スマートフォン用ページへ

イベント

 
 

イベント

これまでのイベント

3月の予定

「管理栄養士による正しいダイエット講座」
日時 03月04日 (月) 【出張講演】 会場 アーベインビオ川崎 【出張講演】 定員 --
その他 管理栄養士による正しいダイエットと題して、マンション向けの出張講演を実施しました。ダイエットについて、適度な運動と栄養を管理することでリスクなく、痩せることができるようです。おかずについては手のひらにのる程度の量が適量とのことです。ご飯は1杯、果物はだいたい1つ程度の量がちょうどよい量とのことです。食べすぎた場合は翌日の食べる量を減らすなど工夫し、ストレスなくダイエットをすすめていくことが望ましいようです。
「パパママも必見!!」 ~もしもの時にあわてない子どもの手当て~
日時 03月05日 (火) 【出張講演】 会場 子育て支援センター あいいく主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は子育て支援センターあいいく様へ出張講演を開催しました。子どもが有事の際の対応方法について講演を実施し、お母さん方が感じている子育てや育児の医療的な悩みを解決しました。有事の際は慌てず、騒がず最寄りの医療機関、またはかかりつけ医に相談ください。
「動悸を感じたら・・・」 ~不整脈について~
日時 03月06日 (水) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 定員 60名
その他 不整脈は、その名が示す通り脈の乱れを意味しています。仮に不整脈を認めてもそのまま放置してよいものから、直ちに治療を開始しなければ命にかかわるものまで症状は色々あるようです。不整脈が出現することで強い自覚症状を認める場合で不整脈が検出された場合などは治療の対象となるかもしれません。健診の心電図などでたまたま不整脈が検出される場合などでは、治療の必要性がないことのほうがむしろ多いようです。。不整脈については、各自の判断とすることなく最寄のかかりつけ医師に相談をお願いします。
「健康診断のデータを学ぼう」
日時 03月06日 (水) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 定員 60名
その他 健康診断は、診察および各種の検査で健康状態を評価することで健康の維持や疾患の予防・早期発見に役立てるものです。本日は健康診断のデータについて講演をいただきました。健康診断のデータは専門的な用語が多いため、分かりにくいことが多々あると思います。本日は診断データの用語の基礎について詳しく説明いただきました。
「加齢と循環器疾患」
日時 03月07日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 定員 99名
その他 本日は加齢と循環器疾患の講演ではございましたが、一部内容を変更し講演をいたしました。3月上旬、埼玉県の男性が救急搬送中36回断られ死亡してしまうという悲惨なニュースがありました。川崎幸病院は救急を断らない医療を掲げています。現在までの救急対応についての実績を報告いたしました。今後も皆さまのお力をいただきまして救急医療に力を尽くしていきたいと思います。
「吸入器の使い方」 ~吸入薬の種類と正しい使用法について~
日時 03月07日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 定員 99名
その他 吸入薬の種類や正しい使用方法について講演いただきました。吸入薬は多々あります。吸入薬は正しく吸入しないと効果があまりないようです。また反対に副作用を起こす危険性もありますので、医師や薬剤師に正しい吸入薬の使用方法の説明を受け、効果的に使用することをおすすめ致します。使用する前には十分注意をしてください。
「トイレが近い、間に合わない」 ~一人で悩んでいませんか?~
日時 03月08日 (金) 13:30~14:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール4階研修室1、2、3 定員 81名
その他 本日は中村クリニック泌尿器科、中村薫院長よりご講演いただきました。過活動膀胱の治療には、行動療法・膀胱訓練(トイレを少しがまんする)・骨盤底筋訓練・薬物療法など様々な手法があるとのことでした。 泌尿器科の治療というと、「痛い・恥ずかしい」というイメージが強い方が多いかもしれませんが、一昔前と比べると「痛くない・恥ずかしくない」治療法が増えているとのことでしたので、お悩みを抱えていらっしゃる方は一度受診してみてはいかがでしょうか?
「肩こり・膝痛・腰痛にサヨナラ」
日時 03月08日 (金) 【出張講演】 会場 京町3丁目縁側会主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は京町3丁目縁側会主催で出張講演をいたしました。『肩こり・膝痛・腰痛にサヨナラ』というテーマで日頃悩みを抱えている肩こり、膝痛、腰痛など痛みを解決するための秘訣を講演いたしました。例えば肩こりの原因は筋肉を動かさないことで筋肉が固くなってしまっているなどが考えられるようです。肩こりの際、肩甲骨を動かすことで肩のこりをほぐすことができるようです。
「骨粗しょう症と脊椎圧迫骨折」
日時 03月11日 (月) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 定員 60名
その他 本日は骨粗しょう症についての治療法・原因・薬を飲み続ける理由・骨を元気にする食事のポイントなど幅広くお話いたしました。 タバコを吸っている・毎日お酒を飲む(ビール350ミリリットル缶3本以上)・運動不足である・カルシウムの摂取量が少ない、上記に当てはまる方は骨の検査を受けたほうが良いと言われているそうです。上記に当てはまる方は一度検査してみてはいかがでしょうか?
「おとなの充実生活」 ~シニアライフを地域で豊かに~
日時 03月12日 (火) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 定員 99名
その他 地域包括支援センターは高齢者の様々な支援、相談にあたる組織とのことです。高齢者にとって住み慣れた地域で尊厳を保ち、その人らしく生活をしていくことは大切と思います。そのため包括支援センターは必要な社会的サービスを利用できるよう高齢者福祉にかかる総合的な支援活動を実施しています。もしお困りの際はお近くの地域包括支援センターへお越しください。
「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 03月12日 (火) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 定員 99名
その他 糖尿病の方は継続して病院に通院することが重要なようです。病院に通わなくなると糖尿病が悪化し、他の病気との合併症になるリスクが高まるようです。無理することはないのですが、継続的に医療機関にかかり、自分の状態を知ることは必要なことだと思います。
「トイレの悩みを解決!」 ~自分らしい生活のための排泄ケア~
日時 03月13日 (水) 【出張講演】 会場 馬島福祉会 恒春園主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は馬島福祉会恒春園主催による出張講演を実施しました。内容はトイレの悩みを解決するための秘訣です。自分らしく生活をしていくためにはQOL(生活の質)を高めていくことが必要です。特に排泄にかかわる行動は自己欲求に関わることですので、大切なことだと思います。排泄用品の紹介やトイレのリハビリ体操を通してトイレの悩みを考えました。またトイレの後の手洗い習慣を身に付けるための手洗い体操を実施しました。
「こんな時、どうする?」 ~いざという時の対処方法~
日時 03月14日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 定員 99名
その他 いざという時の対処方法について講演いただきました。身近に起こりうるケガの対処方法や冬場に起こりやすい体の危険なサインについて説明をいただきました。もしもの緊急時の際、周りに助けを呼べるようなブザー等あれば自分の緊急な状況を伝えられ、早期の治療に結びつくなと感じました。
「救急車を上手に使いましょう」
日時 03月14日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 定員 99名
その他 救急車の上手な利用方法について講演いただきました。前年度平成24年度、川崎市で救急車を利用した方は約6万人、そのうち軽傷の患者が約3万人と言われています。救急車には限りがありますので、緊急性がなく医療機関までの交通手段がない場合はサポート救急を利用する、または救急医療情報センターを活用し、最寄の医療機関を案内もらうことができます。幸病院では救急車を断らない病院を実施しています。なにかあればご利用いただければと思います。
「うつ病について」 ~高齢者のうつについて~
日時 03月19日 (火) 13:30~14:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 定員 63名
その他 本日は当院の登録医である、ふるしょうクリニックの古荘院長にうつ病についてご講演いただきました。うつ病の患者数は年々増加傾向にあり、男性よりも女性の方が発病率は高いとのことでした。また、ストレスなどの外的な要因だけではなく、遺伝的素因も関係しているようです。うつ病の治療には、薬物治療・休息・精神療法などがあり、他の病気と同じく早期発見・早期治療が大切であるとのことでした。
「在宅歯科医が語る老後への備え」 ~その3:認知症と診断されたら~
日時 03月19日 (火) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 定員 99名
その他 本日は愛仁歯科医院、鈴木英哲院長よりご講演いただいました。加齢による口腔機能は必ず訪れることだと思いますが、認知症の方はその訪れは加速度的に進むようです。認知症が訪れることによって口腔機能が低下し、嚥下障害を生じる場合があるようです。認知症となったとしても適切な口腔ケアや口腔機能を保つための取り組みを実施していくことは必要とのことです。そのためには認知症によって介護が必要となった場合、訪問歯科を活用することが大切ですので、お近くの訪問歯科をしている歯科に相談ください。
「胸の痛みを感じたら・・・」 ~狭心症について~
日時 03月21日 (木) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 定員 60名
その他 狭心症の症状・検査方法・治療法など幅広くお話いただきまいした。別の病気でも胸痛が起こることがあり、逆に胸痛を伴わない心筋梗塞もあるとのことでしたので、少しでも異変があるようでしたら、病院で診察してもらうことをおススメいたします。
「高機能CTの性能について」 ~320列CTのご紹介~
日時 03月21日 (木) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 定員 60名
その他 弊施設に導入した高性能CT装置についてお話いただきました。CT装置とは放射線にて身体全体を撮影する装置です。今までのCT装置は画像処理の精度が低く、検査の際、利用者の方に負担をかける装置でした。この度導入した装置は人間の主要な臓器である脳や心臓など1回転で撮影できるようです。そのため今まで難しかった循環器疾患、特に不整脈の方を無理なくCTで撮影することができるとともに画像処理の精度があがり、負担の少ない形で検査が提供できるようです。
「がんの放射線治療」 ~肺がんについて~
日時 03月22日 (金) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 定員 48名
その他 本日は肺がんに関して幅広くお話いただきました。肺がんの分類や肺の構造、放射線治療について説明がありました。肺がんは早期発見・早期治療が重要とのことです。半年に1度は肺がん検診を受けてみることをオススメいたします。例えば、肺がんになる原因はタバコの喫煙によることが多いようです。そのため喫煙されている方は特に検診をしてみるのはよいと思います。
「触ってみよう」 ~大動脈ステントグラフト~
日時 03月22日 (金) 14:45~15:30 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 定員 48名
その他 大動脈解離・大動脈瘤の治療方法として、幸病院はステントグラフトを利用した治療を実施しています。ステントグラフトとはステントといわれるバネ状の金属を取り付けた新型の人工血管のことです。大動脈の血管が弱くなった代わりにステントグラフトを挿入することで血管内治療をするようです。本日はそのステントグラフトを実際に触れてみる企画を実施しました。
「脳卒中について学びましょう!」
日時 03月25日 (月) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 定員 48名
その他 脳卒中の恐ろしさは治療が遅ければ後遺症の恐れがあることです。寝たきりになる原因の1位は脳卒中、2位が認知症とのことです。つまり脳卒中となると寝たきりになるかもを含め後遺症の恐れはあります。現在、国立がん研究センターは「10年間で脳卒中を発症する確率について~リスク因子による個人の脳卒中発症の予測システム~」を発表しました。リスク因子としては年齢、性別、たばこ、BMI、糖尿病、血圧の6つがあります。その因子を点数化し、合計点数の数値によって脳卒中の発症確率が決まるようです。脳卒中の発症リスクが確立としてわかるようになりましたが、不安なようであれば、かかりつけ医で検診などすることをオススメいたします。
「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 03月26日 (火) 【出張講演】 会場 デル株式会社主催 【出張講演】 定員 --
その他 町内会等からの出張講演も、随時承っております。お気軽にお問い合わせください。 ※お電話をいただければ出張講演を調整いたします。 TEL:044-542-7007
「ここまで進んだ内視鏡」 ~大腸ポリープについて~
日時 03月27日 (水) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール4階研修室1、2、3 定員 81名
その他 内視鏡を使用した大腸がん検査や治療について幅広く講演いただきました。内視鏡を使用した検査は大腸がひねることで痛みを伴うようです。幸病院は痛みが出来にくいような取組、また治療については患者様の状態や意思を尊重し、相談しながら治療を実施しています。大腸がんは早期発見、早期治療により根治が可能と言われている‘がん’のようです。かかりつけ医がございましたら一度検診することをオススメいたします。
「健康診断のデータを学ぼう」
日時 03月27日 (水) 14:45~15:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール4階研修室1、2、3 定員 81名
その他 健康診断は、診察および各種の検査で健康状態を評価することで健康の維持や疾患の予防・早期発見に役立てるものです。本日は健康診断のデータについて講演をいただきました。健康診断のデータは専門的な用語が多いため、分かりにくいことが多々あると思います。本日は診断データの用語の基礎について詳しく説明いただきました。
「腹部単純写真について」
日時 03月28日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 定員 99名
その他 本日は胸部X線検査(レントゲン)について中心にお話しました。 レントゲンでは重なっている部分を読み取ることができないそうなので、レントゲンを撮る際には、ガラの付いたTシャツを着ないことや、髪の毛が長い方は髪の毛が写らない様に上げるなどの注意が必要です。しかし、レントゲンはCTの被ばく量と比べると20分の1で検査できるとのことなので、病気の早期発見のためにも年に1度は検査をすることをおススメいたします。
「胆石症のはなし」 ~意外と知らない?胆石症の知識~
日時 03月28日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 定員 99名
その他 胆石症について原因や治療方法について幅広く講演いただきました。胆石症は女性、肥満、中高年等に多いとされ、急激なダイエットをしている方に胆石症の発症が高いようです。胆石を保持している人の大半は、症状のない方が多く、人間ドッグで発見されることが多く、胆石症の症状を起こす人は1~3%と言われています。胆石症は痛みや症状を伴わず、日常生活に支障をきたさないことも多く、症状のない場合には、特に治療をせず基本的に経過観察で問題がないようですが、もちろん治療が必要な場合があります。かかりつけ医に相談し、人間ドッグを定期的に受診することをオススメいたします。
「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 03月29日 (金) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 定員 48名
その他 糖尿病の治療の考え方として、今起こっている症状を取り除くのではなく、そのまま放置しておくと今後起こるであろう様々な病気を、起こらなくするための治療であるということを理解していただきたいとのことでした。何よりもまずは早期に病院を受診し、検査・治療を受けること、また病院に通い続けることが重要だとご説明いたしました。
”年寄りの冷や水” ~CKD(慢性腎臓病)のサプリメント~
日時 03月30日 (土) 10:30~11:00 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 定員 60名
その他 血圧を下げると腎機能低下を防ぐことができ、血圧を下げるには塩分を控えることが有効とのことでした。現代の食生活では、塩分を多く摂取してしまいがちですが、一日6グラムまでに抑えることを目標にしていただきたいとのことでした。 栄養成分表示に表記されている、ナトリウムの数値に2.5を掛けた数値がおおよその塩分量だそうですので、食事の際にチェックしてみてはいかがでしょうか?
「LDLコレステロールを下げる血液浄化療法」
日時 03月30日 (土) 11:00~11:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 定員 60名
その他 コレステロールと言えば、血管にたまって動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞など命に関わる病気の原因となる悪いやつ・・・というのはもはや常識?誰もが一度は聞いたことがある善玉・悪玉の話や、コレステロールを下げる治療方法について紹介いただきました。
「CKD(慢性腎臓病)と長寿」
日時 03月30日 (土) 11:30~12:00 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 定員 60名
その他 最新のマウス実験により、腎臓が悪くなると老化や寿命に影響することが徐々に解明されているそうです。慢性腎臓病は生活習慣の改善により、症状の悪化を防ぐことができるそうですので、適度な運動や塩分の摂りすぎない食事を心がけて健康に過ごしましょう。