スマートフォン用ページへ

イベント

 
 

イベント

これまでのイベント

4月の予定

「糖尿病について知ろう」 ~糖尿病のうそ!?ほんと!?~
日時 04月01日 (月) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 定員 48名
その他 糖尿病の判断基準について幅広く質疑応答を踏まえ講演いただきました。血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準を超えている場合を糖尿病というようです。糖尿病は遺伝すると言われていますが、遺伝することが原因で糖尿病になるとはいえないようです。日々医療は発展してきていますので、気になることがあれば健康塾に来場いただき質問いただければと思います。
「トイレの悩みを解決!」 ~自分らしい生活のための排泄ケア~
日時 04月01日 (月) 14:45~15:30 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 定員 48名
その他 トイレの悩みについて講演いただきました。トイレの悩みは普段、他の人には聞きにくい事柄です。排せつ周りの用具や排せつを適切にしていくやり方について体操を踏まえ講演いただきました。重要なことは生活で排せつにかかわる不便を感じる場合は必要に応じて泌尿器科に受診いただくことのようです。快適なトイレ環境を過ごしていくことは生活の質を保つことにつながります。悩みがあればお近くの泌尿器科への受診をオススメいたします。
「前立腺肥大症に対するレーザー治療」 ~からだにやさしい理由とは~
日時 04月02日 (火) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 定員 99名
その他 前立腺肥大症の症状と治療法について講演いただきました。当院では前立腺肥大症に対して、ホルミウムレーザーを使ったレーザー治療を行なっています。レーザー治療は開腹手術に比べて、入院日数が短縮できるなどのメリットがあるようです。前立腺肥大症について、内科的治療ないし、外科的治療をすることによって排尿行為がストレスなくできるようです。泌尿器でお悩みがある際はお近くの泌尿器科へ受診してみるのをオススメいたします。
「健康診断の検査データの正しい見方」
日時 04月02日 (火) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 定員 99名
その他 検査データは専門的な用語が多く、分かりにくいと思います。本日は健康診断の検査データ内容について簡単に説明いただきました。検査データは身体の状況が数値として分かる資料です。健康診断を定期的に実施することをオススメいたします。
「もしもの時にあわてない子どもの手当て」
日時 04月03日 (水) 【出張講演】 会場 川崎ゲートタワー主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は川崎ゲートタワーへの出張講演を開催しました。子どもが有事の際にどのような対応を心がけたほうがよいかの話がありました。子どもを育てる上では色々な悩みがあると思います。有事の際、また悩みがある際は一人で抱え込まず最寄りの医療機関、またはかかりつけ医、子育て支援センターなどへ行き相談ください。
「五十肩・腰痛・膝痛サヨナラ」 ~軽い体操をしながら~
日時 04月04日 (木) 14:00~14:45 会場 プラザ大師 2階 『第1・第2学習室』合併 定員 66名
その他 『五十肩・膝痛・腰痛にサヨナラ』というテーマで日頃悩みを抱えている肩こり、膝痛、腰痛など痛みを解決するための講演をいたしました。例えば腰痛の原因は腰を過度に酷使したりすること、また腹筋等のお腹周りの筋肉を動かさないことで腰を支える力が弱ることが要因のようです。腰痛はお腹周りの筋肉をつけることで腰痛が緩和していくようです。無理はせず、自分ができる範囲でお腹周りの筋肉を鍛えてみるのもよいかもしれません。
「こんな時救急車に来てもらいましょう」
日時 04月08日 (月) 【出張講演】 会場 KANTOモータースクール主催 【出張講演】 定員 --
その他 救急車を呼ぶ際に、事前に保険証・診察券・お薬手帳を用意しておく便利です。また、ご本人で救急車を呼ばれた場合、お帰りの際のときのために、お金・履物・上着を準備しておくと便利とのことでした。 多少余裕があるときや、ご家族が救急車を呼んだ際には、救急車が来そうなところまで案内に出ると早く到着できるので良いでしょう。
「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 04月09日 (火) 【出張講演】 会場 いきいき教室同好会主催 【出張講演】 定員 --
その他 糖尿病の患者さんは年々増えています。その一方生活習慣病健診の受診率は低い状況です。糖尿病は症状が軽いうちは無症状であり、困ったことにはなりません。しかし、糖尿病を長い間放っておくと、三大合併症などの重い症状が起きてしまいます。糖尿病の治療は大変だと思われるかもしれませんが、例えば運動療法であれば、毎日10分歩くだけでも十分効果があります。糖尿病を過度に怖がらず、定期的に健診を受け、早期発見・早期治療されることが大切です。
「あなたのお悩みまるっと解決」 ~肩こり・腰痛・膝痛さようなら~
日時 04月10日 (水) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 定員 81名
その他 本日は講師急用のため、講演を中止させていただきました。誠に申し訳ございませんでした。今後とも引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。
「お腹が痛くなったら」 ~急性腹症について~
日時 04月10日 (水) 14:45~15:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 定員 81名
その他 急性腹症について講演いただきました。急性腹症は急激な腹痛疾患の総称のようです、急性腹症は外見からだけでは判断が難しいようです。急性腹症で重症になりやすい疾患は腸閉塞(イレウス)・消化管穿孔(上部・下部)とのことです。普段の腹痛と違う痛みがあれば、様子をみるのではなくかかりつけ医に受診することをオススメいたします。
「動悸を感じたら・・・」 ~不整脈について~
日時 04月11日 (木) 【出張講演】 会場 幸区社会福祉協議会主催 【出張講演】 定員 --
その他 動悸は普段意識していない心臓の動きを“不快なもの”として感じることのようです。動悸の原因は心臓由来のものと心臓以外のものがあり、心臓由来の動悸は心不全・心臓弁膜症・狭心症・心筋梗塞などがあり、最も多い原因は不整脈とのことです。動悸を感じる際はかかりつけ医に相談をし、医師指導のもと治療していくことをオススメいたします。
「胸の痛みを感じたら・・・」 ~狭心症について~
日時 04月12日 (金) 【出張講演】 会場 京町3丁目縁側会主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は胸の痛みについて講演いただきました。胸の痛みは心臓の痛みに関わらず、神経の痛みや血管の痛み等、考えるだけで16以上の症状が考えられるようです。胸のいたみがあった際は自分で判断するのではなく、医師に相談ください。
「米国最新アレルギー情報・根本的に治療するためのアレルギー入門」 ~花粉症、アトピー、じんましん~
日時 04月16日 (火) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 定員 60名
その他 本日は川崎幸病院の登録医である、スクエアクリニックの本間龍介副院長にアレルギーについてご講演いただきました。 加工食品や添加物を口にすることで、アレルギーを引き起こしてしまうことがあるとのことでした。食事の際には「良質な“油”を摂取すること」を意識すると良いとのことです。 スクエアクリニックでは多種多様な検査を行っておりますので、体調で不安なことがあれば一度検査してみてはいかがでしょうか?
「脳動脈瘤の早期発見」 ~脳ドックのすすめ~
日時 04月17日 (水) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 定員 48名
その他 本日は、脳ドックについてお話しました。発症すると7割の方が助からないくも膜下出血という怖い病気の主な原因は脳動脈瘤です。脳動脈瘤を早期に発見するには、磁気を使って画像を撮影するMRIという装置での検査(脳ドック)を受けることが大切です。脳ドックを受ける施設を選ぶ際には、①MRI専門技術者がいるか②1.5テスラ以上のMRI装置があるかを基準に選ばれることをお勧めします。
「がんの放射線治療」 ~前立腺がんについて~
日時 04月19日 (金) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 定員 81名
その他 前立腺がんは前立腺にできる‘がん’のことで、高齢者に多く、40歳代からみられ50歳以上で多くなるようです。‘がん’になる要因は食生活の欧米化、高齢化、喫煙等、男性ホルモンの影響が考えられるそうです。前立腺がんは早期発見を実施することで完治する‘がん’と言われています。また‘前立腺がん’はPSA検査を実施することで簡単にわかるようですので、一度心配される方はPSA検査を実施することはいかがでしょうか。
「安心してお家で生活するために」 ~手すり等について~
日時 04月19日 (金) 14:45~15:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 定員 81名
その他 一転三か月という言葉をご存知ですか。高齢の方が不意に転倒することは中程度以上のけがになる確率が多いようです。転倒をすることによって、外出を控え、心身的に衰え、3か月は家に引きこもってしまうと言われているようです。転倒は居間や寝室が多く、手すりを適当な場所に設置することは転倒防止には効果的のようです。足腰に不安をかかえることがありましたら、手すりの検討をしてみてはいかがでしょうか。
「便秘解消の食生活と日常生活」
日時 04月22日 (月) 【出張講演】 会場 河原町ふれあいデイサービスセンター主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は、河原町ふれあいデイサービスセンターにて「便秘解消の食生活と日常生活」を題に出張講演をいたしました。便秘は「毎日便が出なければならない」というわけではなく、3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても自分が思うような排便行為ができていない状態を便秘というようです。便秘の解消は野菜や食物繊維を多くとること・リラックスをすること・便意がなくともトイレにいく習慣をつける、運動をするなどで排便をコントロールできるようです。できれば薬に頼ることなく排便をスムーズにできることが幸せですね。
「最後まで自立して食べる・生きる」 ~在宅でのささえ方~
日時 04月23日 (火) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 定員 63名
その他 本日は登録医・愛仁歯科医院、口腔機能支援センターさいわいセンター長の本間先生より『最後まで自立して食べる・生きる~在宅でのささえ方~』について講演いただきました。口から食べ物を食べ続けるということは楽しみであり、表情を相手に伝える方法は口から表現できるとのことです。口腔内のケアは管理が甘くなると口腔内の病気にかかりやすくなるようです。健康で元気に日常を暮していくには日頃からかかりつけの歯科医師を探し、口腔内のケアに取り組むことが必要のようです。
「けが・病気、こんな時どうすればいいか?」
日時 04月23日 (火) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 定員 63名
その他 ※事前申込み不要、参加費無料です。
「ここまで進んだ内視鏡検査・治療」 ~早期胃がんについて~
日時 04月24日 (水) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 定員 63名
その他 胃がんは喫煙や胃に生息しているピロリ菌などが発症原因とされています。胃がんは胃X線検査、胃内視鏡検査などの検査で発見されますが、内視鏡は直接カメラで胃を診る検査のため早期で‘がん’を発見することができるそうです。早期の胃がんは内視鏡での治療も可能とのことです。がんは早期発見・早期治療によって完治の可能性がありますので、年に1回は検診をし、自分の身体を知ることが必要と思います。
「健康診断の検査データの正しい見方」
日時 04月24日 (水) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 定員 63名
その他 本日は健康診断のデータについて講演をいただきました。健康診断は、診察および各種の検査で健康状態を評価することで健康の維持や疾患の予防・早期発見に役立てるものです。診断データは専門的な用語が多いため、分かりにくいことが多々あると思います。本日は診断データの用語の基礎について詳しく説明いただきました。
「脳疾患について」 ~脳血管の病気~
日時 04月25日 (木) 14:00~14:45 会場 プラザ大師 2階 『第1・第2学習室』合併 定員 66名
その他 脳卒中とは脳梗塞、脳出血、くも膜下出血という3つの脳の病気の総称とのことです。本日は脳卒中の原因、症状、治療について講演をいたしました。脳卒中は時間との戦いのようです。発症後、8時間以内に治療を開始することが大切です。また早期治療により後遺症の軽減が期待できるようです。time is brainです。
「大動脈瘤に使用する大動脈ステントグラフトを触ってみよう」
日時 04月26日 (金) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 定員 48名
その他 ステントグラフトとは、金属製の骨組と人工血管を組み合わせたものであり、大動脈瘤などの治療に用いられます。手術治療よりもステントグラフトは低侵襲(体に負担が少ない)に治療が可能とのことでした。大動脈瘤はCT検査で偶然見つかることが多いそうですので、定期的な検査をおすすめいたします。 ※小池医師の代わりに、長谷医師が講演いたしました。
「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 04月26日 (金) 14:45~15:30 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 定員 48名
その他 糖尿病は糖が尿にでてからでは遅いそうです。検診で尿に糖の値がでていなくとも血液検査で空腹時の血糖が120mg/dlを超えた値が出た場合は、早期の治療が望ましいそうです。糖尿病は多くの合併症がかかわります。まずは検診から自分の身体を知りましょう。
「慢性腎臓病(CKD)にならないために」
日時 04月27日 (土) 10:30~11:00 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 定員 63名
その他 慢性腎臓病(CKD)の原因として最も多いのは高血圧と糖尿病です。特に慢性腎臓病(CKD)を悪化させる原因として高血圧、脂質異常(コレステロールが高い)などがあります。特に高血圧の原因は塩分の摂取量に関わっているようです。1日の塩分摂取量は6.0gが目標とされます。日本人は現在1日約10.7g程度の塩分を摂取しているようです。そのため1日一杯の味噌汁を減らすことや漬物などの塩辛いものを控えることが必要かもしれません。血圧のコントロールをすることで慢性腎臓病の予防につながるとのことです。十分かかりつけ医の指導を受けながら高血圧の改善を目指してください。
「血液透析療法について」 ~糖尿病性腎症~
日時 04月27日 (土) 11:00~11:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 定員 63名
その他 血液浄化療法は、透析療法ともいわれています。透析とは、2つの濃度の異なる液体を、ごく小さな穴のあいた膜(半透膜)で仕切り、この穴を通ることのできる物質が濃度の高いほうから低いほうへ移動する拡散と、液に圧をかけて物質を移動させる限外濾過(げんがいろか)によってなされているようです。透析療法の目的は、尿毒性物質や余分な水分の除去と、体内に不足している物質(カルシウム、アルカリ化薬)を補うことです。
「生活習慣病と慢性腎臓病(CKD)の関係」
日時 04月27日 (土) 11:30~12:00 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 定員 63名
その他 慢性腎臓病(CKD)とは慢性に経過するすべての腎臓病を指します。患者さんは1,330万人(20歳以上の成人の8人に1人)いると考えられ、新たな国民病ともいわれています。生活習慣病(高血圧、糖尿病など)やメタボリックシンドロームとの関連も深く、誰もがかかる可能性のある病気です。 腎臓は体を正常な状態に保つ重要な役割を担っています。体重管理をし、まずは生活習慣病予防に努めていくことが必要のようです。
「病院を上手に受診するために」
日時 04月30日 (火) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 定員 99名
その他 病院を上手に受診するための方法について講演いたしました。現在、自分のかかりつけ医がいる場合は健康管理はかかりつけ医に相談していけばよいと思います。かかりつけ医がいない場合はどこの診療所・病院へ受診すればよいか、わからないと思います。その場合は救急時以外、住居に近い診療所・病院に一度受診し、自分がしっくりする診療所・病院を見つけましょう。