スマートフォン用ページへ

診療科のご案内

 
 

外科

川崎幸病院 外科部長 山崎 將人

  • 専門分野・得意とする手技
  • ・肝胆膵外科手術
    ・内視鏡外科手術
    ・消化器内視鏡・IVR
  • 略歴
  • 1986年 富山医科薬科大学医学部卒
  • 勤務歴
  • 1986年 千葉大学医学部附属病院 第二外科
    1987年 国保成東病院 外科
    1988年 船橋医療センター 外科
    1997年 Japan green medical center Over sea doctor London UK
    2001年 千葉県立東金病院 外科
    2002年 千葉南病院 外科
    2003年 鎗田病院 外科
    2004年 帝京大学ちば総合医療センター
    2014年 川崎幸病院
  • 認定資格等
  • 日本外科学会 専門医&指導医
    日本消化器外科学会 専門医&指導医
    肝胆膵外科高度技能指導医
    日本内視鏡外科学会 技術認定医
    日本消化器内視鏡学会 専門医&指導医
    日本胆道学会指導医
    がん治療認定医
    消化器がん外科治療認定医
    日本肝胆膵外科学会評議員
    日本臨床外科学会評議委員
    日本内視鏡外科学会評議委員
    日本腹部救急医学会評議員
    国際外科学会日本部会幹事
    膵臓内視鏡外科研究会世話人

ページトップへ

皆様へ

川崎幸病院外科は現在11名体制(日本外科学会指導医・専門医、消化器外科学会指導医・専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医、マンモグラフィー読影認定医,後期研修医など)で消化器腫瘍外科・内視鏡外科・腹部救急外科・乳腺外科を4本柱とし外科全般の業務を日夜行っております。特に消化器疾患は消化器内科医師と連携し2007年に設立した消化器病センターにおいて消化器内科と消化器外科の密な連携と検討会などを通して急性期疾患および消化器外科疾患全般に対して昼夜を問わない診療を提供しております。2013年は801例に対して手術を施行、その中で鏡視下手術が308例と1/3以上を占めており患者様の立場に立った低侵襲手術の積極的な提供を行っているのが当科の特徴です。

ページトップへ

外科が扱う主な病気

  • 悪性腫瘍

食道がん、胃がん、大腸がん、乳がん、肝臓がん、すい臓がんなど

  • 良性疾患

胆石、鼠径ヘルニア、乳腺腫瘤、痔核、下肢静脈瘤、気胸、腹壁瘢痕ヘルニアなど

  • その他

急性虫垂炎、イレウス(腸閉塞)、消化管穿孔など

ページトップへ

外科の概要

  • 外科の特色
  • 治療実績
  • 医師プロフィール
  • 受診を希望される方

ページトップへ

外科の特色

  1. 消化器腫瘍外科や乳がんといった悪性腫瘍関連領域においてはあくまでも患者様の選択(セルフディシジョン)を尊重し、癌治療ガイドラインに沿った最新かつ標準的治療を心がけております。

    総手術件数と鏡視下手術件数

    総手術件数と鏡視下手術件数 グラフ

  2. 鏡視下手術鏡視下手術においては胆石症に対しての腹腔鏡手術はもちろんの事、腹腔鏡手術の分野では高度な技術を要するいわゆるアドバンス手術である早期胃癌および早期・進行大腸癌症例に対しても腹腔鏡手術を積極的に導入しておりますし、食道癌に対しても積極的に鏡視下手術を導入しております。また2009年より胆石症、虫垂炎、鼠径部ヘルニアなどに対して単孔式腹腔鏡手術や、孔の数を減らすReduced Port Surgeryを採用しております。


    鏡視下手術の内訳と年次推移

    鏡視下手術の内訳と年次推移 グラフ

  3. 乳腺・内分泌外科分野では、外科スタッフに乳腺専門医がおり、マンモグラフィー読影認定医を4名擁しています。 乳腺については、健診から乳がん診療ガイドラインに沿った診断と治療(手術、放射線療法、化学療法を含む薬物療法のすべて)を、 川崎幸病院と第二川崎幸クリニックが一体となって行っていきます。さらには甲状腺疾患の診断、治療などを行っております。

  4. 肛門疾患においては2007年より「切らずに治す内痔核四段階注射療法」(ALTA療法(内痔核硬化療法))を導入し開始しております。
  5. 急性期疾患については本院常勤の救急医と綿密な連携を取りながら適切かつ迅速な対応を行っておりますが、この分野においてもイレウス、潰瘍穿孔、虫垂炎等に対して腹腔鏡手術を採用し低侵襲手術を実践しております。2013年の緊急手術件数は255件あり、そのうち鏡視下手術施行例は141例でした。

    定時手術と緊急手術の年次推移

    定時手術と緊急手術の年次推移 グラフ

  6. 当科では、日帰り・短期入院手術を導入し胆石症、気胸、乳腺生検、内視鏡的ポリペクトミー、鼠径ヘルニア、内痔核、IVHポート留置術などに対して行っております。これらに対しては土曜日手術も行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
  7. 抗がん剤治療に関しても当院の化学療法委員会が中心となって作成した院内登録制に基づく癌化学療法を安全かつ円滑に行っておりますし種々の大規模臨床試験にも積極的に参加し我が国における抗がん剤療法標準治療の確立の一助となるよう活動しております。
  8. 診療面全般では疾患別の治療プロトコル(胃癌大腸癌治療プロトコル)を作成し、標準化したわかりやすい医療の提供を行い、またクリニカルパスを導入し、医療者間における業務遂行の円滑化、標準化を図り、さらには患者さんにもわかりやすい医療の質の向上にも努めております。
  9. チーム医療の実践の一環としては毎朝看護部とのミーティングを行いながら常に患者さんの立場にたったわかりやすい医療の展開を行っておりますしリハビリ、栄養科をはじめとした関連部門とのミーティングを通し常に患者さまが中心となった医療の実践を行っております。
  10. 院内緩和ケアチームを2008年6月より発足。消化器外科を中心としたがん患者さんの疼痛緩和、メンタル面でのケアなど全人的なケアを目指し医師のみならず看護部、薬剤部、心理療法士、リハビリ室、栄養科、医療事務などの種々の職種のスタッフ一丸となり癌患者さんに対するトータルケアの実践も行っております。

    回診ミーティング風景

ページトップへ

治療実績

川崎幸病院外科は現在11名体制(日本外科学会指導医・専門医、消化器外科学会指導医・専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医、マンモグラフィー読影認定医,後期研修医など)で消化器腫瘍外科・内視鏡外科・腹部救急外科・乳腺外科を4本柱とし外科全般の業務を日夜行っております。特に消化器疾患は消化器内科医師と連携し2007年に設立した消化器病センターにおいて消化器内科と消化器外科の密な連携と検討会などを通して急性期疾患および消化器外科疾患全般に対して昼夜を問わない診療を提供しております。2013年は801例に対して手術を施行、その中で鏡視下手術が308例と1/3以上を占めており患者様の立場に立った低侵襲手術の積極的な提供を行っているのが当科の特徴です。
治療実績 イメージ
手術症例

手術症例 グラフ

ページトップへ

外科医師プロフィール

医師プロフィール


救急・総合診療部長・外科副部長 後藤 学
救急・総合診療部長・
外科副部長
後藤 学

専門分野・得意とする手技
・消化器外科(特に消化管・肝胆膵)
・内分泌外科(乳腺・甲状腺)
・内視鏡外科
略歴
1989年 日本医科大学医学部卒
認定資格等
日本外科学会専門医
身体障害者指定医
インフェクションコントロールドクター
厚生省認定 臨床研修指導医
外科副部長 太田 竜
外科副部長
太田 竜

専門分野・得意とする手技
・大腸肛門外科
・内視鏡外科
略歴
1994年 産業医科大学医学部卒業
認定資格等
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本大腸肛門病学会大腸肛門病専門医・指導医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本ストーマ排泄リハビリテーション学会ストーマ認定士
日本乳癌学会乳腺認定医
日本消化管学会胃腸科認 認定医・専門医・指導医
消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
検診マンモグラフィー読影認定医
内痔核四段階注射療法実施認定医
インフェクションコントロールドクター
日本臨床外科学会評議員
日本腹部救急医学会評議員
臨床研修プログラム責任者
厚生省認定 臨床研修指導医
身体障害者指定医

外科副部長 成田 和広
外科副部長
成田 和広

専門分野・得意とする手技
・消化器外科(特に大腸肛門外科)
・内視鏡外科および消化器内視鏡
略歴
1993年 昭和大学医学部卒
1997年 昭和大学大学院医学研究科修了 医学博士
認定資格等
日本外科学会専門医・指導医
消化器外科専門医・指導医
日本大腸肛門病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器病専門医
救急科専門医
消化器がん外科治療認定医
内痔核治療法研究会四段階注射法講習会受講
厚生省認定 臨床研修指導医
外科医員 網木 学
外科医員
網木 学

略歴
2002年 産業医科大学卒
2002年 医師免許取得
2002年 国立水戸病院 外科
2008年 埼玉県済生会栗橋病院 外科
2015年 川崎幸病院 外科
認定資格等
麻酔科標榜医
日本外科学会 外科専門医
日本内視鏡外科学会技術認定医

外科医員 小根山 正貴
外科医員
小根山 正貴

略歴
2006年 日本医科大学医学部医学科卒業
2008年 板橋中央総合病院初期臨床研修医修了
2011年 石心会 川崎幸病院シニアレジデント修了
2011年 石心会 川崎幸病院 外科
認定資格等
日本外科学会専門医
AHA ACLS Provider
内痔核四段階注射療法実施認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化管学会胃腸科指導医・専門医・認定医
がん治療認定医
検診マンモグラフィー読影認定医
厚生労働省認定 臨床研修指導医
身体障害者指定医
難病指定医
外科医員 佐藤 俊
外科医員
佐藤 俊

略歴
2010年  日本医科大学卒
2012年 石心会 川崎幸病院初期臨床研修医修了
2016年 石心会 川崎幸病院シニアレジデント修了
2016年 石心会 川崎幸病院 外科
認定資格等
日本外科学会専門医
検診マンモグラフィー読影認定医

シニアレジデント 井上貴博
シニアレジデント
井上貴博

略歴
2011年日本医科大学卒
2013年石心会川崎幸病院初期臨床研修医修了
2013年石心会川崎幸病院シニアレジデント
シニアレジデント 左近龍太
シニアレジデント
左近 龍太

略歴
2013年 高知大学医学部卒
2013年 医師免許取得
2013年 湘南藤沢徳洲会病院初期臨床研修医修了
2015年 川崎幸病院シニアレジデント
認定資格等
AHA ACLS Provider

シニアレジデント 井上貴博
外科医師(シニアレジデント)
富澤 悠貴

略歴
2014年 鳥取大学医学部卒業
2014年 湘南藤沢徳洲会病院 初期臨床研修医
2016年 川崎幸病院 外科シニアレジデント
認定資格等
AHA ACLS Provider

ページトップへ

乳腺外科医師プロフィール

乳腺外科医師 木村 芙英(第二川崎幸クリニック担当)
乳腺外科医師
木村 芙英
(第二川崎幸クリニック担当)

専門分野・得意とする手技
乳癌の検診・診断・治療、乳房の良性病変に対する治療
略歴
2003年 東京医科大学医学部 卒業
2003年 自治医科大学消化器一般外科・外科
2005年 東京医科大学 乳腺科
2006年 がん研究会がん研究所細胞生物部
2008年 東京医科大学 乳腺科
2016年 第二川崎幸クリニック 乳腺外来
認定資格等
日本外科学会専門医
日本乳癌学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
マンモグラフィー読影As認定医
「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会の開催指針」に基づく研修終了
医学博士
東京医科大学病院乳腺科兼任助教

ページトップへ

受診を希望される方

一般外来のご予約・お問い合わせはこちら

救急外来

けが、吐血、下血、腹痛など急性期消化器疾患などの救急外来は24時間365日対応しています。特に臨時手術に関しては24時間体制にて対応しております。
直接川崎幸病院にご連絡いただくか救急車等でご来院ください。

お問い合わせ

川崎幸病院受付  TEL:044-544-4611