川崎幸病院のインタビューページです

インタビュー

インタビュー

シニアレジデント

初期研修医

樋口医師

経験できる手技や症例数が魅力

初期研修医 樋口 正樹

※インタビュー更新時期:2017年1月現在

川崎幸病院の魅力

待遇の良さ、救急外来で経験できる症例数などでしょうか。
軽症~重症まで数々の症例を診ていくことができます。急性期の市中病院なので手技も充実しています。研修医ができるようになるべき手技はほぼすべて習得可能な環境だと思います。

実際に働いてみた研修医としての生活

樋口医師 日本の医療の現状を学ぶことができていると思います。
当直はかなり忙しい部類に入ると思いますが、明けは帰ってよいことになっているのでそこまで無理はありません。普段の業務も科によりますがそこまで遅くまではなりませんのでプライベートも確保されています。
休日はよく都内に出たりしています。

プログラムの良いところ

2年目での自由選択期間が長いことではないでしょうか。
離島研修、在宅研修など充実していると思います。同期の人数も6人なので様々な面で調度良いと思います。

指導医や他のスタッフについての印象

急性期の病院ということでスタッフ全体が若い印象があります。

医者として成長を感じる時

できなかった手技がいつの間にか緊張せずにできるようになっていること。救急外来でスムーズに緊急性を要する疾患かを鑑別できた瞬間ですかね。
勿論まだまだですが判断力自体はついてきていると思います。

今後の目標

3年目に向けての基礎を築いていくことです。具体的には手技の見直しや症例の振り返りなどです。
1年目は考えるよりは身体でぶつかっていくことが中心でしたが、今後は質を上げていきたいと考えています。

メッセージ

医学生へ

樋口医師

研修中はある程度は自分の時間がほしい。Common diseaseを研修中に沢山経験したい。
大学で専門的医療を体感していくことも重要かと思いますが、医師として最初の2年間は医療者として世の中のニーズを肌で感じることは今後に必ず生きていくと考えます。
将来マイナー科を考えているけど、救急は医者としてある程度は診ておきたいという方も、是非研修先として検討いただけると幸いです。

ページトップ