脳血管内治療科・脳神経外科の募集要項及び諸条件について

川崎幸病院 脳血管内治療科・脳神経外科 医師募集

常勤医師募集シニアレジデント募集はこちら

診療科紹介

各科の目標や志

地域に貢献するため、脳神経外科と脳神経血管内治療科で手術成績・治療効果の向上を目指します。

期待される医師像

脳卒中、脳神経外科全般、脊髄・末梢神経疾患の診療に情熱を傾け取り組める意欲あふれるスタッフ医師を募集します。当院は日本脳神経外科学会専門医訓練施設、日本脳卒中学会認定研修教育施設、日本脳神経血管内治療学会訓練施設に認定されており、脳神経外科専門医、脳神経血管内治療専門医を目指す熱意ある後期研修医も募集致します。
急性期医療に対応するため24時間MRI,CT, 脳血管撮影、手術に対応できる体制を取っており、年間新規入院患者数は約800例に及びその中から急性期に迅速に対応できる診断能力、確実な検査診断技術、的確な治療方を修得してもらいます。

診療科の特徴

脳神経外科専門医5名(うち4名:脳卒中専門医、2名:脳血管内治療専門医)後期研修医1名による体制で24時間365日対応できる状態で地域に貢献しております。当科ではICU8床以外にSCU9床(脳卒中専用病床)を有し脳卒中急性期治療にも積極的に取り組んでおります。手術症例数も年々増加しており、2016年は前年の322件から441件に増加しその内脳血管内治療は171件となっております。

設備等の紹介

手術室には最新の顕微鏡が備えられ、Brain Labo社のNavigationも用意されています。
血管撮影室にはSIEMENSのフラットパネル・バイプレーン装置が設置され診断治療に活躍しております。

取得可能な専門医

脳神経外科専門医
脳血管内治療専門医
脳卒中専門医

応募いただく医師へのメッセージ

当院の特徴は脳血管センターとして脳神経外科と脳血管内治療科が一体となって密に連携し日々の診療を行っていることが特徴です。脳神経外科・脳血管内治療科のどちらも極めたいと考えている研修医は大歓迎です。

募集求人内容

募集科目

脳血管内治療科/脳神経外科

募集人数

若干名

雇用形態

常勤医師

勤務地

川崎幸病院

勤務時間

日勤:8:30~17:00
SCU当直:17:00~翌9:00
ER当直:17:00~翌9:00

※週1回のSCU当直、月1回のER当直をお願いしております。

時間外勤務

有り

応募資格

経験3年以上、27~55歳、チームの一員として行動していただける方
※詳細はご相談に応じます。
• 多くの学会認定施設となっており、これから専門医を目指される先生方が臨床経験を積まれるのに適しております。
• 学閥等もありませんので、自由な雰囲気の中で勤務、研修をしていただけます。
※勤務条件のご希望と経験を考慮し優遇いたします。詳細につきましてはご相談させていただきます。
※ただちに応募、転職とはいかないが、興味はあるという方もお気軽にご連絡ください。
※秘密は厳守いたします。

給与・待遇

1,200万~1,600万

※経験年数・当直回数で前後します。

保険・福利厚生

・社会保険完備
・24時間保育所完備
・社宅制度有
・図書室完備
・医療文献等データベース(複数サービス)有
・リゾートトラスト系、他保養所利用
・社宅補助(入居費用・賃金において規定金額補助有)
・その他

※勤務医包括賠償責任保険は各自にてご加入ください。

休日・休暇

夏季休暇、年末年始、有給休暇
※研究日等、詳細はご相談に応じます。

シニアレジデント募集

後期研修内容

後期研修の特色

脳卒中の外科治療・脳血管内治療・内科治療のエキスパートを目指す脳神経外科シニアレジデントを募集いたします。
当院は川崎市幸区にある地域中核病院であり、急性期に特化した病院で、救急医療を積極的に行っております(2013年救急車台数9,928台)。
豊富な脳血管障害患者の急性期治療(開頭術、脳血管内治療、内科的治療)を経験することにより、種々の脳血管障害の治療を身につけることができます。これは、当院のような急性期をになう一般病院ならではの大きな特徴と考えております。
頭部外傷、脳腫瘍、脊髄脊椎疾患等の診療も積極的に行っており、脳卒中以外の脳神経外科専門医に必要な知識も身につけられます。
手術件数(開頭手術+脳血管内治療)は川崎市内で最も多い施設であり、年間手術件数は300~400件となっております。
富山大学脳神経外科の研修施設、横浜国際医療センター脳神経外科の関連施設。
当院において経験を積むことにより、脳神経外科専門医・脳血管内治療科専門医・脳卒中専門医・神経内視鏡学会技術認定医の受験資格を得ることができます。


専門医の取得について

•脳神経外科学会認定専門医:初期臨床研修終了後、当院での研修により脳神経外科専門医試験の受験資格が得られる。 ただし、経験症例に偏りが出るため半年程度の富山大学脳神経外科・横浜国際医療センター脳神経外科、またはその関連施設での研修が望ましい。

•脳血管内治療認定医:当院における研修により受験資格を得られる。
•脳卒中学会専門医:当院における研修により受験資格を得られる。
•内視鏡学会技術認定医:当院における研修にて取得可能。

研修期間

4年間 脳神経外科専門医養成期間とする。

後期研修目標

一般目標

全ての臨床医に求められる基本的な診療に必要な知識、技能、態度、初期診療を身につける。

行動目標

急性期脳血管障害患者の外科治療・脳血管内治療・内科治療に関するその適応、及びその技術を習得する。
脳神経疾患患者全般にわたり手術手技、術前・術後管理を習得する。
連携医療・チーム医療を行う能力、対外的症例発表を行える能力を身につける。

具体的達成目標

卒後7年目に日本脳神経外科学会専門医を習得できる臨床能力を習得することを目標とする。

後期研修プログラム

研修プログラム

(1)一般研修目標
本プログラムは、臨床の現場で信頼される脳神経外科専門医を養成することを基本目標とする。
研修すべき知識、技量については、年次別・個人別に具体的内容と評価基準を定め、その修得と充実をはかる。

(2)「修得のための基準設定と研修医・指導医の責務と評価」
修得のため経験すべき症例数と期限につき目安を定める。
指導医は研修医に対し経験症例を提供、教育する責務を持つ。
研修医は、指導医の信頼に足る知識、技量を修得する責務がある。
研修医及び研修施設の評価を相互に行い、研修プログラムの充実を計る。
「手術手技修得目標(脳神経外科専門医受験資格)」
脳手術:外傷性頭蓋内出血、脳内出血、trans-sylvian approach
脊椎手術:椎弓切除・形成術、頚椎前方アプローチ
血管手術・血管内治療:頸動脈ステント留置術、脳血管吻合術、頭蓋内血管拡張・血栓溶解術
学会・論文発表について:積極的にこれを指導、遂行する。

(3)個別研修目標 ※別表参照

1.修得すべき手技と手術経験目標症例数
・1年次
患者管理の基本手技、脳卒中診療の基本手技、血管撮影手技、病理診断、基本的検査手技、緊急処置。
手術(慢性硬膜下血腫、頭蓋形成術、CVD、VPシャント)

・2年次
開頭閉頭の術者、顕微鏡手術の助手、脳血管内治療の基本手技、マイクロ基本手技(ラット血管吻合)
手術(外傷・基本的開頭術)
2年終了時の検査・手術経験目標数
頭部外傷・脳卒中などの救急患者にたいする対応が十分に行えるようにする。
また、頭部外傷・脳卒中の管理が一人でも行えるように習得する。
腰椎穿刺(10)、血管撮影(100)、慢性硬膜下血腫(20)、CVDおよびVPS(30)

・3~4年次
診療の中心的役割を担い、技量の拡大、充実をはかる。
4年終了時の手術経験目標数
開頭・閉頭:テント上(30)、後頭蓋窩(5)急性硬膜外血腫・硬膜下血腫(10)脳内血腫(10)
脳手術:シルビウス裂開放(10)、簡単な脳動脈瘤クリッピング(5)、簡単な脳腫瘍手術(5)
脊椎:椎弓切除・形成(5)。血管内:頭蓋内血栓溶解(5)
神経内視鏡手術およびmajor手術・血管吻合術(適宜)

2.手術修練に関するカンファレンス
富山大学「脳・脊髄手術解剖カンファレンス」:年2回開催。
富山マイクロサージャリーカンファレンス:年2回開催。脳血管吻合の練習に関する3回シリーズ、修了証を発行する。
呉羽カンファレンス:年1回開催若手のみによる症例検討ならびに講演会。記録集を発行する。

3.病理カンファランス(1回/月:横浜国際医療センター)

他院での研修について

富山大学脳神経外科・横浜国際医療センター脳神経外科およびその関連施設での研修が可能である。

指導医

•神林 智作(昭和61年卒)日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医、医学博士
•壷井 祥史(平成13年卒)日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医、医学博士
•永尾 征弥(平成15年卒)日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医、日本脳神経血管内治療学会専門医

研修医へのメッセージ

脳神経外科は苦労の多い診療科です。しかし喜びは苦労する程大きいものです。
これから我々脳神経外科の業界は、専門分化およびセンター病院集中化が急速に進むと思われます。
即ち、手術はセンター病院で集中的に行い、スタッフもセンター病院に集中し複数の専門チームで診療にあたる体制が想像されます。
今後はさらに充実した環境になると思います。勿論苦労はあるでしょうが新しい脳神経外科の歴史を作る喜びを自分の手で掴んでみてはどうですか?

募集求人内容

募集科目

脳血管内治療科/脳神経外科

募集人数

若干名

雇用形態

常勤医師

勤務地

川崎幸病院

勤務時間

日勤:8:30~17:00
SCU当直:17:00~翌9:00
(ER当直:17:00~翌9:00)

※週1回のSCU当直、月2回のER当直をお願いしております。

時間外勤務

有り

応募資格

初期臨床研修修了者、または修了予定者。チームの一員として行動して頂ける方。
※詳細はご相談に応じます。
• 多くの学会認定施設となっており、これから専門医を目指される先生方が臨床経験を積まれるのに適しております。
• 学閥等もありませんので、自由な雰囲気の中で勤務、研修をしていただけます。
※勤務条件のご希望と経験を考慮し優遇いたします。詳細につきましてはご相談させていただきます。
※ただちに応募、転職とはいかないが、興味はあるという方もお気軽にご連絡ください。
※秘密は厳守いたします。

給与・待遇

1,200万円~1,400万円

※経験年数・当直回数で前後します。

保険・福利厚生

・社会保険完備
・24時間保育所完備
・社宅制度有
・図書室完備
・医療文献等データベース(複数サービス)有
・リゾートトラスト系、他保養所利用
・社宅補助(入居費用・賃金において規定金額補助有)
・その他

※勤務医包括賠償責任保険は各自にてご加入ください。

休日・休暇

夏季休暇、年末年始、有給休暇
※研究日等、詳細はご相談に応じます。

問い合わせ先

当院では専属の採用担当者が、病院見学および面接のアレンジ、キャリアプランに応じた処遇調整・勤務開始後のサポートまで行います。個人情報も守秘徹底しますので、紹介業者を介さずに安心してお問い合わせください。

連絡先

〒212-0014
神奈川県川崎市幸区大宮町31番27
社会医療法人財団石心会 川崎幸病院 
TEL:044-544-4611(代表)
FAX:044-541-0127

担当者

医師採用担当 紀平浩幸

メールアドレス

recruit@saiwaihp.jp  ※特定電子メール法に基づき、特定(営業目的)メールの送信はご遠慮ください。

ページトップ