投稿者「M.O」のアーカイブ

大動脈ステントグラフト(20)

新病院に移転後、Doctor Carをはじめとする救急体制がさらに充実し、当センターでも大動脈瘤破裂、急性大動脈解離などの緊急症例の受け入れがより迅速に行えるようになりました。 最近、腹部大動脈瘤破裂に対してはステントグ … 続きを読む

カテゴリー: M.O | 大動脈ステントグラフト(20) はコメントを受け付けていません。

大動脈ステントグラフト(19)

ステントグラフト治療は比較的新しい技術で、世界的にみても10年以上の長期間にわたる十分な追跡調査の実績がないため、退院後も3ヵ月、6ヵ月、1年後に(それ以降も年1回)、定期的通院により経過を見ていく必要があります。 ※「 … 続きを読む

カテゴリー: M.O | 大動脈ステントグラフト(19) はコメントを受け付けていません。

大動脈ステントグラフト(18)

ステントグラフト治療は全身麻酔下での手術ですが、低侵襲なので、比較的痛みも軽度で、翌日には食事もでき、術後5日から1週間で退院可能です。退院後も特に運動制限はありません。 また、当初、禁忌とされていたMRI検査(通常磁力 … 続きを読む

カテゴリー: M.O | 大動脈ステントグラフト(18) はコメントを受け付けていません。

大動脈ステントグラフト(17)

当センターでは、大動脈瘤の部位、形態、全身状態を正確に評価し、従来の手術治療がよいのかステントグラフト治療がよいのかを専門チームで十分に検討し治療方針を決定しています。また、他の病院でステントグラフト治療が困難と診断され … 続きを読む

カテゴリー: M.O | 大動脈ステントグラフト(17) はコメントを受け付けていません。

大動脈ステントグラフト(16)

大動脈瘤治療を行っている施設の中には、ステントグラフト治療だけを行い、従来の手術治療をほとんど行っていない施設があります。 治療方針がステントグラフトに偏ってしまうと、手術の方が良い場合にもステントグラフトを施行され、最 … 続きを読む

カテゴリー: M.O | 大動脈ステントグラフト(16) はコメントを受け付けていません。

大動脈ステントグラフト(15)

href=”https://saiwaihp.jp/daidomyaku/” target=”_blank”>当センター(川崎大動脈センター)では、ステントグラフト実 … 続きを読む

カテゴリー: M.O | 大動脈ステントグラフト(15) はコメントを受け付けていません。

大動脈ステントグラフト(14)

ステントグラフト治療を安全で確実に行うためには高度な知識と技術が必要で、わが国では高い治療水準確保の目的でステントグラフト実施基準管理委員会による審査が行われています。 当センターでは実施医資格のみならず指導医資格を持っ … 続きを読む

カテゴリー: M.O | 大動脈ステントグラフト(14) はコメントを受け付けていません。

大動脈ステントグラフト(13)

ステントグラフト治療の適応は、内挿に際しての解剖学的条件が整っていることで、その要は動脈瘤前後に正常な血管が十分にあり動脈瘤の屈曲が強くないということですが、詳細な数値に関してはステントグラフト製品により異なります。 治 … 続きを読む

カテゴリー: M.O | 大動脈ステントグラフト(13) はコメントを受け付けていません。

大動脈ステントグラフト(13)

ステントグラフト治療の適応は、内挿に際しての解剖学的条件が整っていることで、その要は動脈瘤前後に正常な血管が十分にあり動脈瘤の屈曲が強くないということですが、詳細な数値に関してはステントグラフト製品により異なります。 治 … 続きを読む

カテゴリー: M.O | 大動脈ステントグラフト(13) はコメントを受け付けていません。

大動脈ステントグラフト(12)

ステントグラフトの使用承認に際して厚生労働省は医師向けの添付文書に注意喚起文を記載しています。 現在のところ、外科手術を比較的安全に行うことが可能な患者さんについては、人工血管置換術が第一選択の治療法であると。 外科手術 … 続きを読む

カテゴリー: M.O | 大動脈ステントグラフト(12) はコメントを受け付けていません。