スマートフォン用ページへ

病院紹介 病院の紹介・所在地・理念

病院のあゆみ・概要

川崎幸病院のあゆみ

1973(昭和48) 川崎幸病院開設(医療法人財団石心会設立)
1974(昭和49) 川崎幸病院患者友の会発足/糖尿病入院システムの発足
1975(昭和50) 人工透析室開設 夜間透析開始/第1回糖尿病バイキング
1977(昭和52) 血友病の家庭療法(自己注射)に着手
1979(昭和54) 往診・訪問看護に着手/南棟完成/地域保健部発足/在宅酸素開始
1980(昭和55) 心療内科(アルコール科)設置/夕方診療開始
1981(昭和56) CAPD(持続外来腹膜透析)開始/基準看護特 II類、承認許可
1983(昭和58) X線TV導入/増床工事着工/開設10周年記念シンポジウム開催『救急医療』(10月)/『慢性疾患と自己管理治療』(12月)/ICU開始
1984(昭和59) 全身用CT導入/増床工事一部完成・ICU移転/竣工(病床数206床)
1986(昭和61) 循環器科新設/高気圧酸素療法装置導入/病床数203床に変更
1988(昭和63) 脳神経外科常勤化
1989(平成 1) シネアンギオ室設置
1991(平成 3) 結石破砕装置導入/MRI導入
1992(平成 4) 人工透析室15床に増床
1993(平成 5) 心臓血管外科常勤化/20周年記念訪問看護と在宅ケアシンポジウム開催
1994(平成 6) 基準看護特 III類 承認許可
1995(平成 7) 開放型病院認可
1997(平成 9) ヘリカルCT導入/シネアンギオ(2台目)導入
1998(平成10) 新看護2.5:1(A)承認許可/日帰り手術開始/外来を《川崎幸クリニック》として分離開設/電子カルテ導入/ICU移転
1999(平成11) 手術室を2室から3室に増設/改装工事終了(4病棟から5病棟体制へ)/MRIおよびシネアンギオ(DSA)を新鋭機と入替/特定集中治療室管理料取得
2000(平成12) 日本病院機能評価機構 病院機能評価・一般病院B取得/急性期病院加算取得
2001(平成13) 急性期特定病院加算取得
2002(平成14) 脳血管センター、心臓病センター開設
2003(平成15) 大動脈センター開設/厚生労働省臨床研修病院(管理型)指定
2005(平成17) 救急部発足/日本病院機能評価機構(Ver.5)更新認定
2006(平成18) SCU設置/看護基準「10:1」/DPC導入
2007(平成19) 消化器病センター開設/ACU(大動脈疾患治療ユニット)設置
2008(平成20) ACU(大動脈疾患治療ユニット)におけるハイケアユニット治療管理料加算取得/アンギオ装置を新鋭機に変更
2009(平成21) 社会医療法人認可取得
2010(平成22) 看護基準「7:1」/泌尿器科レーザー治療センター開設
2011(平成23) 日本病院機能評価機構(Ver.6)更新認定
ハイケアユニット治療管理料加算取得(217・315号室)
2012(平成24) 川崎市幸区大宮町に新築移転/中原分院と統合し病床数265床に変更(6月)
放射線治療センターを新設、がんの放射線治療を開始(7月)
川崎市より「川崎市重症患者救急対応病院」の指定を受け、61床を加え326床に増床(9月)
救急・総合診療部を発足(9月)
大動脈センターを川崎大動脈センターに名称変更(9月)
東芝製320列高速MDCT(「Aquilion ONE」第2世代)をER内に設置(9月)
ESWL(体外衝撃波尿路結石・胆石破砕術)治療を開始(10月)
2013(平成25) 地域医療支援病院 承認(4月) 
2015(平成27) 日本病院機能評価機構(3rdG:Ver.1.1)更新認定