スマートフォン用ページへ

イベント

 
 

イベント

これまでのイベント

10月の予定

病院機能分化と救急医療
日時 10月01日 (火) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 定員 81名
その他 本日は石井暎禧院長が急用のため、笹栗志朗院長代行よりお話しいたしました。 急性期病院としての川崎幸病院の役割や、地域医療連携の重要性についてお話しいたしました。川崎幸病院が新築移転して1年以上経ちましたが、今後も地域の皆様にために尽力して参りますので、宜しくお願いいたします。
在宅医療の現場から~医療者として、どうお役に立てるのか~
日時 10月02日 (水) 14:00~15:00 会場 中原市民館 2階 第3・第4会議室合併 定員 48名
その他 本日は登録医の信愛ホームケアクリニックの田村先生に在宅医療の現場から~医療者として、どうお役立てできるか~をテーマに講演いただきました。「在宅医療」とは、自宅で医療を受けることをいいます。病気や障害があって病院に通うのが困難な方、自宅での看取りを希望されている方の為に、医師や看護師など専門のスタッフが自宅へ訪問し、治療や介護のお手伝いをするとのことです。在宅医療を選択する際は在宅で出来ること出来ないことがありますので、お近くの地域包括支援センター等の専門施設へお問い合わせいただき、在宅医療の実施施設とよく相談した上で、治療の選択をしてください。
メタボリックシンドロームと言われたら
日時 10月03日 (木) 【出張講演】 会場 東京油槽株式会社 主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は東京油槽株式会社主催にて出張の健康塾を開催いたしました。メタボリックシンドロームについて管理栄養士の立場から講演をいたしました。
急性大動脈解離について
日時 10月03日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 定員 99名
その他 関根医師が緊急手術のため、2講演目の西村医師よりお話しいたしました。関根医師の講演を期待してご来場いただいた方々には、深くお詫び申し上げます。
ハイブリット治療~手術とIVRの融合~
日時 10月03日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 定員 99名
その他 大動脈手術と血管内治療を同時に行う治療方法である、ハイブリット治療についてお話しいたしました。(別個で行う場合もございます。) 手術範囲の減少による、患者さんへの負担軽減や合併症の低減というメリットがあると同時に、別個で行う場合の、手術を2回に分ける精神的・コスト増加の負担というデメリットがあることなどについてお話しいたしました。
シミ・皮膚癌
日時 10月03日 (木) 14:00~14:45 会場 中原市民館 2階 第3・第4会議室合併 定員 48名
その他 本日は登録医こすぎ皮ふ科、院長の山本亜偉策先生に『シミ・皮膚癌』についての講演をいただきました。皮膚癌とは、皮膚に生じた悪性新生物の総称で、主なものに基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫等があるようです。ホクロとは似ているようで違うようなので、気になる形状のホクロ等があれば皮膚科専門医にご相談ください。
睡眠時無呼吸症候群のお話
日時 10月04日 (金) 19:30~20:30 会場 川崎市総合福祉センター エポックなかはら 7階 第3会議室 定員 60名
その他 本日は川崎幸病院の登録医であるすずき耳鼻咽喉科クリニックの鈴木院長より、睡眠時無呼吸症候群の自覚症状や治療方法などについて幅広くお話しいただきました。軽症の場合はとくに治療を要さない場合が多いそうです。重症の場合、CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法)や口腔内装具・軟口蓋形成術などの治療法があるとのことでした。
渡る世間は糖尿病ばかり
日時 10月07日 (月) 14:00~14:45 会場 川崎クリニック6階 定員 90名
その他 本日は糖尿病の話を川崎クリニックの久間医師より講演いたしました。講演テーマは「渡る世間は糖尿病ばかり」です。渡る世間は糖尿病ばかりというテーマの通り、糖尿病はとても多い疾患であり、日本は世界の中で第9位、約710万人の疾患者がいるそうです。糖尿病にならないようにするためには、食生活の改善と運動が一番効果的。食後、30分後に少し散歩することが結構よいそうです。
糖尿病と腎臓のアブナイ関係
日時 10月07日 (月) 14:45~15:30 会場 川崎クリニック6階 定員 90名
その他 糖尿病と腎臓についての講演をいたしました。糖尿病になったら腎臓には注意が必要のようです。簡単に言うと、高血糖状態が続くことにより、腎臓の機能が損なわれてしまうからだそうです。糖尿病と言われた日から腎臓に気遣う生活、特に塩分を控え、高血圧の予防等、心掛けることが大切とのことです。
介護が必要な方にどんな病院・どんな施設があるの?
日時 10月08日 (火) 【出張講演】 会場 いきいき教室同好会 主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日はいきいき同好会様への出張講演をいたしました。現在、病院は急性期病院・回復期リハビリ病院・療養病院等があるそうです。むかしは病院に入院した場合、家に帰れるまで病院で入院ができたのですが、現在は急性期病院で一定期間集中的に治療したのち、回復期リハビリ病院や療養病院に転院をし、在宅復帰に向けて治療に取り組んでいくようです。在宅での生活が困難な場合は介護施設を利用していくようです。
生活習慣病について
日時 10月09日 (水) 【出張講演】 会場 ひらまの里 地域包括支援センター 主催 【出張講演】 定員 --
その他 ※主催団体の方々限定の講演となります。
看護師が伝えるシリーズ~前立腺がんについて~
日時 10月10日 (木) 【出張講演】 会場 古市場町内会 主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は古市場町内会にて出張講演をいたしました。内容は前立腺がんについてです。前立腺がんはPSA検査という血液検査によって簡単に知ることができるそうでう。がんは早期発見すると治療法が多くあります。がんは2人に1人はなる時代といわれていますので、がん健診などをオススメいたします。
10月10日は転倒予防の日 ~足腰に良い体操をご一緒に~
日時 10月10日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎クリニック6階 定員 90名
その他 10月10日は転倒予防の日です。本日は転ばぬ先の杖。足腰を鍛える体操を中心に講演をいたしました。
安心してお家で生活するために ~手すりの重要性~
日時 10月10日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎クリニック6階 定員 90名
その他 転倒予防の日に関連し、本日は安心して家で生活するために手すりについて講演をいたしました。転倒を予防するためには手すりを上手に活用することが必要とのことです。家では転倒するところが多くありますので、必要に応じて手すりを活用してください。
肺がんって怖い病気?
日時 10月11日 (金) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 定員 81名
その他 肺がんに関する様々なお話をいたしました。テーマにもありますように、肺がんはやはり「怖い病気」であります。ですが、早期に発見し、早期治療を行えば完治する可能性もあるとのことでした。CT撮影など検査は比較的簡易的に行えるので、定期的な検査をおススメいたします。
がんの放射線治療~肺がんについて~
日時 10月11日 (金) 14:45~15:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 定員 81名
その他 本日は肺がんに関して幅広くお話いただきました。肺がんの分類や肺の構造、放射線治療について説明がありました。肺がんは早期発見・早期治療が重要とのことです。半年に1度は肺がん検診を受けてみることをオススメいたします。例えば、肺がんになる原因はタバコの喫煙によることが多いようです。そのため喫煙されている方は特に検診をしてみるのはよいと思います。
在宅医療のお話 ~生活を支える在宅医療・介護~
日時 10月11日 (金) 19:00~20:00 会場 川崎市総合福祉センター エポックなかはら 7階 第3会議室 定員 60名
その他 本日は川崎幸病院の登録医であるこだま診療所の児玉院長より在宅医療全般についてお話いただきました。最後には、「在宅医は在宅医療中は患家の準家族であり、患者さんと患家に向かい手を携えて支援する上下の無い全職種スタッフの輪の中に立っている」とのお話で締めくくりました。
薬と上手につきあうために ~薬の正しい飲み方・使い方
日時 10月15日 (火) 【出張講演】 会場 幸区老人クラブ連合会 東地区・戸手九十九会 主催 【出張講演】 定員 --
その他 お薬は、胃を通り、腸に届いて、腸から血液の中に入ってから効果が出ます。ですので、上手にお薬を腸まで届けることが必要です。そのためには、正しい飲み方・使い方を守っていただくごとが大切です。また、正しい使い方を守らないと効果が出ないだけではなく、副作用が出るときもあります。薬の正しい飲み方と使い方についてお話しました。
心と食事について
日時 10月15日 (火) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 2番会議室 定員 63名
その他 食は人の愛情や退行、コミュニケーションに関わる存在であるだけに、心理的な安定と強い結びつきを持っており、気持ちを切り替えたり、感情を抑えたり、発散したりという道具になっているそうです。ゆえに、心の健康状態で食行動は変化するとのことでした。
中高年の方のスポーツ活動のススメと注意点
日時 10月15日 (火) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 2番会議室 定員 63名
CTとMRIの違いについて
日時 10月17日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 定員 99名
その他 本日はCTとMRIの違いについて講演いただきました。画像化する原理は、MRIは磁石、CTは放射線とのことです。被曝という点で考えれば、MRIの方は被爆をしませんが、MRIの機器の性能上、機器が発する音が大きかったり、長時間の検査時間が必要だったりという長所や短所があるようです。
もしもの時にあわてない子どもの手当て
日時 10月19日 (土) 【出張講演】 会場 矢向エンゼルホーム 主催 【出張講演】 定員 --
その他 子どもが有事の際にどのような対応を心がけたほうがよいかの話がありました。子どもを育てる上では色々な悩みがあると思います。有事の際、また悩みがある際は一人で抱え込まず最寄りの医療機関、またはかかりつけ医、子育て支援センターなどへ行き相談ください。
病院を上手に受診するために
日時 10月20日 (日) 【出張講演】 会場 川崎区中央第1社会福祉協議会 主催 【出張講演】 定員 --
その他 ※主催団体の方々限定の講演となります。
コレステロールについて~良いコレステロール、悪いコレステロール~
日時 10月21日 (月) 【出張講演】 会場 東亜石油株式会社 主催 【出張講演】 定員 --
その他 コレステロールには2つの種類があるとよく言われます。一つは「悪玉」と呼ばれる「LDLコレステロール」。もう一つは「善玉」と呼ばれる「HDLコレステロール」です。LDLコレステロールはLDLという運び屋によって全身に運ばれるコレステロールですが、これが過剰に増えると血管の壁に蓄積して、血管にプラークと呼ばれるコブができるようです。その結果、血液の流れが悪くなり、これが動脈硬化と言われます。そのため、LDLコレステロールの値を一定以上にならないようにすることが大切と言われているようです。
コレステロールについて~良いコレステロール、悪いコレステロール~
日時 10月22日 (火) 【出張講演】 会場 東亜石油株式会社 主催 【出張講演】 定員 --
その他 昨日に引き続き、同会場・テーマで出張講座を行いました。
けが・病気、こんな時どうすればいいか?
日時 10月22日 (火) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 2番会議室 定員 63名
その他 『けが、病気、こんな時どうするのが良いか』という救急のテーマで講演をいただきました。救急で運ばれてこられる方の事例をもとに腸閉塞・虫垂炎など幅広いテーマで紹介をいたしました。いつもと違う症状があれば自分で判断するのではなく、医師に相談することが望ましいとのことです。
病院を上手に受診するために
日時 10月22日 (火) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 2番会議室 定員 63名
その他 病院を上手に受診するためにというテーマで講演いたしました。外来の上手な受診の方法としては症状を詳しく説明できるようにメモをとることが重要のようです。いつごろから、身体のどこに、どんな症状で、経過どうかという内容を説明できるようにすることが、適切な処置につながるようです。
誤嚥性肺炎を防ぐためには
日時 10月23日 (水) 【出張講演】 会場 ひらまの里 特別養護老人ホーム 主催 【出張講演】 定員 --
その他 誤嚥性肺炎は、食事の誤嚥、また加齢によって嚥下機能が低下することによる唾液の誤嚥などがあげられるようです。特に唾液の誤嚥では口腔ケアを実施していることと実施していないとでは口腔ケアを実施しているほうが誤嚥性肺炎になりにくいようです。
食べられないこととは?
日時 10月24日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 定員 99名
その他 本日は食べられないこととは?をテーマに、もし自分や家族の誰かが寝たきりになり、食べることが難しくなったとき、どうするかを考えさせる講演でした。生とは死とは、あまり考える機会がないのですが、死は必ず訪れるものです。どう自分が生き、死へ向かうか・・・。縁起が悪いため話す機会はないと思いますが、大切なことと感じます。家族と一度話してみるのもよいのかもしれません。
胸痛を感じたら・・・ ~狭心症について~
日時 10月24日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 定員 99名
その他 狭心症は発作的に、胸の痛みや圧迫感などの症状を起こす病気だそうです。一般的には、「労作性狭心症」か「安静狭心症」などに分けられるようです。原因は血管内腔が狭くなることによって、心筋に十分な血流・酸素が送り込めないときに胸の痛みが起こるようです。血管狭窄の原因の大多数は糖尿病・高脂血症、高血圧などに引き続いて起こる動脈硬化とのことです。血管狭窄の原因をお持ちの方は一度検診をオススメいたします。
動脈硬化と腎臓病の深~い関係
日時 10月25日 (金) 10:00~11:00 会場 川崎クリニック6階 定員 90名
その他 本日は動脈硬化と腎臓病の深~い関係の話に変わり、TBSラジオ大沢悠里のゆうゆうワイド/毒蝮三太夫のミュージックプレゼントの公開ラジオの講演をいたしました。
腎臓病の食事療法
日時 10月25日 (金) 11:00~11:30 会場 川崎クリニック6階 定員 90名
その他 本日は腎臓病の食事療法の話に変わり、TBSラジオ大沢悠里のゆうゆうワイド/毒蝮三太夫のミュージックプレゼントの公開ラジオの講演をいたしました。
糖尿病治療の最前線~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 10月25日 (金) 【出張講演】 会場 河原町ふれあいサロン 主催 【出張講演】 定員 --
その他 糖尿病の方は継続して病院に通院することが重要なようです。病院に通わなくなると糖尿病が悪化し、他の病気との合併症になるリスクが高まるようです。無理することはないのですが、継続的に医療機関にかかり、自分の状態を知ることは必要なことだと思います。
慢性腎臓病(CKD)の治療について
日時 10月26日 (土) 10:30~11:00 会場 川崎クリニック6階 定員 90名
その他 近年、腎臓病は心筋梗塞や脳梗塞などとの関係も深い、大変危険な病気であることがわかってきました。また、腎臓は大変頑張り屋の臓器で、腎臓の機能が20%程度になるまで、体に異変や不調が見られることはほとんどありません。そのため、自覚症状のないまま放置されがちです。健康診断は定期的に必ず受診、気になることが点があれば早期に腎臓内科を受診することが大切です。
腹水濾過濃縮再静注法について
日時 10月26日 (土) 11:00~11:30 会場 川崎クリニック6階 会議室 定員 90名
その他 お腹には臓器をつつむ膜があるそうです。それは腹膜といい、臓器と臓器の摩擦を少なくするために腹腔とよばれるすきまをつくっているそうです。腹腔には通常20〜50mLの水が入っていますが、さまざまな病気の影響で通常よりたくさん貯まった水、または状態を腹水というようです。腹水は 腹水濾過濃縮再静注法という方法にて、肝硬変やがんなどによって貯まった腹水を濾過濃縮などし、自己の体内へ必要な栄養を戻すという治療があるそうです。
慢性腎臓病(CKD)・検査の見方
日時 10月26日 (土) 11:30~12:00 会場 川崎クリニック6階 会議室 定員 90名
その他 本日は日ごろの血液診断において、腎臓病に診断データの診方について講演をいただきました。診断データは専門的な用語が多いため、分かりにくいことが多々あると思います。本日は診断データの用語の基礎について詳しく説明いただきました。
脳卒中~脳卒中の治療と予防~
日時 10月28日 (月) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 定員 99名
その他 本日は脳卒中についてお話しました。脳卒中には大きく分けて、脳の血管が詰まって起こる脳梗塞と、脳の血管が破れて起こる脳出血、くも膜下出血があります。どちらの病気も動脈硬化という血管の老化が大きな原因です。動脈硬化は高血圧、高脂血症、糖尿病、などの生活習慣病により進行が進みます。日頃の食生活に気を付け、ストレスをためずに生活をすることが大切のようです。
胸の痛みを感じたら・・・~狭心症について~
日時 10月28日 (月) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 定員 99名
その他 狭心症の症状・検査方法・治療法など幅広くお話いただきまいした。別の病気でも胸痛が起こることがあり、逆に胸痛を伴わない心筋梗塞もあるとのことでしたので、少しでも異変があるようでしたら、病院で診察してもらうことをおススメいたします。
肩こり・腰痛に良く効くストレッチ
日時 10月29日 (火) 【出張講演】 会場 デル株式会社 主催 【出張講演】 定員 --
その他 ※主催団体の方々限定の講演となります。
えっ?タバコって歯にも悪いの?~喫煙と口腔衛生~
日時 10月31日 (木) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 2番会議室 定員 63名
その他 本日は登録医、伴場歯科医院、院長の伴場先生の喫煙と口腔衛生について講演いただきました。タバコは体に悪いことしかない、百害あって一利なしといわれるように、いいことはないようです。口腔内に関してもよいことがなく、歯茎の色が変わるなどの弊害があるようです。