スマートフォン用ページへ

診療看護師のご紹介

対談 2017年4月より川崎幸病院に新たにKSNPが導入されました。

導入したきっかけや、今後の期待について佐藤看護部長と太田医師(外科)にお話を聞いてみました!

佐藤看護部長
通常の看護師業務との違いは何ですか?

診療看護師(Nurse Practitioner:以下NP)は看護師ですので、患者さんに看護を提供するという意味では全く変わりありません。
ただ違う点でといえば、特定行為を用いて医学的処置を行い介入できるといったところが、通常の看護師業務と違う点であると思います。看護師の業務拡大と捉えてもらえば良いと思います。

医師が期待していることは何ですか?

NPがある程度の医療処置が行えるということは、その分医師は専門性の高い治療に専念できることになります。さらに医療の質は上がりますし、医師ではなくてもNPとして患者さんにInformed Consentを行い、患者さんのその状況に合わせた介入ができると思います。
医師不足の現場から、発生している問題も少しずつ緩和できるようになればいいと考えています。

太田医師
患者さんのメリットは何ですか?

まだ始動したばかりなので、どのような結果を与えられるかは、未知数ですが、診察しながら、患者さんの思いに沿った最善な治療に繋げられるような存在になっていきたいと思っています。

2017年にスタートする第1号の入野看護師にお話を聞いて
みました!

NPを知ったきっかけは何ですか?

最初は米国の麻酔看護師(Certified Registered Nurse Anesthetist:CRNA)のトピックを見たのがきっかけでした。日本においても、認定看護師や専門看護師などのスペシャリストはいますが、NPというジェネラリストの育成を修士課程で行われていることを知り、この領域を選択しました。

入野看護師作業
入野看護師作業
NPを目指したきっかけは何ですか?

私は、主に周術期看護や救急領域の看護を展開できますが、臨床では医師のいない現場で、ジレンマを抱えることが多くありました。実際に医師の指示を待つことが多く、医師の多忙な時間に合わせることで、患者さんに不都合を与えていることもあったと思います。そこで、看護師としてのパフォーマンスレベルを上げ医師と伴に患者さんに、最も安全で最適な医療を提供したいと思いNPを目指しました。

入野さんから見る看護師と医師の違いについて

医師は病気を治療し患者を治すもの、看護師はそれをバックアップし患者を守るものであると考えています。守るという意味は、患者さんが必要とする医学的処置を安全に受けれるように環境を整えることもそうですが、病気から予防するという意味も当然含まれます。他にも看護師として患者の最も身近にいられる存在でもあるからこそ、精神的側面、心理的側面、社会的側面を捉えたアプローチもできると考えています。

川崎幸病院からのサポートはありますか?

川崎幸病院は看護師のキャリアアップ支援にも力を入れてあります。NPになるには、日本NP教育大学院協議会が認める大学院を修了する必要がありますが、その中において川崎幸病院は厚生労働省が指定する「特定行為に係る看護師の研修制度」の研修協力機関に登録されています。川崎幸病院で研修を行うことができ、また学費援助のサポートもあります。

今後川崎幸病院でやっていきたいこと

私は、急性期の現場で看護を展開してまいりましたので、その中でNPとしての役割を少しずつ確立していければと思います。医師と看護師の中間的役割もありますが、多職種とも連携しながら、当院のチーム医療を推進できるように活動していきたいと思います。

研修協力機関:国際医療福祉大学大学院ページはこちら
特定行為看護師養成分野 修士課程