スマートフォン用ページへ

診療科のご案内

 
 

脳神経外科

脳神経外科部長 脳血管センター長 神林 智作

  • 専門分野・得意とする手技

  • 脳血管障害の診断と治療
    脊髄・脊椎及び末梢神経疾患の診断と治療
    脳血管障害
    脊髄脊椎疾患の手術
  • 略歴
  • 富山医科薬科大学医学部卒
    1986年 医師免許取得
  • 勤務歴
  • 富山医科薬科大学 脳神経外科入局
    横浜新都市脳神経外科病院
  • 認定資格等
  • 医学博士
    日本脳神経外科学会専門医
    日本脳卒中学会専門医
    厚生省認定 臨床研修指導医

ページトップへ

皆様へ

当院では1988年の脳神経外科開設より24時間治療体制を基本に地域に貢献することを主体としてきました。
脳卒中センターでは脳血管治療科と脳神経外科で脳血管障害の急性期高度医療を行っています。先進医療の血管内治療科とコンバインドでの外科治療、神経内視鏡での脳手術など治療方法の多様化に対応し脳卒中の手術成績、治療効果の飛躍的な向上を目指しています。
脳卒中の未病にも注目し高血圧など成人病治療の啓蒙、くも膜下出血を防ぐための未破裂脳動脈瘤の治療、脳梗塞を防ぐためのバイパス手術にも取り組んでいます。
当科では従来の脳腫瘍、頭部外傷、顔面神経痛の外科的治療にくわえ以前より脊髄・脊椎の外科的治療を行ってきました。
人口構成の高齢化とともに脊柱管狭窄症をはじめとする頚椎・腰椎疾患の手術の必要とする人が増え手術の効果・安全性を示していきたいと思います。

ページトップへ

診療内容

脳卒中

私たちは開設時より、脳卒中の急性期治療を重視し、常に急性期の脳卒中の診断、治療が可能な体制をとっております。
脳卒中の治療には内科的治療と手術療法があります。手術法としては頭を実際に開ける開頭手術と、血管のなかにカテーテル挿入して治療する脳血管内手術の2つの方法があります。
当院では常に両方の手術が可能な体制にあり、患者さんごとに適した方法により治療が可能です。

近年、社会的にも医学的にも脳卒中の急性期治療の重要性が注目されておりますが、脳卒中に対する治療の充実を図り、地域の方々により貢献できればと考え、平成14年4月1日に脳血管センターを開設し、日夜脳卒中の患者さんの治療に励んでおります。
また、平成18年7月より、5床のSCU(脳卒中ケアユニット)の認可を受け、集中的に脳卒中のケアを行っております。

脊髄・脊椎・末梢神経疾患

平成15年4月より頸椎、頸髄および末梢神経の手術を開始しております。
年間約30例の手術(前方固定、脊柱管形成術、手根管症候群など)を実施し、入院日数も脊髄脊椎疾患では10日程度、手根管症候群などでは1泊入院で、結果も良好です。

脳腫瘍
脳腫瘍

特に良性の脳腫瘍(髄膜腫、頭蓋咽頭腫、下垂体腺腫など)や脊髄腫瘍の治療に力を入れております。
年間20人ほどの入院患者さんのうち、外科的な適応のある8割程度の方に摘出術を行っております。これらの腫瘍は、最初の段階の治療が大変重要であり、合併症を最小限に抑え、可能な限り全摘出を目指しています。
現在当院では、最新のナビゲーションシステムを導入し、術前には脳血管内治療科による超選択的腫瘍血管塞栓術を行い、さらに術中には蛍光色素診断法(5-ALA)による的確な摘出を行っております。
これらの治療機器のほか、最新の超音波吸引装置や脳神経モニタリングなどの方法を用いて、出血を最小限に抑え、短時間で、患者さんの体にやさしい手術を心がけています。
手術後から退院までの平均入院期間は約10日間です。脳腫瘍の診断は、当院の病理科により正確な診断が行われます。

また、不幸にも悪性度の高い腫瘍と診断された場合は、放射線治療や化学療法をお勧めしています。場合により、悪性腫瘍を専門とする医療機関へ治療を依頼することもあります。

平成16年6月ブレインラボ社製手術用ナビゲーションシステムを導入しました。このシステムにより、深部の脳腫瘍に対してもより確実に到達できるため、低侵襲で確実な脳腫瘍の手術が可能となります。

頭部外傷

24時間体制で診療を行っており緊急手術の必要な患者さんも受け入れております。

機能的疾患

顔面けいれん、三叉神経痛などの疾患に対しても積極的に手術療法を行っております。
また、顔面けいれん・眼瞼けいれんの治療としてボトックスによるブロック注射も行っております。

ページトップへ

未破裂脳動脈瘤とくも膜下出血について

くも膜下出血の多くは、脳動脈瘤(脳の血管にできた瘤)の破裂により引き起こされますが、以前は破裂する前に脳動脈瘤が発見される事は、それほど多くはありませんでした。
近年では、診断機器の発達、脳ドックの普及などにより破裂する前に脳動脈瘤が発見される機会が増えてきております。
すべての脳動脈瘤が破裂する訳ではなく、破れずに天寿を全うする人が多いことは事実であります。しかし、いったん瘤が破裂しくも膜下出血を起こしますと、約半分の患者さんが死亡または、寝たきりになるというデータに基づき、現在予防的に脳動脈瘤の処置が行われております。

くも膜下出血の発生率

100人中5人は脳動脈瘤をもっており、そのうち年間1~3%、人口10万人あたりでは20~30人が破裂すると言われております。
しかしどのような脳動脈瘤が破裂するのかは、確定することはできません(大きな瘤、瘤により症状の出現しているもの、一度くも膜下出血をきたし処置されていない瘤、くも膜下出血を起こした瘤以外にも瘤がある場合、瘤の形がいびつな場合 などでは破裂の危険性が高いと言われている)。
そのため脳ドック学会では、70歳以下、5mm前後より大きな脳動脈瘤、全身状態に問題のない方にたいし脳動脈瘤の予防的処置をおすすめしています。

くも膜下出血の発生率

脳動脈瘤の処置の方法には開頭術による方法(実際に頭を手術により開けて脳動脈瘤の根元を金属のクリップで挟む方法)と、頭を開けずにカテーテルによる方法(太股の付け根の動脈より血管のなかに細い管を入れ脳動脈のなかにプラチナのコイルを詰める方法)の2種類の方法があります。
それぞれの症例に適した方法を選択します。

治療による合併症

すべての手術が100%安全に行えるわけではありません。
開頭による方法では一般的には3~5%程度の確率で合併症が出るとされております(脳梗塞、脳内出血、神経損傷、手術部の感染など。まれには死亡の報告もあります)。また術後に肺炎、肺梗塞、心筋梗塞などの合併症を来す可能性もあります。
一方、カテーテルによる方法は、頭に傷を付けずに治療できる、治療にかかる時間が短い、全身麻酔がかけられない方でも治療できるなどのメリットがありますが、脳動脈瘤破裂、脳梗塞など3~5%程度の合併症が報告されております。

当院の方針

くも膜下出血を起こす危険性と、処置の危険性を考慮したうえで脳動脈瘤を処置するか否かを決めることが大切です。
当院では脳ドック学会の治療方針による治療適応の方、また、上記記載いたしました破れやすい脳動脈瘤の方には、脳動脈瘤の治療を受けられることをおすすめいたしております。当院では両方の治療が可能で、十分な経験を積んでおりますので安心してご相談ください。

開頭手術」による脳動脈瘤クリッピング術

開頭術により脳動脈瘤、とくにその根元(頚部)を確認し(左図)、専用のクリップ (脳動脈瘤クリップ)で挟み(右図)、動脈瘤から出血しないようにします。

イメージ

(日本脳神経外科学会ホームページより図を転載)

血管内治療によるコイル塞栓術

太股の付け根の動脈から血管内に細いカテーテルを通し、先端を脳動脈瘤まで誘導します。
このカテーテルを用いて脳動脈瘤の内部に極めて細いコイル(マイクロコイル)を少しずつ詰めていき(左図〕、内部を塞いで出血しないようにします(右図)。

イメージ

(日本脳神経外科学会ホームページより図を転載)

ページトップへ

特発性正常圧水頭症とは?

特発性正常圧水頭症の症状

特発性正常圧水頭症とは、はっきりとした理由もなしに、うまく歩けなくなってきて、認知症や尿失禁(尿を漏らす)といった症状をきたす病気で、頭の中の脳脊髄液の循環の障害のため脳室(脳脊髄液のたまっている部屋)が大きくなり、症状が出現します。

脳神経外科で脳脊髄液をよく流れるようにする手術(髄液シャント術)を受けることにより、歩くのが楽になったり、認知症や尿失禁が良くなる可能性があります。

 
どうすればいいの?

特発性正常圧水頭症でみられる症状は、中高年では比較的多い症状なので、きちんと診断するためには、同じような症状を起こす他の原因を除外する必要があります。
歩行障害・認知症・尿失禁は、できるだけ早めに見つけ出し、正しい治療を行うことが大切です。
これらの症状の1つでも疑った場合は、脳神経外科の受診をおすすめします。

川崎幸病院では、髄液シャント術の豊富な経験があり、平成20年の髄液シャント術実績は39件でした。川崎市内では最も髄液シャント術実績の多い施設です。

症状のタイプ状態チェック
歩行障害小刻みに歩く 
すり足で足が上がらない 
不安定でつまづきやすい 
不意に転んで起き上がれない 
足を開きぎみに歩く 
歩き出すのが難しい 
うまく止まれない 
認知症趣味などに興じなくなった 
一日中ぼんやりしている 
呼びかけに反応が悪くなった 
新聞やテレビに興味を示さない 
表情が乏しくなった 
もの忘れ 
尿失禁頻尿(トイレが近い) 
尿意切迫(我慢できない) 
失禁 

このチェックリストを印刷し、あらかじめ症状のある項目にチェックの上、川崎幸病院・川崎幸クリニック・さいわい鹿島田クリニック脳神経外科受診時に持参されることをおすすめします。

ページトップへ

ページトップへ

ページトップへ

ページトップへ

脳神経外科スタッフ医師・後期研修医募集

川崎幸病院では脳神経外科専門医、同時に脳神経外科専門医・脳血管内治療専門医を目指すシニアレジデントを募集しております。