に限られています。
当院では少しでも多くの患者さんにt-PAを投与できるように、血液検査、画像検査を迅速に行うプロトコールを作成し、来院から20~30分でt-PA投与を行っています。さらにt-PA投与後すぐに血管撮影室に移動し血栓回収療法を行うことが可能で、来院から60~90分で血管の再開通が得られるような体制を整えています。このことにより従来よりも大幅に治療成績を向上させることができています。

ページトップへ

未破裂脳動脈瘤について

脳動脈瘤は人口の約1%の人にみられるという報告もあります。 すべての脳動脈瘤が破裂する訳ではなく、破れずに天寿を全うする人が多いことは事実であります。しかし、いったん瘤が破裂しくも膜下出血を起こしますと、約半分の患者さんが死亡または、寝たきりになるというデータに基づき、現在予防的に脳動脈瘤の処置が行われております。
くも膜下出血の多くは、脳動脈瘤(脳の血管にできた瘤)の破裂により引き起こされます。脳動脈瘤の破裂を来すと重篤な状態に陥ることが多く、大半の患者さんが(約50%)破裂と同時に死亡するか、昏睡状態におちいります。また、病院に搬入されて治療を受けても、正常の状態に社会復帰できるのは、さらにその半分という報告もあります。出血を繰り返すたびに死亡率は上がります。
診断時に手術可能な状態であれば緊急で再破裂予防の手術が行われます。従来は開頭してクリップで動脈瘤の根本を閉じる治療が行われていましたが、現在はプラチナコイルを用いて瘤を詰めてしまう塞栓術も行われるようになってきました。

当院の方針

くも膜下出血を起こす危険性と、処置の危険性を考慮したうえで脳動脈瘤を処置するか否かを決めることが大切です。
脳動脈瘤の処置の方法には開頭術による方法(実際に頭を手術により開けて脳動脈瘤の根元を金属のクリップで挟む方法:脳動脈瘤クリッピング術)と、頭を開けずにカテーテルによる方法(太股の付け根の動脈より血管のなかに細い管を入れ脳動脈のなかにプラチナのコイルを詰める方法:コイル塞栓術)の2種類の方法があり、それぞれの症例に適した方法を選択します。
当院では脳ドック学会の治療方針による治療適応の方、また、上記記載いたしました破れやすい脳動脈瘤の方には、脳動脈瘤の治療を受けられることをおすすめいたしております。当院では両方の治療が可能で、十分な経験を積んでおりますので安心してご相談ください。

「開頭手術」による脳動脈瘤クリッピング術

開頭術により脳動脈瘤、とくにその根元(頚部)を確認し(左図)、専用のクリップ (脳動脈瘤クリップ)で挟み(右図)、動脈瘤から出血しないようにします。

イメージ

(日本脳神経外科学会ホームページより図を転載)

血管内治療によるコイル塞栓術

イメージ

太股の付け根の動脈から血管内に細いカテーテルを通し、先端を脳動脈瘤まで誘導します。このカテーテルを用いて脳動脈瘤の内部に極めて細いコイル(マイクロコイル)を少しずつ詰めていき、内部を塞いで出血しないようにします。

2002年に発表されたLancetの論文では、血管内治療、すなわち、脳動脈瘤塞栓術で治療した患者の方が1年後の生活レベルが良好であったと報告されています。また、2006年に発表されたCARAT studyでは長期成績が示され、約9年間の追跡を行った904人中再破裂を来した患者は1例(0.11%)でした。
この結果、脳動脈瘤塞栓術は従来のクリッピング術と肩を並べる結果であると結論しています。

イメージイメージ


クリッピング術と脳動脈瘤塞栓術が同等と評価されても、実際には利点欠点がそれぞれにあります。
脳動脈瘤塞栓術を行う場合には、その適応を十分に評価しなければなりません。重要なのは動脈瘤の形状と周囲の血管との位置関係です。
一般に動脈瘤の直径は10mm以下が望ましく、さらに Neck(動脈瘤の付け根の部分)が狭いこと、瘤の直径とNeck の直径の比が2:1より大きいことが望ましいと言われています。
Neck の大きな動脈瘤ではコイルがはみ出したり、合併症を起こす可能性が高くなります。
さらに動脈瘤は通常血管の分岐部に出来ることが多いので、時には動脈瘤から直接血管が分岐していることもあります。その場合、塞栓術を無理に行うと分岐している血管も一緒に閉塞してしまう可能性があり、脳梗塞を合併する可能性があります。このような場合はクリッピング術が第一選択となります。
脳動脈瘤塞栓術、クリッピング術のそれぞれに得手不得手があり、慎重に適応を決める必要があります。
塞栓術の良い適応は脳底動脈瘤や椎骨動脈瘤、内頸動脈ー眼動脈瘤等、開頭した場合に非常に深部でクリッピング操作の困難な部位では塞栓術が第一選択となります。

イメージ
イメージ
イメージ


ページトップへ

頸部頚動脈狭窄症

イメージイメージ

以前は、欧米人に多い疾患とされてきましたが、日本人の食生活の内容が年々欧米化するにしたがい徐々に増加傾向を示しています。
数年前まで標準的治療は、頸動脈内膜剥離術(Carotid endarterectomy:CEA)でした。この CEAに関しては、欧米を中心に大規模な多施設共同研究がなされ内服薬のみで治療する方法と(内科治療)、CEA(外科治療)ではその後の脳梗塞の発症予防としては CEAの方がすぐれているという結果が出ています。
最近では CEAに代わり頸動脈ステント留置術という血管内治療も行われております。現在のわが国の社会生活を考えると、この疾患はますます増加することが予測される疾患の一つだと思われます。

ステント留置術は、血管の内腔から狭窄部に金属のメッシュで出来た円筒状の内張を入れて血管を拡げます。欧米では既に何千例もの治療が行われています。国内でもまもなく保険適応となる予定です。
実際には狭くなった部位をいきなり風船で拡げても狭窄の原因となっている動脈硬化斑のかけら(コレステロールの塊や血栓)が末梢に(脳の動脈)飛んでいく可能性があるため、予め小さな風船を末梢に入れておき血流を遮断して行います。
血流を遮断した後、狭窄部位を拡張しステントがその部位を通過できるようにします(前拡張)。その状態となって初めてステントを留置します。(写真2)

頭側に小さな風船をふくらまして血栓やコレステロールのかすが、脳の血管に飛んでいかないように予防します。
その間に狭窄部で前拡張用の風船でステントが通過できるように拡張します。
(写真1)は前拡張を行っているところです。
前拡張後ステントを留置し、遮断された血液中の血栓やコレステロールのカスは風船と交換された血栓吸引用の細いカテーテルで吸引します。
これで血管の中がきれいになった状態ではじめて小さな風船を解除して終了です。必要に応じて後拡張を行います。(写真2)

イメージ
写真 1

イメージ
写真 2

本治療法の効果とリスク 本治療法は切開することなく、又長時間の血行遮断せずに、血行再建が行えるのが大きな利点です。
本治療の成功率は、欧米の多数の例の報告でも当院の結果でも、概ね97%以上の高い成功率が得られます。
本治療のリスクとしては以下のものが挙げられます。

  1. 脳梗塞
  2. 脳出血
  3. 血管解離
  4. 徐脈、血圧低下
  5. その他、穿刺部の血腫形成による痛み、一時的な醜状、貧血、血圧低下があります。

イメージ

ページトップへ

診療実績・手術件数

当院では脳卒中(脳内出血、脳梗塞、脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血)、未破裂脳動脈瘤、脳血管内手術(脳動脈瘤塞栓術、脳血管形成術、頚部内頸動脈ステント留置術、超選択的血栓溶解術)、脳腫瘍、脊髄脊椎疾患、頭部外傷等にたいし、安全かつ精度の高い手術を心がけて行っております。
手術件数は川崎市内では最も件数の多い施設であり、特に脳卒中の手術症例に関しては開頭術、脳血管内手術とも豊富な経験を有しておりますし、その治療成績に関しても満足できる結果となっております。

診療実績・手術件数

診療実績・手術件数

t-PA投与(血栓溶解療法)について

診療実績・手術件数 血の塊である血栓が脳の血管を詰まらせる脳梗塞の治療に用いられる薬に血栓溶解薬(t-PA)があります。
t-PAは、脳の血管を詰まらせている血栓を溶かします。これによって、脳梗塞を治療することができます。
t-PA投与による治療では、治療を受けた患者さんの1/3がほぼ後遺症がなく日常生活が可能とされていますが、治療適応が発症後4.5時間以内の患者さんに限られています。また、治療前に必要な検査の所要時間を考えると、発症3時間後までには検査を受ける必要があります。
当センターでは迅速に投与を行える体制を整え、血栓溶解療法(t-PA投与)も積極的に行っています。

ページトップへ

受診のご案内

一般外来のご予約・お問い合わせはこちら

救急外来

365日24時間脳卒中の救急患者さんを受け入れます。
救急の場合は川崎幸病院の救急外来を受診下さい。
川崎幸病院では脳神経外科医が365日24時間体制で常駐しており、できる限り脳卒中の患者さんを受け入れる方針をとっております。 また救急隊とはホットライン(直通電話)で応答いたしておりますので、迅速に対応できます。

ページトップへ

医師プロフィール

集合写真

脳神経外科部長 脳血管センター長 神林 智作
脳神経外科部長
脳血管センター長
神林 智作

専門分野・得意とする手技
脳血管障害の診断と治療
脊髄・脊椎及び末梢神経疾患の診断と治療
脳血管障害
脊髄脊椎疾患の手術
略歴
富山医科薬科大学医学部卒
1986年 医師免許取得
勤務歴
富山医科薬科大学 脳神経外科入局
横浜新都市脳神経外科病院
認定資格等
医学博士
日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
厚生省認定 臨床研修指導医
脳神経外科 副部長 壷井 祥史
脳神経外科 副部長
壷井 祥史

専門分野・得意とする手技
脳血管障害
略歴
2001年 富山医科薬科大学医学部卒
勤務歴
富山大学付属病院
富山赤十字病院
石心会狭山病院
斉藤記念病院
認定資格等
医学博士
日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医

脳神経外科 副部長 永尾 征弥
脳神経外科 副部長
永尾 征弥

専門分野・得意とする手技
脳卒中の外科治療
脳血管内治療
略歴
2003年 富山医科薬科大学(現富山大学)医学部卒
同病院脳神経外科入局
勤務歴
富山大学附属病院
国立水戸病院
富山赤十字病院
東海記念病院
東名厚木病院
済生会富山病院
認定資格等
日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医
日本神経内視鏡学会技術認定医
脳神経外科 医長 長﨑 弘和
脳神経外科 医長
長﨑 弘和

専門分野・得意とする手技
脳神経外科一般
略歴
2003年 東京医科歯科大学医学部卒業
医師免許取得
勤務歴
東京医科歯科大学附属病院
青梅市立病院
武蔵野赤十字病院
草加市立病院
東京都保健医療公社 荏原病院
認定資格等
日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本神経内視鏡会技術認定医
高気圧酸素治療専門医
ボトックス施注資格(眼瞼痙攣、片側顔面痙攣)

長山 剛太
長山 剛太

認定資格等
日本脳神経外科学会専門医
日本ボクシング協会 コミッショナルドクター
ボトックス施注資格(眼瞼痙攣、片側顔面痙攣)
成清 道久(シニアレジデント)
成清 道久
(シニアレジデント)

 登録研究のための医療データ提供のお願い

『超急性期脳梗塞に対する血管内治療の有効性確認のための無作為比較研究』のための医療データ提供のお願い 

川崎幸病院長

当院では、組織プラスミノーゲンアクチベーター(recombinant tissue plasminogen activator: rt-PA)静注療法後の血管撮影で内頚動脈または中大脳動脈M1近位部に閉塞を確認された急性期脳梗塞患者に対する脳血管内治療の有効性を確認することを目的に、「超急性期脳梗塞に対する血管内治療の有効性確認のための無作為比較研究」に協力しております。この研究は兵庫医科大学脳神経外科学講座主任教授 吉村紳一・神戸市立中央市民病院 脳神経外科部長 坂井信幸が主任研究者となり、国内の約50施設が参加します。

当院では、この研究のために2014年12月1日~2017年3月31日までの期間に当院で発症4.5時間以内にrt-PA静注療法を開始され、脳管撮影で内頚動脈または中大脳動脈M1近位部に閉塞を確認された急性期脳梗塞患者さんの周術期情報と治療3ヶ月後までの観察を実施します。

病院スタッフは、医療従事者としての守秘義務が課せられており、患者様の個人情報は固く守られています。また、この研究で得られた情報を取りまとめるために、臨床研究センターのデータセンターに患者さんの医療データを、登録システムを通じて提供しますが、その際には患者さんの個人を特定できる情報(氏名・住所・電話番号等)は記載しません。同様に、医学雑誌等に発表する場合も個人が特定できないように配慮されます。ご提供いただいた医療データはデータセンターで厳重に保管され、研究終了の5年後に廃棄されます。

この研究への医療データ等の提供をご辞退される場合、また研究の内容についてより詳細な情報を希望される場合やご質問等がある場合には下記の担当医師までお申し出ください(2017年6月末まで)。

医療データ等の提出をご辞退された場合は、連絡を受けた時点でご提供いただいた医療データは廃棄させて頂きます。また、ご辞退されたことにより患者さんが治療上の不利益を受けることは一切ありません。

問い合わせ先
担当医師:神林智作
担当診療科:脳神経外科
電話番号:044-544-4611(代表)

ページトップへ