放射線治療科の募集要項及び諸条件について

川崎幸病院 放射線治療科 医師募集

常勤医師募集シニアレジデント募集はこちら

※現在募集しておりません

シニアレジデント募集

後期研修内容

後期研修の特色

放射線科医師のシニアレジデントとして、放射線診断科・放射線治療科共通のプログラムとなっています。


専門医の取得について

日本医学放射線学会放射線診断専門医、または放射線治療専門医

研修期間

5年

後期研修目標

一般目標

専門医に値する知識・技能を身につけ、臨床医から信頼される放射線診断専門医、または放射線治療専門医になる。

行動目標

下記プログラム参照。

具体的達成目標

放射線診断専門医、または放射線治療専門医になる。

後期研修プログラム

研修プログラム

■ 放射線専門医制度と本プログラムについて
日本医学放射線学会の専門医認定制度では、第1段階の放射線専門医認定(研修期間は3年)、第2段階の放射線診断専門医認定(研修期間は2年)または放射線治療専門医認定(研修期間は2年)という2段階構成になっています。専門医認定試験までの3年間は放射線診断、Interventional Radiology (IVR)、核医学、放射線治療の全分野を研修します。特定の臓器あるいは特定の医療機器に偏った研修は受けさせません。この教育方針の結果、全身の放射線診療ができる放射線専門医になることができます。川崎幸病院には放射線診断、IVR、治療の専門医が9名在籍し、研修に適した環境を提供できます。次の2年間は診断専門医コースと治療専門医コースのいずれかを選択します。放射線診断専門医と放射線治療専門医の双方を研修することはできません。
診断学とIVRについては、当院が救急病院であることから、特に急性期の画像診断とIVRについて研修を受けることができます。IVRでは大動脈ステントグラフト挿入を中心とし、その他、膿瘍ドレナージ、腫瘍生検といった実戦的な研修を受けることができます。学会の研修規定により最初の3年間のうち1年間は東京大学病院または昭和大学病院などで研修します。これは、川崎幸病院には核医学施設がないことと川崎幸病院にいくつかの未設置診療科があるためでもあります。川崎幸病院に未設置診療科がいくつかあることを心配されるかもしれませんが、併設されている川崎幸クリニックと第二川崎幸クリニックにはほぼすべての診療科が設置されており、一般的な疾患に関しては全身をほぼ網羅しております。呼吸器疾患については神奈川県立循環器呼吸器病センターでの研修(3ヶ月)を予定しています。
放射線治療については放射線治療全般について研修します。当院において未開設の診療科に関する研修や未実施の小線源治療などの研修は、東京大学病院または昭和大学病院などで研修します。

■ 研修の目的とカリキュラム概略
まず、第1段階の放射線専門医試験に合格できることをめざします。最初の3年間は放射線診断、核医学、IVR、放射線治療の全分野を研修します。その後に専門医認定試験があります。
放射線診断専門医または放射線治療専門医のための研修はその後の2年間です。その後に診断または治療の専門医認定試験があります。臓器に偏らず全身の放射線診断IVRまたは放射線治療ができる人材になることを目的とします。
指導体制は、放射線診断・IVR7名、放射線治療2名の各医師です。専門医資格を有するスタッフ一同が日常臨床を教育の実践の場として活用しています。そのスタッフから直接指導が受けられます。教育の実践としては、日常診療の他に、朝ERカンファレンス、院内他科とのカンファレンスなどがあります。 1日の研修時間は原則として日勤帯の診療時間とします。診療時間外は自己学習の為の時間とします。

■ 専門医試験までの研修
□ 放射線診断(一般撮影、CT・MRI、消化管造影、超音波、など)
専門医試験までの期間(36ヶ月)で、画像診断は18ヶ月程度の研修を予定しています。
数多くの検査を通して、各疾患・各領域での画像解剖・病態・鑑別診断について勉強します。経験すべき疾患の検査数についての基準は日本医学放射線学会のガイドラインに基づきます。画像診断室の書籍やインターネット環境は、学習をサポートします。放射線診断の知識はIVRや放射線治療の基礎でもあり、もっとも長い研修期間を設定しています。

□ 核医学
核医学は研修期間中に4ヶ月程度の研修を予定しています。臨床核医学の研修以外に、放射性同位元素の安全取扱い、画像処理や画像解析などについても学びます。

□ IVR
IVRは研修期間中に7ヶ月程度の研修を予定しています。IVRの研修においては、一般的なIVRに於いて責任を持って遂行できる知見と技術を身につけることを最終目標とします。特に血管系IVRに於いては、主科として患者の管理を行っています。他施設の放射線科の一般的な研修と異なり、破裂性大動脈瘤の管理も行っていることは、負担に感じることも多いと思いますが、責任を持ってIVRを施行するという観点からは他では経験することが出来ない研修となると思います。

□ 放射線治療
放射線治療は研修期間中に7ヶ月程度の研修を予定しています。臨床情報データの整理、問診、簡単な診察と理学的所見の取得、カルテ記載、放射線治療の適応に関する検討、放射線治療計画への参画に始まり、各種疾患に対する放射線治療の適応と治療方針に関する検討に加わり、治療計画への実践参画などで放射線治療に関する幅広い臨床研修を行います。そのなかで、放射線治療の適応に関する検討(根治照射、緩和照射)、照射方法の検討(三次元原体照射、定位放射線照射、強度変調放射線治療を含む)、各種分割照射の臨床適用に関する検討、集学的治療の臨床(術前・術後照射、化学療法との併用)、照射による有害事象の検討(急性期・晩期、全身的・局所的)、各臓器・部位の放射線治療の実践(中枢神経系、頭頸部、肺・縦隔、乳房、消化器、婦人科、泌尿器、造血器、骨・軟部など)などについて学びます。
更に、この研修3年間を通じて放射線治療の基礎となる放射線生物学・腫瘍病理学および治療物理学について研修し、さらに放射線治療関連機器類と放射線治療計画に関する基本的な品質管理のやり方を研修します。

□研修例
●研修1年目
川崎幸病院で主に研修します。放射線科医として画像診断ができる最低限の知識を習得します。
1) 一般画像検査、造影検査の適応、検査手技、診断実習
2) 緊急症例の診断の補助
3) IVRの適応、基本的手技実施
4)放射線治療の基礎的事項の学習
●研修2年目・3年目
診断技術、治療方針、治療に実際に参加し、担当します。この期間のうち1年間は東京大学病院または昭和大学病院などで研修します。
1) 一般読影、一般画像検査手技、診断実習
2) 核医学診断
3) IVRの適応、一般的手技実習
4) 治療計画実習

■ 専門医試験合格後の研修
上記したように、研修4年目と5年目は放射線診断コースまたは放射線治療コースのいずれか一方を選択します。

□(1)放射線診断専門医コース
原則として診断、IVR、核医学の全分野を研修します。希望する分野を重点的にローテーションすることもできます。放射線診断で6カ月以上、IVRで6カ月以上の研修を必修とします。川崎幸病院には神経内科、耳鼻咽喉科、眼科、呼吸器内科、呼吸器外科、膠原病内科、内分泌糖尿病内科、産科、小児科が設置されていないため、原則として当該領域の診断IVRは再び東京大学病院または昭和大学病院などで行います。放射線診断領域にはさらに、日本IVR学会指導医、マンモグラフィ読影認定医、ステントグラフト実施医・指導医などの各制度があります。この研修プログラムは日本IVR学会指導医、マンモグラフィ読影認定医、ステントグラフト実施医・指導医などの資格を取得することにも十分対応しています。

□(2)放射線治療専門医コース
放射線治療専門医コース放射線治療に関する幅広い研修を実臨床において行い、研修の機会と経験の場を増やします。さらに放射線治療の倫理(放射線治療の責任と専有業務、がん治療に関する倫理、臨床研究に関する倫理など)と、放射線治療に関する品質管理と安全管理についてより専門的な立場から研修します。当施設には品質管理を担当する専任の医学物理士が在籍しており、この分野の研修を受ける環境が整っています。

 1)放射線治療の適応に関する検討(根治・緩和など治療目的別の照射
 2)照射方法の検討(IMRTを含む高精度放射線治療の実践、IGRTによる照準精度管理、呼吸同期・動体追尾法などを含む
 3)各種分割照射の特徴把握(短期照射の得失、1日多分割照射の適用)
 4)集学的治療の実践(術前・術後照射、化学放射線療法)
 5)照射による有害事象の把握(急性期・晩期反応、全身的・局所的反応)
 6)より専門的な放射線治療の実践(中枢神経系、頭頸部、肺・縦隔、乳房、消化器、婦人科、泌尿器、造血器、骨・軟部など)
 7)放射線治療記録の記載とデータ管理、治療成績の解析
 8)放射線治療の臨床研究の倫理

□ 放射線治療科でのカンファレンス・勉強会等
放射線治療センターでは、平日(月~金)の午前8:45からスタッフ全員が集まり「朝会」を開いているので、これに参加して当日の診療スケジュールなどを打ち合わせする。さらに毎週月曜日の症例検討会において新患症例や治療中の患者についての討議に参加する。

■ カンファレンス等
□ERカンファレンス:火曜日から土曜日の毎朝9時から約30分間 救急症例の検討
□Cancer board:月2回午後4時から1時間外科カンファレンス;毎週月曜日午後5時
□IVRカンファレンス:毎週木曜日  診断血管造影から塞栓、生検、ドレナージまで様々なIVRに関して、検査の適応・他の治療法との比較・予想される合併症などを討論。
□臨床各科からのコンサルテーション 随時

□院外のカンファレンス、勉強会
東京・神奈川地区では毎週のように各種のカンファレンスや勉強会が開催されています。これらのカンファレンス、勉強会も生涯教育として役立ちます。 交通の便に恵まれていますので、各種の学会やセミナーへの参加も容易です。

他院での研修について

東京大学病院、昭和大学病院等

指導医

放射線診断専門医:7名
放射線治療専門医:2名

うち8名は日本医学放射線学会研修指導者

研修医へのメッセージ

当院は急性期病院として、救急の画像診断やIVRを行っております。この修練には適しています。放射線治療では東京大学医学部附属病院放射線治療部門と専用のネットワーク回線を結び、放射線治療計画装置、治療情報、検証情報などを共有し、大学病院と同じ治療環境を整えております。

募集求人内容

募集科目

放射線科(一次試験合格者は診断科、IVR科、治療科を選択可)

募集人数

若干名

雇用形態

常勤医師

勤務地

川崎幸病院

勤務時間

日勤:8:30~17:00

時間外勤務

無し

応募資格

初期臨床研修修了者、または修了予定者
※詳細はご相談に応じます。
• 多くの学会認定施設となっており、これから専門医を目指される先生方が臨床経験を積まれるのに適しております。
• 学閥等もありませんので、自由な雰囲気の中で勤務、研修をしていただけます。放射線診断科、放射線IVR科、放射線治療科には医師が合計14名在籍していますが、出身大学は国立市立13大学です。
※勤務条件のご希望と経験を考慮し優遇いたします。詳細につきましてはご相談させていただきます。
※ただちに応募、転職とはいかないが、興味はあるという方もお気軽にご連絡ください。
※秘密は厳守いたします。

給与・待遇

経験等を考慮し、当院規定に準拠します。

保険・福利厚生

・社会保険完備
・24時間保育所完備
・社宅制度有
・図書室完備
・医療文献等データベース(複数サービス)有
・勤務医包括賠償責任保険加入
・リゾートトラスト系、他保養所利用
・社宅補助(入居費用・賃金において規定金額補助有)
・その他

休日・休暇

夏季休暇、年末年始、有給休暇
※研究日等、詳細はご相談に応じます。

問い合わせ先

当院では専属の採用担当者が、病院見学および面接のアレンジ、キャリアプランに応じた処遇調整・勤務開始後のサポートまで行います。個人情報も守秘徹底しますので、紹介業者を介さずに安心してお問い合わせください。

連絡先

〒212-0014
神奈川県川崎市幸区大宮町31番27
社会医療法人財団石心会 川崎幸病院 
TEL:044-544-4611(代表)
FAX:044-541-0127

担当者

医師採用担当 紀平浩幸

メールアドレス

recruit@saiwaihp.jp

ページトップ