川崎幸病院のインタビューページです

インタビュー

インタビュー

シニアレジデント

初期研修医

青盛 恒太

やりたいだけやらせてもらえる環境があります

初期研修医 青盛 恒太

(2014年入職)
※インタビュー時期:2015年10月現在

川崎幸病院を選んだ理由

初めはレジナビのイベントでパンフレットをもらったのが川崎幸病院を知ったきっかけです。その時はブースにはいかなかったんですけど、あとから病院見学へ行って、救急外来と外科を見ました。選んだ理由はその時に手技をたくさんやらせてもらえるって話を聞いたのと、症例数が多いこと。あとは救急外来を経験したいと思っていたので。早いうちにたくさんの症例を診たいって考えていたのも大きいです。福利厚生と立地もいいですしね。

川崎幸病院の魅力

青盛 恒太 やっぱりたくさんの経験ができることじゃないかなって思います。 理論も経験も大切だけど、自分自身は初期研修医の間に経験をたくさん積みたいと考えていたので。プログラムの自由度が高いこともこれを後押ししています。二年目のプログラムは自由自在に組むことができるので、このあと自分のやりたいことの練習ができます。 あとたくさん診ることができるけど、忙しすぎないっていうのも魅力ですね。研修医が雑用をしないんですよね。大学病院とかだとこうはいかないと思うんですけど、川崎幸病院は看護師さんや技師さんたちがやってくれるんです。その雑務を覚えられないのは弱点かな、とも思います。でもこの弱点は自分次第でいくらでも改善が見込めると思うので、積極的に指導を仰ごうと思っています。また初期研修医一、二年の垣根も低いので困ったことはすぐに相談できる環境なので、分からないことはすぐに聞くことができますよ。もっと盛んに話ができるようになれば、と思っています。

研修中のエピソード

初期研修1年目の早い段階でpiccやCVをやらせてもらいました。これが数回やった程度ではなくて、手が慣れるぐらいはやりました。初期研修の早い段階でこれだけ経験ができるってのは他の病院ではないんじゃないかと思うし、本当に早い段階でかなりの経験が積めると思います。オペも救急車もたくさんみました。 初期研修医2年目で消化器内科での研修を希望したときなんですが、GFを40件ぐらい、挿入・観察全て自分主体で行い、所見も書かせてもらいました。指導医がいないことはないので必ずチェックしてもらえますし、やってみて難しいってなるとちゃんと指導してくれたり変わってもらったりもします。 今は泌尿器科で研修を行っていますが、TUR-Pは最後まで、TUR-BTも15分ぐらい触らせてもらえます。生検も含めると週に7~8件ぐらい指導をしてくれる泌尿器科部長の知識がすごくて、とても勉強になります。

休日の過ごし方

青盛 恒太 同期の伊藤弥医師と飲みに出かけたりしています。多いと週に2回とか。あとは音楽を聴くのが趣味なので、就職してから憧れだったジャズ・クラブの会員になりました! 時間があったら妻と音楽を聴きに行っています。音楽が近くで聴けるのはとても魅力だと思うんですよね。あと演奏される曲や演奏者のゆかりある地域の地ビールが出るので、それも楽しみにしています。

メッセージ

医学生へ

川崎幸病院はとにかくたくさんの経験ができます。でも忙しすぎないですし、やりたいだけやらせてもらえる環境があります。フットワーク軽い人とか、なんでもイエスって言って楽しめる人には向いていると思います。最初のうちはこなす事が精一杯かもしれないですが、先輩たちもフォローしてくれるので徐々に慣れてきてきます。知識や経験も早い段階で得ることができると思います。今年は初期研修医一年目の先生が4人入ってくれたので、楽しい研修環境になりました。来年もこうやって一緒に楽しくやってくれる人が入ってくれたら、もっと川崎幸病院は盛り上がると思います。川崎幸病院で切磋琢磨し、お互いに刺激しあいながら、いろんな経験をして、楽しい毎日を過ごしてほしいです。一度見学に来てもらえたら、この良い雰囲気を味わうことができるんじゃないかと思います。

ページトップ