スマートフォン用ページへ

診療科のご案内

 
 

放射線IVR科

皆様へ

IVRという名前はあまりなじみがないかもしれませんが、治療方法の一つのくくりとして医療の中ではかなり前から使われています。透視画像やCTなど画像支援下で行う治療方法の総称と考えて頂けると分かり易いかもしれません。心臓カテーテル治療や脳血管内治療もIVRの一つといえますが、当院の場合はそれぞれ心臓病センターや脳血管内治療科が担当しております。当院の放射線放射線IVR科ではこれら以外の治療法を行っております。それでも、川崎大動脈センターと共同で行う大動脈ステントグラフト内挿術、消化器病センターと共同で行う悪性腫瘍の焼灼や化学塞栓術などその守備範囲は多岐にわたっております。IVRによる治療には最初に選択されるべき治療法から、他の治療法により効果が無かったときなどに選択されるあまり一般的でないものまであります。IVR専門医のみならず認定 IVR 専門診療放射線技師や認定IVR看護師などスタッフを充実させ、ご要望にお答えして参ります。

ページトップへ

放射線IVR科が扱う主な病気並びに手技

  • 大動脈疾患(治療法については手術も含め川崎大動脈センターを窓口にしております。)
    大動脈瘤、大動脈解離、大動脈狭窄
  • 動脈瘤(脳動脈瘤以外が対象です。脳動脈瘤は脳血管内治療科で対応しております。)
    鎖骨下動脈瘤、気管支動脈瘤、脾動脈瘤、腎動脈瘤、腸骨動脈瘤など
  • 大血管、末梢血管の閉塞性疾患
  • 血管奇形
  • 出血(喀血など)
  • 悪性腫瘍のアブレーション(主にラジオ波焼灼)
    肺悪性腫瘍、骨転移等
  • 乳び胸、乳糜腹水
  • 放射線治療前のマーキング、生検
  • 経皮経食道胃管挿入術(PTEG、Percutaneous TransEsophageal Gastro-Tube)
    経皮内視鏡的胃瘻造設術困難症例など

ページトップへ

放射線IVR科の概要

  • 放射線IVR科の特色

放射線IVR科の特色

  • 大動脈ステントグラフト

    川崎幸病院川崎大動脈センターの患者様の血管内治療を担当しております。大動脈ステントグラフトの症例は昨年140例、今年既に7/10 現在で110例(胸部16例、腹部92例)を行っております。ステントグラフトの症例数一つにおいても日本有数の症例数をこなしております。大動脈瘤破裂などの緊急症例であっても適応があればすぐさま対応できるようステントグラフトを院内に常備し、ステントグラフト実施医、指導医が待機しております。
    大動脈ステントグラフトにはメンテナンスが必要なことがあります。
    大動脈ステントグラフトは非常に体に優しい低侵襲治療でありますが、手術のように直視下で行われている治療法と違い、施行後にはメンテナンスが必要なことがあります。エンドリークと言われる大動脈瘤内への漏れはステントグラフト施行後にはそれほど珍しくなく見られます。しかしながら、当院の成績に於いても、全国的に見ましても7-8%程度の患者様でこのエンドリークに対してのメンテナンスが必要となる傾向にあります。当院では、ステントグラフト施行後の経過観察中にメンテナンスが必要と判断した場合、迅速に行っております。なお、他の病院で行われたステントグラフトの患者様であっても、当院でのメンテナンスは受けられます。ご相談ください。
  • 低侵襲治療

    がんのラジオ波治療なども積極的に行っております。特に肺癌、骨転移などの治療に際し、放射線治療や手術療法が種々の事情で行えない患者様に於いても治療可能な場合があります。まずはご相談ください。
  • 乳び胸、乳び腹水

    乳び胸は胸管(体幹部のリンパ液を集め胸部を上行する太いリンパ管)の破綻によりリンパ液が胸腔内に漏れる病態のことを乳び胸と言います。同様に腹腔内に漏れる病態を乳び腹水といいます。術後や外傷後の乳び胸で困っている患者様に対して、当院では乳び胸の原因精査にリンパ管造影を行っております。また、胸管の破綻が確認できた場合は、胸管塞栓術も施行しております。
    イメージ
  • マーキング、針生検、経皮経食道胃管挿入術(PTEG)

    医療機関からのご紹介であれば、定位的放射線治療前のマーキングや組織採取(針生検)、PTEGをお受けすることは可能です。
  • IVR医の派遣

    基本的には当院でIVR施行を基本としておりますが、患者様のことを第一に考えた際必ずしも得策でない場合があります。様々な諸事情もありますので、どこまで協力できるかはわかりません。しかしながら、まずはご相談いただき、よりよい方法を一緒に考えさせてください。