スマートフォン用ページへ

診療科のご案内

 
 

治療方法の詳細

A:大動脈瘤
  1. 大動脈基部
    正中切開・体外循環使用下に行います。体外循環開始後、大動脈を遮断し心停止下に大動脈基部の再建を行います。人工血管・人工弁を使用して基部を置換する場合と、人工血管のみを使用して自身の大動脈弁(自己弁)を残したまま(温存)再建する方法に大別されます。 どちらの方法を選択するかは患者さんの状態によって異なります。
  2. 上行大動脈
    正中切開・体外循環・超低体温循環停止下に行います。拡大した上行大動脈を切除し、人工血管で置換します。
  3. 弓部大動脈
    正中切開・体外循環・超低体温循環停止・選択的脳還流法を用いて行います。超低体温と脳血管に血液を流しながら行うため、十分な脳保護効果が得られる安全な方法です。大動脈弓部は全て切除し、大動脈弓部から脳に分岐する3本の頸動脈も人工血管に吻合します。
  4. 遠位弓部大動脈
    左開胸・体外循環・超低体温循環停止・選択的脳還流法を用いて行います。一部頚動脈を再建する場合があります。弓部大動脈の手術と同様に十分な脳保護を行うため安全性の高い手術です。
  5. 下行大動脈
    ①左開胸・左心バイパスを用いて行います。左心バイパス法による手術は心臓を動かしたまま行うことができ、体温も下げないため負担が少なく、手術時間も短時間で可能な治療です。大動脈瘤の前後で血管を遮断して人工血管に置換する手術です。
    ②大動脈瘤の範囲が広範囲に及んでいないものについてはステント治療が可能です。下行大動脈瘤は現在多くの場合、ステント治療を行っています。
  6. 胸腹部大動脈
    左開胸/開腹・左心バイパスを用いて行います。置換範囲が非常に大きく、再建箇所も多いため高度な手術技術と十分な経験が必要な手術です。 この手術での最も問題となる合併症は対麻痺(下半身麻痺)ですが、胸腹部大動脈に対する治療法が進歩した現在ではこの対麻痺の発生はほとんどなくなってきました。広範囲に置換が必要な胸腹部大動脈瘤については特殊な場合を除きステント治療は適応になりません。
  7. 腹部大動脈
    ほとんどの腹部大動脈瘤はステント治療の対象となります。治療時間も比較的短時間で終わるため、体に対する負担の少ない治療です。高齢者の方も問題なく行うことのできる治療法です。若年者の場合には開腹により大動脈瘤を切除、人工血管に置換する手術を行います。 手術治療ですが、体外循環も使用せず、血管遮断のみによって手術を行うことができるため、比較的短時間で手術が可能です。
B:大動脈解離
  1. 急性A型大動脈解離
    急性A型大動脈解離の発症後、数時間以内に様々な合併症が発生します。主要なものでは心タンポナーデ、各臓器虚血、大動脈破裂などです。このような重症合併症を伴う急性A型大動脈解離では、まず重症合併症に対する治療を先行する場合があります。 心タンポナーデに対しては心嚢ドレナージ、臓器虚血に対してはカテーテル治療などによる虚血解除などがあります。これらの先行治療に引き続き根治治療である人工血管置換手術を施行します。急性A型大動脈解離に対する手術治療は部分弓部大動脈人工血管置換手術または弓部大動脈人工血管置換手術です。
  2. 急性B型大動脈解離
    2-a) 合併症を伴う場合
    急性B型大動脈解離に伴う重症合併症は、大動脈破裂・各臓器虚血があります。大動脈破裂に対しては緊急下行大動脈人工血管置換手術を施行し、各臓器虚血に対しては虚血解除のためのステント治療または各種カテーテル治療を行います。

    2-B) 合併症を伴わない場合
    合併症を伴わない場合は、主に内科的(保存的)治療を行います。また、病態や患者さんの状態によってはステント治療を行う場合があります。緊急手術となることはありません。
  3. 慢性A型大動脈解離
    慢性期の大動脈解離は比較的状態が安定していますので、十分な検査を行ってから治療方針を決定します。大動脈の拡大や合併症がある場合には人工血管置換手術を行います。
  4. 慢性B型大動脈解離
    4-a) 大動脈径の拡大を伴う場合
    大動脈径が50mmを超えるものについては破裂の危険性があるため人工血管置換手術(下行大動脈人工血管置換手術または胸腹部大動脈人工血管置換手術)を行います。ステントグラフトは慢性大動脈解離に対しては原則的に適応外となります。

    4-b) 大動脈径の拡大を伴わない場合
    保存的治療となります。年一回のCT検査で大動脈径を計測します。日常生活等には特に制限はありません。

大動脈の病気についてへ