スマートフォン用ページへ

血管治療

 
 

日本人の3大死因は、がん・心臓病・脳血管疾患ですが、特に老年期に入ると、心筋梗塞、脳卒中などの心臓血管疾患や脳血管疾患といった、いわゆる『血管病』が占める割合が、がんよりも多くなります。

「血管病」は早期発見が大切です。 詳しくはこちらから

川崎幸病院は全身の血管病の総合的な診断・治療を行っています。

血管病を引き起こす「動脈硬化」

動脈硬化とは

動脈硬化とは“血管の老化”です。血管は年齢とともに老化し、弾力性が失われて硬くなったり、血管内にコレステロールなどの物質が沈着して血管が狭くなり、血液の流れが滞る状態になります。これを動脈硬化といいます。

動脈硬化は全身の血管病を引き起こす

動脈は全身に張り巡らされています。つまり、身体の一部の血管で動脈硬化が起こるのではなく、全身の血管で動脈硬化が起こると言えます。
そのため、例えば心臓の血管で動脈硬化による病気が発見された患者さんは、脳などの他の臓器でも病気が発生する可能性があるということです。

動脈硬化を全身の「血管病」と考えて、「全身を診る」ことが大切です。

ページトップへ

動脈硬化が引き起こす主な血管病

  • 心臓血管の病気
  • 大動脈の病気
  • 脳血管の病気
  • その他血管の病気
  • 予防治療

冠状動脈の病気

冠状動脈の病気

冠状動脈は、心臓のまわりを走行している血管で、心臓の細胞に酸素や栄養を送っている血管です。

狭心症… 冠状動脈が何らかの理由で狭窄(血管が細くなる)してしまい、心臓の筋肉などに酸素が十分に供給されなくなり、心臓の機能を低下させてしまう病気です。
心筋梗塞… 冠状動脈が閉塞(血管が詰まってしまう)してしまうことにより、心臓の筋肉に血液が行き渡らなくなり、心筋が壊死(生体組織の一部が死んでしまうこと)してしまう病気です。

主な治療

●カテーテル治療(血管内治療)

カテーテル治療とは?
足の付け根、手首などから直径2mm程度の管を動脈の中に通して、冠状動脈の狭窄部まで入れていき、そこにバルーンカテーテルという先端に風船がついた管を運び、風船で狭窄部を広げる治療法です。また、風船で広げた後に、また狭窄しないように、「ステント」という金属の筒を留置したり、血管の狭窄部を削る方法もあります。

主な治療

心臓病センターページはこちら

ページトップへ

大動脈の病気

大動脈の病気

大動脈とは心臓から全身に血液を送る大きな血管で、直径2、3センチメートルという人体でもっとも太い動脈血管です。

大動脈瘤… 大動脈の一部が「瘤」=「こぶ」のように膨らんでしまう病気で、この瘤がある一定の大きさ(5~6cm)になると血管が破裂し、体内に大出血を起こしてしまう病気です。
大動脈解離… 大動脈の血管壁が裂ける病気です。血管壁の内側の膜に亀裂ができ、内側と外側の膜の間に血液が流れ込んだ結果、血管を2重構造にしてしまうのです。解離がおこると、臓器の血流障害(虚血)が起こり、致死的な合併症を引き起こしてしまいます。

主な治療

外科的治療川崎大動脈センターが治療を担当します

人工血管による治療

外科的治療として、血管の病気の部分を切除して人工血管と置き換える「人工血管置換術」を行っています。人工血管は合成繊維でできており、現在の人工血管の耐久性は数十年以上ですので、まず入れ替えをする必要はありません。

肉体的治療川崎大動脈センター・放射線IVR科が治療を担当します

ステントグラフトによる治療

ステントグラフトとは、ステントと呼ばれる金属のバネの部分とそれを被覆するグラフトと呼ばれる人工血管でできています。足の付け根の動脈からカテーテルを使用して、このバネ付き人工血管を血管の病気の部分に留置し治療します。

川崎大動脈センターページはこちら

放射線IVR科ページはこちら

※すべての大動脈疾患がステントグラフトで治療できるわけではありませんし、ステントグラフトはすべての点で手術治療よりも優れているわけではありません。当院では、あらゆる角度からステントグラフトの可能性を検討し、治療方針を決定しています。

ページトップへ

脳血管の病気

脳血管の病気

脳血管は、脳に血液を送る血管で、4本の大きな動脈によって血液が送られています。

脳梗塞… 脳に血液を送る血管が、狭窄(血管が細くなる)したり、閉塞(血管が詰まる)し、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になる病気です。
脳内出血… 脳血管が破れ、脳内に出血してしまう病気です。高血圧、動脈硬化が主な原因ですが、喫煙、糖尿病も危険因子となります。
くも膜下出血… 脳の表面をおおう膜のひとつである「くも膜」の下に出血がある状態をいいます。原因は、脳の血管にこぶができる「脳動脈瘤」の破裂によることがほとんどです。

脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血を総称して“脳卒中”といいます。


主な治療

脳卒中の治療には内科的治療と手術療法があります。手術法としては頭を実際に開ける開頭手術と、血管の中にカテーテルを挿入して治療する脳血管内手術の2つの方法があります。

当院では常に両方の手術が可能な体制にあり、患者さんごとに適した方法により治療が可能です。
365日24時間体制で、脳卒中の急性期治療をしています。

脳血管センターページはこちら

ページトップへ

動脈硬化とは?

動脈硬化は一言で言えば「血管の老化」です。血管は年齢とともに、身体の他の部分と同じように年をとっていきます。血管の老化の行き着く先は、血管が詰まるか破けるか、です。
血管が詰まれば脳梗塞や心筋梗塞。破ければ脳出血や大動脈瘤破裂という重大な病気(動脈硬化性疾患)になります。今の医学の進歩はこれらの病気に対しても治療法が進歩しました。でも、できれば起こしたくないですし、再発や他の動脈硬化性疾患を起こさないようにしたいものです。


糖尿病の患者さんの血管は、実年齢よりも早く老化していくため、動脈硬化が起こりやすいと言えます。当院では生活習慣病の一つで、今やわが国における国民病とも言える糖尿病の診療に力を入れています。

内科ページはこちら

ページトップへ

その他血管の病気

coming soon

ページトップへ

検査でわかる動脈硬化 『ABI検査』

“血管病”を引き起こす“動脈硬化”簡単な検査で血管の状態を調べ、動脈硬化度を測定することができます。血管状態を定期的にチェックすることが“血管病”予防の第一歩です。

動脈硬化の危険因子

動脈硬化の危険因子にはさまざまあります。
しかしその多くは、生活習慣を正すことで予防できるものもあります。

脂質異常症(高脂血症)
高血圧
肥満

慢性腎臓病
喫煙
糖尿病
  など

動脈硬化の危険因子

40歳以上で危険因子が複数以上当てはまる方は、検査を受けられ動脈硬化度を測定されることをお勧めいたします。

血圧脈波検査

どんな検査?

両手、両足首の4ヶ所の血圧を同時に測定する検査です。薄手の服ならそのままでも測定できます。およそ5分でできる検査です。

この検査で何がわかるの?

①血管のかたさがわかります

心臓から押し出された血液により生じる拍動が、血管を通じて手や足に届くまでの速度(脈波伝播速度といいます)を測定し、血管のかたさを調べます。 血管がかたいほど、その速度は速くなります。

②血管の狭窄(血管が細くなったり、詰まったりすること)がわかります

足首と上腕の血圧の比(ABIといいます)を測定することで血管の狭窄の程度が分かります。足首の血圧は上腕の血圧より高いのが普通ですが、足の動脈が 詰まったりすると、足首の血圧が上腕の血圧より低くなり、ABIの値も低くなります。

他にも、血液検査・超音波検査・CT、MRIなどの画像診断などの検査がございます。患者さんの状態により、どの検査が適切かは医師が判断いたします。

検査をご希望の方へ各施設でABI検査が受けられます

各クリニックでABI検査を受けることができます。
ご希望の方はお電話をお掛けいただき、「動脈硬化の検査希望」とお伝えください。

※ABI検査を受けるには医師による診察が必要となります。

川崎幸病院