スマートフォン用ページへ

イベント

 
 

イベント

これまでのイベント

6月の予定

「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 06月03日 (月) 【出張講演】 会場 専修大学主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は専修大学の経営学部にて経営と健康管理というテーマで講演をいたしました。現在、企業で働く人たちの健康管理を経営的な視点でとらえ、戦略的に実践する「健康経営」の実践が必要とされているようです。健康管理が企業経営にとって重要性を増す中、従業員の健康と会社の利益が両立できる関係の構築が必要であるということについて講演いたしました。
「あなたも家庭の救命士」 ~使ってみようAED!!~
日時 06月04日 (火) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 定員 99名
その他 本日はAEDの使い方や心肺蘇生法について講演をいたしました。AEDは電源をいれてアナウンスに従って操作するだけの操作のため、誰もが扱える医療機器です。もしもの際、AEDや心肺蘇生法ができるよう、設置場所の確認や緊急時に備えた準備をすることが自分の身を守る上で必要なのかもしれません。
「女性の大腸がんについて」
日時 06月04日 (火) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 定員 99名
その他 大腸がんの診断から治療まで幅広く講演いただきました。大腸がんは男性も女性も肥満は’がんのリスク要因’と言われているようです。生活習慣に気を付けることががんのリスクを下げる上で重要のようです。大腸がんは早期発見、早期治療により根治が可能と言われている‘がん’のようです。かかりつけ医がございましたら一度検診することをオススメいたします。
「糖尿病について知ろう」 ~糖尿病のうそ!?ほんと!?~Part3
日時 06月05日 (水) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 定員 63名
その他 糖尿病の合併症や噂の真偽について幅広く質疑応答を踏まえ講演いただきました。糖尿病は遺伝すると言われていますが、遺伝することが原因で糖尿病になるとはいえないようです。また糖尿病はストレス要因によって、血糖の値が変化するようです。日々医療は発展してきていますので、気になることがあれば健康塾に来場いただき質問いただければと思います。
「肩こりや尿トラブルにさようなら」 ~軽い体操をしながら~
日時 06月06日 (木) 【出張講演】 会場 鋼管通り2丁目町内会主催 【出張講演】 定員 --
その他 女性向けの尿トラブルについてと、肩こりや腰痛についての講演を行いました。 両症状とも軽い運動を日々つづけることによって、症状を改善することが可能なようです。しかし、症状の改善が見られず、強い痛みや長引く痛みがある場合は受診をおすすめいたします。また、運動は毎日少しずつ無理をしない程度に定期的に行うことが大切です。
「加齢と循環器疾患との関係」
日時 06月06日 (木) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 定員 81名
その他 本日の講師である笹栗医師が、緊急手術の対応のため、急遽講演を中止させていただきました。皆様には、会場まで足をお運びいただき誠に申し訳ございませんでした。
「薬と上手につきあうために」 ~薬の正しい飲み方・使い方~
日時 06月07日 (金) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 定員 99名
その他 薬は治療に欠かせないものです。 しかし・・・使い方を誤ると薬は毒にもなります。 薬と上手につきあうには、①薬の正しい知識②薬の正しい使用法をよく知ることが大切です。薬を上手に使って、薬を自分の味方にしましょう。
「川崎幸病院を知る方法」 ~広報の立場から~
日時 06月07日 (金) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 定員 99名
その他 川崎幸病院を知るためには・・・というテーマで講演をいたしました。病院を知るためには病院を受診していただくことが病院の雰囲気を知る上で一番早いのですが、病院はホームページを利用した広報活動やメディアからの取材等を利用して広報活動を実施しています。ホームページ等で病院は個性をだしていますので、比較してみると楽しいのかもしれません。
「便秘解消の食生活と日常生活」
日時 06月08日 (土) 【出張講演】 会場 桜本2丁目町内会主催 【出張講演】 定員 --
その他 便秘解消のために気を付けるべき日常生活のポイントや、レシピをご紹介いたしました。 朝起きたら日の光を浴びて、コップ一杯のお水を飲み、トイレに入る時間を持つことが大切です。腸を動かし、排便のリズムを整えましょう。また、便通の良くなる運動(体操)をみなさんと一緒に行いました。
「コレステロールについて」 ~良いコレステロール、悪いコレステロール~
日時 06月11日 (火) 【出張講演】 会場 いきいき教室同好会主催 【出張講演】 定員 --
その他 悪玉コレステロールという言葉を聞くと、コレステロールは悪いものだと思われます。しかし、コレステロールは人間の身体をつくるために必要な要素のひとつだそうです。大切なのはコレステロールを高すぎず低すぎずちょうど良いバランスに保つことです。バランスが崩れると動脈硬化などの原因になりますので、生活習慣等に気を付けた食生活、適度な運動が必要のようです。
「誤嚥性肺炎を防ぐ」
日時 06月11日 (火) 【出張講演】 会場 川崎ロータリークラブ主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日、愛仁歯科医院、鈴木英哲院長が『誤嚥性肺炎を防ぐ』をテーマに講演をいたしました。肺炎は死亡原因の3位、65歳以上の死亡原因でいうと1位となる疾病であり、肺炎のうち、70%近くは誤嚥性肺炎のようです。誤嚥性肺炎は、食事の誤嚥、また加齢によって嚥下機能が低下することによる唾液の誤嚥などがあげられるようです。特に唾液の誤嚥では口腔ケアを実施していることと実施していないとでは口腔ケアを実施しているほうが誤嚥性肺炎になりにくいようです。
「脳動脈瘤の早期発見」 ~脳ドックのすすめ~
日時 06月12日 (水) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 定員 99名
その他 本日は、脳ドックについてお話しました。発症すると7割の方が助からないくも膜下出血という怖い病気の主な原因は脳動脈瘤です。脳動脈瘤を早期に発見するには、磁気を使って画像を撮影するMRIという装置での検査(脳ドック)を受けることが大切です。脳ドックを受ける施設を選ぶ際には、①MRI専門技術者がいるか②1.5テスラ以上のMRI装置があるかを基準に選ばれることをお勧めします。
「食べ物アレルギーによるアナフィラキシーの対応」  ~エピペン等~
日時 06月12日 (水) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 定員 99名
その他 アナフィラキシーを起こす可能性のある患者さんには、アナフィラキシー補助治療剤の携帯が勧められており、2005年に自己注射 エピネフリン(エピペン)の適応が拡大され、食物アレルギーの患者さんにも処方可能となったようです。本講座ではエピペンの使用方法をレクチャーいたしました。エピペン注射後は直ちに医師による診察を受けるよう注意してください。
「肺癌CT検診について」
日時 06月13日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 定員 48名
その他 日本人の死亡率の1位は悪性新生物、がんです。‘がん’でも主要部位別で死亡率が高いものは肺がんとのことです。がんは早期発見、早期治療することによって完治する割合は高くなります。しかし肺がんは早期発見がしにくい‘がん’とのことです。現在の肺がんは胸部X線検査の検診することが『(肺がん)がん検診のガイドライン』に記載があります。胸部X線検査での診断は国が認める検診方法です。しかしCT検査を併用することで判断がしやすくなるようです。
『乳がん検診で身も心も美しく』 ~輝く女性のための7つの秘密~
日時 06月13日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 定員 48名
その他 乳がんについて講演をいただきました。 乳がんは全て同じ方法で治療は行わないそうです。 乳がんは遺伝子の異なる‘がん遺伝子’が現在10種ほど見つかっているそうです。 乳がんは初期に発見されることが重要とのことです。 現在、マンモグラフィー検査等ありますので、一度検診されることをおすすめいたします。
「がんの放射線治療」 ~前立腺がんについて~
日時 06月14日 (金) 【出張講演】 会場 幸区社会福祉協議会主催 【出張講演】 定員 --
その他 町内会・法人さま等からの出張講演も、随時承っております。お気軽にお問い合わせください。 ※お電話をいただければ出張講演を調整いたします。 TEL:044-542-7007
「血管病をカテーテルで治す」
日時 06月17日 (月) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 定員 63名
その他 心臓は1回の拍動でコップ一杯の血液を身体の末端までおくります。1分だとバケツ一杯、1時間だとドラム缶1本半にもおよぶとのことです。血管が詰まれば心筋梗塞・脳梗塞、血管が破れれば、大動脈破裂等の疾患になるようです。それは全て動脈硬化や生活習慣病が影響しているようです。そういった血管系の疾患は血管にカテーテルを入れ、詰まった血管を‘ふうせん’で詰まった血管を膨らませたり、ステントを入れて対応をするようです。生活習慣病は食生活や適度な運動によってある程度防ぐことができますので、日常生活を健康的に過ごしていくことが必要のようです。
「発達障がいとは」
日時 06月18日 (火) 【出張講演】 会場 川崎市教育文化会館主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は教育文化会館との協同企画にて発達障がいとはという題で講演をしました。障がいがあったとしても病気・障がいへの正しい理解、丁寧な関わり、環境・教育を整えることが必要のようです。悩み過ぎず、専門職に相談ください。
「動悸を感じたら・・・」 ~不整脈について~
日時 06月19日 (水) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 定員 99名
その他 不整脈は、心拍数やリズムが一定でない状態のことをいうようです。例えば、心房細動は、心房の筋肉の各部分が無秩序、不規則に興奮している状態であり、この無秩序な興奮が心室へと伝達されることで脈が不整となっているようです。定期的な健康診断を実施し、もし不整脈の場合は、かかりつけ医に相談をしていきながら治療をすることをおすすめします。
「大動脈瘤シリーズ」 ~ステントグラフトのいろいろな種類~
日時 06月19日 (水) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 定員 99名
その他 ステントグラフトのいろいろな種類というテーマで講演をいただきました。ステントグラフトには何種類か種類があるようです。本日はステントグラフトの治療について映像とともに紹介をしていただきました。
「コレステロールについて」 ~良いコレステロール、悪いコレステロール~
日時 06月20日 (木) 【出張講演】 会場 上平間ハイム主催 【出張講演】  定員 --
その他 悪玉コレステロールという言葉を聞くと、コレステロールは悪いものだと思われるかと思います。しかし、コレステロールは人間の身体をつくるために必要な要素のひとつです。大切なのはコレステロールを高すぎず低すぎずちょうど良いバランスに保つことです。バランスが崩れると動脈硬化などの原因になります。
「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 06月21日 (金) 【出張講演】 会場 デル株式会社主催 【出張講演】 定員 --
その他 糖尿病の方は継続して病院に通院することが重要なようです。病院に通わなくなると糖尿病が悪化し、他の病気との合併症になるリスクが高まるようです。無理することはないのですが、継続的に医療機関にかかり、自分の状態を知ることは必要なことだと思います。
「さいごまで自立して食べる・生きる」 ~在宅でのささえ方③~
日時 06月21日 (金) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 定員 81名
その他 本日は登録医・愛仁歯科医院、口腔機能支援センターさいわいセンター長の本間先生より『さいごまで自立して食べる・生きる~在宅でのささえ方~』について講演いただきました。口の中の病気は虫歯・歯周病がありますが、口からつながる病気もあるとのことでした。口腔内を清潔に保たないと誤嚥性肺炎を始め、心疾患や糖尿病につながることがあるようです。口腔ケアは自分で管理することが大切ですが、定期的に歯科の先生にかかることが理想のようです。
「夏に向けた感染症対策」
日時 06月24日 (月) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 定員 99名
その他 感染性胃腸炎は冬に多い感染症の一つです。ただ夏も意外と感染性胃腸炎は多いようです。今の時期は高温多湿の日が続いています。気温は28℃、湿度は90%程度になる日があります。菌は高温多湿になると増殖をします。細菌は自分自身の抵抗力が少ないと感染し、体内に入ると発症するようです。必ず料理をする際、ご飯を食べる際は手洗いを心がけましょう。
「知ろう!! 腰の痛みの原因」
日時 06月24日 (月) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 定員 99名
その他 腰痛について講演をいたしました。実に腰痛患者の4人に1人は原因がよくわかっていないようです。腰痛は同じ姿勢でずっといることは腰に負担がかかるようです。腰痛は3か月以上続くものは慢性腰痛症と言われるようです。一度、整形外科の先生に受診していただき、きちんとした診断のもと、治療をすすめたほうがよいようです。
「腰痛の話」 ~よい姿勢とは~
日時 06月25日 (火) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 定員 63名
その他 腰痛は全国に推計2,800万人おり、8割以上の腰痛は原因が把握されていないようです。激痛ではないけど、重だるいような痛みは腰の筋肉のコリの場合が多く、姿勢が悪いことが原因になるようです。良い姿勢のポイントは下腹部をへこませ、軽くあごを引き、肩をリラックスにしておくことのようです。普段姿勢を気にしないことが多いと思いますが、腰痛をお持ちの方は少し姿勢を気にしてみてください。
「高齢者の熱中症について」
日時 06月25日 (火) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 定員 63名
その他 本日は高齢者の熱中症について講演をいただきました。高齢者は若年者より熱中症になりやすく、重症化しやすいようです。また高齢者の熱中症の特徴は屋内での発症が多いようです。原因は室内の温度や湿度。高齢者の方でエアコンを利用するのが苦手な方が多いようです。今年の夏は暑いようです。こまめな水分補給と室内の温度に気を付けて熱中症にならないようにしましょう。
「看護師が伝えるシリーズ ~睡眠のあれこれ~」
日時 06月26日 (水) 【出張講演】 会場 幸区社会福祉協議会主催 【出張講演】 定員 --
その他 いびきを誘発悪化させる原因は、「肥満・飲酒・たばこ」であるとのことでした。 また、早く眠りについたのに、次の日の昼に猛烈に眠くなる・朝起きたときに頭痛がするなどの症状が続く場合、「睡眠時無呼吸症候群」の可能性があるそうです。循環器内科で検査をすることができますので、お悩みの方は一度受診してみてはいかがでしょうか。
「脳卒中」 ~脳卒中の危ないサイン~
日時 06月27日 (木) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 定員 63名
その他 日本の死亡原因の1位は悪性新生物、2位は脳血管疾患となっているようです。ただ患者数をみると脳血管疾患が約137万人、悪性新生物が約128万人となっており、脳血管疾患は未だに多いそうです。脳血管疾患は早期に治療ができれば治りが早いそうです。一度、高脂血症や糖尿病といった危険因子をお持ちの方は脳ドックの検診をすることをオススメいたします。
「トイレの悩みを解決!」 ~自分らしい生活のための排泄ケア~
日時 06月27日 (木) 【出張講演】 会場 社会福祉法人セイワ 幸風苑主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日はトイレの悩みを解決というテーマにて、介護職員向けの研修を実施しました。介護で実際使用する介護用品や利用者が自立してトイレを利用できるような取組について講演をいたしました。
「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 06月28日 (金) 【出張講演】 会場 幸区社会福祉協議会主催 【出張講演】 定員 --
その他 糖尿病は血糖値の他にHb-A1cの値が診断する際、重要のようです。Hb-A1cは約120日間、血液中に存在するため1~2ヶ月間の血糖の状態を推測することができるようです。基準値より高い場合は1~2ヶ月の血糖値が高い、または糖尿病や血糖の管理がうまくいっていないことを示しているようです。糖尿病は多くの合併症がかかわります。まずは検診から自分の身体を知りましょう。
「川崎クリニックの上手なかかり方」
日時 06月29日 (土) 10:30~11:00 会場 川崎クリニック6階 会議室 定員 90名
その他 本日は初めて川崎クリニックで講演をいたしました。健康塾の冒頭では川崎クリニック宍戸院長が川崎クリニックの上手な受診の方法というテーマで講演いたしました。
「慢性腎臓病(CKD)の治療について」
日時 06月29日 (土) 11:00~11:30 会場 川崎クリニック6階 会議室 定員 90名
その他 腎臓病について前回までの振り返りや、検尿・血圧の話など幅広く講演をいたしました。腎臓病になると透析につながる可能性があります。塩分摂取に気を付け、血圧管理、健康管理に努めましょう。
「腹膜透析とは?」
日時 06月29日 (土) 11:30~12:00 会場 川崎クリニック6階 会議室 定員 90名
その他 腹膜透析について講演をいたしました。腹膜透析とは在宅で行う透析療法で、通院は月に1~2回程度でよいそうです。寝ている間に器械を使って自動的に行う方法と、日中に数回透析液バッグを交換する方法があるそうです。個人差はありますが、血液透析と比べ、透析導入後も残っている腎機能を長く保つことができ、尿がでなくなる時期を遅らせることができると言われているようです。