スマートフォン用ページへ

外来のご案内

 
 

受診のご案内

受診に必要なもの

受診される場合には、下記のものをご用意下さい。

  1. 健康保険証(お持ちの方は、公費受給者証)
  2. 診察券
    川崎幸病院・川崎幸クリニック・第二川崎幸クリニック・川崎クリニック・さいわい鹿島田クリニック共通の診察券です(すでにお持ちの方はご持参下さい)。
  3. 紹介状など
    他の医療施設からの紹介状や検査結果などをお持ちであればご持参ください。
    ※初診の際、紹介状が無い場合には特定療養費(保険外併用療養費)をお支払い頂いております。
     詳しくは特定療養費を参考にしてください。
  4. 医療費
    医療費につきましては、外来受診の医療費お支払いを参考にしてください。

ページトップへ

受診方法

当院では、平成10年に一般の外来診療部門を『川崎幸クリニック』として分離、独立させました。
これにより、現在川崎幸病院での診療は、

  1. 救急を主とした外来診療
  2. 入院診療
  3. 開業医の先生方など他の医療機関より紹介された患者さんの検査(MRI、CT、内視鏡など)

以上の3点に重点を置いており、その主旨からも特に内科/外科/脳神経外科/循環器科の外来診療は24時間365日行っております。
ただし、救命救急外来でもありますので、医療スタッフの判断により重篤な患者さんを優先せざるを得ない場合もあるため、症状によってはお待ちいただくこともありますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

なお、平日日中の一般外来診療のご相談は、川崎幸クリニックにお寄せくだされば、適切な診療科をご案内いたします。

ページトップへ

ER受診の際のご注意とお願い

  1. ERの初療は原則として救急・総合診療部の医師が行います。
  2. 重症患者がいらした場合や診療内容により、診察の順番が前後する場合があります。お待ち頂くこともございますので、ご了承ください。
  3. 薬の処方は、原則として1日分となります。診察なしで薬を処方はいたしません。
  4. 担当医が当院ERでの再診を必要と判断した場合を除き、川崎幸クリニック、川崎第二幸クリニック、川崎クリニック、 さいわい鹿島田クリニックおよび他の医療機関での再診をお願いしています。
  5. 入院が必要な場合でも、当院のベッドが満床の場合や専門診療科が無い場合には、他の医療機関をご紹介することがあります。

ページトップへ

当院の厚生労働省認定先進医療について

当院は、厚生労働省認定先進医療 子宮頸がんに対する腹腔鏡下広汎子宮全摘術の施設認定を2016年8月1日に取得しました。

婦人科内視鏡専門医と婦人科悪性腫瘍専門医が手術チームを組んで、安全で治療効果が高い先進的な手術を提供しています。

詳しくはこちら

ページトップへ

外来診療の医療費お支払い

会計窓口の受付時間

会計受付は24時間365日対応しております。ご都合のよろしいお時間にお支払ください。

銀行・郵便局のキャッシュカード、クレジットカード(VISA、MASTER、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ)、デビットカードをご利用してのお支払いが可能です。詳しくは、窓口におたずねください。

特定療養費について

当院では、救急車で来院した場合や他医療機関の紹介状を持参された患者さん等を除き、初診の場合には初診料の他に「特定療養費」として3,240円(消費税込み)、再診の場合には再診料の他に「特定療養費」として1,080円(消費税込み)をいただくことになっております。
特定療養費とは健康保険法に定められており、初期の医療は地域の医院や診療所で、高度専門医療や救急救命医療は大病院(200床以上)で診療することにより、限られた医療資源を有効に活用するとともに地域医療の向上を目的とした国策によるものです。この主旨に鑑み、当院では下記の場合に関しては「特定療養費」をいただきません。

※特定療養費をご負担いただく必要の無い場合

  • 他医療機関からの紹介状(診療情報提供書)をお持ちの場合
  • 救急車で搬送された場合(救急車に限らず緊急入院となった場合)
  • 救急で時間外(休日を含む)に来院した場合
  • 生活保護法、公費負担医療制度の受給対象の場合(まる○親、まる○乳、まる○障などの公費を持った患者さん)
  • 労働災害補償保険法の摘要対象の場合

ページトップへ

各科の受診案内

一般外来のご予約・お問い合わせはこちら

救急外来

救急の場合は川崎幸病院の救急外来を受診ください。受診の詳細は川崎幸病院受付にお問い合わせください。

お問い合わせ

川崎幸病院受付 TEL:044-544-4611