スマートフォン用ページへ

診療科のご案内

 
 

心臓病センター

皆様へ

当院では、2012年6月の病院新築移転時に心臓カテーテル室を2室に増設しました。
これにより、前の患者さんの治療が長引いたり救急患者さんが入ったため、予定検査・治療の患者さんをお待たせすることが大幅に減少しました。
さらに、最新鋭の心臓カテーテル装置を導入していますので、これまでより低被曝で、より少ない造影剤量での検査・治療が可能です。また、画像もより高解像度のものとなりより詳細な情報が得られるようになるため、治療のレベル向上につながっています。
さらに、第2カテーテル室では2012年7月より不整脈に対する根治治療であるカテーテルアブレーション治療(電気的焼灼術)を開始しており、従来より行ってきたペースメーカーなどによる治療と併せ、不整脈の種類を問わず、最適な治療を提供できる体制を整えております。
診断という面からは、最新鋭の心臓CT装置と、MRI装置を導入しており、より高度で非侵襲的な心臓画像診断が可能となっております。

ページトップへ

心臓病センターが扱う主な病気

  • 冠動脈疾患(狭心症・急性心筋梗塞)
  • 心臓弁膜症
  • 急性心不全(うっ血性心不全)
  • 不整脈
  • 末梢性動脈疾患(四肢閉塞性動脈硬化症、腎動脈狭窄症)
  • 急性肺動脈血栓塞栓症
  • その他心臓血管疾患全般(当院の特色として大動脈疾患は専門の川崎大動脈センターが診療を担当しています)

ページトップへ

心臓病センターの概要

  • 心臓病センターの特色
  • 治療実績
  • 医師プロフィール
  • 受診を希望される方

ページトップへ

心臓病センターの特色

  • まず、循環器救急に対する24時間対応です

当院では、医師、看護師、放射線技師、臨床工学技師のチームを作り、24時間体制で救急患者さんの治療を行える体制を整えています。特に経皮的冠動脈形成術(PTCA)数は神奈川県で5番目に多い実績を有しており、他院で対応不能な重症例も断ることなく収容しています。

  • 独立した循環器集中治療室を設置しています

通常の集中治療室とは独立して、循環器重症疾患に対応する循環器集中治療室を設置しています。これにより、人工呼吸器による呼吸管理はもちろんのこと、重症循環障害に対する機械的な補助の設備を使用しての全身管理ができます

  • 2系統の外来システムを採用しています

外来診療は、川崎幸クリニックで予約制外来をしていますが、救急とまではいかなくても循環器疾患は急に状態が変化することがありますので、そのような場合には川崎幸病院救急外来で速やかに対応できる2系統の外来システムをとっています。

  • 心臓リハビリテーションに力を入れています

循環器疾患をもつ患者さんの再発予防、あるいは新たな循環器疾患の初発予防を重要視し、心臓リハビリテーションに力を入れています。
 運動処方による運動療法・禁煙指導・食事療法・服薬指導(これらはまとめて包括的心臓リハビリテーションと呼びます)をして、可能な方には通院型リハビリテーションもお願いしています。

  • 積極的にカテーテル治療をしています

心臓以外の動脈硬化性疾患のうち、下肢動脈、腎動脈の狭窄性病変に対しても積極的にカテーテル治療をしています。

  • 睡眠時無呼吸症候群の検査・治療もしています

睡眠時無呼吸症候群と循環器疾患は密接な関係があることが知られているので、当院では当センターが担当し、睡眠時無呼吸症候群の検査・治療もしています。

  • カテーテル治療は現在も進化し続けています

カテーテル治療は現在も進化し続けています。狭心症のすべての患者さんにカテーテル治療が必要なわけではなく、患者さんが良くなる根拠がなければあえてカテーテル治療をしないこともあります。近未来に使用可能な方法も視野に入れ、最も適切な治療法を提案いたします。

ページトップへ

治療実績

  2012年度 2013年度 2014年度
冠動脈カテーテル検査(CAG) 1,368 1,449 1,604
冠動脈カテーテル手術(PCI) 533 545 638
緊急PCI 113 100 120
末梢血管治療(EVT) 65 72 101
ペースメーカー植え込み術 60 73 53
植え込み型除細動器(ICD) 0 5 6
心臓再同期療法(CRT) 16 2 10

ページトップへ

アブレーション治療

カテーテルアブレーション
  2012年度 2013年度 2014年度
心房細動 46 91 131
心房粗動 14 11 28
発作性上室性頻拍 10 17 30
その他 3 2 2
合計 73 121 191
アブレーション治療件数

アブレーション治療件数

ページトップへ

医師プロフィール

集合写真


循環器内科部長代行 心臓病センター 副センター長
山嵜 継敬
専門分野・得意とする手技
・虚血性心疾患(カテーテルインターベンション)
・心不全
・不整脈(カテーテルアブレーション ペースメーカー)
・睡眠時無呼吸症候群
・心臓リハビリテーション
略歴
富山医科薬科大学医学部卒
1998年 医師免許取得
富山医科薬 科大学第二内科入局
富山大学医学部大学院卒業
医学博士
勤務歴
富山赤十字病院循環器内科
国立病院機構富山病院
認定資格等
・日本内科学会認定総合内科専門医
・日本循環器学会専門医
・心臓リハビリテーション指導士
・日本体育協会認定スポーツドクター
・両心室ペーシング治療・植え込み型除細動器認定医
・日本心血管インターベンション治療学会認定医
・日本不整脈学会専門医
・日本救急医学会認定ICLSコースディレクター
・日本睡眠学会会員
・厚生省認定 臨床研修指導医
循環器内科副部長 心臓病センター 副センター長
福永 博
専門分野・得意とする手技
・虚血性心疾患(カテーテルインターベンション)
・心不全
・不整脈デバイス治療
略歴
1995年 新潟大学医学部医学科卒
1995年 医師免許取得
勤務歴
1995年 新潟大学医学部附属病院 内科
2003年 水戸済生会総合病院 循環器内科
認定資格等
日本内科学会認定専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医専門医
日本医師会認定産業医

循環器内科副部長 心臓病センター 副センター長
伊藤 賀敏
略歴
2001年 奈良県立医科大学卒
2001年 医師免許取得
勤務歴
2001年 奈良県立医科大学 第二内科入局
2002年 大阪大学 第二内科転局
2004年 国家公務員共済組合連合会大手前病院 心臓センター
2007年 大阪府済生会千里病院 千里救命救急センター
2012年 大阪府済生会千里病院 循環器内科 心臓血管センター
認定資格等
日本内科学会認定内科医
日本循環器内科専門医
日本心臓血管治療インターベンション学会認定医・専門医
循環器内科医長
津田 泰任
略歴
山口大学医学部卒業
2005年 医師免許取得
勤務歴
福岡和白病院
新行橋病院
認定資格等
日本内科学会認定内科医

循環器内科医長
羽鳥 慶
略歴
2001年 札幌医科大学医学部卒業
2001年 札幌医科大学付属病院 第2内科研修医
2002年 旭川赤十字病院 循環器内科
2003年 国際親善総合病院 循環器内科
2005年 神奈川県立循環器呼吸器病センター
2007年 横浜市立脳血管医療センター 循環器内科
2012年 国際親善総合病院 循環器内科
2016年 川崎幸病院 循環器内科
認定資格等
日本循環器学会循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本内科学会総合内科専門医
髙橋 英雄
略歴
山梨医科大学卒業
2006年 医師免許取得
勤務歴
甲府共立病院
認定資格等
日本内科学会認定内科医
NST医師
ステントグラフト実施医
循環器内科医師
齋藤 直樹
専門分野・得意とする手技
虚血性心疾患(カテーテルインターベンション)
不整脈(カテーテルアブレーション、ペースメーカー)
心臓リハビリテーション
略歴
2005年 群馬大学医学部卒業
2005年 湘南鎌倉総合病院 初期研修医
2007年 倉敷中央病院 循環器内科
2013年 横浜総合病院ハートセンター
2016年 川崎幸病院 循環器内科
認定資格等
日本内科学会認定内科医
CVIT認定医
上野 明彦
略歴
聖マリアンナ医科大学医学部卒業
2008年 医師免許取得

佐々木 法常
略歴
弘前大学医学部卒
勤務歴
横浜労災病院
認定資格等
・日本内科学会認定内科医
・日本心血管インターベンション治療学会認定医
・日本循環器学会専門医
村瀬 達彦
略歴
2009年 東海大学医学部卒
2009年 医師免許取得
勤務歴
2009年 横浜労災病院 初期臨床研修医
2011年 横浜労災病院 循環器内科
認定資格等
・日本内科学会認定内科医

 

ページトップへ

顧問

心臓病センター・顧問 長尾 建

ページトップへ

受診を希望される方

一般外来のご予約・お問い合わせはこちら

救急外来

救急の場合は川崎幸病院の救急外来を受診ください。受診の詳細は川崎幸病院受付にお問い合わせください。

お問い合わせ

川崎幸病院受付 TEL:044-544-4611