スマートフォン用ページへ

診療科のご案内

 
 

整形外科

皆様へ

当院では24時間体制で救急患者さんの治療を行える体制を整えています。高齢化に伴う大腿骨周辺骨折や脊椎圧迫骨折をはじめ、様々な一般外傷に整形外科チームとして治療に当たっています。

当科では9名の整形外科専門医をはじめとした9名の整形外科常勤医(2019.4月現在)が、外傷治療や脊椎手術、人工関節手術、スポーツ外傷の治療を中心に整形外科疾患全般の診断・治療を行っています。
特に当科が専門として取り組んでいる脊椎・脊髄疾患治療及びスポーツ疾患の治療については、脊椎治療を日本脊椎脊髄病外科指導医資格を有する2名と、日整会認定脊椎脊髄病医を有する4名の医師がおり、 またスポーツ傷害の治療・リハビリについてはスポーツ医療に長く携わり、 経験の豊富な日本体育協会公認スポーツドクター及びJリーグチームドクター2名で治療に当たっています。 また整形外科疾患の治療は、 その多くがリハビリテーションによる治療を必要とします。 そのため整形外科チームとして理学療法士・作業療法士らと連携し、常に最新の治療を提供し、また早期復帰が可能となるように努めております。
また、関節外科センターを立ち上げ、膝を中心とした治療を行っています。

概要

  • 整形外科が扱う主な病気
  • 治療実績
  • 医師プロフィール
  • 受診を希望される方

整形外科が扱う主な病気

  1. 脊椎疾患
    "高齢化が進み高齢者の活動性が上がるにつれ、非常に多くの患者さんが脊椎関連疾患を患って医療機関を訪れています。脊椎疾患は頚椎症性脊髄症、頚椎・腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、脊椎圧迫骨折など多岐に渡りますが、 この領域の診断と治療技術の進歩はめざましいものがあり、当院においても診断、保存治療、手術において幅広く対応しております。保存治療で症状の改善が乏しく生活に支障をきたす場合は手術を検討します。 その場合は1泊2日での検査ブロック入院をしていただき、しっかりした診断および適切な手術法を決定します。手術に関しては体に負担の少ない手術(低侵襲手術)を心がけております。 低侵襲手術は、傷が小さく、術後の痛みが軽く(背骨に付いている筋肉をあまり剥がさない)、回復も早く、感染の危険性が少なく結果的に退院が早くできます。 また日常生活や仕事への復帰が早期に行えるようリハビリ、コメディカルスタッフ含めチーム全体で対応いたします。"
  2. 人工関節手術
    膝関節及び股関節の変形による痛みのために、日常生活に支障をきたしている患者様を対象に、その診断・治療方法の選択・人工関節手術・術後リハビリテーションまでを含めた治療を行っています。 また膝関節については、スポーツ活動の継続を希望する患者様や、仕事で負担のかかる患者様については、ご自身の関節を温存する手術の提案も行っています。
  3. スポーツ外傷、障害
    当科では副院長・整形外科部長の原医師が海外でのスポーツ医療経験を積んでおります。また瀬戸上医師を含め2名がJリーグチームドクターとして長年活躍しております。
    特に膝前十字靭帯損傷を始めとする各種靭帯再建手術、半月板・軟骨損傷に対する手術、膝蓋骨脱臼に対する靭帯再建・骨切り手術、足関節捻挫や軟骨損傷治療、超音波検査を用いたアキレス腱断裂治療などをはじめ、肩関節障害、疲労骨折治療などを行っております。
    また中高年の患者様で、膝関節痛がありながらスポーツ活動の継続を希望する患者様に対しては、脛骨骨切り手術をはじめとする関節温存手術に、特に力を入れております。
  4. 一般整形

ページトップへ

治療実績

手術件数年次推移
2018年度 手術内訳

・脊椎・脊髄手術
椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
脊椎圧迫骨折
頚椎

・変性疾患
人工膝関節置換術(TKA)
高位脛骨骨切り術(HTO)
人工股関節置換術(THA)

・スポーツ外傷・障害
前十字靭帯再建術(ACLR)
半月板手術(切除術・縫合術)
膝蓋骨脱臼、不安定症
膝・足関節の軟骨損傷手術
足関節靭帯修復術・再建術
アキレス腱断裂治療
肩関節疾患
疲労骨折治療

ページトップへ

医師プロフィール

川崎幸病院 整形外科 部長 原 淳
専門分野・得意とする手技
スポーツ整形外科(関節鏡・内視鏡を含む)
脊椎

略歴
横浜市立大学医学部卒
医師免許取得(1995年)
勤務歴
1997年 国立横浜病院(現 国立病院機構 横浜医療センター)
1998年 藤沢市民病院
2000年 浦賀病院
2002年 横浜市立大学附属市民総合医療センター
2004年 ローマ大学スポーツ医科学センター
2005年 国際医療福祉大学熱海病院 講師
2007年 小田原市立病院
2013年 川崎幸病院
学会認定・資格
日本整形外科学会専門医
日本体育協会スポーツドクター
日本整形外科学会スポーツドクター認定医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
日本人工関節学会員
日本骨折治療学会員
Jリーグ ヴァンフォーレ甲府チームドクター
整形外科医長 上西 蔵人
専門分野・得意とする手技
人工股関節
人工膝関節
略歴
2003年 岩手医科大学医学部卒業
2003年 医師免許取得
認定資格等
日本整形外科学会専門医

整形外科医長 瀬戸上 智行
専門分野・得意とする手技
一般整形
脊椎
略歴
2006年 東海大学医学部卒
勤務歴
2006年 湘南鎌倉総合病院 初期研修医
2008年 湘南鎌倉総合病院 整形外科
2010年 茅ヶ崎徳洲会病院 脊椎外科
2011年 西横浜国際総合病院 整形外科
2013年 北里大学東病院 整形外科
認定資格等
日本整形外科学会専門医
整形外科 雪平 重雄
専門分野・得意とする手技
一般整形
関節外科
略歴
2010年 東海大学医学部卒業
      医師免許取得
勤務歴
2010年 国立病院機構静岡医療センター 初期研修医
2012年 国立病院機構静岡医療センター 整形外科
2013年 フジ虎ノ門病院 整形外科
2018年 川崎幸病院
認定資格等
日本整形外科学会専門医

整形外科 角 雄一郎
略歴
2013年 筑波大学医学部卒業
勤務歴
2013年 社会医療法人財団石心会 川崎幸病院 初期研修
2015年 社会医療法人財団石心会 川崎幸病院 整形外科
整形外科 顧問 中村 潤一郎
専門分野・得意とする手技
脊椎疾患
略歴
1990年 岐阜大学医学部卒業
1990年 医師免許取得
勤務歴
神奈川県立こども医療センター
横浜市立大学附属市民総合医療センター 准教授
藤沢市民病院
三軒茶屋第一病院
川崎幸病院
認定資格等
日本整形外科学会脊椎内視鏡下手術技術認定医
日本整形外科学会専門医
日本脊椎脊髄病学会指導医

集合写真


ページトップへ

受診を希望される方へ

2系統の外来システムを採用
外来診療は、川崎幸クリニック及び川崎クリニックで予約制外来をしています。救急外傷や予約外の急な診察を希望される場合には川崎幸病院救急外来で速やかに対応しており、2系統の外来システムをとっています。

お問い合わせ

川崎幸クリニック予約センター  TEL:044-511-2112
川崎クリニック予約センター  TEL:044-222-9259

受診を希望される方へ

川崎幸病院の常勤医は、主に川崎クリニックで診療をしています。
スポーツ整形は、原医師が川崎幸クリニックで診療を担当しています。

救急外来

救急の場合は、下記にご連絡の上、川崎幸病院の救急外来をご受診ください。

お問い合わせ

川崎幸病院受付  TEL:044-544-4611