川崎幸病院のインタビューページです

インタビュー

インタビュー

シニアレジデント

初期研修医

十倉 淳紀

やりがいを持って自分の医療を行うことができます

消化器内科 シニアレジデント 十倉 淳紀

(2011年入職)
※インタビュー時期:2014年11月現在

川崎幸病院を選んだ理由

病院見学に行って、そこで研修医の任される範囲が大きいと感じたことが1つ。大学病院等で見た研修医と印象が違いました。驚きもしたし、感動もしました。こんなにいろいろなことを任せてもらえるのかって。見学には2回行きましたが、救急外来・外科・消化器内科を見ましたが、この印象は変わりませんでした。2つめは1年間通して救急ができること。1年間通して救急に関わることでスキルダウンしないですし、これができるのとできないのとでは大きい違いがあると思うんですよね。あとは福利厚生と立地条件ですね。駅から病院も近いですし、川崎駅はどこへ行くにもアクセスがいいので。

川崎幸病院の魅力

十倉 淳紀 初期研修医のうちから救急外来で診療をすることができるのは大きな魅力じゃないでしょうか。 救急車がきたら1人で判断して、1人で診療を行うんです。これを初期研修医の早い段階から始めます。
もちろん指導医がいるので、わからないことは聞きやすい環境にあります。
消化器内科で後期研修をしていますが、後期研修のレベルも高いです。専門性が高いにもかかわらず、他の市中病院と比べても後期研修医ができる手技の量・レベルは桁違い。他だと4年目じゃできない処置もできます。コメディカルが活発なので医療に専念できるってのもありますね。無駄な雑用が無い分、医療に専念できるし、勉強する時間も取れる。横のつながりも強いので、わからないことがあったらすぐに相談できる環境にあって、勉強もしやすいですよ。

研修中のエピソード

初期研修医の時に循環器内科に興味があって、循環器内科を回っていた時にPCIまでやらせてもらいました。ものすごく緊張したけれど、いい経験になりました。本当に何でもチャレンジさせてくれるんですよね。
あとは救急外来の看護師さんに優しくしてもらったことです。1年目の何もわからない時からお世話になりっぱなしで、今でもお世話になってます。

休日の過ごし方

何をしてるかって言われると特に思いつかないんですが、飲みに行ったり、寝てたり、もちろん勉強もしてますよ。後はバスケとゴルフ。この間は脳神経外科の医師たちとゴルフに行きました。接待とかではないですよ。科を越えて仲が良いんです。
あとは最近のお笑い芸人の動向のチェックとかしてますね。

メッセージ

医学生へ

他の病院の研修医と話をしていても、川崎幸病院が劣っている点はありません。大学病院や他の病院の研修医の話を聞いていると『まだそんなことしているの?』って思うぐらい、川崎幸病院は経験も成長するスピードも段違いです。やりがいを持って自分の医療を行うことができます。もちろん大変な時もあるけど無駄に遅くまで残ったりすることはないし、夜も休めるし、プライベートもある。メリハリを持って毎日を過ごすことができる病院ですよ。

後期研修先を考えている医師へ

十倉 淳紀消化器内科は後期研修医にしたら非常に高い専門的治療を、他の病院とは比べられない数こなすことができます。症例数が多くて、ERCPに関していえば100件ぐらいやりました。特に消化器内科部長の熱意がすごい。とても教育熱心で、とても丁寧に教えてくれる。感謝しています。他の病院の研修医と話をしていても、川崎幸病院が1番良いって胸を張って言えます。一度見学にきて、現場を見てください。1番だって言える理由がわかると思いますよ。

ページトップ