スマートフォン用ページへ

病院紹介 病院の紹介・所在地・理念

 
 

病院のあゆみ・概要

病院概要

川崎幸病院は、昭和48年(1973年)の開設以来、川崎市幸区を中心に川崎市南部及び横浜市北部を診療圏とする病院として活動しております。

当院は急性期機能をより強化充実するため、他院に先駆けて、平成10年9月に一般外来を「川崎幸クリニック」として分離独立しました。
※クリニックと病院では電子カルテにより医療情報を共有しています。

その2年後には日本医療機能評価機構の『一般病院種別B』の認定取得を果たし、平成13年11月には、当時国が提示する最も厳しい条件をクリアした急性期病院モデルとして神奈川県内初(全国で9番目)の急性期特定病院加算を取得して急性期病院としての基盤づくりを整備、平成17年4月には救急部を設置しました。

一方、入院機能は循環器科、脳神経外科(脳血管内治療科含む)、心臓血管外科(大動脈外科含む)を核に集中治療室(ICU)や冠疾患集中治療室(CCU)、高度ケア室(HCU)、急性期の脳卒中治療管理室(SUC)、更にはシネアンギオ・MRIなどの高度医療機器を拡充して高度医療体制を強化し、平成14年4月には心臓病センター/脳血管センターを、平成15年7月には大動脈センターを再編、高度医療センター化を一層力強く推し進めています。

尚、次世代のスタッフ育成にも力を入れており、平成15年10月には臨床研修病院(管理型)に指定されました。このような中で当院は地域医療連携を要に、地域中核病院としての役割を担うと共に、医療センター化や地域の臨床研修病院として、21世紀にふさわしい戦略性を高めつつあります。

ページトップへ

施設の概要

開  設 : 昭和48年6月(1973年)
所在地 : 〒212-0014 神奈川県川崎市幸区大宮町31番地27
電  話 : 044-544-4611(代)
院  長 : 笹栗 志朗
事務部長:小林 和彦
看護部長:佐藤 久美子
職員数 : 908名(2016年4月時点)
敷地面積:3,682.33m2
建築面積:2,270.17m2
延床面積:21,267.69m2
階数:地上11階・塔屋1階
高さ(最高部):54.18m
構造:鉄筋コンクリート造(免震構造)
駐車場:約80台(立駐タワー含む)

ページトップへ

主な医療機能

11階 ラウンジカフェ・屋上庭園・売店・ランドリー
10階 病棟(消化器病センター)
9階 病棟(脳血管センター・整形外科・形成外科)
8階 病棟(心臓病センター・内科・腎臓内科・泌尿器科・IVR科)
7階 病棟(川崎大動脈センター)
6階 ICU・透析室・リハビリテーション室
5階 講義室・医局・各管理部門
4階 手術室
3階 画像診断・血管撮影・内視鏡・生理検査
2階 救急外来・受付・会計・薬局・医療相談・地域医療連携室
1階 総合案内・放射線治療センター・立体駐車場
  • 外来:救急、紹介、透析
  • 入院:326床
    内、ICU24床(一般ICU8床、ACU①8床、CCU8床)、HCU25床(ACU②8床、SCU9床、HCU8床)
  • 主な設備

    • ER(処置ベッド3床/ホールディングベッド14床)
    • 手術室7室(ハイブリッド手術室含む)
    • 低侵襲手術センター(3室)
    • 連続血管撮影室3室、放射線治療室
    • 内視鏡室4室
    • 入院透析15床

標榜科

内科、外科、循環器内科、脳神経外科、心臓血管外科、麻酔科、泌尿器科、消化器内科、糖尿病・代謝内科、腎臓内科、人工透析内科、消化器外科、内視鏡外科、腫瘍外科、肛門外科、乳腺外科、病理診断科、救急科、放射線診断科、放射線治療科、整形外科、形成外科、呼吸器外科、血管外科、婦人科

《指定》

地域医療支援病院・各種保険・救急・労働災害法・生活保護法・結核予防法・身体障害者福祉法・老人福祉法・公害健康被害補償法・被爆者医療・更生医療・川崎市がん検診指定医療機関
日本医療機能評価認定施設「一般病院2(3rdG:Ver.1.1)」(平成27年11月更新)

《施設基準・基本》

一般病棟入院基本料7:1
超急性期脳卒中加算
診療録管理体制加算1
医師事務作業補助体制加算15:1
急性期看護補助体制加算50:1
看護職員夜間配置加算
栄養サポートチーム加算
医療安全対策加算
感染防止対策加算1
患者サポート体制充実加算
褥瘡ハイリスク患者ケア加算
総合評価加算
呼吸ケアチーム加算
データ提出加算
退院支援加算
特定集中治療室管理料
ハイケアユニット入院医療管理料
短期滞在手術等基本料1
入院時食事療養Ⅰ

《施設基準・特掲》

糖尿病合併症管理料
がん性疼痛緩和指導管理料
がん患者指導管理料1・2
院内トリアージ実施料
外来放射線照射診療料
開放型病院共同指導料
がん治療連携指導料
排尿自立指導料
薬剤管理指導料
医療機器安全管理料1・2
在宅患者訪問看護・指導料
検体検査管理加算(Ⅰ)(Ⅳ)
心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算
ヘッドアップティルト試験
長期継続頭蓋内脳波検査
神経学的検査
画像診断管理加算1・2
遠隔画像診断
CT撮影及びMRI撮影
冠動脈CT撮影加算
心臓MRI撮影加算
乳房MRI撮影加算
抗悪性腫瘍剤処方管理加算
無菌製剤処理料
心大血管疾患リハビリテーション料(I)
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
集団コミュニケーション療法料
透析液水質確保加算
下肢末梢動脈疾患指導管理加算
脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む。)及び脳刺激装置交換術、脊髄刺激装置植込術及び脊髄刺激装置交換術
上顎骨形成術(骨移動を伴う場合に限る。)、下顎骨形成術(骨移動を伴う場合に限る。)
乳腺悪性腫瘍手術(乳がんセンチネルリンパ節加算1及び又は乳がんセンチネルリンパ節加算2を算定する場合に限る。)
乳腺悪性腫瘍手術(乳頭乳輪温存乳房切除術(腋窩郭清を伴わないもの)及び乳頭乳輪温存乳房切除術(腋窩郭清を伴うもの))
経皮的冠動脈形成術(特殊カテーテルによるもの)
経皮的中隔心筋焼灼術
ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
両心室ペースメーカー移植術及び両心室ペースメーカー交換術
植込型除細動器移植術、植込型除細動器交換術及び経静脈電極抜去術
両室ペーシング機能付き植込型除細動器移植術及び両室ペーシング機能付き植込型除細動器交換術
大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
補助人工心臓
体外衝撃波胆石破砕術
体外衝撃波膵石破砕術
腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術
早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
体外衝撃波腎・尿管結石破砕術
膀胱水圧拡張術
人工尿道括約筋植込・置換術
腹腔鏡下仙骨膣固定術
腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術(子宮体がんに限る。)
腹腔鏡下仙骨膣固定術
人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
麻酔管理料(Ⅰ)
放射線治療専任加算
外来放射線治療加算
高エネルギー放射線治療
1回線量増加加算
強度変調放射線治療(IMRT)
画像誘導放射線治療加算 (IGRT)
定位放射線治療
病理診断管理加算2

ページトップへ

学会施設認定

  • 厚生労働省指定:臨床研修指定病院(基幹型)
  • 日本内科学会認定医制度教育関連施設
  • 日本外科学会専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設
  • 日本消化器病学会専門医制度認定施設
  • 日本消化管学会胃腸科指導施設
  • 日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設
  • 日本カプセル内視鏡学会認定指導施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
  • 日本大腸肛門病学会認定施設
  • 日本胆道学会認定指導医制度指導施設
  • 日本乳癌学会認定医専門医制度関連施設
  • 日本腎臓学会専門医制度認定施設
  • 日本透析医学会認定施設
  • 日本脳神経外科学会専門医訓練施設
  • 日本脳卒中学会認定研修教育病院
  • 日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
  • 日本心血管インターベンション治療学会認定研修施設
  • 植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療認定施設
  • 日本不整脈学会認定不整脈専門医研修施設
  • 心臓血管外科専門医認定機構認定基幹施設
  • 胸部大動脈瘤ステントグラフト実施施設
  • 腹部大動脈留ステントグラフト実施施設
  • 日本IVR学会専門医修練施設
  • 日本脈管学会認定研修指定施設
  • 下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施施設
  • 日本泌尿器科学会専門医教育施設
  • 日本整形外科学会専門医研修施設
  • 日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関
  • 日本病理学会研修認定施設
  • 日本麻酔科学会研修施設
  • 心臓血管麻酔専門医認定施設
  • 日本救急医学会救急科専門医指定施設
  • 日本形成外科学会教育関連施設
  • 乳房再建用インプラント実施施設/乳房再建用エキスパンダー実施施設
  • 日本病態栄養学会認定栄養管理・NST実施施設
  • 日本静脈経腸栄養学会NST稼動施設

ページトップへ

(財)日本医療機能評価機構 認定病院

より質の高い医療を提供していくため、当院は第三者機関である公益財団法人日本医療機能評価機構による医療機能評価の認定を更新いたしました。 初回の2000年から今回で4回目の認定となります。 川崎幸病院はこれからも地域の皆様に信頼される病院づくりを目指してまいります。

認定第GB198-4号
  • 主たる機能:一般病院2
    (主として二次医療圏等の比較的広い地域において急性期医療を中心に地域医療を支える基幹的病院)
  • 機能種別版評価項目3rdG:Ver.1.1
  • 認定期間:2015年11月20日~2020年11月19日

認定証
クリックして画像拡大

ページトップへ

法人のご案内

社会医療法人財団石心会グループのご案内

ページトップへ