スマートフォン用ページへ

NEWS

SAIWAI ICLSとは

SAIWAI ICLSとは

川崎幸ICLSコースは、日本救急医学会認定のトレーニングコースです。ICLSとは、「Immediate Cardiac Life Support」の頭文字を取った略語です。

突然の心停止に出会った時にどのように対処すべきか?を学習するコースになっています。緊急性の高い病態のうち、特に「突然の心停止の対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生」を習得することを目標とした医療従事者のための蘇生トレーニングです。

院内での急変対応の知識や技術の向上を目的に2012年8月より定期的に開催しています。

受講証受講バッヂ

受講証が発行されます

受講申込について

・外部受講生は今後受け入れ予定です

インストラクター申し込みについて

川崎幸ICLSコースでは他コースでの指導経験のあるインストラクターも積極的に募集しています。当コースにご興味のあるインストラクターの方は是非ご参加ください。

お問合せは下記アドレスまでお願いします。

お問合せ用アドレス:kawasaki_saiwai_icls@yahoo.co.jp

開催スケジュール

2017年度 川崎幸ICLSコース開催スケジュール
募集開始
第57回 2018年5月12日(土)川崎幸病院 3月26日 17時
第58回 2018年6月9日(土)川崎幸病院 4月23日 17時
第60回 2018年9月8日(土)川崎幸病院 7月23日 17時
第61回 2018年12月8日(土)川崎幸病院 10月22日 17時
第62回 2019年1月12日(土)川崎幸病院 11月26日 17時
第63回 2019年3月9日(土)川崎幸病院 1月28日 17時

活動実績

2012年 8月第1回川崎幸ICLSコース開催
コース開催実績:1回-4回(受講生:23名 総数:23名)
2013年 コース開催実績:5回-16回(受講生:61名 総数:84名)
2014年 コース開催実績:17回-27回(受講生:52名 総数:136名)
日本救急医学会学術集会(中屋政人・宮部有香・森知善・山嵜継敬)
「川崎幸ICLSコースの立ち上げについて-開催までの経過と今後の課題-」
2015年 コース開催実績:28回-37回(受講生:60名 総数:196名)
日本救急医学会学術集会(大内龍也・山嵜継敬・中屋政人・吉田敦)
「ICLSプロバイダーへのフォローアップ体制の検討」
2016年 コース開催実績:38回-48回(受講生:55名 総数:251名)
2017年 コース開催実績:49回-56回(受講生:71名 総数:322名)
受講者内訳
医師:23名
看護師:266名
救急救命士:7名
臨床工学技士:16名
臨床検査技師:3名
診療放射線技師:2名
理学療法士:4名
薬剤師:1名
累計プロバイダー数:322人

川崎幸病院 看護部

病院見学や採用試験、看護教育に関する情報をお伝えしています。

川崎幸病院 看護部ページ