平成28年度 川崎幸病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 54 167 338 910 1,180 2,351 3,074 2,155 497
当院は地域医療支援病院であり、質の高い医療を幅広い年齢層の患者様に提供しております。全体で見ると高齢化の影響で60歳以上の患者様の頻度が多く、全体のおよそ75%を占めております。これらの傷病を見てみますと、50代からは大動脈解離・大動脈瘤、虚血性心疾患、脳血管疾患や腰部脊柱管狭窄症が多くなり、80代以上の高齢になると肺炎や大腿骨近位部骨折が多くなっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050XX02000X 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 408 2.36 4.71 0.49 69.34
050050XX99100X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 308 2.17 3.06 0.00 68.11
050070XX01X0XX 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 203 4.37 5.51 0.00 66.94
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 89 16.78 17.95 13.48 76.61
050030XX97000X 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 84 9.67 13.02 3.57 66.68
循環器内科の上位を占めるのは、狭心症です。最も多い症例は、狭心症に対する心臓カテーテル治療のための入院、次に心臓カテーテル検査のための入院です。狭心症は動脈硬化によって心臓を養う血管が狭くなる病気です。場合によっては、心筋梗塞の原因になってしまいます。症例数が 3番目に多いのは心房細動に対するアブレーション治療となります。アブレーション治療は、心房細動だけでなく、上室性頻拍や、心室頻拍に対しても行います。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150XX03XXXX 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 73 4.97 5.60 0.00 39.95
060335XX02000X 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 54 6.33 7.61 0.00 58.39
060210XX99000X ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 51 8.69 9.08 1.96 67.53
060330XX02XXXX 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 43 5.53 6.82 0.00 55.02
060102XX99XXXX 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 35 7.89 7.89 0.00 48.57
外科は、消化器腫瘍外科、腹部救急外科、腹部内視鏡外科、乳腺外科、短期滞在手術を5本柱としています。2016年度の診断群分類入院患者数では、虫垂炎、胆石・胆嚢炎、大腸憩室炎の腹部救急疾患が多い傾向でした。5位以下でみると大腸がん、乳がん、胃がんが多くなっています。入院外では、第二川崎幸クリニックにて、術後フォロー、化学療法を行っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 226 18.85 27.63 57.52 82.91
070343XX99X1XX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 1あり 86 2.05 3.07 0.00 72.79
070343XX01X0XX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 77 21.00 22.55 14.29 71.78
160620XX01XXXX 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 56 8.98 11.91 0.00 44.39
070343XX97X0XX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 44 10.20 17.99 2.27 71.02
整形外科は、関節外科、脊椎外科、スポーツ整形外科、外傷など広範な整形外科治療を行っております。特に高齢者に多くみられる股関節周辺骨折の症例が多く、当院で手術をしたのち、リハビリが必要な患者さんは、連携病院でスムーズに継続してリハビリができるよう地域連携パスを活用しております。また、脊椎関連疾患の手術件数が大きく増加しており、それに伴う検査入院が上位を占めております。脊椎手術は主に脊椎管狭窄症や椎間板ヘルニアが多く、固定術(前方・後方)や椎弓形成術、更に内視鏡下での手術も行っております。スポーツ障害である、膝前十字靭帯損傷、半月板、軟骨の損傷に対する手術症例も増加しており、そのリハビリテーションにも力を入れております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010XX970XXX 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 18 5.44 5.11 0.00 57.83
160200XX0200XX 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 16 6.31 5.80 0.00 49.88
020230XX97X0XX 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 13 4.15 3.44 0.00 74.15
060565XXXXX0XX 顎変形症 手術・処置等2なし
100100XX97X0XX 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2なし
形成外科は、皮膚腫瘍、眼瞼下垂、顔面外傷・顔面骨折、血行不良となった足病変等の症例を多数診療しています。その他、美容外科を含めた外来手術も多数行っております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060X2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 100 12.45 16.54 25.00 67.75
010030XX9910XX 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 93 4.65 3.20 0.00 59.54
010040X099X00X 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 79 14.18 19.35 51.90 68.19
010050XX02X00X 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 52 11.33 11.83 1.92 78.10
160100XX99X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 41 8.05 7.52 19.51 66.15
脳神経外科では、迅速な治療が必要な脳梗塞を最も多く、次いで未破裂脳動脈瘤も多く診療しております。そのほか、くも膜下出血、脳腫瘍など急性期治療を主体に行っております。急性期の状態を脱した患者さんは、地域の医療機関と連携し、他院でリハビリ等の継続治療を行う場合もあるため転院率が高くなっています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050161XX97X10X 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病なし 213 20.74 28.23 8.45 65.59
050163XX03X0XX 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 182 8.12 12.74 2.75 74.06
050163XX9910XX 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2なし 156 3.27 4.87 0.00 73.63
050163XX01X10X 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術等 手術・処置等2 1あり 定義副傷病なし 139 22.86 29.69 5.76 73.86
050161XX9900XX 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 71 8.03 18.27 12.68 64.99
当院は「国内唯一」の大動脈疾患治療の専門施設です。患者数で最も多い症例は大動脈解離、次いで非破裂性大動脈瘤です。これらの平均在院日数は、いずれも全国平均を大きく下回っております。24時間の緊急手術対応はもとより、超高齢者や臓器合併症を持つハイリスクの患者さんに対しても、豊富な経験にもとづいた安全な手術により良好な治療成績をあげております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070XX0200XX 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 89 4.85 7.44 0.00 73.31
110420XX97XX0X 水腎症(その他) その他の手術あり 定義副傷病なし 87 3.34 5.33 0.00 73.45
11012XXX020X0X 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 33 3.70 5.83 0.00 57.79
110070XX99X20X 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病なし 16 15.63 11.72 0.00 65.06
110070XX02020X 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病なし 16 3.63 7.85 0.00 69.44
泌尿器科は、水腎症、尿管狭窄、尿管結石、膀胱癌の手術症例も多く診療しており、在院日数はいづれも全国平均を下回っております。手術は侵襲性の低い経尿道的手術を多数行っております。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060XX02XXXX 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 90 5.97 6.29 0.00 41.82
120070XX02XXX 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 47 5.72 6.42 0.00 44.77
12002XXX99X30 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病なし 25 3.04 20.81 0.00 50.84
120100XX02XXX 子宮内膜症 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 19 5.95 6.87 0.00 39.26
12002XXX01X0X 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 11 11.91 13.29 9.09 64.36
婦人科は2015年10月から手術を開始しました。手術は、婦人科手術全般を対象に行っております。婦人科良性疾患(卵巣腫瘍や子宮筋腫)であれば、巨大なものでも日本産科婦人科内視鏡手術認定医が安全に内視鏡手術(傷が小さいので、美容的な面は勿論のこと、手術後の痛みが少なく、社会復帰が早い低侵襲な手術)を行っております。婦人科悪性手術に対しても日本婦人科腫瘍専門医が根治性の高い手術を提供しております。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280XX99000X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 24 11.88 12.84 4.17 67.13
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 24 16.29 21.25 16.67 83.83
110280XX99010X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病なし 23 15.35 14.77 8.70 66.78
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 21 14.57 12.43 4.76 76.95
110280XX991X0X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 定義副傷病なし 20 5.85 7.58 0.00 44.10
腎臓内科は、慢性腎不全を多く診療しています。腎臓病をきたす疾患は慢性腎炎、高血圧、糖尿病や膠原病など多岐にわたり総合的かつ集約的な治療を行っています。 透析療法は、血液透析のみならず腹膜透析にも積極的に取り組んでいます。また、一般内科症例として感染症に対しても治療を行います。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340XX03X00X 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 221 8.62 11.06 1.36 72.21
060020XX04X0XX 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 78 7.72 9.02 0.00 73.26
060140XX97X00X 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 76 7.76 10.93 1.32 68.12
060102XX99XXXX 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 49 7.27 7.89 0.00 67.18
060130XX99000X 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 45 9.42 7.44 2.22 70.96
消化器内科では、総胆管結石や胆管炎といった胆道疾患に対する症例が多くなっております。胆石で胆管が詰まって炎症を起こすことが典型的な症例で、胆管にチューブを入れて膿を出したり、胆石を除去するなどの内視鏡的治療が行われます。また、出血性胃・十二指腸潰瘍等の内視鏡的治療も多く行っております。当院では、24時間365日緊急内視鏡検査が行える体制が整っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 88 13 16 19 - - 1 7
大腸癌 45 36 109 51 26 - 2 7
乳癌 10 29 - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - 28 - - 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
癌の5大癌と呼ばれる、胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数を初発のUICC病期(ステージ)分類別、および再発に分けて集計しました。

【UICCとは】
国際対がん連合(UICC)によって定められた、原発巣の大きさと進展度(T)、所属リンパ節への転移状況(N)、遠隔転移の有無(M)の要素によって各癌を0期~Ⅳ期の5病期(ステージ)に分類するものです。

【解説】
当院では、消化器内科・外科にて上記癌患者さんを診療しています。その中でも大腸癌の患者さんが最も多く、次いで胃癌となっています。胃癌では、早期ステージである患者さんの割合が高くなっています。近年では、人間ドックや検診を受けることにより早期発見されることも多く、身体的負担が少ない内視鏡・腹腔鏡手術を受けることが可能です。当院では、内視鏡・腹腔鏡手術、手術、抗がん剤治療、放射線治療など患者さんに合わせた治療法を選択しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 19 9.37 42.79
中等症 66 15.77 77.55
重症 26 20.92 84.58
超重症 63 16.14 82.46
不明 - - -
成人市中肺炎の患者さんの人数を重症度別に集計しました。重症度は、成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類システム(A-DROP)を用いて分類しました。

【市中肺炎とは】
普段の生活の中で成人が羅漢した肺炎のことです。

【解説】
患者数が最も多いのは重症度1~2「中等症」の患者さんです。これらの平均年齢を見てみますと、70歳後半、平均在院日数はおよそ16日です。また、「重症・超重症」の患者数も多く、その平均年齢は80歳を超え、平均在院日数もおよそ18日となっており、成人市中肺炎は高齢になるほど重症になることが分かります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 380 18.73 72.40 37.37
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 62 5.06 69.74 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 16 6.00 60.56 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しました。

【解説】
脳梗塞(I63$)は発症して早期に入院される患者さんが多く、その平均年齢は72歳で、高齢者の方が多くなっております。平均在院日数は約19日間で、治療とリハビリを行い、およそ6割の方が自宅もしくは施設に帰られ、およそ4割の患者さんが継続リハビリのために連携病院などに転院されております。
当院では毎日脳神経外科の当直医を配置し、急性期の脳血管障害を主体に、365日24時間体制で診療を行っており、超急性期の脳梗塞に対する血栓溶解療法(t-PA投与)も積極的に行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 347 0.74 2.28 0.86 69.20
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 170 1.88 3.35 0.59 67.55
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 50 0.34 6.68 10.00 70.14
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 48 0.44 2.06 0.00 69.60
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 43 2.58 2.40 2.33 65.05
循環器内科は、狭心症、心筋梗塞治療に対する経皮的冠動脈ステント留置術や経皮的冠動脈形成術(心臓カテーテル治療)、不整脈治療に有効である経皮的カテーテル心筋焼灼術(アブレーション治療)を多数行っています。心臓カテーテル治療は、足の付け根、手首、ひじなどにある動脈から、カテーテルを心臓の近くまで挿入し、心臓の筋肉に血液を供給している冠動脈という動脈を映し出し、狭くなった冠動脈に対し、風船(バルーン)やステント(金属でできた網目模様の筒)を用いて拡張することで病変を治療します。アブレーション治療は、心臓の拍動リズムに異常を来して脈拍数が多くなる、「頻脈性不整脈」という病気に対し行われる治療法です。足の付け根などの太い血管からカテーテルを入れて、心臓内部の不整脈の原因となっている部分を小さく高周波電流で焼灼すること不整脈を起こさなくします。
※経皮的冠動脈ステント留置術は疾患(急性心筋梗塞、不安定狭心症、その他)によって分かれます。上記はその他、不安定狭心症の患者数であり、急性心筋梗塞に対しても37名行っております。
※経皮的カテーテル心筋焼灼術は、主に心房細動の患者数ですが、心室頻拍や心房頻拍、発作性上室性頻拍に対しても行います。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 111 0.66 1.06 0.00 65.87
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 99 1.24 3.82 0.00 57.15
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 73 0.37 3.60 0.00 39.95
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 53 6.83 9.72 3.77 66.85
K6335 鼠径ヘルニア手術 37 0.41 1.81 0.00 73.08
外科は、消化器腫瘍外科、腹部救急外科、腹部内視鏡外科、乳腺外科、短期滞在手術を5本柱としています。2016年度の手術総件数は995件で、腹腔鏡による低侵襲手術の占める割合が高くなっています。疾患別では、ヘルニア、大腸がん、胆石症、虫垂炎、乳がんの手術が多い傾向にあります。緊急手術は、全体の約25%を占めています。当院消化器外科は、関連クリニックと連携し、24時間365日診療にあたっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 138 1.87 15.90 53.62 82.54
K0811 人工骨頭挿入術(股) 80 2.49 16.33 62.50 83.70
K1424 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方後方同時固定) 72 3.19 17.28 19.44 72.39
K0462 骨折観血的手術(前腕) 48 1.40 4.04 16.67 63.96
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 45 4.53 12.53 22.22 72.93
整形外科は、外傷による手術を多数行っており、中でも高齢者の方に多い大腿骨頚部骨折(太もものつけ根の部分の骨)の手術が大半です。次いで、脊柱管狭窄症や脊椎分離症、脊椎すべり症に対し脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術を多く行っております。
※脊椎固定術は数種の固定方法があり、上記は前方後方同時固定の患者数となっております。その他には、後側・後方固定・前方椎体固定があります。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 11 0.18 2.91 0.00 73.73
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 10 0.60 3.70 0.00 55.80
K427 頬骨骨折観血的整復術 10 0.40 3.50 0.00 50.20
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上)
K0111 顔面神経麻痺形成手術(静的)
形成外科は、眼瞼下垂症手術、皮膚、皮下腫瘍摘出術、頬骨骨折観血的整復手術等を行っています。その中でも特に顔は目立ちやすい部位です。表面ばかりではなく、顔の骨が変形の原因になっていることも多々あります。 その場合は顔の骨にも外科手術を施し、きれいな顔貌を形成します。形態の異常は機能の異常も表しますので、表面の治療は機能の改善にもなります。 姿かたちの異常に悩んでいる人に人生のQOLの向上を目指します。またきれいな形態を形成することは美容外科治療に直結します。 当院では宣伝本位の美容外科ではなく、困った人に適切な美容外科治療を施すように心がけております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 53 0.49 10.30 3.77 78.11
K1781 脳血管内手術・脳動脈瘤(1箇所) 38 0.95 16.58 21.05 62.53
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 32 2.59 24.34 25.00 64.66
K178-4 経皮的脳血栓回収術 32 0.25 24.25 68.75 76.59
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 31 4.61 13.94 29.03 73.68
脳神経外科は、外科的手術は勿論のこと、内頸動脈や脳動脈瘤に対する切らずに治療する脳血管内治療も行っており、コイルを用いた脳動脈瘤塞栓術、頭頚部・頭蓋内脳動脈狭窄・閉塞に対するバルーン・ステントを用いた血管形成術等を行っております。これらの治療は超急性期から慢性期まで適応に応じて最新の技術を取り入れて行っております。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 186 3.17 6.04 3.23 74.05
K5602 大動脈瘤切除術(弓部) 166 3.04 19.98 6.02 70.34
K5601ニ 大動脈瘤切除術(上行)(その他) 132 0.52 23.50 23.48 69.90
K5604 大動脈瘤切除術(下行) 82 3.56 20.88 17.07 68.22
K5605 大動脈瘤切除術(胸腹部大動脈) 68 2.69 23.07 10.29 69.93
心臓血管外科は、大動脈瘤・大動脈解離の手術を専門に行い、「国内最多」の手術症例数と治療実績をもつ、「国内唯一」の大動脈疾患治療の専門施設です。手術の方法は、人工血管置換術のほかステントグラフト内挿術を行っています。急性大動脈解離、大動脈瘤破裂等の重症救急患者に対しては、24時間体制で手術対応しております。
※大動脈瘤切除術は治療部位により名称が異なります。上記以外に腹部64名(分岐血管再建17件名、その他47名)の患者さんに対して行っております。
※ステントグラフト内挿術は治療部位により名称が異なります。上記以外に胸部33名、腸骨34名の患者さんに対して行っております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 98 1.88 1.76 0.00 72.92
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 73 1.27 4.16 2.74 73.62
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 32 1.06 1.88 0.00 58.84
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 16 2.31 8.00 6.25 65.75
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 15 1.40 4.60 0.00 70.40
泌尿器科は、経尿道的手術が多数を占めています。経尿道的手術とは尿道から内視鏡を挿入し治療を行う手術のことをいいます。近年、侵襲性の低い経尿道的手術が主流です。中でも、レーザーによる尿路結石除去術や膀胱悪性腫瘍への手術が多数となっています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 65 1.00 3.97 0.00 46.18
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 52 0.98 3.98 0.00 44.27
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 40 1.03 3.93 0.00 37.38
K863 腹腔鏡下子宮内膜症病巣除去術 15 0.80 4.13 0.00 37.80
K879 子宮悪性腫瘍手術 11 1.00 9.91 9.09 64.36
婦人科は2015年10月から手術を開始しました。手術は、婦人科手術全般を対象に行っております。婦人科良性疾患(卵巣腫瘍や子宮筋腫)であれば、巨大なものでも日本産科婦人科内視鏡手術認定医が安全に内視鏡手術(傷が小さいので、美容的な面は勿論のこと、手術後の痛みが少なく、社会復帰が早い低侵襲な手術)を行っております。婦人科悪性手術に対しても日本婦人科腫瘍専門医が根治性の高い手術を提供しております。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 40 9.93 11.68 7.50 67.40
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 17 5.00 2.71 5.88 66.65
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法
K607-3 上腕動脈表在化法
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術
腎臓内科は、血液透析治療に利用する内シャントを設置する手術を行っています。また、当院では、人工透析のほか腹膜透析の症例も多く、腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術も積極的に行っております。さらに、シャント(バスキュラー アクセス)のトラブルにも随時対応しています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 812 0.07 1.04 0.00 63.61
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 141 2.33 11.65 4.26 74.06
K654 内視鏡的消化管止血術 92 0.50 8.22 8.70 70.04
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 77 0.26 1.42 0.00 64.56
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 73 1.15 5.42 0.00 72.90
消化器内科は、大腸腺腫や大腸ポリープに対する内視鏡的治療(ポリペクトミーなど)を多く行っております。大腸ポリープは直径2cm以上のものも合わせると年間889件で、内視鏡的粘膜下層剥離術も行っております。消化管出血に対する内視鏡的消化管止血術、胆管炎等に有効である、内視鏡的ステント留置術や胆管結石症に対する結石除去術も多数行っており、当院では、24時間365日緊急内視鏡検査が行える体制が整っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 19 0.18
180010 敗血症 同一 43 0.40
異なる 11 0.10
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 68 0.63
異なる - -
播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・処置などの合併症の患者数と発症率を集計しました。

DPC病名と入院契機が「同一」か「異なる」に分類して集計しております。
「同一」はある病気の診療目的で入院し、その病気の治療を行なったということを表し、「異なる」はある病気の診療目的で入院したが、併発していた、もしくは入院中に違う病気が発症したことにより、その治療が主となってしまった場合を表します。

更新履歴