スマートフォン用ページへ

診療科のご案内

 
 

腎臓内科

腎臓内科部長 宇田 晋 (うだ すすむ)

  • 診療部門

  • ・腎臓内科
    ・一般内科
  • 略歴
  • 1987年 昭和大学医学部卒
    1987年 医師免許取得
  • 専門分野・得意とする手技
  • 腎臓内科学一般
    血液浄化療法
  • 勤務歴
  • 1987年 昭和大学藤が丘病院 内科
    1989年 昭和大学藤が丘病院 腎臓内科
    2001年 神戸大学附属病院 代謝機能疾患治療部
    2003年 東芝林間病院 腎臓内科
    2006年 関東労災病院 腎臓内科
    2015年 川崎幸病院 内科
  • 認定資格等
  • ・日本内科学会認定医・総合内科専門医
    ・日本腎臓学会専門医・指導医・評議員
    ・日本透析医学会専門医・指導医・評議員
    ・日本腎臓リハビリテーション学会代議員

ページトップへ

皆様へ

腎臓内科では尿タンパクなどの検尿異常から国民病ともいえる慢性腎臓病まで幅広く診療にあたっています。腎臓病をきたす疾患は慢性腎炎、高血圧、糖尿病や膠原病など多岐にわたり総合的かつ集約的な治療を行っています。
透析などの血液浄化療法も積極的に行いアクセスのトラブルにも随時対応しています。

ページトップへ

内科が扱う主な病気

  • 慢性腎臓病(CKD)(透析期も含む)
  • 急性腎障害
  • 慢性腎炎およびネフローゼ症候群
  • 膠原病および類縁疾患(全身性エリトマトーデス 関節リウマチ 血管炎など)
  • 電解質異常(内分泌疾患 尿細管障害によるものなど)

ページトップへ

腎臓内科の概要

  • 腎臓内科の特色
  • 治療実績
  • 医師プロフィール
  • 受診のご案内

ページトップへ

内科の特色

1. 初期の慢性腎臓病について

特に症状がなくても、尿にタンパクが出ていたり血圧が高い時には重篤な疾患や進行性の腎障害をきたすことがあります。この時点での適切な診断と治療は病気の進展を阻止できます。このため腎生検などで正確な診断と予後を判定し病気の進行を防いでいます。

2. 腎機能障害が出現した腎臓病について

適切な降圧療法や食事療法で進行を抑制します。この時点では合併症が出現してきます。特に、心臓病や脳血管障害をきたしやすく要注意です。さらに進行すれば尿毒症症状(倦怠感や食欲不振など)をきたし透析の準備が必要になります。この時点で透析療法の説明を行い療法選択を行うようにしています。

3. 透析療法について

透析療法は大きく2種類に分けられます。血液を体外循環させ浄化する血液透析(HD)、お腹の中に透析液を入れて治療する腹膜透析(CAPD)です。透析を新たに開始することを透析導入といいますが、当院は川崎市内で有数の導入施設となっています。当院ではHDかCAPDをするかの療法選択を行うことにより、患者様の満足度が得られるように努めCAPDの方が多いことも特色です。以下に導入およびCAPDの成績を示します。

  2014年度 2015年度
HD導入 35 40
CAPD導入 7 8

シャント(バスキュラー アクセス)について

シャントが十分に機能しなかったり閉塞してしまったときにも随時対応しています。

各種血液浄化療法について

通常の血液浄化療法以外にも多くの血液浄化療法があります。ショックや多臓器不全の時に行う持続的血液浄化療法や敗血症で最近の毒素を吸着するエンドトキシン吸着療法、膠原病などの治療に行う血漿交換と免疫吸着療法などがあります。当院ではあらゆる血液浄化療法が可能で種々の疾患の治療が可能となっています。

ページトップへ

治療実績

  2014年度 2015年度 2016年度
バスキュラーアクセス造設術 74 72 76
シャントPTA 85 134 40
透析長期留置カテーテル挿入 7 35 18
腹腔鏡下腹膜透析カテーテル挿入 8 13 10
腎生検
  2014年度 2015年度 2016年度
IgA腎症 7 7 11
半月体形成性腎炎 3 2 0
糖尿病性腎症 3 0 1
良性腎硬化症 2 2 1
膜性腎症 2 4 3
微小変化 2 1 2
ファブリ病 1 1 0
キャッスルマン病 1 0 0
軽鎖尿細管症 1 0 0
微小変化型ネフローゼ症候群 0 2 2
ループス腎炎 0 1 0
紫斑病性腎炎 0 1 0
肥満腎症 0 0 1
間質性腎炎 0 0 1
メサンギウム増殖性糸球体腎炎 0 1 0
その他 2 0 1
24 22 23

医師プロフィール

医師の写真

腎臓内科副部長
小向 大輔
診療部門
・腎臓内科
専門分野・得意とする手技
・腎臓内科一般
・ネフローゼ症候群
・腹膜透析を含む維持透析管理
・リウマチ
・膠原病内科一般
略歴
1998年 昭和大学医学部卒業
1998年 昭和大学藤が丘病院 初期研修医
2002年 東芝林間病院 腎臓内科
2006年 富士吉田市立病院 内科
2006年 昭和大学藤が丘病院 内科腎臓
2016年 川崎幸病院 腎臓内科
認定資格等
日本内科学会認定医、総合内科専門医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会専門医
日本病態栄養学会専門医
厚生労働省認定臨床研修指導医

腎臓内科医師
加藤 亜唯
診療部門
・腎臓内科
専門分野・得意とする手技
・腎臓病一般
認定資格等
日本内科学会認定内科医
腎臓内科医師
田中 詩織
診療部門
・腎臓内科
専門分野・得意とする手技
・一般内科疾患全般
・腎臓病一般
・バスキュラーアクセス手術全般
略歴
2010年 東京大学医学部医学科卒業
認定資格等
日本静脈経腸栄養学会TNTコース修了
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医
ACLS Provider

腎臓内科医師(シニアレジデント)
鈴木 健志
診療部門
・腎臓内科
略歴
2014年 東邦大学医学部卒業
2014年 済生会横浜市南部病院 初期研修医
2016年 4月 東邦大学医療センター大森病院 総合診療科
2016年 8月 川崎幸病院 腎臓内科
腎臓内科医師
長尾 真治
診療部門
・腎臓内科

腎臓内科医師(シニアレジデント)
柏葉 裕
診療部門
・腎臓内科

ページトップへ

受診を希望される方

一般外来は川崎幸クリニックで行っています。受診予約の詳細は川崎幸クリニック予約センターにお問い合わせください。

お問い合わせ

川崎幸クリニック予約センター  TEL:044-511-2112

救急外来

救急の場合は川崎幸病院の救急外来を受診ください。受診の詳細は川崎幸病院受付にお問い合わせください。

お問い合わせ

川崎幸病院受付  TEL:044-544-4611