川崎幸病院 臨床研修センター 離島研修レポート

薩摩川内市下甑手打診療所

所在地:
鹿児島県薩摩川内市下甑町手打956番地
診療科目:
外科・内科・小児科
病床数:
19床

下甑島について

下甑島(しもこしきじま)は、鹿児島県の西の沖合約45kmにある甑島列島の南部にある離島です。
釣りやダイビングのスポットとしても知られ、島の沿岸部では激しい海の波や地層の隆起によって形成された海食岸、リアス式海岸が多く見られ、ダイナミックな自然の光景が楽しめます。

地図

手打診療所での研修について

指導医の先生や他病院からの研修医・医学実習生と共に研修を行います。診療所にはレントゲン・CT・エコー・透析等、主要な医療設備が揃っています。研修の内容は多岐にわたり、外来診療や入院診療の他に研修医自らがレントゲンやCTの撮影も行います。希望があれば胃カメラなども研修医自ら実施することができます。島内2か所の出張所を管理しており、そちらでの出張診療も行います。
また、研修医のための設備も整っており、研修医専用の住居や研修医室があります。
豊かな自然に囲まれた環境で、充実した研修を行うことが可能です。

島風景

手打診療所屋上からの眺め

研修医の1日のスケジュール

1日のスケジュール
診療所

手打診療所外観

粟田 裕治 医師

粟田 裕治 医師(2015年度入職 現在は消化器内科シニアレジデント)

研修期間:2017年1月4日~1月31日

印象に残った症例・エピソード

週に1回出張診療へ行くのですが、出張診療先で患者さんが「瀬戸上先生の顔見たら何か元気になっちゃった。」と笑顔で話されている様子がとても印象的でした。瀬戸上先生が、38年間という長い時間をかけて作り上げた島民の厚い信頼関係というものを肌で感じました。

甑島での思い出

診療所の近くのスナックによく行っていました。島民の皆さんと楽しい時間を過ごす事ができました。皆さん優しくてお酒が好きで歌がとても上手でした。初めてスナックに行った次の日に診療所の看護師さんから「先生昨日スナックに行ったんだって?」と言われた時には島では隠し事はできないなと思いました(笑)あとは夕焼け、星空、海辺の景色が本当に綺麗でした。

研修写真

出張診療先の風景

研修写真

島にいた1カ月間で一番綺麗な夕日

研修写真

宿舎から徒歩30秒の綺麗な砂浜

医学生に向けて一言

離島医療は救急医療に並ぶ程の医療の原点だと思いました。 専門科が細分化されている現代の医療の現場とは異なり、すべての診療科の症状や疾患を島という医療資源の限られた環境下で診療していくという事の難しさとやりがいの大きさを感じました。 1カ月という短期間ではありますが、本当に勉強になる事も多く、島民の方々との想い出もたくさんできました。 こんな貴重な経験をするチャンスはそう多くないです。学生の皆さん、ぜひ初期研修医の間に離島研修を!

伊藤 弥 医師

伊藤 弥 医師(2014年度入職、2015年度まで在籍)

研修期間:2016年2月1日~2月29日

印象に残った症例・エピソード

数日前からの感冒症状と発熱のある50代女性が来院しました。インフルエンザ陽性で、X-pにて肺炎像を確認しましたが、CTの結果では典型的な市中肺炎像と異なっていました。すぐに入院として抗生剤による治療を開始しましたが、その晩、状態が悪化しているとのことで呼出しがあり病院に戻ると、明らかな呼吸不全状態にありました。この日は指導医の瀬戸上先生が本土に行かれていて、フェリーが悪天候のために欠航になり帰島できなかったため、自分1人で対応しなければなりませんでした。呼吸状態がさらに悪化した場合気管挿管も考えられました。幸病院の場合、医師が自分1人であることはありえず、困ったら上級医にコンサルトできる環境です。また、近隣の病院まで転送することも可能ですが離島ではそうもいきません。普段と全く異なる状況であり、電話で瀬戸上先生にコンサルトすると、自衛隊のヘリでの搬送を要請するように言われ、そのマネージメントとヘリが来るまでの間の治療をしなければなりませんでした。この日は悪天候のためヘリが飛べるかも不確かな状況でしたが、要請から4時間後に何とかヘリが到着し、本土へ搬送することができました。その際、本土から瀬戸上先生がヘリに同乗され、先生の顔を見たとき正直ほっとしました。先生はそのまま本土へ患者さんとヘリに乗って行かれ、再び医師は私1人になりました。ヘリポートから病院に戻るやいなや救急隊からの連絡が入り、頭痛を訴える60代男性が運ばれました。来院後、嘔吐もありすぐに頭部CTを施行したところ、くも膜下出血が見つかりました。すぐに血圧を下げる治療を開始してヘリコプターを要請しました。なかなか搬送先が決まらず、また天候も悪くヘリが到着したのは朝になってからでした。その間、看護師さんや事務の方と協力し急変に備え、なんとかドクターヘリに収容することができました
この晩は全てが初めての状況であり、今まで2年間学んできた事を総動員して対応しました。都会では決して経験できない貴重な体験だったと思います。

研修写真

深夜のDrヘリ

研修写真

診察室

研修写真

下甑島の海岸線

甑島での思い出

瀬戸上先生のご自宅に2回招待いただき、フルコ-スのご馳走をいただきました。豪勢で忘れられない晩餐で思い出に残りました。
また焼酎の醸造所が近くにあり、そこで作られた焼酎がとてもおいしかったです。
夜空がとても綺麗だったことも印象的でした。

医学生に向けて一言

離島医療の厳しさを実体験でき、経験として今後も自分の中に残っていくと思います。
普通に医師人生を歩むだけでは得難い経験ができました。このような貴重な体験を得られるチャンスがあったら是非自分から飛び込んでいった方が成長できると感じました。

青盛 恒太 医師

青盛 恒太 医師(2014年度入職、2015年度まで在籍)

研修期間:2016年1月4日~1月29日

印象に残った症例・エピソード

4人の患者さんを病院でお看取りさせていただきました、幸病院では院内でお看取りさせさせて頂くことが少なかったので大変勉強になりました。また、若年の卵巣腫瘍頸捻転患者さんを本土にヘリ搬送も体験しました。また出張診療で島の綺麗な景色も見ることができました。

研修写真

名所:ナポレオン岩

研修写真

Drヘリ

研修写真

研修医が分包も行います

甑島での思い出

部屋での自炊の日々でしたが時には看護師さんが美味しいごはんを控室でふるまってくれました。下甑島では12年ぶりの降雪があり、綺麗な浜辺を見ることができました。お正月の門松を焼く行事にも参加しました。

研修写真

雪がつもった海岸線

研修写真

看護師さんのおいしい手料理

研修写真

門松を焼く行事

医学生に向けて一言

2年間の研修で学んだ知識・技術では足りないことばかりですが、島の人のお役に少しは立てたと思えるのは医師としての大きな喜びでした。皆さんも一所懸命研修して離島研修に挑戦して下さい。

 
ページトップ