スマートフォン用ページへ

診療科のご案内

 
 

栄養科

栄養科 主任 久米 直子

  • 専門分野

  • 周術期栄養管理
  • 略歴
  • 東京医療保健大学大学院医療栄養学修了
  • 勤務歴
  • 原三信病院
  • 認定資格
  • 管理栄養士
    日本静脈栄養学会認定 NST専門療法士

ページトップへ

皆様へ

栄養科では、「いつも患者さんのおそばで栄養状態を良くする!」を念頭におき業務を行っています。
食事は、一般食、特別治療食に分かれており、約半分づつの割合で食事を提供しております。 食事は入院中の唯一の楽しみであり治療の一環です。美味しく食べて頂くために月1回〜2回行事食を取り入れ季節感を出すようにしています。 クリスマスにはケーキと紅茶、クリスマスカードをワゴンでお配りし雰囲気を味わって頂き又、入院中に誕生日を迎えられた場合は、ケーキとケーキを提供しております。 食思不振や術後の食欲低下等の患者さんへは管理栄養士が聞き取りし出来るだけ食べられるように工夫をします。このように当院の管理栄養士が病棟に常駐し栄養管理を行います。

ページトップへ

栄養科の業務内容

管理栄養士は入院患者の栄養管理、外来の化学療法や放射線治療の患者などの依頼もうけております。 川崎幸クリニックや第二川崎幸クリニック、川崎クリニック、さいわい鹿島田クリニック等石心会の管理栄養士は連携をとり患者のより良い栄養管理を目指しております。

ページトップへ

栄養科の概要

  • 健康維持のための食事療法
  • よくある質問Q&A
  • スタッフ紹介

ページトップへ

健康維持のための食事療法

    まず、昨日のご自身の食事内容を振り返ってみて下さい。又、休日前や休日の食事内容を振り返ってみましょう。 満腹になるまで食べていませんか?早食いだったりだらだら食べていたり揚物が好きで良く食べていたり、間食では菓子類をたべていませんか? このようなご自分の食事を振り返り「いけないな」と思っている点があればまずその部分を減らしてみましょう。そして、バランスの良い食事を心がける事。 それは主食(ご飯やパン、麺類)、主菜(魚や肉、豆腐、卵など)、副菜(野菜の煮物、サラダ)を揃えることです。よく噛んで腹7分目にしましょう。 そして一番大切なことは、目標を持つことです。目標体重を設定しバランスの良い食事と適度な運動を組み合わせることです。 みんなで健康に過ごしましょう。

ページトップへ

よくある質問Q&A

Q:中性脂肪が高いと言われたら…何を注意したらいいのですか?
A:食事の全体量が多くないかどうか。また、ご飯などの炭水化物や芋類、アルコールやお菓子など多くないかどうか、注意してください。

Q:コレステロールが高いと言われたら…何を注意したらいいのですか?
A:コレステロールの多い食品を食べ過ぎていませんか。
例えば、卵、ウニ、イクラ、タラコなどの摂りすぎ、また料理にバター、ラード、ヘット(牛脂)などは使い過ぎていませんか、そうしたことに注意してください。

その他、栄養やお食事に関するご相談、質問にお応えしております。

ページトップへ

スタッフ紹介

スタッフ紹介

構成人数(2016年4月1日)

・管理栄養士:7名

認定資格

・管理栄養士:7名
・NST専門療法士:4名
・栄養教諭:1名
・産業栄養士:1名