スマートフォン用ページへ

トピックス

トピックス一覧

記事の絞込み:

『神奈川新聞/けんこう新聞』に心臓病センター長/塚本医師のインタビュー記事が掲載されました

2013年11月20日

2013年11月20日(水)発行の『神奈川新聞/けんこう新聞面』に心臓病センター長/塚本医師のインタビュー記事が掲載されました。

 

■専門医に聞く 血管病

血管病の多くは、動脈硬化が原因となり起こります。

代表的な疾患は、梗塞性疾患(脳梗塞・心筋梗塞・腎梗塞など)や大動脈瘤、大動脈解離などで、それぞれの治療方法についてかかれています。

 ・血栓溶解療法(t-PA投与)

 ・カテーテル治療

 ・大動脈疾患治療

 

また、11月16日(土)には、「かわさき幸・血管フォーラム」も開催されました。


【開催報告】11月16日(土)、かわさき健康塾の拡大イベント<かわさき幸・血管フォーラム>

2013年11月16日

11月16日(土)に川崎市産業振興会館で開催されました、かわさき健康塾の拡大イベント『かわさき幸・血管フォーラム「動脈硬化と心臓病・脳卒中~最新治療から予防まで~」』は、約260名の地域住民のみなさまにお集まりいただき、動脈硬化の危険性から治療方法、さらには予防から検査について理解を深めていただきました。

 

当院では、「かわさき幸フォーラム」と称しまして、今後も血管疾患やがん治療に関するさまざまな内容をテーマに、わかりやすい講演を行っていきます。

 

次回は来年2月に“肺がん”をテーマにしたフォーラムを開催する予定です。

 

■17日(日)の神奈川新聞に取材記事が掲載されました。(2枚目の写真)

 


広報誌『あおぞら』2013年11月号を発行しました

2013年11月07日

広報誌『あおぞら』2013年11月号を発行しました。


※詳細はこちらをご覧下さい。

<新・院長就任>のお知らせ~2013年11月1日 笹栗院長代行が新・院長に就任いたしました

2013年11月01日

2013年11月1日、 笹栗院長代行が新院長に就任いたしました。


笹栗新院長は、1978年東京医科歯科大学医学部を卒業後、米国ハーバード大学外科、
高知医科大学外科学教授などを経て2012年に川崎幸病院に着任し、その後院長代行となりました。心臓血管外科指導医、 外科指導医はじめ数々の認定資格をもっております。

 


11月16日(土)にかわさき健康塾の拡大イベント<かわさき幸・血管フォーラム>が開催されます

2013年11月01日



1116日(土)、かわさき健康塾の拡大イベント<かわさき幸・血管フォーラム動脈硬化と心臓病・脳卒中~最新治療から予防まで~>が開催されます。



参加費無料、お申し込み不要、川崎市以外にお住まいの方もご参加いただけますので、ぜひご参加ください。



 



かわさき幸・血管フォーラム ~動脈硬化と心臓病・脳卒中~最新治療から予防まで~





 今回は“動脈硬化”をテーマに現場の医師たちが心臓・脳・大動脈・血管といった各分野における動脈硬化疾患の先端治療について解説する他、動脈硬化症の発生や予防についてもふれる内容となっております。動脈は全身に張り巡らされていることから、動脈硬化症を全身の血管病として考えていただこうということを目的として当フォーラムを企画しました。

 



日時 : 1116日(土) 9401145



場所 : 川崎市産業振興会館 1階ホール 先着478



参加費無料、お申し込み不要、川崎市以外にお住まいの方もご参加いただけます



◆座長 : 笹栗志朗(川崎幸病院 院長)



テーマ :



 しのびよる動脈硬化~狭心症と心筋梗塞について~



  猪原実(心臓病センター/循環器科医長)



 動脈硬化と脳卒中~脳卒中の先端治療~



  永尾征弥(脳血管センター/脳神経外科医長)



 急性大動脈解離の治療について



  田中克典(川崎大動脈センター/心臓血管外科医師)



 ハイブリッド治療~手術とIVRの融合~



  西村潤一(放射線IVR科部長)

 動脈硬化はなぜおこる?

  沢丞(副院長/内科部長)


※詳細はこちらをご覧下さい。

  • 1