スマートフォン用ページへ

イベント

 
 

イベント

開催の予定イベント

1月の予定

「視力の話」 ~視力と病気の話~
日時 01月08日 (火) 14:00~15:00 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 当院の登録医である中林眼科医院の中林院長より‘目’について話をいただきました。特に目について気を付けなければいけない年代は若者より高齢者の方だそうです。加齢が原因で発症する病気があるそうです。加齢とともに目が疲弊し、周辺が歪んで見えてしまうことや視界の真ん中が見えなくなってしまう現象があるようです。加齢性黄斑変性という加齢が原因で発症する病気です。最近は目の状態が数値でわかる機械ができているため、一度目の検査をしてみるのもよいのかもしれません。
「療養生活をより安心に」 ~退院調整部署の取り組み~
日時 01月09日 (水) 14:00~14:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 病院は患者さんが退院後の生活を安心に過ごしていけるように退院調整を実施しています。退院調整とは住み慣れた生活の場で自分らしく生きていくために社会保障制度や介護施設、病院等を活用し、入院後の生活をサポートしていることです。退院に不安がないよう病院では患者さんからの相談を受けています。
「あなたのおしりは大丈夫?」 ~軽い病気から怖い病気まで~
日時 01月09日 (水) 14:30~15:00 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 おしりの病気について話をいただきました。痔は日本人の3人に1人は患っているといわれるほどの国民病だそうです。痔は大きく3つ。‘いぼ痔’‘切れ痔’‘あな痔’に分かれるそうです。痔は放っておいても命には別状はないそうですが、悪化すれば手術が必要となります。また痔と似た症状で怖い病気もあるようです。現在は切らないで治す痔の治療もありますので、痔と思われる方は恐れることなく病院へ一度診てもらうのはいかがでしょうか。
「胸の痛みを感じたら・・・」 ~狭心症について~
日時 01月10日 (木) 14:00~14:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 狭心症の症状・種類・検査方法・治療法などについて幅広くお話いただきまいした。別の病気でも胸痛が起こることがあり、逆に胸痛を伴わない心筋梗塞もあるとのことでしたので、少しでも異変があるようでしたら、病院で診察してもらうことをおススメいたします。
「新川崎幸病院、半年間の経過と上手な使い方」
日時 01月11日 (金) 14:00~14:30 会場 川崎幸病院 5階 講義室 MAP 定員 81名
その他 当院の院長である石井先生より、改めて当院の特徴や利用方法などについてご説明いたしました。先月の救急車の受け入れ台数が1,111台になりましたが、今後も救急車受け入れを断らない病院を目指してまいります。当院は救急対応病院となりますが、少しでも体の不調を感じたらお気軽にご連絡ください。
「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 01月15日 (火) 14:00~14:30 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 どんな病気にも言えることですが、糖尿病もやはり早期発見・早期治療が大事とのことですので、定期的な健診をおススメいたします。また、現在のインシュリンを投薬する容器は、ボールペンぐらいのサイズで、針も髪の毛ぐらいの細さとのことですので、一昔に比べ体への負担が軽減されているようです。
「コレステロールについて」 ~良いコレステロール、悪いコレステロール~
日時 01月15日 (火) 14:30~15:00 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 コレステロールや中性脂肪と聞くと体に悪いものだと認識している方が多いですが、どちらも生体やエネルギー供給に必要な物質であるとお話しました。また、コレステロールは食べ物からつくられるイメージが強いですが、大部分(80%~90%)は肝臓でつくられており、食べ物からは10%程度とのことでした。
「老後をおいしく」 ~口は健康の入口~
日時 01月16日 (水) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 本日は当院の登録医である愛仁歯科医院の鈴木院長より、口腔の機能や口腔ケアについてお話いただきました。口腔の三大機能は咀嚼・嚥下・発音とのことで、食べる・飲み込む障害のことを摂食・嚥下障害というとのことでした。摂食・嚥下障害は誤嚥性肺炎・窒息・低栄養/脱水などの合併症を引き起こす可能性があるとのことでした。お口のトラブルや悩み事があれば、一度受診してみてはいかがでしょうか。
「あなたの子供をナースにするには」
日時 01月17日 (木) 14:00~14:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 看護師の仕事内容や資格を取るまでの道のりなど講演をいただきました。看護師になるためには看護科のある高等学校、専門学校、短期大学、大学等に進学することによって資格取得ができるようです。看護師の資格取得後は、病院での勤務や企業の医務勤務、役所など幅広い就職場所があるようです。仕事は大変ですが、やりがいのある仕事とのことです。お子さんの仕事選択に看護師も1つではないでしょうか。
「こんな時、どうする?」 ~いざという時の対処方法~
日時 01月17日 (木) 14:30~15:00 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 いざという時の対処方法について講演いただきました。身近に起こりうるケガの対処方法や冬場に起こりやすい体の危険なサインについて説明をいただきました。もしもの緊急時の際、周りに助けを呼べるようなブザー等あれば自分の緊急な状況を伝えられ、早期の治療に結びつくなと感じました。
「緩和医療と放射線治療」 
日時 01月18日 (金) 14:00~14:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 本日は緩和医療と放射線治療について講演いただきました。がん検診で腫瘍が発見された場合、早期発見の場合は腫瘍根治の治療を実施し、腫瘍の進行が進んでしまっている場合は現状の維持、腫瘍の末期に近づくにつれて緩和治療を実施するそうです。緩和治療は腫瘍の影響によって身体に痛みを生じた場合、その痛みを緩和するためなどの治療とのことです。放射線治療では肺がんから脳に転移を防ぐための治療などが実施されるようです。
「CTで診るあなたのお腹」
日時 01月18日 (金) 14:30~15:00 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 CT診断について講演をいただきました。CTで投影される情報は黒から白のグラデーション。また映像は縦または横に輪切りをしたように写されます。黒は空気、カルシウムが多い骨は白色に写されます。映像のグラデーションによって胆石があるなど診断ができるようです。
”年寄りの冷水” ~CKDのサプリメント~
日時 01月19日 (土) 10:30~11:00 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 本日は『“年寄りの冷や水”~CKDのサプリメント~』について講演予定でございましたが、一部内容を変更して講演をいたしました。講演テーマについて変更がございましたことお詫び申し上げます。本日は腎臓病について前回の振り返り講演をいたしました。
「LDLコレステロールを下げる血液浄化療法」
日時 01月19日 (土) 11:00~11:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 LDLコレステロールを下げる血液浄化療法について講演いただきました。LDLコレステロール(悪玉コレステロール)は血中に多いと心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などを発症させる危険因子とされています。そのためLDLアフェレシスといって、血液中のLDLコレステロールを体内から血液と一緒に取り出し、吸着器でLDLコレステロールだけを取り除き、体内に戻すといった治療があるそうです。腎臓に大きな疾患がみられるかたの治療のようですので、詳しくはかかりつけ医師にお尋ねください。
「在宅医療について」 ~医師と家族でできること~
日時 01月21日 (月) 14:00~15:00 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 本日は登録医・川崎七福診療所の院長大黒先生に『在宅医療について』講演いただきました。在宅医療をする際、在宅でもできる医療・できない医療があるそうです。実際、利用者の方と接する機会が多い看護師や介護士は基本的に医療行為が法律上できません。在宅医療をする際、診療や介護について‘できること’‘できないこと’がありますのでよく先生と話合い、お互い理解した上で在宅医療を進めていくことが必要とのことです。
「動悸を感じたら・・・」 ~不整脈について~
日時 01月22日 (火) 14:00~14:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 本日は不整脈について講演いただきました。不整脈の症状、特に心房細動については60歳以上から徐々に疾患される方が増え、80歳以上になると20人に1人程度は疾患すると言われています。心房細動は心室の収縮が不規則な間隔で起こる状態をいいます。治療は薬物療法、またはカテーテルアブレーションという外科的治療があるようです。60歳以上の方はかかりつけ病院で一度検査、または相談されるのはいかがでしょうか。
「高機能CTの性能について」 ~320列CTのご紹介~
日時 01月22日 (火) 14:30~15:00 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 弊施設に導入した高性能CT装置について講演いただきました。CT装置とは放射線にて身体全体を撮影する装置です。今までのCT装置は画像処理の精度が低く、検査の際、利用者の方に負担をかける装置でした。この度導入した装置は人間の主要な臓器である脳や心臓など1回転で撮影できるようです。そのため今まで難しかった循環器疾患、特に不整脈の方を無理なくCTで撮影することができるとともに画像処理の精度があがり、負担の少ない形で検査が提供できるようです。
「救急車を上手に使いましょう」
日時 01月23日 (水) 14:00~14:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 救急車の上手な利用方法について講演いただきました。前年度平成24年度、川崎市で救急車を利用した方は約6万人、そのうち軽傷の患者が約3万人と言われています。救急車には限りがありますので、緊急性がなく医療機関までの交通手段がない場合はサポート救急を利用する、または救急医療情報センターを活用し、最寄の医療機関を案内もらうことができます。幸病院では救急車を断らない病院を実施しています。なにかあればご利用いただければと思います。
「ここまで進んだ内視鏡」 ~苦しくない検査のためには~
日時 01月23日 (水) 14:30~15:00 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 胃カメラでの検査は痛い、辛いと思われる方は多いと思います。胃カメラが痛い、辛いと思う要因は胃カメラを喉あたりに入れると嘔吐しようとする反応があるからだそうです。最近は鼻から入れる内視鏡も開発されており、喉から入れることでの嘔吐がない検査ができるようです。しかし鼻から入れる内視鏡はカメラの精度が胃カメラより落ちるため、検査をされる際は医師と相談し、上手に活用ください。
「糖尿病の薬物治療」 ~新しい糖尿病治療のご紹介~
日時 01月25日 (金) 14:00~14:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 糖尿病の治療薬である、インスリンとインクレチン関連薬についてご説明いただきました。 インスリンは一生使い続けるイメージの方が多いかと思いますが、場合によっては一時的で済むこともあるとのことでした。 インクレチン関連薬は新しいタイプの薬で、理論上では低血糖が少ないと言われていますが、他の糖尿病薬と一緒に使うときは、低血糖に注意が必要とのことでした。
「楽しく学ぼう栄養バランス」
日時 01月25日 (金) 14:30~15:00 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 PCやプロジェクターを使用せず、ホワイトボードと食べ物の写真を使用しての来場者参加型の講義を行いました。 来場者の方の普段の食事内容をお伺いし、様々なアドバイスをいたしました。食事の際は、5大栄養素と言われている、糖質・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルをバランス良く摂取することが大切とのことでした。
「骨粗しょう症と脊椎圧迫骨折」
日時 01月28日 (月) 14:00~14:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 骨粗しょう症は加齢や生活習慣等により骨の密度が減少し、骨が折れやすくなっている状態をいうようです。その要因は食事や運動の有無、嗜好品などが影響しているようです。予防としては骨の材料となるカルシウム、骨代謝を盛んにするビタミンD 、骨の形成を促すビタミンKを十分に摂ること。また食事だけではなく、適度な運動をすることで骨密度を増加させるのに有効なようです。
「整形外科のリハビリ」 ~膝痛・腰痛にサヨナラ~
日時 01月28日 (月) 14:30~15:00 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 一度は皆さんも困ったことはあるのではないか肩痛・膝痛・腰痛について痛みの原因や痛みを緩和させる体操を実践しました。1日10回、ちょっとした体操をすることで肩痛・膝痛・腰痛予防ができるようです。実際の体操方法についてはご紹介が難しいので次回、同様のテーマの際は一度健康塾にご来場いただき、試してください。
「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 01月29日 (火) 14:00~14:30 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 糖尿病は遺伝すると噂があります。糖尿病は遺伝すると言われますが、糖尿病が遺伝する遺伝子は未だに発見されていないようです。糖尿病の多くは生活習慣による要因が多いようです。運動や食生活を改善することが糖尿病にならないための秘訣です。
「前立腺がん」 ~早期発見・早期治療のために~
日時 01月29日 (火) 14:30~15:00 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 本日は講師が別件対応があり、休講となりました。 誠に申し訳ございませんでした。 2月26日(火)同様の講義テーマを実施する予定でございます。 ご来場をお待ちしております。
「頭痛と肩こり」 ~肩こりのメカニズムについて~
日時 01月30日 (水) 14:00~15:00 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 講師が体調不良のため、中止とさせていただきました。大変申し訳ございません。
「脳卒中(4)」 ~脳卒中の最新治療~
日時 01月31日 (木) 14:00~14:30 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 脳卒中の最新治療について講演いただきました。脳卒中の治療は日進月歩しているようです。脳卒中になったとしても神経内視鏡や血栓を溶かす薬が開発されており、治療の幅が広がっているようです。ただ脳卒中にならないことに越したことはありません。現在、脳ドックという脳の健康診断を実施している病院があります。高脂血症、高血圧、糖尿病の方は一度、脳ドックをし、脳の状態を知ることが必要かもしれません。
「お家に帰ろう!」 ~在宅介護の実際~
日時 01月31日 (木) 14:30~15:00 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 病院は利用者の方の退院後に起こりうる問題を予測し、事前にその問題の予防・検討をしています。利用者の方に病院から療養の場所が変わったとしても良質なケアが継続して提供できるようにするためです。退院後、お困りの際は社会福祉士または看護師にお気軽に相談してみてください。きっと力になると思います。
「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 02月05日 (火) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 糖尿病予防のため、日々の体重の変化をチェックし、“目安”をつくることを普段の生活で心がけると良いとのお話をいただきました。毎日体重計に乗って前日の体重と比較することによって「食べ過ぎ・飲み過ぎ」を意識するようになり、またそれに合わせて食事内容のメモを取ることも有効であるとご説明いたしました。運動も大切で、まずは5分程度の散歩から始めることをおススメするとのことでした。
「コレステロールについて」 ~良いコレステロール、悪いコレステロール~
日時 02月05日 (火) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 コレステロールは「善玉」と「悪玉」があるといわれます。善玉、悪玉には役割があることはご存じですか。悪玉と呼ばれる「LDLコレステロール」は肝臓で作ったコレステロールを体内の細胞へ運ぶ役割があります。善玉と呼ばれる「HDLコレステロール」は臓器で使い切れず余ったコレステロールを肝臓へもどす役割があります。どちらも重要な役割を持っていますが、悪玉コレステロールは多くなりすぎると血管の壁にコレステロールを固めて、血管の動脈をふさいでしまうそうです。そのため悪玉といわれる所以だそうです。
「ここまで進んだ内視鏡」 ~早期胃がんについて~
日時 02月06日 (水) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 胃がんは喫煙や胃に生息しているピロリ菌などが発症原因とされます。胃がんは胃X線検査、胃内視鏡検査などの検査で発見されますが、内視鏡は直接カメラで胃を診る検査のため早期で‘がん’を発見することができるそうです。早期の胃がんは内視鏡での治療も可能とのことです。がんは早期発見・早期治療によって完治の可能性がありますので、年に1回は検診をし、自分の身体を知ることが必要と思います。
「ほんとはこわーい脱腸(そけいヘルニア)のお話」 ~診断から最新の治療まで~
日時 02月06日 (水) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 鼠径(そけい)とは、太もももしくは、足のつけねの部分。「ヘルニア」とは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態を言います。「鼠径ヘルニア」とは、本来ならお腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、皮膚の下に出てくる病気とのことです。そけいヘルニアは外科的な治療しか完治はできないそうで、そけいヘルニアをほっておくと、命にかかわることもあるようです。
「加齢と循環器疾患」 
日時 02月07日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 年は誰しも平等に重ねていきます。循環器による疾患は年齢を重ねることで発症することが多くなるかもしれません。しかし加齢を悔いることなく、人生を楽しく過ごしていくことが必要とのことです。
「もし大動脈手術を受けるなら」 ~術後のリハビリから在宅復帰まで~
日時 02月07日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 大動脈疾患にならないことが一番ですが、もし大動脈手術を受けることがあるならば、術後のリハビリは大切とのことです。大動脈手術は大きな手術です。術後は安静にすることが一番必要と思ってしまいますが、術後の翌日からリハビリを徐々にはじめていくと回復力が増すようです。
「減塩でいつまでも元気に」 ~減塩のすすめ~
日時 02月08日 (金) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 塩分を取りすぎることで発症する病気はたくさんあります。高血圧・腎臓病などなど。塩分と上手におつき合いすることがよいようです。高血圧を気にされている方は1日の塩分は6g以下がよいようです。例えば回転スシ屋に行ったとします。回転スシでお寿司を5皿(10貫)、茶わん蒸し、お味噌汁を注文し、間食したとします。だいたいですが、塩分は約5g程度摂取しているようです。知らず知らずに私たちは塩分を摂取しているようですね。 自分の食生活について少し興味をもつところから減塩をはじめてみるのもよいかもしれません。
「血液をサラサラにする薬のご紹介」 ~使い方・注意点~
日時 02月08日 (金) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 本日の講演はお薬の話です。お薬の中には血液をサラサラにする薬があるようです。食生活や生活習慣の改善だけでは、血液がサラサラにならずに病気を引き起こしてしまう可能性がある場合に使用します。血液をサラサラにする薬は血小板を固めないようにする薬(抗血小板薬)と凝固因子の働きを妨げる薬(抗凝固薬)があるそうです。血小板を固めないようにして血液をサラサラにする薬の種類には、アスピリンなどがあり、凝固因子の働きを防ぐ血液をサラサラにする薬には、ワーファリンなどがあるようです。それぞれの薬には注意すべき点があるようです。薬をもらう際は用法容量を守り、分からないときは医師または薬剤師に質問をすることが必要です。
「介護予防と在宅介護について」
日時 02月09日 (土) 【出張講演】 会場 桜本2丁目町内会主催【出張講演】 定員 --
その他 国の介護の将来像としては病院や介護施設の利用ではなく、できる限り在宅で介護をしていきましょうという方向である。病院や施設を利用することができれば家族としては安心することができるが、施設利用は入居者待ちで利用は難しい。在宅介護を実施するとしても多くの問題が多く、家族への負担が多々ある。自分が最後を迎える時、どのような最期を迎えることがよいか考え、家族と相談する機会があってもよいと思います。もしもの時、相談できる近くの開業医を見つけ、在宅での介護か施設での介護か考えることが必要かもしれません。
「高齢者のメンタルヘルス」
日時 02月12日 (火) 14:00~15:00 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 本日は大野クリニック院長 大野直規先生より『高齢者のメンタルヘルス』について講演をいただきました。高齢者の方で一番ストレスを感じることは‘孤独’だそうです。過度なストレスを感じるとうつ状態となったり、日常生活に支障があるようです。そのためストレスと上手に付き合うことが大切です。例えば孤独でのストレスは適度に社会へでて人と交流をしたり、老後の楽しみをみつけたりすることがよいようです。誰でも悩みはあるものです。悩みすぎるようであれば近くの精神科にいくのも一つの手段かもしれません。
「動悸を感じたら・・・」 ~不整脈について~
日時 02月13日 (水) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 『狭心症と心筋梗塞の痛み』の違いについて紹介いたします。狭心症の痛み方は締め付けられるような痛み、重苦しく、圧迫感のあるような痛みで、1分から5分までの短い発作的な痛みだそうです。心筋梗塞の痛み方は激しい痛み、冷や汗を伴い30分から数時間痛みを感じるようです。狭心症にせよ、心筋梗塞にせよ、心臓に血液が回らなくなる症状なので、生命に直接危険を生じるため、胸の痛みを感じた場合はお近くの病院へ受診が望ましいと思います。
「高機能CTの性能について」 ~320列CTのご紹介~
日時 02月13日 (水) 14:45~15:30 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 1回転、わずか0.35秒、心臓全体を撮影でき、0.5㎜スライス幅の画像が320枚得られる画期的なCTを幸病院で導入しました。CT装置とは放射線にて身体全体を撮影する装置です。今までのCT装置は画像処理の精度が低く、検査の際、利用者の方に負担をかける装置でした。しかし1回転で主要な臓器を撮影できることで負担のない検査が対応できるようです。
「こんな時、どうする?」 ~いざという時の対処方法~
日時 02月14日 (木) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 こんな時どうする。本日は救急対応の内、低体温症を紹介いたします。低体温症とは寒い冬場や登山など極端に寒い時で起こる症状です。また濡れた衣服による気化熱や屋外での泥酔状態といった条件次第では日常的な市街地でも発症しうる症状だそうです。軽度であれば自力回復をしますが、重度の場合は自律神経の働きが損なわれ死に至ることもあるようです。寒さに凍るような時、体を温かい毛布などで包み、脇の下や股下等の太い血管あたりを湯たんぽなどでゆっくり温めるようにすることがよいようです。
「今、流行中!!」 ~感染症情報~
日時 02月14日 (木) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 『今、流行中、感染症情報』のテーマで川崎市内に流行している感染症情報の紹介をいただきました。特に本日はノロウィルスについて注目したいと思います。ノロウィルスは感染性の高い胃腸炎です。少しのウィルスで発症するようです。ノロウィルスは手指や食品などを介して、経口で感染し、人の腸管で増殖し、おう吐、下痢、腹痛などを起こすようです。健康な方は軽傷で回復しますが、子どもや高齢者の方は重症化したりすることがあるようです。感染した場合はウィルスに効果のある抗ウィルス剤はないため、対象療法がおこなわれるようです。脱水症状をおこしたり、体力を消耗したりしないように、水分と栄養の補給を十分に行うことが必要なようです。
「人生の最後をどこで迎えますか」 ~在宅での看取りについて~
日時 02月15日 (金) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 本日は登録医・ナカオカクリニック院長の中岡先生より『人生の最期をどこで迎えますか』というテーマで在宅での看取りについて講演いただきました。人生の最後を在宅で看取る際、介護を受ける側、介護をする側ともに問題が生じてきます。介護を受ける側としては意識がある際は自分が満足に活動できないことでのストレス、また介護方法が不十分の場合は褥瘡ができることもあります。介護をする側としては食事や排せつ等、介護を受ける側の日常生活を支えることで大きなストレスが生じます。そのため施設で介護利用を考えますが、施設に入所することは難しく、また第一に入所されることを介護を受ける側として本望だろうかという点が疑問となります。在宅介護にはストレスを伴います。ストレスフルになる前にケアマネージャーや訪問看護の方、また医師等に問題を相談することが必要ではないでしょうか。
「CKD(慢性腎臓病)の見つけ方」 ~検尿と血圧~
日時 02月16日 (土) 10:30~11:00 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 本日は腎臓病について前回までの振り返りや、検尿・血圧・サプリメントの話など幅広く講演をいたしました。また、健康は社会の財産であり、腎臓を護ることは命を守ることであるとのお話もありました。 ※本日サプリメントのメモをお預かりした方は、次回(3月30日(土))の講義にて、ご使用中のサプリメントの効用についての資料をお渡しいたします。
「LDLコレステロールを下げる血液浄化療法」
日時 02月16日 (土) 11:00~11:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 コレステロールと言えば、血管にたまって動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞など命に関わる病気の原因となる悪いやつ・・・というのはもはや常識?誰もが一度は聞いたことがある善玉・悪玉の話や、コレステロールを下げる治療方法について紹介いただきました。
「誰でも作れる腎臓食」
日時 02月16日 (土) 11:30~12:00 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 誰でも作れる腎臓病の方向けの食事を腎臓内科医の先生が直接調理して検証しました。腎臓病の方向けの料理は塩気が足りなく、美味しくないといったイメージをもたれる方がいらっしゃるのではないでしょうか。先生が直接試したところ美味しかったようです。レシピはこちらで紹介が難しいので、同様のテーマで開催する際は是非参加してください。レシピがわかりますよ。
「パパママも必見!!」 ~もしもの時にあわてない子供の手当て~
日時 02月18日 (月) 出張講演 会場 子育て支援センターあすなろ主催【出張講演】 定員 --
その他 本日は子育て支援センターあすなろ様へ出張講演を開催しました。内容は『パパママも必見!!~もしもの時にあわてない子どもの手当て~』をテーマにお子さんの有事の対応方法について講演がありました。タバコや危険物を誤飲した際の対応については無理に吐き出すことはせず、近くの医療機関に相談をした方がよいようです。有事の際は慌てると思いますが、事前に有事を避けること、また有事の際の対応方法を知っているということはよいことと思いました。
「脳卒中について学びましょう!」
日時 02月19日 (火) 出張講演 会場 南河原地区社会福祉協議会/南河原地区すこやか活動推進委員会【出張講演】 定員 --
その他 脳卒中の予防方法や治療方法について幅広くご説明いたしました。 「半身がしびれる」「ろれつがまわらなくなる」「今までに感じたことのないような頭痛」などは、脳卒中の特に危険なサインなので、上記のような症状が万が一起きたら迷わず病院へ行きましょう。
「最後まで自立して食べる・生きる」 ~在宅でのささえ方~
日時 02月19日 (火) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 本日は登録医・愛仁歯科医院、口腔機能支援センターさいわいセンター長の本間先生より『最後まで自立して食べる・生きる~在宅でのささえ方~』について講演いただきました。日頃私たちは歯の健康についてあまり考えないのではないでしょうか。歯があることが当たり前と思ってはいないでしょうか。口は健康の入口と言われるように口腔ケアをしっかりとしなければ、健康を損なうことがあります。そのため義歯や入れ歯の方はよく、装着具(義歯や入れ歯等)を洗浄することが必要なようです。面倒くさい等の理由で義歯や入れ歯の手入れを怠ると口腔内の病気にかかりやすくなるようです。細目に手入れをし、時々は歯医者にいき自分の口腔ケアを管理することも必要かもしれません。
「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 02月19日 (火) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 糖尿病疾患の方は食事の調整や運動をすることは大切なことです。ただ大切と知ってはいても実行することは大変難しいことだと思います。実行することは大変ですが、少しやってみてほしいことがあります。それは食事をする際、歯と舌手前辺りに食べ物をおき食べてみてください。よく栄養指導や保健指導等では30回の咀嚼を推奨されますが実施することは難しいとのことです。歯と舌手前辺りに食べ物をおき食べると自然と咀嚼をするようです。そのため自然と食べる量が減るようです。運動については運動として捉えるのでなく、歩くという行為をすることでよいようです。無理に運動しなければと考えることがよくなく、運動をはじめたとしても三日坊主になる原因とのことです。家の近くを5分でよいようです。5分から歩き始めませんか。
「おとなの充実生活」 ~シニアライフを地域で豊かに~
日時 02月21日 (木) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 健康寿命をご存知ですか。健康寿命とは日常的に介護を必要としないで、自立した生活ができる生存期間を言うようです。日本は平均寿命をみると世界をみても大変長寿です。長寿はよいことですが、健康的にイキイキ生活することが大切だと思います。高齢化に伴い、老後を一人暮らししている方は多くいるようです。問題としてはまわりとの関わりが希薄で、もしもの際の助けを求められるところがないという方がいるようです。一人でいることは精神的にもあまり好ましいことではないようです。一人住まいの方は健康にも留意することも難しいことがあると思います。お近くの地域包括支援センターでは無料で高齢者の方の相談を受け付けておりますので、何かの際は一度お気軽に相談にいくこともよいかもしれません。
「肺癌CT検診について」
日時 02月21日 (木) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 日本人の死亡率の1位は悪性新生物、がんです。‘がん’でも主要部位別で死亡率が高いものは肺がんとのことです。がんは早期発見、早期治療することによって完治する割合は高くなります。しかし肺がんは早期発見がしにくい‘がん’とのことです。現在の肺がんは胸部X線検査の検診することが『(肺がん)がん検診のガイドライン』に記載があります。胸部X線検査での診断は国が認める検診方法です。しかしCT検査を併用することで判断がしやすくなるようです。
「がんの放射線治療」 ~乳がんについて~
日時 02月22日 (金) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 乳がんは30代から増加し始め、50代前後にはピークを迎えるようです。乳がんの発生要因は初経年齢が早い、閉経年齢が遅い、出産歴がない、初産年齢が遅い等が要因とのことです。乳がんになった際の放射線治療は外科手術でがんを切除したのちに乳房やその領域の再発予防を目的で行う術後放射線治療とのことです。乳がんは早期発見されればされるほど根治する‘がん’とのことです。30歳から定期的に‘がん’検診をし、がんの早期発見・早期治療が進めていければと思います。
「救急車を上手に使いましょう」
日時 02月25日 (月) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 いつもと様子が違う場合や事故等の場合、救急車をためらわず呼んでほしいと思います。救急車を呼ぶ際は、『かかり付けの病院』があれば事前に救急で行くことを伝えればスムーズに病院を利用することができます。救急の際に対応できるよう、自分がかかり付けとなっている病院を知り、救急対応ができるか知っておくこと、また救急の際に伝えるべきことをメモしておくことで救急の迅速な対応ができると思います。
「前立腺がん」 ~早期発見・早期治療のために~
日時 02月26日 (火) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 前立腺がんは早期治療・早期発見が望ましいとのこと。ただ前立腺がんはPSA検査以外での発見は難しいようです。前立腺がんは初期症状がないとともに特有の症状が見当たらないそうです。前立腺がんは進行度合いが遅い‘がん’とのことですが、がん検診などで早めの発見・治療をすることは必要かもしれません。
「コレステロールについて」 ~良いコレステロール、悪いコレステロール~
日時 02月26日 (火) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 コレステロールは体に多すぎることは良いことではないようですが、なくても困るようです。そもそもコレステロールは人間の身体を形成している細胞の膜の構成成分としての役割があり大切なものとのことです。コレステロールは肝臓で作られる胆汁酸や副腎で作られるステロイドホルモンなど、生理的に必要な物質のようです。
「足の痛みを感じたら・・・」 ~下肢閉塞性動脈硬化症について~
日時 02月28日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 下肢閉塞性動脈硬化症とは、足に血液を運ぶ血管がつまり、血液不足に陥った足の部分が痛んだり、冷えたり、時には下肢切断にいたることもある疾患だそうです。足先が黒くなり、細菌感染がおこってその傷が治らないこともあるようです。足の痛みの症状はもしかしたら下肢閉塞性動脈硬化症かもしれません。お近くの内科に相談をしてみるのもよいかもしれません。
「触ってみよう」 ~大動脈ステントグラフト~
日時 02月28日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 ステントグラフトをご存じですか。ステントグラフトとはステントといわれるバネ状の金属を取り付けた新型の人工血管のことです。血管が弱くなった代わりにステントグラフトを挿入することで血管治療をするようです。本日はそのステントグラフトを実際に触れてみる企画を実施しました。来月も3月22日(金)に開催いたしますので、ぜひ、見て、触っていただきたいと思います。
「管理栄養士による正しいダイエット講座」
日時 03月04日 (月) 【出張講演】 会場 アーベインビオ川崎 【出張講演】 定員 --
その他 管理栄養士による正しいダイエットと題して、マンション向けの出張講演を実施しました。ダイエットについて、適度な運動と栄養を管理することでリスクなく、痩せることができるようです。おかずについては手のひらにのる程度の量が適量とのことです。ご飯は1杯、果物はだいたい1つ程度の量がちょうどよい量とのことです。食べすぎた場合は翌日の食べる量を減らすなど工夫し、ストレスなくダイエットをすすめていくことが望ましいようです。
「パパママも必見!!」 ~もしもの時にあわてない子どもの手当て~
日時 03月05日 (火) 【出張講演】 会場 子育て支援センター あいいく主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は子育て支援センターあいいく様へ出張講演を開催しました。子どもが有事の際の対応方法について講演を実施し、お母さん方が感じている子育てや育児の医療的な悩みを解決しました。有事の際は慌てず、騒がず最寄りの医療機関、またはかかりつけ医に相談ください。
「動悸を感じたら・・・」 ~不整脈について~
日時 03月06日 (水) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 不整脈は、その名が示す通り脈の乱れを意味しています。仮に不整脈を認めてもそのまま放置してよいものから、直ちに治療を開始しなければ命にかかわるものまで症状は色々あるようです。不整脈が出現することで強い自覚症状を認める場合で不整脈が検出された場合などは治療の対象となるかもしれません。健診の心電図などでたまたま不整脈が検出される場合などでは、治療の必要性がないことのほうがむしろ多いようです。。不整脈については、各自の判断とすることなく最寄のかかりつけ医師に相談をお願いします。
「健康診断のデータを学ぼう」
日時 03月06日 (水) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 健康診断は、診察および各種の検査で健康状態を評価することで健康の維持や疾患の予防・早期発見に役立てるものです。本日は健康診断のデータについて講演をいただきました。健康診断のデータは専門的な用語が多いため、分かりにくいことが多々あると思います。本日は診断データの用語の基礎について詳しく説明いただきました。
「加齢と循環器疾患」
日時 03月07日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 本日は加齢と循環器疾患の講演ではございましたが、一部内容を変更し講演をいたしました。3月上旬、埼玉県の男性が救急搬送中36回断られ死亡してしまうという悲惨なニュースがありました。川崎幸病院は救急を断らない医療を掲げています。現在までの救急対応についての実績を報告いたしました。今後も皆さまのお力をいただきまして救急医療に力を尽くしていきたいと思います。
「吸入器の使い方」 ~吸入薬の種類と正しい使用法について~
日時 03月07日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 吸入薬の種類や正しい使用方法について講演いただきました。吸入薬は多々あります。吸入薬は正しく吸入しないと効果があまりないようです。また反対に副作用を起こす危険性もありますので、医師や薬剤師に正しい吸入薬の使用方法の説明を受け、効果的に使用することをおすすめ致します。使用する前には十分注意をしてください。
「トイレが近い、間に合わない」 ~一人で悩んでいませんか?~
日時 03月08日 (金) 13:30~14:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール4階研修室1、2、3 MAP 定員 81名
その他 本日は中村クリニック泌尿器科、中村薫院長よりご講演いただきました。過活動膀胱の治療には、行動療法・膀胱訓練(トイレを少しがまんする)・骨盤底筋訓練・薬物療法など様々な手法があるとのことでした。 泌尿器科の治療というと、「痛い・恥ずかしい」というイメージが強い方が多いかもしれませんが、一昔前と比べると「痛くない・恥ずかしくない」治療法が増えているとのことでしたので、お悩みを抱えていらっしゃる方は一度受診してみてはいかがでしょうか?
「肩こり・膝痛・腰痛にサヨナラ」
日時 03月08日 (金) 【出張講演】 会場 京町3丁目縁側会主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は京町3丁目縁側会主催で出張講演をいたしました。『肩こり・膝痛・腰痛にサヨナラ』というテーマで日頃悩みを抱えている肩こり、膝痛、腰痛など痛みを解決するための秘訣を講演いたしました。例えば肩こりの原因は筋肉を動かさないことで筋肉が固くなってしまっているなどが考えられるようです。肩こりの際、肩甲骨を動かすことで肩のこりをほぐすことができるようです。
「骨粗しょう症と脊椎圧迫骨折」
日時 03月11日 (月) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 本日は骨粗しょう症についての治療法・原因・薬を飲み続ける理由・骨を元気にする食事のポイントなど幅広くお話いたしました。 タバコを吸っている・毎日お酒を飲む(ビール350ミリリットル缶3本以上)・運動不足である・カルシウムの摂取量が少ない、上記に当てはまる方は骨の検査を受けたほうが良いと言われているそうです。上記に当てはまる方は一度検査してみてはいかがでしょうか?
「おとなの充実生活」 ~シニアライフを地域で豊かに~
日時 03月12日 (火) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 地域包括支援センターは高齢者の様々な支援、相談にあたる組織とのことです。高齢者にとって住み慣れた地域で尊厳を保ち、その人らしく生活をしていくことは大切と思います。そのため包括支援センターは必要な社会的サービスを利用できるよう高齢者福祉にかかる総合的な支援活動を実施しています。もしお困りの際はお近くの地域包括支援センターへお越しください。
「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 03月12日 (火) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 糖尿病の方は継続して病院に通院することが重要なようです。病院に通わなくなると糖尿病が悪化し、他の病気との合併症になるリスクが高まるようです。無理することはないのですが、継続的に医療機関にかかり、自分の状態を知ることは必要なことだと思います。
「トイレの悩みを解決!」 ~自分らしい生活のための排泄ケア~
日時 03月13日 (水) 【出張講演】 会場 馬島福祉会 恒春園主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は馬島福祉会恒春園主催による出張講演を実施しました。内容はトイレの悩みを解決するための秘訣です。自分らしく生活をしていくためにはQOL(生活の質)を高めていくことが必要です。特に排泄にかかわる行動は自己欲求に関わることですので、大切なことだと思います。排泄用品の紹介やトイレのリハビリ体操を通してトイレの悩みを考えました。またトイレの後の手洗い習慣を身に付けるための手洗い体操を実施しました。
「こんな時、どうする?」 ~いざという時の対処方法~
日時 03月14日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 いざという時の対処方法について講演いただきました。身近に起こりうるケガの対処方法や冬場に起こりやすい体の危険なサインについて説明をいただきました。もしもの緊急時の際、周りに助けを呼べるようなブザー等あれば自分の緊急な状況を伝えられ、早期の治療に結びつくなと感じました。
「救急車を上手に使いましょう」
日時 03月14日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 救急車の上手な利用方法について講演いただきました。前年度平成24年度、川崎市で救急車を利用した方は約6万人、そのうち軽傷の患者が約3万人と言われています。救急車には限りがありますので、緊急性がなく医療機関までの交通手段がない場合はサポート救急を利用する、または救急医療情報センターを活用し、最寄の医療機関を案内もらうことができます。幸病院では救急車を断らない病院を実施しています。なにかあればご利用いただければと思います。
「うつ病について」 ~高齢者のうつについて~
日時 03月19日 (火) 13:30~14:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 本日は当院の登録医である、ふるしょうクリニックの古荘院長にうつ病についてご講演いただきました。うつ病の患者数は年々増加傾向にあり、男性よりも女性の方が発病率は高いとのことでした。また、ストレスなどの外的な要因だけではなく、遺伝的素因も関係しているようです。うつ病の治療には、薬物治療・休息・精神療法などがあり、他の病気と同じく早期発見・早期治療が大切であるとのことでした。
「在宅歯科医が語る老後への備え」 ~その3:認知症と診断されたら~
日時 03月19日 (火) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 本日は愛仁歯科医院、鈴木英哲院長よりご講演いただいました。加齢による口腔機能は必ず訪れることだと思いますが、認知症の方はその訪れは加速度的に進むようです。認知症が訪れることによって口腔機能が低下し、嚥下障害を生じる場合があるようです。認知症となったとしても適切な口腔ケアや口腔機能を保つための取り組みを実施していくことは必要とのことです。そのためには認知症によって介護が必要となった場合、訪問歯科を活用することが大切ですので、お近くの訪問歯科をしている歯科に相談ください。
「胸の痛みを感じたら・・・」 ~狭心症について~
日時 03月21日 (木) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 狭心症の症状・検査方法・治療法など幅広くお話いただきまいした。別の病気でも胸痛が起こることがあり、逆に胸痛を伴わない心筋梗塞もあるとのことでしたので、少しでも異変があるようでしたら、病院で診察してもらうことをおススメいたします。
「高機能CTの性能について」 ~320列CTのご紹介~
日時 03月21日 (木) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 弊施設に導入した高性能CT装置についてお話いただきました。CT装置とは放射線にて身体全体を撮影する装置です。今までのCT装置は画像処理の精度が低く、検査の際、利用者の方に負担をかける装置でした。この度導入した装置は人間の主要な臓器である脳や心臓など1回転で撮影できるようです。そのため今まで難しかった循環器疾患、特に不整脈の方を無理なくCTで撮影することができるとともに画像処理の精度があがり、負担の少ない形で検査が提供できるようです。
「がんの放射線治療」 ~肺がんについて~
日時 03月22日 (金) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 本日は肺がんに関して幅広くお話いただきました。肺がんの分類や肺の構造、放射線治療について説明がありました。肺がんは早期発見・早期治療が重要とのことです。半年に1度は肺がん検診を受けてみることをオススメいたします。例えば、肺がんになる原因はタバコの喫煙によることが多いようです。そのため喫煙されている方は特に検診をしてみるのはよいと思います。
「触ってみよう」 ~大動脈ステントグラフト~
日時 03月22日 (金) 14:45~15:30 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 大動脈解離・大動脈瘤の治療方法として、幸病院はステントグラフトを利用した治療を実施しています。ステントグラフトとはステントといわれるバネ状の金属を取り付けた新型の人工血管のことです。大動脈の血管が弱くなった代わりにステントグラフトを挿入することで血管内治療をするようです。本日はそのステントグラフトを実際に触れてみる企画を実施しました。
「脳卒中について学びましょう!」
日時 03月25日 (月) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 脳卒中の恐ろしさは治療が遅ければ後遺症の恐れがあることです。寝たきりになる原因の1位は脳卒中、2位が認知症とのことです。つまり脳卒中となると寝たきりになるかもを含め後遺症の恐れはあります。現在、国立がん研究センターは「10年間で脳卒中を発症する確率について~リスク因子による個人の脳卒中発症の予測システム~」を発表しました。リスク因子としては年齢、性別、たばこ、BMI、糖尿病、血圧の6つがあります。その因子を点数化し、合計点数の数値によって脳卒中の発症確率が決まるようです。脳卒中の発症リスクが確立としてわかるようになりましたが、不安なようであれば、かかりつけ医で検診などすることをオススメいたします。
「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 03月26日 (火) 【出張講演】 会場 デル株式会社主催 【出張講演】 定員 --
その他 町内会等からの出張講演も、随時承っております。お気軽にお問い合わせください。 ※お電話をいただければ出張講演を調整いたします。 TEL:044-542-7007
「ここまで進んだ内視鏡」 ~大腸ポリープについて~
日時 03月27日 (水) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール4階研修室1、2、3 MAP 定員 81名
その他 内視鏡を使用した大腸がん検査や治療について幅広く講演いただきました。内視鏡を使用した検査は大腸がひねることで痛みを伴うようです。幸病院は痛みが出来にくいような取組、また治療については患者様の状態や意思を尊重し、相談しながら治療を実施しています。大腸がんは早期発見、早期治療により根治が可能と言われている‘がん’のようです。かかりつけ医がございましたら一度検診することをオススメいたします。
「健康診断のデータを学ぼう」
日時 03月27日 (水) 14:45~15:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール4階研修室1、2、3 MAP 定員 81名
その他 健康診断は、診察および各種の検査で健康状態を評価することで健康の維持や疾患の予防・早期発見に役立てるものです。本日は健康診断のデータについて講演をいただきました。健康診断のデータは専門的な用語が多いため、分かりにくいことが多々あると思います。本日は診断データの用語の基礎について詳しく説明いただきました。
「腹部単純写真について」
日時 03月28日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 本日は胸部X線検査(レントゲン)について中心にお話しました。 レントゲンでは重なっている部分を読み取ることができないそうなので、レントゲンを撮る際には、ガラの付いたTシャツを着ないことや、髪の毛が長い方は髪の毛が写らない様に上げるなどの注意が必要です。しかし、レントゲンはCTの被ばく量と比べると20分の1で検査できるとのことなので、病気の早期発見のためにも年に1度は検査をすることをおススメいたします。
「胆石症のはなし」 ~意外と知らない?胆石症の知識~
日時 03月28日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 胆石症について原因や治療方法について幅広く講演いただきました。胆石症は女性、肥満、中高年等に多いとされ、急激なダイエットをしている方に胆石症の発症が高いようです。胆石を保持している人の大半は、症状のない方が多く、人間ドッグで発見されることが多く、胆石症の症状を起こす人は1~3%と言われています。胆石症は痛みや症状を伴わず、日常生活に支障をきたさないことも多く、症状のない場合には、特に治療をせず基本的に経過観察で問題がないようですが、もちろん治療が必要な場合があります。かかりつけ医に相談し、人間ドッグを定期的に受診することをオススメいたします。
「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 03月29日 (金) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 糖尿病の治療の考え方として、今起こっている症状を取り除くのではなく、そのまま放置しておくと今後起こるであろう様々な病気を、起こらなくするための治療であるということを理解していただきたいとのことでした。何よりもまずは早期に病院を受診し、検査・治療を受けること、また病院に通い続けることが重要だとご説明いたしました。
”年寄りの冷や水” ~CKD(慢性腎臓病)のサプリメント~
日時 03月30日 (土) 10:30~11:00 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 血圧を下げると腎機能低下を防ぐことができ、血圧を下げるには塩分を控えることが有効とのことでした。現代の食生活では、塩分を多く摂取してしまいがちですが、一日6グラムまでに抑えることを目標にしていただきたいとのことでした。 栄養成分表示に表記されている、ナトリウムの数値に2.5を掛けた数値がおおよその塩分量だそうですので、食事の際にチェックしてみてはいかがでしょうか?
「LDLコレステロールを下げる血液浄化療法」
日時 03月30日 (土) 11:00~11:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 コレステロールと言えば、血管にたまって動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞など命に関わる病気の原因となる悪いやつ・・・というのはもはや常識?誰もが一度は聞いたことがある善玉・悪玉の話や、コレステロールを下げる治療方法について紹介いただきました。
「CKD(慢性腎臓病)と長寿」
日時 03月30日 (土) 11:30~12:00 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 最新のマウス実験により、腎臓が悪くなると老化や寿命に影響することが徐々に解明されているそうです。慢性腎臓病は生活習慣の改善により、症状の悪化を防ぐことができるそうですので、適度な運動や塩分の摂りすぎない食事を心がけて健康に過ごしましょう。
「糖尿病について知ろう」 ~糖尿病のうそ!?ほんと!?~
日時 04月01日 (月) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 糖尿病の判断基準について幅広く質疑応答を踏まえ講演いただきました。血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準を超えている場合を糖尿病というようです。糖尿病は遺伝すると言われていますが、遺伝することが原因で糖尿病になるとはいえないようです。日々医療は発展してきていますので、気になることがあれば健康塾に来場いただき質問いただければと思います。
「トイレの悩みを解決!」 ~自分らしい生活のための排泄ケア~
日時 04月01日 (月) 14:45~15:30 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 トイレの悩みについて講演いただきました。トイレの悩みは普段、他の人には聞きにくい事柄です。排せつ周りの用具や排せつを適切にしていくやり方について体操を踏まえ講演いただきました。重要なことは生活で排せつにかかわる不便を感じる場合は必要に応じて泌尿器科に受診いただくことのようです。快適なトイレ環境を過ごしていくことは生活の質を保つことにつながります。悩みがあればお近くの泌尿器科への受診をオススメいたします。
「前立腺肥大症に対するレーザー治療」 ~からだにやさしい理由とは~
日時 04月02日 (火) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 前立腺肥大症の症状と治療法について講演いただきました。当院では前立腺肥大症に対して、ホルミウムレーザーを使ったレーザー治療を行なっています。レーザー治療は開腹手術に比べて、入院日数が短縮できるなどのメリットがあるようです。前立腺肥大症について、内科的治療ないし、外科的治療をすることによって排尿行為がストレスなくできるようです。泌尿器でお悩みがある際はお近くの泌尿器科へ受診してみるのをオススメいたします。
「健康診断の検査データの正しい見方」
日時 04月02日 (火) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 検査データは専門的な用語が多く、分かりにくいと思います。本日は健康診断の検査データ内容について簡単に説明いただきました。検査データは身体の状況が数値として分かる資料です。健康診断を定期的に実施することをオススメいたします。
「もしもの時にあわてない子どもの手当て」
日時 04月03日 (水) 【出張講演】 会場 川崎ゲートタワー主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は川崎ゲートタワーへの出張講演を開催しました。子どもが有事の際にどのような対応を心がけたほうがよいかの話がありました。子どもを育てる上では色々な悩みがあると思います。有事の際、また悩みがある際は一人で抱え込まず最寄りの医療機関、またはかかりつけ医、子育て支援センターなどへ行き相談ください。
「五十肩・腰痛・膝痛サヨナラ」 ~軽い体操をしながら~
日時 04月04日 (木) 14:00~14:45 会場 プラザ大師 2階 『第1・第2学習室』合併 MAP 定員 66名
その他 『五十肩・膝痛・腰痛にサヨナラ』というテーマで日頃悩みを抱えている肩こり、膝痛、腰痛など痛みを解決するための講演をいたしました。例えば腰痛の原因は腰を過度に酷使したりすること、また腹筋等のお腹周りの筋肉を動かさないことで腰を支える力が弱ることが要因のようです。腰痛はお腹周りの筋肉をつけることで腰痛が緩和していくようです。無理はせず、自分ができる範囲でお腹周りの筋肉を鍛えてみるのもよいかもしれません。
「こんな時救急車に来てもらいましょう」
日時 04月08日 (月) 【出張講演】 会場 KANTOモータースクール主催 【出張講演】 定員 --
その他 救急車を呼ぶ際に、事前に保険証・診察券・お薬手帳を用意しておく便利です。また、ご本人で救急車を呼ばれた場合、お帰りの際のときのために、お金・履物・上着を準備しておくと便利とのことでした。 多少余裕があるときや、ご家族が救急車を呼んだ際には、救急車が来そうなところまで案内に出ると早く到着できるので良いでしょう。
「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 04月09日 (火) 【出張講演】 会場 いきいき教室同好会主催 【出張講演】 定員 --
その他 糖尿病の患者さんは年々増えています。その一方生活習慣病健診の受診率は低い状況です。糖尿病は症状が軽いうちは無症状であり、困ったことにはなりません。しかし、糖尿病を長い間放っておくと、三大合併症などの重い症状が起きてしまいます。糖尿病の治療は大変だと思われるかもしれませんが、例えば運動療法であれば、毎日10分歩くだけでも十分効果があります。糖尿病を過度に怖がらず、定期的に健診を受け、早期発見・早期治療されることが大切です。
「あなたのお悩みまるっと解決」 ~肩こり・腰痛・膝痛さようなら~
日時 04月10日 (水) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日は講師急用のため、講演を中止させていただきました。誠に申し訳ございませんでした。今後とも引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。
「お腹が痛くなったら」 ~急性腹症について~
日時 04月10日 (水) 14:45~15:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 急性腹症について講演いただきました。急性腹症は急激な腹痛疾患の総称のようです、急性腹症は外見からだけでは判断が難しいようです。急性腹症で重症になりやすい疾患は腸閉塞(イレウス)・消化管穿孔(上部・下部)とのことです。普段の腹痛と違う痛みがあれば、様子をみるのではなくかかりつけ医に受診することをオススメいたします。
「動悸を感じたら・・・」 ~不整脈について~
日時 04月11日 (木) 【出張講演】 会場 幸区社会福祉協議会主催 【出張講演】 定員 --
その他 動悸は普段意識していない心臓の動きを“不快なもの”として感じることのようです。動悸の原因は心臓由来のものと心臓以外のものがあり、心臓由来の動悸は心不全・心臓弁膜症・狭心症・心筋梗塞などがあり、最も多い原因は不整脈とのことです。動悸を感じる際はかかりつけ医に相談をし、医師指導のもと治療していくことをオススメいたします。
「胸の痛みを感じたら・・・」 ~狭心症について~
日時 04月12日 (金) 【出張講演】 会場 京町3丁目縁側会主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は胸の痛みについて講演いただきました。胸の痛みは心臓の痛みに関わらず、神経の痛みや血管の痛み等、考えるだけで16以上の症状が考えられるようです。胸のいたみがあった際は自分で判断するのではなく、医師に相談ください。
「米国最新アレルギー情報・根本的に治療するためのアレルギー入門」 ~花粉症、アトピー、じんましん~
日時 04月16日 (火) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 本日は川崎幸病院の登録医である、スクエアクリニックの本間龍介副院長にアレルギーについてご講演いただきました。 加工食品や添加物を口にすることで、アレルギーを引き起こしてしまうことがあるとのことでした。食事の際には「良質な“油”を摂取すること」を意識すると良いとのことです。 スクエアクリニックでは多種多様な検査を行っておりますので、体調で不安なことがあれば一度検査してみてはいかがでしょうか?
「脳動脈瘤の早期発見」 ~脳ドックのすすめ~
日時 04月17日 (水) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 本日は、脳ドックについてお話しました。発症すると7割の方が助からないくも膜下出血という怖い病気の主な原因は脳動脈瘤です。脳動脈瘤を早期に発見するには、磁気を使って画像を撮影するMRIという装置での検査(脳ドック)を受けることが大切です。脳ドックを受ける施設を選ぶ際には、①MRI専門技術者がいるか②1.5テスラ以上のMRI装置があるかを基準に選ばれることをお勧めします。
「がんの放射線治療」 ~前立腺がんについて~
日時 04月19日 (金) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 前立腺がんは前立腺にできる‘がん’のことで、高齢者に多く、40歳代からみられ50歳以上で多くなるようです。‘がん’になる要因は食生活の欧米化、高齢化、喫煙等、男性ホルモンの影響が考えられるそうです。前立腺がんは早期発見を実施することで完治する‘がん’と言われています。また‘前立腺がん’はPSA検査を実施することで簡単にわかるようですので、一度心配される方はPSA検査を実施することはいかがでしょうか。
「安心してお家で生活するために」 ~手すり等について~
日時 04月19日 (金) 14:45~15:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 一転三か月という言葉をご存知ですか。高齢の方が不意に転倒することは中程度以上のけがになる確率が多いようです。転倒をすることによって、外出を控え、心身的に衰え、3か月は家に引きこもってしまうと言われているようです。転倒は居間や寝室が多く、手すりを適当な場所に設置することは転倒防止には効果的のようです。足腰に不安をかかえることがありましたら、手すりの検討をしてみてはいかがでしょうか。
「便秘解消の食生活と日常生活」
日時 04月22日 (月) 【出張講演】 会場 河原町ふれあいデイサービスセンター主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は、河原町ふれあいデイサービスセンターにて「便秘解消の食生活と日常生活」を題に出張講演をいたしました。便秘は「毎日便が出なければならない」というわけではなく、3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても自分が思うような排便行為ができていない状態を便秘というようです。便秘の解消は野菜や食物繊維を多くとること・リラックスをすること・便意がなくともトイレにいく習慣をつける、運動をするなどで排便をコントロールできるようです。できれば薬に頼ることなく排便をスムーズにできることが幸せですね。
「最後まで自立して食べる・生きる」 ~在宅でのささえ方~
日時 04月23日 (火) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 本日は登録医・愛仁歯科医院、口腔機能支援センターさいわいセンター長の本間先生より『最後まで自立して食べる・生きる~在宅でのささえ方~』について講演いただきました。口から食べ物を食べ続けるということは楽しみであり、表情を相手に伝える方法は口から表現できるとのことです。口腔内のケアは管理が甘くなると口腔内の病気にかかりやすくなるようです。健康で元気に日常を暮していくには日頃からかかりつけの歯科医師を探し、口腔内のケアに取り組むことが必要のようです。
「けが・病気、こんな時どうすればいいか?」
日時 04月23日 (火) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 ※事前申込み不要、参加費無料です。
「ここまで進んだ内視鏡検査・治療」 ~早期胃がんについて~
日時 04月24日 (水) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 胃がんは喫煙や胃に生息しているピロリ菌などが発症原因とされています。胃がんは胃X線検査、胃内視鏡検査などの検査で発見されますが、内視鏡は直接カメラで胃を診る検査のため早期で‘がん’を発見することができるそうです。早期の胃がんは内視鏡での治療も可能とのことです。がんは早期発見・早期治療によって完治の可能性がありますので、年に1回は検診をし、自分の身体を知ることが必要と思います。
「健康診断の検査データの正しい見方」
日時 04月24日 (水) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 本日は健康診断のデータについて講演をいただきました。健康診断は、診察および各種の検査で健康状態を評価することで健康の維持や疾患の予防・早期発見に役立てるものです。診断データは専門的な用語が多いため、分かりにくいことが多々あると思います。本日は診断データの用語の基礎について詳しく説明いただきました。
「脳疾患について」 ~脳血管の病気~
日時 04月25日 (木) 14:00~14:45 会場 プラザ大師 2階 『第1・第2学習室』合併 MAP 定員 66名
その他 脳卒中とは脳梗塞、脳出血、くも膜下出血という3つの脳の病気の総称とのことです。本日は脳卒中の原因、症状、治療について講演をいたしました。脳卒中は時間との戦いのようです。発症後、8時間以内に治療を開始することが大切です。また早期治療により後遺症の軽減が期待できるようです。time is brainです。
「大動脈瘤に使用する大動脈ステントグラフトを触ってみよう」
日時 04月26日 (金) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 ステントグラフトとは、金属製の骨組と人工血管を組み合わせたものであり、大動脈瘤などの治療に用いられます。手術治療よりもステントグラフトは低侵襲(体に負担が少ない)に治療が可能とのことでした。大動脈瘤はCT検査で偶然見つかることが多いそうですので、定期的な検査をおすすめいたします。 ※小池医師の代わりに、長谷医師が講演いたしました。
「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 04月26日 (金) 14:45~15:30 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 糖尿病は糖が尿にでてからでは遅いそうです。検診で尿に糖の値がでていなくとも血液検査で空腹時の血糖が120mg/dlを超えた値が出た場合は、早期の治療が望ましいそうです。糖尿病は多くの合併症がかかわります。まずは検診から自分の身体を知りましょう。
「慢性腎臓病(CKD)にならないために」
日時 04月27日 (土) 10:30~11:00 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 慢性腎臓病(CKD)の原因として最も多いのは高血圧と糖尿病です。特に慢性腎臓病(CKD)を悪化させる原因として高血圧、脂質異常(コレステロールが高い)などがあります。特に高血圧の原因は塩分の摂取量に関わっているようです。1日の塩分摂取量は6.0gが目標とされます。日本人は現在1日約10.7g程度の塩分を摂取しているようです。そのため1日一杯の味噌汁を減らすことや漬物などの塩辛いものを控えることが必要かもしれません。血圧のコントロールをすることで慢性腎臓病の予防につながるとのことです。十分かかりつけ医の指導を受けながら高血圧の改善を目指してください。
「血液透析療法について」 ~糖尿病性腎症~
日時 04月27日 (土) 11:00~11:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 血液浄化療法は、透析療法ともいわれています。透析とは、2つの濃度の異なる液体を、ごく小さな穴のあいた膜(半透膜)で仕切り、この穴を通ることのできる物質が濃度の高いほうから低いほうへ移動する拡散と、液に圧をかけて物質を移動させる限外濾過(げんがいろか)によってなされているようです。透析療法の目的は、尿毒性物質や余分な水分の除去と、体内に不足している物質(カルシウム、アルカリ化薬)を補うことです。
「生活習慣病と慢性腎臓病(CKD)の関係」
日時 04月27日 (土) 11:30~12:00 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 慢性腎臓病(CKD)とは慢性に経過するすべての腎臓病を指します。患者さんは1,330万人(20歳以上の成人の8人に1人)いると考えられ、新たな国民病ともいわれています。生活習慣病(高血圧、糖尿病など)やメタボリックシンドロームとの関連も深く、誰もがかかる可能性のある病気です。 腎臓は体を正常な状態に保つ重要な役割を担っています。体重管理をし、まずは生活習慣病予防に努めていくことが必要のようです。
「病院を上手に受診するために」
日時 04月30日 (火) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 病院を上手に受診するための方法について講演いたしました。現在、自分のかかりつけ医がいる場合は健康管理はかかりつけ医に相談していけばよいと思います。かかりつけ医がいない場合はどこの診療所・病院へ受診すればよいか、わからないと思います。その場合は救急時以外、住居に近い診療所・病院に一度受診し、自分がしっくりする診療所・病院を見つけましょう。
「加齢と循環器疾患との関係」
日時 05月02日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 本日は循環器疾患の症状・手術方法について、テレビ番組などを交えながら分かりやすくご説明いたしました。人は年齢を重ねる毎に、血管や弁が固くなってしまうため、様々な疾患を引き起こしてしまうそうです。胸のあたりが全体的に痛い・調子が悪い、などの症状が見られましたら、まずは早めに検査を受けることをおすすめいたします。
「五十肩・腰痛・膝痛サヨナラ」 ~軽い体操をしながら~
日時 05月07日 (火) 【出張講演】 会場 いきいき教室同好会主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日はいきいき同好会様への出張講演を開催しました。『五十肩・膝痛・腰痛にサヨナラ』というテーマで肩こり、膝痛、腰痛など痛みを解決するための体操をいたしました。例えば腰痛の原因はお腹まわりの筋肉や腰回りの筋肉を動かさないことで腰を支える力が弱ることが要因のようです。腰痛はお腹まわりの筋肉をつけることで腰痛が緩和していくようです。無理はせず、自分ができる範囲で毎日お腹まわりの筋肉を鍛えることが望まれるようです。
「ここまで進んだ内視鏡の検査と治療」 ~大腸ポリープについて~
日時 05月08日 (水) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 大腸がんと内視鏡検査について講演いたしました。大腸の内視鏡検査は、肛門から内視鏡(先端に高性能カメラがついた細いチューブ)を挿入して大腸全体を観察する検査です。近年、大腸がんは増加傾向にあり、女性のがん死亡原因では第1位になっているようです。大腸がんはある程度進行してしまうまで自覚症状がないとのことです。大腸がんは早期発見できれば内視鏡での治療も可能であり、完治できるようです。出血するまでに至っていない早期の大腸がんを発見できるばかりでなく、がん化する恐れのあるポリープを内視鏡で切除することによってがんを未然に予防できるようです。大腸がんの検査は大腸内視鏡検査が有効のようです。
「糖尿病について知ろう」 ~糖尿病のうそ!?ほんと!?~ Part2
日時 05月08日 (水) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 本日は糖尿病について基礎知識を簡単なQ&Aでの講演をいたしました。糖尿病は血糖値を上げないようにすることが必要とされているようですが、炭水化物を一切取らない等、偏った食事をすることはよくないとされているようです。バランスのよい食事と運動を医師に相談をしながら治療をすすめていくことが一番よいようです。
「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 05月10日 (金) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 糖尿病の方は継続して病院に通院することが重要なようです。病院に通わなくなると糖尿病が悪化し、他の病気との合併症になるリスクが高まるようです。無理することはないのですが、継続的に医療機関にかかり、自分の状態を知ることは必要なことだと思います。
「お酒との健康的なおつきあい」 ~美味しく・楽しく・体に優しく~
日時 05月10日 (金) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 よく“眠れば酔いが醒める”と聞きますが、血中アルコール濃度を下げるのに、睡眠はほとんど関係がなく、時間が経過するのを待つしかないとのことでした。350mlのビールを2本飲んだ場合、血中アルコール濃度が0%になるまで4時間以上かかるようです。お酒はほどほどに。適量を楽しく飲みましょう。
「川崎幸病院を知る方法」 ~広報の立場から~
日時 05月14日 (火) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 広報の立場から川崎幸病院を知る方法をご紹介いたしました。テレビや雑誌・ホームページ等、様々な媒体にて川崎幸病院の情報を開示しておりますので、興味がある方はぜひご覧いただければ幸いです。また、上手な病院のかかり方もご説明いたしました。住居に近い診療所・病院に一度受診し、自分がしっくりする診療所・病院を見つけることをおすすめいたします。
「急なけが・病気、こんな時にどうすればいいのだろう?」
日時 05月14日 (火) 14:45~15:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 『けが、病気、こんな時どうするのが良いか』という救急のテーマで講演をいただきました。救急で運ばれてこられる方の事例をもとに腸閉塞・虫垂炎など幅広いテーマで紹介をいたしました。いつもと違う症状があれば自分で判断するのではなく、医師に相談することが望ましいとのことです。
「原因と解決方法を知って、肩こり・腰痛・膝痛にさよなら」
日時 05月15日 (水) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 肩こり・腰痛等について講演をいたしました。老若男女を問わず腰痛に悩む人は多いいようです。厚生労働省の調べでは体調不良を訴える症状のうち腰痛は男性で1位、女性で2位。ただ8割以上のケースで痛みの原因はわからず、日常の心がけや簡単な体操で症状は改善できるとのことです。
「看護師が伝えるシリーズ」 ~誤嚥性肺炎~
日時 05月15日 (水) 14:45~15:30 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 本日は誤嚥性肺炎について講演いただきました。誤嚥性肺炎は、食べたり飲みこんだり摂食・嚥下する際、または口腔ケアが十分ではないときに食べたカスが肺に入り込み、肺炎となることが誤嚥性肺炎と言われるようです。通常は摂食・嚥下する際は肺に異物がはいらないように防衛反応が取られるのですが、加齢とともに摂食・嚥下する機能が衰え、異物が肺に入ってしまうようです。誤嚥性肺炎を防ぐためには口腔内のケアをこまめにすることや摂食・嚥下がしやすいような工夫、また、機能回復をさせていくことが必要とのことです。摂食・嚥下の機能回復についてはかかりつけの医師や最寄りの包括支援センターなどに相談をするのはいかがでしょうか。
「CTで診るあなたのお腹」 ~こんな病気がわかります~
日時 05月16日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 本日はCTで診るあなたのお腹~こんな病気がわかります~というテーマで講演いただきました。CTで上部から下腹部までCTで輪切りにした画像を紹介しながら、尿管結石などの疾病についてどんなような画像となっているか解説いただきました。素人が見てもよくわからない画像でしたが、医師は画像をよく診て、的確に診断しているのだなと感じる講演でした。
「低線量CTによる肺がん検診と死亡率との関係」
日時 05月16日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 低線量CTによる肺がん検診と死亡率の関係について講演いただきました。がんは2人に1人はかかる病気であり、3人に1人は‘がん’という疾病で亡くなる時代となりました。そんな中、肺がんは見つけにくい‘がん’であり、その理由から死亡率が高くなっているようです。現在、肺がんの検診では胸部エックス線での検診が望まれていますが、低線量CTによる検診をすることによって、肺がんは早期に発見しやすいと言われているようです。ただCTによる検診では、肺がんか良性の疾患なのかの区別が難しい等の課題もあるようです。
「薬と上手につきあうために」 ~薬の正しい飲み方・使い方~
日時 05月17日 (金) 【出張講演】 会場 幸区社会福祉協議会 【出張講演】 定員 --
その他 本日はさいわいデイサービスを会場に薬の上手な使用方法について講演しました。薬は治療に欠かせないものです。でも使い方を誤ると薬は毒にもなります。 薬と上手につきあうには、①薬の正しい知識②薬の正しい使用法をよく知ることが大切です。 薬を使用する際は薬局で薬と配布される使用書をよく読んで使用をしてください。もしわからないことがあれば医師または薬剤師に相談ください。
「かわさき幸 がんフォーラム」 ~シリーズ1 大腸がん 診断から治療まで~
日時 05月18日 (土) 10:00~12:00 会場 川崎市産業振興会館  『ホール』 MAP 定員 478名
その他 本日は『かわさき幸がんフォーラム~シーズン1 大腸がん 診断から治療まで~』を開催いたしました。本フォーラムは今後‘がん’に関する内容をシリーズ化し、健康塾の拡大版として実施いたします。最初の内容は大腸がんについて診断から治療まで内視鏡検査・外科的治療・内科的治療・放射線治療、そして医療費について講演いたしました。次回は9月に泌尿器がんについて講演を予定しております。みなさんのご参加をお待ちしております。
「誤嚥性肺炎を防ぐ」
日時 05月21日 (火) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A、B』 MAP 定員 99名
その他 本日、愛仁歯科医院、鈴木英哲院長が『誤嚥性肺炎を防ぐ』をテーマに講演をいたしました。肺炎は死亡原因の3位、65歳以上の死亡原因でいうと1位となる疾病であり、肺炎のうち、70%近くは誤嚥性肺炎のようです。誤嚥性肺炎は、食事の誤嚥、また加齢によって嚥下機能が低下することによる唾液の誤嚥などがあげられるようです。特に唾液の誤嚥では口腔ケアを実施していることと実施していないとでは口腔ケアを実施しているほうが誤嚥性肺炎になりにくいようです。
「看護師が伝えるシリーズ」 ~胸の痛み~
日時 05月22日 (水) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 本日は看護師が伝える胸の痛みをテーマに講演いただきました。胸の痛みがあるからと言ってすべてが心臓病というわけではなく、消化器系の疾患があるようです。ご自身で判断するのではなく、胸の痛みを感じた場合はかかりつけ医に相談をしてください。
「動悸を感じたら・・・」~狭心症について~
日時 05月22日 (水) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 狭心症は一時的な痛みがあるのに対し、心筋梗塞は30分以上持続し、左肩付近に痛みがあり、からだの反応として冷や汗を伴う痛みがあるようです。 胸が痛い場合は胃が原因とする場合もあります。 気になるような痛みがありましたら、検診いただくことをおすすめいたします。
「動悸を感じたら・・・」 ~不整脈について~
日時 05月23日 (木) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 動悸には心臓由来と心臓以外の要因によって起こるものがあるとのことでした。動悸のすべてが必ずしもすぐに治療が必要なものばかりではないですが、動悸と一緒に胸痛や呼吸困難・急に目の前が暗くなる・気が遠くなるといった症状がある場合は、すぐに病院へいきましょう。
「脳卒中」 ~脳卒中の治療と予防~
日時 05月24日 (金) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 本日は脳卒中についてお話しました。脳卒中には大きく分けて、脳の血管が詰まって起こる脳梗塞と、脳の血管が破れて起こる脳出血、くも膜下出血があります。どちらの病気も動脈硬化という血管の老化が大きな原因です。動脈硬化は高血圧、高脂血症、糖尿病、などの生活習慣病により進行が進みます。日頃の食生活に気を付け、ストレスをためずに生活をすることが大切のようです。
「安心してお家で生活するために」 ~手すりの重要性~
日時 05月24日 (金) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 高齢の方が不意に転倒することは中程度以上のけがになる確率が多いようです。転倒をすることによって、外出を控え、心身的に衰え、3か月は家に引きこもってしまうと言われます。転倒は居間や寝室が多く、手すりを適当な場所に設置することは転倒防止には効果的のようです。足腰に不安をかかえることがありましたら、手すりの検討をしてみてはいかがでしょうか。身近に危険が潜んでいるようです。
「腎臓専門医に受診するとき」
日時 05月25日 (土) 10:30~11:00 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 本日は腎臓病について前回までの振り返りや、腎臓病になる原因・治療法など幅広く講演をいたしました。慢性腎臓病(CKD)の原因として最も多いのは高血圧と糖尿病です。特に慢性腎臓病(CKD)を悪化させる原因として高血圧、脂質異常(コレステロールが高い)などがあります。血圧のコントロールをすることで慢性腎臓病の予防につながるとのことですので、かかりつけ医の指導を受けながら高血圧の改善を目指してください。
「血液透析療法について」 ~糖尿病性腎症~
日時 05月25日 (土) 11:00~11:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 コレステロールと言えば、血管にたまって動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞など命に関わる病気の原因となる悪いやつ・・・というのはもはや常識?誰もが一度は聞いたことがある善玉・悪玉の話や、コレステロールを下げる治療方法について紹介いただきました。
「健康診断の検査データの正しい見方」
日時 05月27日 (月) 【出張講演】 会場 幸区社会福祉協議会 【出張講演】 定員 --
その他 検査データは専門的な用語が多く、分かりにくいと思います。本日は健康診断の検査データ内容について簡単に説明いただきました。検査データは身体の状況が数値として分かる資料です。健康診断を定期的に実施することをオススメいたします。
「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 05月28日 (火) 【出張講演】 会場 南河原地区社会福祉協議会/南河原地区すこやか活動推進委員会【出張講演】 定員 --
その他 糖尿病は血糖値の他にHb-A1cの値が診断する際、重要のようです。Hb-A1cは約120日間、血液中に存在するため1~2ヶ月間の血糖の状態を推測することができるようです。基準値より高い場合は1~2ヶ月の血糖値が高い、または糖尿病や血糖の管理がうまくいっていないことを示しているようです。糖尿病は多くの合併症がかかわります。まずは検診から自分の身体を知りましょう。
「あなたも家庭の救命士」 ~使ってみようAED!!~
日時 05月29日 (水) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階  『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 本日はAEDの使い方や心肺蘇生法について講演をいたしました。AEDは電源をいれてアナウンスに従って操作するだけで、簡単に扱える医療機器です。もし、あなたの目の前で人が倒れたらどうしますか?AEDは身近にある機器です。もしもの際、AEDを使用できるよう、設置場所を確認し、緊急時に使用できるほうがよいですね。
「看護師が伝えるシリーズ」 ~腎臓病について~
日時 05月29日 (水) 14:45~15:30 会場 川崎市教育文化会館 5階  『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 腎臓は生命を維持する上で欠かすことのできない臓器の一つです。腎臓の働きが低下すると、血液中の老廃物や余計な水分を尿として対外に排出しにくくなります。腎臓病は自覚症状がほとんどないため気づかないことも多いようです。そのまま放置すれば生命の危機もあり、腎臓の働きが悪くなれば、人工透析が必要になることもあります。腎臓病を予防するためには生活習慣を改善し、まずは血圧管理をしていくことが望まれるようです。
「おしりの話」 ~痔や便秘などで悩んでいませんか?~
日時 05月30日 (木) 14:30~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 本日は、当院登録医の田代医院 院長の田村先生に痔についてお話をいただきました。 痔全体は「いぼ痔」「切れ痔」「痔ろう」等あります。「いぼ痔」は血管が膨らんでできたことが原因のようです。「いぼ痔」は内痔核、外痔核があり、内痔核はあまり痛みを伴わず、外痔核は強い痛みを伴うようです。痔は患者さんに合わせた治療法がありますので、痔で不安の方は、最寄りのクリニックでご相談をおすすめします。
「緩和医療と放射線治療」 
日時 05月31日 (金) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 がん医療における緩和ケアは、がんに伴う体と心の痛みを和らげ、生活やその人らしさを大切にする考え方です。がん患者さんや家族は、がんと診断されたとき、治療の経過、あるいは再発や転移がわかったときなどのさまざまな場面でつらさやストレスを感じます。緩和ケアでは患者さんと家族が自分らしく過ごせるように、医学的な側面に限らず、いろいろな場面で幅広い対応をしているようです。
「お腹が痛いとき」 ~盲腸の症状と治療について~
日時 05月31日 (金) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 盲腸について講演をいたしました。盲腸の初期症状としては一般的に右下下腹部の部分に違和感がある、または、みぞ落ちから下腹部全体にかけて重苦しい痛みがあるようです。治療としては外科的治療や抗生物質による治療があるようです。3人に1人はなるといわれている盲腸。案外身近な疾患のようでした。
「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 06月03日 (月) 【出張講演】 会場 専修大学主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は専修大学の経営学部にて経営と健康管理というテーマで講演をいたしました。現在、企業で働く人たちの健康管理を経営的な視点でとらえ、戦略的に実践する「健康経営」の実践が必要とされているようです。健康管理が企業経営にとって重要性を増す中、従業員の健康と会社の利益が両立できる関係の構築が必要であるということについて講演いたしました。
「あなたも家庭の救命士」 ~使ってみようAED!!~
日時 06月04日 (火) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 本日はAEDの使い方や心肺蘇生法について講演をいたしました。AEDは電源をいれてアナウンスに従って操作するだけの操作のため、誰もが扱える医療機器です。もしもの際、AEDや心肺蘇生法ができるよう、設置場所の確認や緊急時に備えた準備をすることが自分の身を守る上で必要なのかもしれません。
「女性の大腸がんについて」
日時 06月04日 (火) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 大腸がんの診断から治療まで幅広く講演いただきました。大腸がんは男性も女性も肥満は’がんのリスク要因’と言われているようです。生活習慣に気を付けることががんのリスクを下げる上で重要のようです。大腸がんは早期発見、早期治療により根治が可能と言われている‘がん’のようです。かかりつけ医がございましたら一度検診することをオススメいたします。
「糖尿病について知ろう」 ~糖尿病のうそ!?ほんと!?~Part3
日時 06月05日 (水) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 糖尿病の合併症や噂の真偽について幅広く質疑応答を踏まえ講演いただきました。糖尿病は遺伝すると言われていますが、遺伝することが原因で糖尿病になるとはいえないようです。また糖尿病はストレス要因によって、血糖の値が変化するようです。日々医療は発展してきていますので、気になることがあれば健康塾に来場いただき質問いただければと思います。
「肩こりや尿トラブルにさようなら」 ~軽い体操をしながら~
日時 06月06日 (木) 【出張講演】 会場 鋼管通り2丁目町内会主催 【出張講演】 定員 --
その他 女性向けの尿トラブルについてと、肩こりや腰痛についての講演を行いました。 両症状とも軽い運動を日々つづけることによって、症状を改善することが可能なようです。しかし、症状の改善が見られず、強い痛みや長引く痛みがある場合は受診をおすすめいたします。また、運動は毎日少しずつ無理をしない程度に定期的に行うことが大切です。
「加齢と循環器疾患との関係」
日時 06月06日 (木) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日の講師である笹栗医師が、緊急手術の対応のため、急遽講演を中止させていただきました。皆様には、会場まで足をお運びいただき誠に申し訳ございませんでした。
「薬と上手につきあうために」 ~薬の正しい飲み方・使い方~
日時 06月07日 (金) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 薬は治療に欠かせないものです。 しかし・・・使い方を誤ると薬は毒にもなります。 薬と上手につきあうには、①薬の正しい知識②薬の正しい使用法をよく知ることが大切です。薬を上手に使って、薬を自分の味方にしましょう。
「川崎幸病院を知る方法」 ~広報の立場から~
日時 06月07日 (金) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 川崎幸病院を知るためには・・・というテーマで講演をいたしました。病院を知るためには病院を受診していただくことが病院の雰囲気を知る上で一番早いのですが、病院はホームページを利用した広報活動やメディアからの取材等を利用して広報活動を実施しています。ホームページ等で病院は個性をだしていますので、比較してみると楽しいのかもしれません。
「便秘解消の食生活と日常生活」
日時 06月08日 (土) 【出張講演】 会場 桜本2丁目町内会主催 【出張講演】 定員 --
その他 便秘解消のために気を付けるべき日常生活のポイントや、レシピをご紹介いたしました。 朝起きたら日の光を浴びて、コップ一杯のお水を飲み、トイレに入る時間を持つことが大切です。腸を動かし、排便のリズムを整えましょう。また、便通の良くなる運動(体操)をみなさんと一緒に行いました。
「コレステロールについて」 ~良いコレステロール、悪いコレステロール~
日時 06月11日 (火) 【出張講演】 会場 いきいき教室同好会主催 【出張講演】 定員 --
その他 悪玉コレステロールという言葉を聞くと、コレステロールは悪いものだと思われます。しかし、コレステロールは人間の身体をつくるために必要な要素のひとつだそうです。大切なのはコレステロールを高すぎず低すぎずちょうど良いバランスに保つことです。バランスが崩れると動脈硬化などの原因になりますので、生活習慣等に気を付けた食生活、適度な運動が必要のようです。
「誤嚥性肺炎を防ぐ」
日時 06月11日 (火) 【出張講演】 会場 川崎ロータリークラブ主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日、愛仁歯科医院、鈴木英哲院長が『誤嚥性肺炎を防ぐ』をテーマに講演をいたしました。肺炎は死亡原因の3位、65歳以上の死亡原因でいうと1位となる疾病であり、肺炎のうち、70%近くは誤嚥性肺炎のようです。誤嚥性肺炎は、食事の誤嚥、また加齢によって嚥下機能が低下することによる唾液の誤嚥などがあげられるようです。特に唾液の誤嚥では口腔ケアを実施していることと実施していないとでは口腔ケアを実施しているほうが誤嚥性肺炎になりにくいようです。
「脳動脈瘤の早期発見」 ~脳ドックのすすめ~
日時 06月12日 (水) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 本日は、脳ドックについてお話しました。発症すると7割の方が助からないくも膜下出血という怖い病気の主な原因は脳動脈瘤です。脳動脈瘤を早期に発見するには、磁気を使って画像を撮影するMRIという装置での検査(脳ドック)を受けることが大切です。脳ドックを受ける施設を選ぶ際には、①MRI専門技術者がいるか②1.5テスラ以上のMRI装置があるかを基準に選ばれることをお勧めします。
「食べ物アレルギーによるアナフィラキシーの対応」  ~エピペン等~
日時 06月12日 (水) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 アナフィラキシーを起こす可能性のある患者さんには、アナフィラキシー補助治療剤の携帯が勧められており、2005年に自己注射 エピネフリン(エピペン)の適応が拡大され、食物アレルギーの患者さんにも処方可能となったようです。本講座ではエピペンの使用方法をレクチャーいたしました。エピペン注射後は直ちに医師による診察を受けるよう注意してください。
「肺癌CT検診について」
日時 06月13日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 日本人の死亡率の1位は悪性新生物、がんです。‘がん’でも主要部位別で死亡率が高いものは肺がんとのことです。がんは早期発見、早期治療することによって完治する割合は高くなります。しかし肺がんは早期発見がしにくい‘がん’とのことです。現在の肺がんは胸部X線検査の検診することが『(肺がん)がん検診のガイドライン』に記載があります。胸部X線検査での診断は国が認める検診方法です。しかしCT検査を併用することで判断がしやすくなるようです。
『乳がん検診で身も心も美しく』 ~輝く女性のための7つの秘密~
日時 06月13日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 乳がんについて講演をいただきました。 乳がんは全て同じ方法で治療は行わないそうです。 乳がんは遺伝子の異なる‘がん遺伝子’が現在10種ほど見つかっているそうです。 乳がんは初期に発見されることが重要とのことです。 現在、マンモグラフィー検査等ありますので、一度検診されることをおすすめいたします。
「がんの放射線治療」 ~前立腺がんについて~
日時 06月14日 (金) 【出張講演】 会場 幸区社会福祉協議会主催 【出張講演】 定員 --
その他 町内会・法人さま等からの出張講演も、随時承っております。お気軽にお問い合わせください。 ※お電話をいただければ出張講演を調整いたします。 TEL:044-542-7007
「血管病をカテーテルで治す」
日時 06月17日 (月) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 心臓は1回の拍動でコップ一杯の血液を身体の末端までおくります。1分だとバケツ一杯、1時間だとドラム缶1本半にもおよぶとのことです。血管が詰まれば心筋梗塞・脳梗塞、血管が破れれば、大動脈破裂等の疾患になるようです。それは全て動脈硬化や生活習慣病が影響しているようです。そういった血管系の疾患は血管にカテーテルを入れ、詰まった血管を‘ふうせん’で詰まった血管を膨らませたり、ステントを入れて対応をするようです。生活習慣病は食生活や適度な運動によってある程度防ぐことができますので、日常生活を健康的に過ごしていくことが必要のようです。
「発達障がいとは」
日時 06月18日 (火) 【出張講演】 会場 川崎市教育文化会館主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は教育文化会館との協同企画にて発達障がいとはという題で講演をしました。障がいがあったとしても病気・障がいへの正しい理解、丁寧な関わり、環境・教育を整えることが必要のようです。悩み過ぎず、専門職に相談ください。
「動悸を感じたら・・・」 ~不整脈について~
日時 06月19日 (水) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 不整脈は、心拍数やリズムが一定でない状態のことをいうようです。例えば、心房細動は、心房の筋肉の各部分が無秩序、不規則に興奮している状態であり、この無秩序な興奮が心室へと伝達されることで脈が不整となっているようです。定期的な健康診断を実施し、もし不整脈の場合は、かかりつけ医に相談をしていきながら治療をすることをおすすめします。
「大動脈瘤シリーズ」 ~ステントグラフトのいろいろな種類~
日時 06月19日 (水) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 ステントグラフトのいろいろな種類というテーマで講演をいただきました。ステントグラフトには何種類か種類があるようです。本日はステントグラフトの治療について映像とともに紹介をしていただきました。
「コレステロールについて」 ~良いコレステロール、悪いコレステロール~
日時 06月20日 (木) 【出張講演】 会場 上平間ハイム主催 【出張講演】  定員 --
その他 悪玉コレステロールという言葉を聞くと、コレステロールは悪いものだと思われるかと思います。しかし、コレステロールは人間の身体をつくるために必要な要素のひとつです。大切なのはコレステロールを高すぎず低すぎずちょうど良いバランスに保つことです。バランスが崩れると動脈硬化などの原因になります。
「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 06月21日 (金) 【出張講演】 会場 デル株式会社主催 【出張講演】 定員 --
その他 糖尿病の方は継続して病院に通院することが重要なようです。病院に通わなくなると糖尿病が悪化し、他の病気との合併症になるリスクが高まるようです。無理することはないのですが、継続的に医療機関にかかり、自分の状態を知ることは必要なことだと思います。
「さいごまで自立して食べる・生きる」 ~在宅でのささえ方③~
日時 06月21日 (金) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日は登録医・愛仁歯科医院、口腔機能支援センターさいわいセンター長の本間先生より『さいごまで自立して食べる・生きる~在宅でのささえ方~』について講演いただきました。口の中の病気は虫歯・歯周病がありますが、口からつながる病気もあるとのことでした。口腔内を清潔に保たないと誤嚥性肺炎を始め、心疾患や糖尿病につながることがあるようです。口腔ケアは自分で管理することが大切ですが、定期的に歯科の先生にかかることが理想のようです。
「夏に向けた感染症対策」
日時 06月24日 (月) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 感染性胃腸炎は冬に多い感染症の一つです。ただ夏も意外と感染性胃腸炎は多いようです。今の時期は高温多湿の日が続いています。気温は28℃、湿度は90%程度になる日があります。菌は高温多湿になると増殖をします。細菌は自分自身の抵抗力が少ないと感染し、体内に入ると発症するようです。必ず料理をする際、ご飯を食べる際は手洗いを心がけましょう。
「知ろう!! 腰の痛みの原因」
日時 06月24日 (月) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 腰痛について講演をいたしました。実に腰痛患者の4人に1人は原因がよくわかっていないようです。腰痛は同じ姿勢でずっといることは腰に負担がかかるようです。腰痛は3か月以上続くものは慢性腰痛症と言われるようです。一度、整形外科の先生に受診していただき、きちんとした診断のもと、治療をすすめたほうがよいようです。
「腰痛の話」 ~よい姿勢とは~
日時 06月25日 (火) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 腰痛は全国に推計2,800万人おり、8割以上の腰痛は原因が把握されていないようです。激痛ではないけど、重だるいような痛みは腰の筋肉のコリの場合が多く、姿勢が悪いことが原因になるようです。良い姿勢のポイントは下腹部をへこませ、軽くあごを引き、肩をリラックスにしておくことのようです。普段姿勢を気にしないことが多いと思いますが、腰痛をお持ちの方は少し姿勢を気にしてみてください。
「高齢者の熱中症について」
日時 06月25日 (火) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 本日は高齢者の熱中症について講演をいただきました。高齢者は若年者より熱中症になりやすく、重症化しやすいようです。また高齢者の熱中症の特徴は屋内での発症が多いようです。原因は室内の温度や湿度。高齢者の方でエアコンを利用するのが苦手な方が多いようです。今年の夏は暑いようです。こまめな水分補給と室内の温度に気を付けて熱中症にならないようにしましょう。
「看護師が伝えるシリーズ ~睡眠のあれこれ~」
日時 06月26日 (水) 【出張講演】 会場 幸区社会福祉協議会主催 【出張講演】 定員 --
その他 いびきを誘発悪化させる原因は、「肥満・飲酒・たばこ」であるとのことでした。 また、早く眠りについたのに、次の日の昼に猛烈に眠くなる・朝起きたときに頭痛がするなどの症状が続く場合、「睡眠時無呼吸症候群」の可能性があるそうです。循環器内科で検査をすることができますので、お悩みの方は一度受診してみてはいかがでしょうか。
「脳卒中」 ~脳卒中の危ないサイン~
日時 06月27日 (木) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 日本の死亡原因の1位は悪性新生物、2位は脳血管疾患となっているようです。ただ患者数をみると脳血管疾患が約137万人、悪性新生物が約128万人となっており、脳血管疾患は未だに多いそうです。脳血管疾患は早期に治療ができれば治りが早いそうです。一度、高脂血症や糖尿病といった危険因子をお持ちの方は脳ドックの検診をすることをオススメいたします。
「トイレの悩みを解決!」 ~自分らしい生活のための排泄ケア~
日時 06月27日 (木) 【出張講演】 会場 社会福祉法人セイワ 幸風苑主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日はトイレの悩みを解決というテーマにて、介護職員向けの研修を実施しました。介護で実際使用する介護用品や利用者が自立してトイレを利用できるような取組について講演をいたしました。
「糖尿病治療の最前線」 ~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 06月28日 (金) 【出張講演】 会場 幸区社会福祉協議会主催 【出張講演】 定員 --
その他 糖尿病は血糖値の他にHb-A1cの値が診断する際、重要のようです。Hb-A1cは約120日間、血液中に存在するため1~2ヶ月間の血糖の状態を推測することができるようです。基準値より高い場合は1~2ヶ月の血糖値が高い、または糖尿病や血糖の管理がうまくいっていないことを示しているようです。糖尿病は多くの合併症がかかわります。まずは検診から自分の身体を知りましょう。
「川崎クリニックの上手なかかり方」
日時 06月29日 (土) 10:30~11:00 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 本日は初めて川崎クリニックで講演をいたしました。健康塾の冒頭では川崎クリニック宍戸院長が川崎クリニックの上手な受診の方法というテーマで講演いたしました。
「慢性腎臓病(CKD)の治療について」
日時 06月29日 (土) 11:00~11:30 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 腎臓病について前回までの振り返りや、検尿・血圧の話など幅広く講演をいたしました。腎臓病になると透析につながる可能性があります。塩分摂取に気を付け、血圧管理、健康管理に努めましょう。
「腹膜透析とは?」
日時 06月29日 (土) 11:30~12:00 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 腹膜透析について講演をいたしました。腹膜透析とは在宅で行う透析療法で、通院は月に1~2回程度でよいそうです。寝ている間に器械を使って自動的に行う方法と、日中に数回透析液バッグを交換する方法があるそうです。個人差はありますが、血液透析と比べ、透析導入後も残っている腎機能を長く保つことができ、尿がでなくなる時期を遅らせることができると言われているようです。
孫の為のワクチン ~ワクチンについて~
日時 07月02日 (火) 13:30~14:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 感染症を予防するための主なワクチンについて講演いただきました。 ①MRワクチン→風疹から子どもを守る(かかったことがないなら摂取) ②B型肝炎ワクチン→急性肝炎も肝臓がんも予防する(だれでも3回接種) ③破傷風ワクチン→けがや事故の万一に備える(20~45歳は1回接種/46歳以上は3回接種)とのことでした。
脳卒中 ~脳卒中の最新治療~
日時 07月03日 (水) 14:00~14:45 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 脳卒中の最新治療について講演いただきました。脳卒中の治療は日進月歩しているようです。脳卒中になったとしても神経内視鏡や血栓を溶かす薬が開発されており、治療の幅が広がっているようです。ただ脳卒中にならないことに越したことはありません。現在、脳ドックという脳の健康診断を実施している病院があります。高脂血症、高血圧、糖尿病の方は一度、脳ドックをし、脳の状態を知ることが必要かもしれません。
看護師が伝えるシリーズ~脳疾患について~
日時 07月03日 (水) 14:45~15:30 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 看護師が語るシリーズ、脳疾患について講演をいただきました。脳卒中には大きく分けて、脳の血管が詰まって起こる脳梗塞、脳の血管が破れて起こる脳出血、くも膜下出血があるようです。1.片方の手足がしびれる。2.急に手の力が抜けて、持っているものを落としてしまう。3.めまいがして真っ直ぐに歩くことができない。4.ろれつが回らなくなる。5.力はあるのに歩くことができなかったり、立っていることができない。6.人が話していることをよく理解することができない。7.文字が思うように書けない。8.物が二重に見える。9.片側の目に幕がかかったようになり、一時的に物が見えにくくなる。などが疾患の前兆にあるようです。前兆を逃すことなく、気になる様でしたら、脳ドックの検診やかかりつけ医に相談されることをオススメします。
血管の病気と治療 (仮)
日時 07月04日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 63名
その他 大動脈瘤・大動脈解離についての講演でした。大動脈瘤、大動脈解離の手術を受けるリスク・受けないリスクについてや、大動脈瘤・大動脈解離がみつかる患者の方がだんだん若年化していることを説明しました。
ピロリ菌除菌いつやるの?
日時 07月04日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 63名
その他 これまでピロリ菌の除菌治療を受けるには、特定疾患に罹患していない限り医療費は自己負担でしたが、平成25年2月21日から「ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎」が新たに保険適用対象となったそうです。つまり、内視鏡検査でピロリ菌の感染が認められた場合、ピロリ菌除菌のための保険治療を受けられるようになりました。ピロリ菌除菌いつやるの?・・・今でしょ!
川崎幸病院を知る方法~広報の立場から~
日時 07月08日 (月) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 “良い病院”や“良い医師”を探すにはどうすればいいのでしょうか?当然と言えば当然ですが、個人の判断・価値観によって変化するものであり、一概に決めることは出来ません。しかし、何でも相談することのできる“かかりつけ医”を持つことによって、自分だけの“良い病院”“良い医師”と巡り合うことができるのではないでしょうか。
大動脈瘤シリーズ ~腹部大動脈瘤について~
日時 07月08日 (月) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 ステントグラフトには種類がいくつかあり、症状に合わせて最も適したものを使用して治療を行います。映像を交えながら詳しくお話いたしました。大動脈瘤は、破裂をしてしまうと生存率が極めて低い恐ろしい病気です。普段からの定期的なCT検査をおススメいたします。
低線量CTによる肺がん検診と死亡率との関係
日時 07月09日 (火) 【出張講演】 会場 いきいき教室同好会主催 【出張講演】 定員 --
その他 日本人の死亡率の1位は悪性新生物、がんです。‘がん’でも主要部位別で死亡率が高いものは肺がんとのことです。がんは早期発見、早期治療することによって完治する割合は高くなります。しかし肺がんは早期発見がしにくい‘がん’とのことです。現在の肺がんは胸部X線検査の検診することが『(肺がん)がん検診のガイドライン』に記載があります。胸部X線検査での診断は国が認める検診方法です。しかしCT検査を併用することで判断がしやすくなるようです。ただCTは被爆の危険が伴います。かかりつけ医に相談しながら検診をすることをオススメします。
看護師が伝えるシリーズ~乳がん検診のすすめ~
日時 07月10日 (水) 【出張講演】 会場 塚越ミレナリータワー 【出張講演】 定員 --
その他 乳がんの特徴は、40歳から50歳代の女性に多くみられるようです。40歳から50歳代の女性における‘がん’死亡の25%を占めており、この年代の女性にとって最も多い‘がん’死亡原因とのことです。乳がんは早期発見をすることで完治する‘がん’です。自己判断するのではなく、がん検診を定期的に実施されることをオススメします。
もしもの時にあわてない子どもの手当て
日時 07月10日 (水) 【出張講演】 会場 南河原小学校 主催 【出張講演】 定員 --
その他 子どもが有事の際にどのような対応を心がけたほうがよいかの話がありました。子どもを育てる上では色々な悩みがあると思います。有事の際は慌てると思いますが、事前に有事を避けること、また有事の際の対応方法を知っているということはよいことと思いました。また、人形を使用し、心臓マッサージやAEDの使い方についても、みなさんと一緒に体験しながら学習しました。
胸痛を感じたら・・・ ~狭心症について~
日時 07月11日 (木) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 狭心症は発作的に、胸の痛みや圧迫感などの症状を起こす病気だそうです。一般的には、「労作性狭心症」か「安静狭心症」などに分けられるようです。原因は血管内腔が狭くなることによって、心筋に十分な血流・酸素が送り込めないときに胸の痛みが起こるようです。血管狭窄の原因の大多数は糖尿病・高脂血症、高血圧などに引き続いて起こる動脈硬化とのことです。血管狭窄の原因をお持ちの方は一度検診をオススメいたします。
高額療養費って何? ~知っておきたい医療費と手続について~
日時 07月11日 (木) 14:45~15:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 高額療養費制度について講演いたしました。高額医療費とは、公的医療保険における制度の一つで、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、月の初めから終わりまでで一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度だそうです。高額療養費では、年齢や所得に応じて、ご本人が支払う医療費の上限が定められており、またいくつかの条件を満たすことにより、さらに負担を軽減する仕組みも設けられているようです。気になる方は最寄の関係機関へお問い合わせください。
血液をサラサラにする薬のご紹介~使い方・注意点~
日時 07月12日 (金) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 血液をさらさらにする薬は大きく2種類あります。『抗凝固薬』と 『抗血小板薬』です。それぞれの薬は注意して服用することが必要です。 薬によっては食事制限や併用して薬を飲んではいけない薬があるそうです。 そのため薬をもらう際は、使用方法を主治医、または薬剤師に相談をしてください。
高齢者のうつと心の健康
日時 07月16日 (火) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 うつ病とは、気分が塞ぎ込む、興味や喜びを感じない、食欲がわかない、よく眠れない、体がだるい、ものごとに集中できないなどの症状がほとんど毎日続く状態をあらわす病気のようです。高齢者のかたは、身体的・精神的な衰えが増すのに加えて、子どもの独立や、近親者との死別等、孤独感を感じることが多く、うつ病を発病する可能性が高まるとのことです。ストレスを軽減させるにはストレスを上手に発散することが必要のようです。ストレスの発散には、愚痴をこぼしたり、笑うことを大切にしたりすることがよいようです。
熱中症について
日時 07月16日 (火) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 本日は高齢者の熱中症について講演をいただきました。高齢者は若年者より熱中症になりやすく、重症化しやすいようです。また高齢者の熱中症の特徴は屋内での発症が多いようです。原因は室内の温度や湿度。高齢者の方でエアコンを利用するのが苦手な方が多いようです。今年の夏は暑いようです。こまめな水分補給と室内の温度に気を付けて熱中症にならないようにしましょう。
原因と解決方法を知って、肩こり・腰痛・膝痛にさようなら
日時 07月17日 (水) 14:00~14:45 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 本日は川崎クリニックにて肩こり・腰痛等について講演をいたしました。老若男女を問わず腰痛に悩む人は多いいようです。厚生労働省の調べでは体調不良を訴える症状のうち腰痛は男性で1位、女性で2位。ただ8割以上のケースで痛みの原因はわからず、日常の心がけや簡単な体操で症状は改善できるとのことです。
看護師が伝えるシリーズ~熱中症の予防について~
日時 07月17日 (水) 14:45~15:30 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 本日は熱中症について講演をいただきました。熱中症は屋外では若年層が、屋内では高齢者がかかりやすいとのことです。熱中症の予防は室内の温度を28度以下に環境を設定することが望まれるようです。また水分補給を細目に摂取することが必要のようです。今年の夏は暑くなるようですので、熱中症にはお気をつけください。
コレステロールについて~良いコレステロール、悪いコレステロール~
日時 07月17日 (水) 【出張講演】 会場 お茶べりサロン 主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日はリジェンヌ京町のマンションにてコレステロールについての講演をいたしました。コレステロールは「善玉」と「悪玉」があるといわれます。善玉、悪玉には役割があることはご存じですか。悪玉と呼ばれる「LDLコレステロール」は肝臓で作ったコレステロールを体内の細胞へ運ぶ役割があります。善玉と呼ばれる「HDLコレステロール」は臓器で使い切れず余ったコレステロールを肝臓へもどす役割があります。どちらも重要な役割を持っていますが、悪玉コレステロールは多くなりすぎると血管の壁にコレステロールを固めて、血管の動脈をふさいでしまうそうです。そのため悪玉といわれる所以だそうです。
もしもの時にあわてない子どもの手当て
日時 07月18日 (木) 【出張講演】 会場 スターブル塩浜 主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日はスターブル塩浜への出張講演を開催しました。子どもが有事の際にどのような対応を心がけたほうがよいかの話がありました。子どもを育てる上では色々な悩みがあると思います。有事の際、また悩みがある際は一人で抱え込まず最寄りの医療機関、またはかかりつけ医、子育て支援センターなどへ行き相談ください。
がんの放射線治療~乳がんについて~
日時 07月19日 (金) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階  『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 乳がんと診断される女性は、日本で1年間に4万人にのぼっているようです。乳がんは比較的性質の良いがんの一つであり、早期に発見して適切な治療を受ければ、より高い確率で完全に治すことができるそうです。がんを早い時期に発見するためには、毎月の自己検診に加えて、「マンモグラフィ」などの画像検査を取り入れた乳がん検診を定期的に受けることが大切のようです。
糖尿病治療の最前線~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 07月19日 (金) 14:45~15:30 会場 川崎市教育文化会館 5階  『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 糖尿病は糖が尿にでてからでは遅いそうです。検診で尿に糖の値がでていなくとも血液検査で空腹時の血糖が120mg/dlを超えた値が出た場合は、早期の治療が望ましいそうです。糖尿病は多くの合併症がかかわります。まずは検診から自分の身体を知りましょう。
泌尿器科と食事のおはなし
日時 07月22日 (月) 【出張講演】 会場 南幸町一丁目都町町内会 主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は川崎幸病院の登録医である、おさないクリニックの長内院長より、 泌尿器科と食事のおはなしとのことにて話をいただきました。本日は特に尿路結石と食事の関係について話がありあした。尿路結石は尿の中に含まれている物質が腎臓の中で結晶をつくり、それが蛋白質などの有機物質と結合し、固まったものを結石というようです。食事や日常習慣によって影響をうけるそうです。食事は片寄りなくバランスのよい食事を心掛け、運動を適度にすることがよいようです。
コレステロールについて~良いコレステロール、悪いコレステロール~
日時 07月23日 (火) 【出張講演】 会場 南河原地区社会福祉協議会/南河原地区すこやか活動推進委員会【出張講演】 定員 --
その他 コレステロールは「善玉」と「悪玉」があるといわれます。善玉、悪玉には役割があることはご存じですか。悪玉と呼ばれる「LDLコレステロール」は肝臓で作ったコレステロールを体内の細胞へ運ぶ役割があります。善玉と呼ばれる「HDLコレステロール」は臓器で使い切れず余ったコレステロールを肝臓へもどす役割があります。どちらも重要な役割を持っていますが、悪玉コレステロールは多くなりすぎると血管の壁にコレステロールを固めて、血管の動脈をふさいでしまうそうです。そのため悪玉といわれる所以だそうです。
腰痛の話~よい姿勢とは~
日時 07月23日 (火) 【出張講演】 会場 川崎市聴覚障害者協会 主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は川崎市聴覚障害者協会へ腰の痛みをテーマに出張講演を実施いたしました。腰痛は全国に推計2,800万人おり、8割以上の腰痛は原因が把握されていないようです。激痛ではないけど、重だるいような痛みは腰の筋肉のコリの場合が多く、姿勢が悪いことが原因になるようです。良い姿勢のポイントは下腹部をへこませ、軽くあごを引き、肩をリラックスにしておくことのようです。腰痛をお持ちの方は少し姿勢を気にしてみてください。
減塩でいつまでも元気に~減塩のすすめ~
日時 07月24日 (水) 14:00~14:45 会場 西加瀬老人いこいの家 【出前講演】 定員 --
その他 厚生労働省は、健康な人でも塩分摂取量は1日10グラム以下を推奨しています。高血圧の人の場合はこれよりも少ない塩分が目標となり高血圧の人は1日 6グラム以下と言われます。食塩をとりすぎると血圧が上がってしまい、心臓は常に張った状態となります。血圧が高いかたは心臓の筋肉に負担をかけつづけることになり、疲れた心臓は、心不全になるようです。塩分制限は大変ではありますが、塩分制限は心臓に負担をかけないためにも大切です。もちろん、心臓だけでなく高血圧の予防など健康のためにも塩分制限は大切です。お味噌汁を一日1回にしてみる、ラーメンの汁を飲むのをやめてみるなどの減塩活動を少しずつ実施してみるのはいかがでしょう。
五十肩・腰痛・膝痛サヨナラ ~軽い体操をしながら~
日時 07月25日 (木) 【出張講演】 会場 給食調理員地域別研修会 主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は給食調理員地域別研修会様への出張講演を開催しました。『五十肩・膝痛・腰痛にサヨナラ』というテーマで肩こり、膝痛、腰痛など痛みを解決するための体操をいたしました。例えば腰痛の原因はお腹まわりの筋肉や腰回りの筋肉を動かさないことで腰を支える力が弱ることが要因のようです。腰痛はお腹まわりの筋肉をつけることで腰痛が緩和していくようです。無理はせず、自分ができる範囲で毎日お腹まわりの筋肉を鍛えることが望まれるようです。
胸部単純写真について
日時 07月25日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 本日は胸部X線検査(レントゲン)について中心にお話しました。 レントゲンでは重なっている部分を読み取ることができないそうなので、レントゲンを撮る際には、ガラの付いたTシャツを着ないことや、髪の毛が長い方は髪の毛が写らない様に上げるなどの注意が必要です。しかし、レントゲンはCTの被ばく量と比べると20分の1で検査できるとのことなので、病気の早期発見のためにも年に1度は検査をすることをおススメいたします。
女性特有の病気について~産後にかかりやすい病気・子宮脱~
日時 07月25日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎市教育文化会館 5階 『視聴覚室』 MAP 定員 48名
その他 子宮脱の症状として尿漏れや下腹部に違和感があるということが挙げられます。“恥ずかしい”という理由で受診をしないケースが多々見受けられるそうですが、早期に適切な治療を受けることはとても重要です。性器脱の認識を持ち、適切な受診を心掛けましょう。
高齢者の口腔ケア
日時 07月26日 (金) 【出張講演】 会場 河原町ふれあいサロン 主催 【出張講演】 定員 --
その他 ※主催団体の方々限定の講演となります。
動脈硬化とは?~慢性腎臓病との密接な関係~
日時 07月27日 (土) 10:30~11:00 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 「塩分の摂りすぎを控える・肥満を防ぐ・適度な運動を行う・喫煙しない」など、これらの行為は動脈硬化を予防する方法となります。また、これらは動脈硬化予防と同時に慢性腎臓病を予防する方法でもあります。本日は動脈硬化と慢性腎臓病の密接な関係についてお話しました。
慢性腎臓病(CKD)の治療について Part2
日時 07月27日 (土) 11:00~11:30 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 本日は腎臓病について前回までの振り返りや、腎臓病になる原因・治療法など幅広く講演をいたしました。慢性腎臓病(CKD)の原因として最も多いのは高血圧と糖尿病です。特に慢性腎臓病(CKD)を悪化させる原因として高血圧、脂質異常(コレステロールが高い)などがあります。血圧のコントロールをすることで慢性腎臓病の予防につながるとのことですので、かかりつけ医の指導を受けながら高血圧の改善を目指してください。
血液透析療法について ~糖尿病性腎症~
日時 07月27日 (土) 11:30~12:00 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 コレステロールと言えば、血管にたまって動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞など命に関わる病気の原因となる悪いやつ・・・というのはもはや常識?誰もが一度は聞いたことがある善玉・悪玉の話や、コレステロールを下げる治療方法について紹介いただきました。
おしりの話 ~便通異常の見分け方~
日時 07月29日 (月) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 本日は便通異常についてお話いたしました。便の色は黄土色・形はバナナ状のものがベストな便だそうです。便の色が赤色・黒色・灰色っぽいときや、便に血液が付着しているときなど、通常と違う便が出たときは大腸がんなどを患っている可能性がございます。違和感がございましたら、早期の受診をおすすめいたします。
動悸を感じたら・・・~不整脈について~
日時 07月31日 (水) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日は不整脈の症状や治療についてお話しました。不整脈は心房・心室に間違った電気信号が心臓に伝わることで起きるそうです。症状は、動悸をはじめ、だるさ、体力低下、運動能力の低下、ふらつき、めまいなどがあるようです。症状や違和感を感じることがあれば、早期に検査を受けられることをおすすめします。
微生物のはなし ~家庭で出来る食中毒予防~
日時 07月31日 (水) 14:45~15:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日は食中毒予防についての話をいただきました。食中毒とは食品を摂取しておこる、急性胃腸炎症状をおもな症状とする健康障害とのことだそうです。食中毒は体調によって左右され、また、個々によって症状が違うようです。食中毒を防ぐ一番の対応方法は食品内の微生物を増殖させないことと自分の身体にある常在菌を育てて菌に負けない身体づくりをすることのようです。
加齢と循環器疾患との関係
日時 08月01日 (木) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日は加齢と循環器疾患との関係について講演いただきました。動脈硬化は全身病といわれるように、様々な病気に関係しているようです。動脈硬化は血管を調べることによって未然に循環器疾患の予防ができるそうです。動脈硬化測定の検査を実施し、一度血管年齢を調べてみるのもいいのかもしれません。
介護が必要な方にどんな病院・どんな施設があるの?
日時 08月01日 (木) 14:45~15:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 現在、病院は急性期病院・回復期リハビリ病院・療養病院等があるそうです。むかしは病院に入院した場合、家に帰れるまで病院で入院ができたのですが、現在は急性期病院で一定期間集中的に治療したのち、回復期リハビリ病院や療養病院に転院をし、在宅復帰に向けて治療に取り組んでいくようです。在宅での生活が困難な場合は介護施設を利用していくようです。
骨粗しょう症と脊椎圧迫骨折
日時 08月02日 (金) 14:00~14:45 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 本日は骨粗しょう症についての治療法・原因・薬を飲み続ける理由・骨を元気にする食事のポイントなど幅広くお話いたしました。 タバコを吸っている・毎日お酒を飲む(ビール350ミリリットル缶3本以上)・運動不足である・カルシウムの摂取量が少ない、上記に当てはまる方は骨の検査を受けたほうが良いと言われているそうです。上記に当てはまる方は一度検査してみてはいかがでしょうか?
もしもの時にあわてない子どもの手当て
日時 08月02日 (金) 【出張講演】 会場 サンクタス川崎タワー 主催 【出張講演】 定員 --
その他 子どもが有事の際にどのような対応を心がけたほうがよいかの話がありました。子どもを育てる上では色々な悩みがあると思います。有事の際、また悩みがある際は一人で抱え込まず最寄りの医療機関、またはかかりつけ医、子育て支援センターなどへ行き相談ください。
糖尿病と夏
日時 08月02日 (金) 14:45~15:30 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 本日は糖尿病と夏をテーマに講演いただきました。夏と言えば暑いので喉越しのよい炭酸水やジュース等を飲むことがあるかと思います。ただ飲みすぎるとジュースには糖分が多いため、それをきっかけに糖尿病の予備軍になる恐れがあるかもしれません。熱中症は水分摂取が大切ですが、水分を取る際は水・お茶、または経口補水液の摂取が望ましいようです。
さよなら生活習慣病
日時 08月05日 (月) 【出張講演】 会場 カナケイ株式会社 主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は生活習慣病を予防するためのお話をいたしました。ジュースや菓子パンを摂取しすぎないことや、バランス良く食事を行うことなど、普段の生活に少し変化を加えて意識して行動するだけで、生活習慣病は予防することができるそうです。この講座をきっかけに、普段の生活を見直してみてはいかがでしょうか。
病院を上手に受診するために
日時 08月05日 (月) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 4階 『第1・2・3学習室合併』 MAP 定員 108名
その他 病院を上手に受診するためにというテーマで講演いたしました。外来の上手な受診の方法としては症状を詳しく説明できるようにメモをとることが重要のようです。いつごろから、身体のどこに、どんな症状で、経過どうかという内容を説明できるようにすることが、適切な処置につながるようです。
高齢者の精神疾患
日時 08月05日 (月) 14:45~15:30 会場 川崎市教育文化会館 4階 『第1・2・3学習室合併』 MAP 定員 108名
その他 高齢者の精神疾患をテーマに講演いただきました。精神疾患は、条件さえ整えば誰でもがかかる病気のようです。高齢になると孤独感や将来への期待や展望が乏しくなるそうです。孤独感や将来への期待や展望については自己のストレスつながり、ストレスはうつ病へつながる可能性があります。そのため、ストレスを上手に発散することが必要のようです。ストレスの発散方法としては愚痴をこぼし、笑うことが大切のようです。
脳動脈瘤の早期発見~脳ドックのすすめ~
日時 08月06日 (火) 14:00~14:45 会場 小倉老人いこいの家 【出前講演】 定員 --
その他 本日は、脳ドックについてお話しました。発症すると7割の方が助からないくも膜下出血という怖い病気の主な原因は脳動脈瘤です。脳動脈瘤を早期に発見するには、磁気を使って画像を撮影するMRIという装置での検査(脳ドック)を受けることが大切です。脳ドックを受ける施設を選ぶ際には、①MRI専門技術者がいるか②1.5テスラ以上のMRI装置があるかを基準に選ばれることをお勧めします。
健康な老後を過ごすために~生活習慣病の予防と付き合い方~
日時 08月07日 (水) 13:30~14:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日は川崎幸病院の登録医である、松葉医院の院長・松葉育郎先生より生活習慣病の予防と付き合い方についてお話しました。 生活習慣病の予防には、バランスの良い食事・適度な運動・充分な睡眠などが有効であるとご説明いたしました。
危ない頭痛の見分け方
日時 08月08日 (木) 13:15~14:00 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 「経験したことのない激しい頭痛が突然出た場合」「頭痛と同時に手足の力が抜けた場合」「頭痛と同時に意識がなくなった場合」こういった症状の頭痛は危険な頭痛とのことです。上記のような症状が出たらすぐに救急車を呼ぶか、お近くの病院を受診しましょう。
子育てをがんばるお母さんのための、肩こり・腰痛対策とシェイプアップ~軽い体操をしながら~
日時 08月09日 (金) 【出張講演】 会場 子育て支援センター あいいく 主催 【出張講演】 定員 --
その他 家事の最中でも、お子様と一緒に楽しく手軽にできる体操についてお話いたしました。また、負担の少ない抱っこの姿勢や、肩こりから起こる頭痛の対処法など、お母さま方のお悩みを解決するためのテーマを中心に、お話いたしました。
生活習慣病と慢性腎臓病(CKD)について
日時 08月12日 (月) 14:00~14:45 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 99名
その他 本日は山嵜医師の講演に変わり、生活習慣病と慢性腎臓病についての講演を実施いたしました。生活習慣病として、近年何かと話題になっているメタボリックシンドローム。 実は、メタボリックシンドロームは慢性腎臓病(CKD)の危険因子とのことです。メタボリックシンドロームの症状である「高血圧」、「高血糖」、「脂質異常」は腎臓の働きを低下させる要因と言われます。メタボリックシンドロームの人は慢性腎臓病(CKD)にもなりやすいといわれ、食生活に注意し、日常に運動を取り入れることが重要のようです。
脳卒中について学びましょう!
日時 08月12日 (月) 14:45~15:30 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 99名
その他 脳卒中の恐ろしさは治療が遅ければ後遺症の恐れがあることです。寝たきりになる原因の1位は脳卒中、2位が認知症とのことです。つまり脳卒中となると寝たきりになるかもを含め後遺症の恐れはあります。現在、国立がん研究センターは「10年間で脳卒中を発症する確率について~リスク因子による個人の脳卒中発症の予測システム~」を発表しました。リスク因子としては年齢、性別、たばこ、BMI、糖尿病、血圧の6つがあります。その因子を点数化し、合計点数の数値によって脳卒中の発症確率が決まるようです。脳卒中の発症リスクが確立としてわかるようになりましたが、不安なようであれば、かかりつけ医で検診などすることをオススメいたします
病院を上手に受診するために
日時 08月13日 (火) 【出張講演】 会場 シニアライフをいきいきと歩む会 主催 【出張講演】 定員 --
糖尿病治療の最前線~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 08月13日 (火) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 糖尿病は糖が尿にでてからでは遅いそうです。検診で尿に糖の値がでていなくとも血液検査で空腹時の血糖が120mg/dlを超えた値が出た場合は、早期の治療が望ましいそうです。糖尿病は多くの合併症がかかわります。まずは検診から自分の身体を知りましょう。
高齢者の熱中症について
日時 08月13日 (火) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 本日は高齢者の熱中症について講演をいただきました。高齢者は若年者より熱中症になりやすく、重症化しやすいようです。また高齢者の熱中症の特徴は屋内での発症が多いようです。原因は室内の温度や湿度。高齢者の方でエアコンを利用するのが苦手な方が多いようです。今年の夏は暑いようです。こまめな水分補給と室内の温度に気を付けて熱中症にならないようにしましょう。
変形性膝関節症 ~治療と予防について~
日時 08月14日 (水) 14:00~15:00 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日は川崎幸病院の登録医である、新川崎ひたち整形外科院長の月出院長より変形性膝関節症の治療と予防について講演をいただきました。変形性膝関節症は50歳以上で700万人以上、予備軍で2000万人以上の疾患者がいるようです。変形性膝関節症は膝の筋力低下、加齢、肥満などがきっかけで膝関節の機能が低下して、膝軟骨や半月板のかみ合わせが緩む、または変形や断裂を起こし、多くが炎症による関節液の過剰滞留があり、痛みを伴うようです。予防としては体重を落とす、または関節の潤滑油としてヒアルロン酸を関節部位に注射をするなどが効果的のようです。もし膝に悩みをお持ちの方は最寄の整形外科まで受診をすることをオススメします。
CTで診るあなたのお腹~こんな病気がわかります~
日時 08月15日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 CT診断について講演をいただきました。CTで投影される情報は黒から白のグラデーション。また映像は縦または横に輪切りをしたように写されます。黒は空気、カルシウムが多い骨は白色に写されます。映像のグラデーションによって胆石があるなど診断ができるようです。
胃の病気のお話~胃がんから粘膜腫瘍まで~
日時 08月15日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 胃の病気、特に胃がんについての講演をいたしました。胃がんは、早い段階で自覚症状が出ることは少なく、かなり進行しても無症状の場合があるようです。代表的な症状は、胃の痛み・不快感・違和感、胸焼け、吐き気、食欲不振などがありますが、これらは胃がん特有の症状ではなく、胃炎や胃潰瘍の場合でも起こるそうです。検査をしなければ確定診断はできませんので、バリウム検査や胃カメラの検査を併用した検査をすることをオススメします。
日帰りがん治療~サイバーナイフの実際~
日時 08月16日 (金) 14:00~14:45 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 サイバーナイフは、6つの関節を持ったロボットアームが自在に角度を変えながら、放射線発生装置(リニアック)から的確に病巣に照射する装置とのことです。実に1200方向からの照射を実現し、誤差は2mm以下。サイバーナイフは高い技術によって病変部周辺にある正常細胞や、視神経など重要な組織への影響を最小限にとどめ治療が可能となっているようです。麻酔も入院もなく、日帰りで手術ができるのが特徴です。対象疾患は頭頚の周辺とのことですが、最近では肺がんや肝臓がんなどの体幹治療もできるようになったようです。脳腫瘍でお困りの際はサイバーナイフも治療の一つと覚えていただくのもいいかもしれません。
がんに厳しく身体にやさしい放射線治療
日時 08月16日 (金) 14:45~15:30 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 放射線は手術、抗がん剤とともにがんの治療の中で重要な役割を果たしているそうです。放射線は手術と同じく、がんとその周辺のみを治療する局所治療。手術と異なるところは、臓器を摘出する必要がなく、臓器をもとのまま温存することができ、そのため治療の前と同じような生活をすることが可能な治療手段とのことです。がん組織に多くの放射線量を照射し、周囲の正常組織にはできるだけ少ない量の放射線を照射することができるようになってきて、がんを治せる可能性が高くなっているようです。がんの治療は手術、化学療法治療、放射線治療、それらが自分にとって有効な治療かどうか、担当医と充分に相談してください。
医療福祉連携~高齢者の健康を求めて~
日時 08月19日 (月) 13:30~14:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 川崎幸病院の登録医である、さくら中央クリニックの櫻井院長より医療福祉連携~高齢者の健康を求めて~、特に加齢における生活習慣病について、また健診の重要性について話がありました。病院に毎日通っているから健診は必要ないと考えている方もいるかと思います。ただ健診と通院は違うため、健診を定期的に実施することが健康の近道のようです。また、櫻井院長は福祉についても力を入れておられる先生で、医療と福祉についての連携の重要性についても話がありました。
看護師が伝えるシリーズ~使ってみようAED!~
日時 08月20日 (火) 【主張講演】 会場 いきいき教室同好会主催 【出張講演】 定員 --
その他 AEDの使い方について実技講演をいたしました。AEDは駅や繁華街に設置されていますが、実際に手に触れる機会がないと思います。目の前で人が倒れた際、自分が落ち着いた対応ができるよう、AEDの使い方を適切に利用できるよう、講習会がある際は経験をしてみてはいかがでしょうか。
コレステロールについて~良いコレステロール、悪いコレステロール~
日時 08月20日 (火) 11:00~11:45 会場 河原町ふれあいデイサービスセンター 【出前講演】 定員 --
その他 コレステロールというと、コレステロール値が高いので食事を控えなければと考えている方も多いと思います。確かに、脂肪の多い食事やカロリーの摂りすぎで必要以上に肝臓からコレステロールを作り出してしまったり、またコレステロールの摂りすぎで、コレステロールのバランスが崩れて血中コレステロール値が高くなってしまい、高コレステロール血症や動脈硬化などの病気を引き起こしている方が増えています。 しかし、コレステロールそのものが悪いわけではないそうです。コレステロールには善玉コレステロール(HDLコレステロール)、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)があり、善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランスを保つことこそが、身体にとって大切なことのようです。
肩こり・腰痛を解消して、近所のおでかけを楽しみましょう!~軽い体操をしながら~
日時 08月21日 (水) 【出張講演】 会場 大師・中央・田島地区老人クラブ連合会 主催 【出張講演】 定員 --
その他 肩こり、膝痛、腰痛など痛みを解決するための体操をいたしました。例えば腰痛の原因はお腹まわりの筋肉や腰回りの筋肉を動かさないことで腰を支える力が弱ることが要因のようです。腰痛はお腹まわりの筋肉をつけることで腰痛が緩和していくようです。無理はせず、自分ができる範囲で毎日お腹まわりの筋肉を鍛えることが望まれるようです。また、言語聴覚士の大塚より耳垢と脳についてのお話もいたしました。
終末期における在宅での取り組み方
日時 08月22日 (木) 14:30~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 終末期における在宅での様々な取り組み方についてお話いただきました。終末期医療・ケアの方針や方法の決定、治療の差し控えや中止に関しては、患者さん及びご家族の意思を確認し、それを尊重した上で医療従事者との間で、適切な情報交換、インフォームドコンセントを交わすことが不可欠であるとのことでした。
在宅医療を知ろう!
日時 08月23日 (金) 14:00~15:00 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 在宅医療という言葉は、新聞や雑誌などで取り上げられる事が多く、耳にした事があると思います。これからの高齢化社会の中で、医療・看護・介護の場が自宅で行われるケースが増えていきます。在宅医療を理解し、上手に活用する事が今後、高齢化社会を生きていく中で必要になってくると思います。在宅医療は身近なものですので、よくかかりつけ医やケアマネージャの方に相談をしてください。
高齢者の口腔ケア
日時 08月23日 (金) 【出張講演】 会場 河原町ふれあいサロン 主催 【出張講演】 定員 --
その他 口の中の病気は虫歯・歯周病がありますが、口からつながる病気もあるとのことでした。口腔内を清潔に保たないと誤嚥性肺炎を始め、心疾患や糖尿病につながることがあるようです。口腔ケアは自分で管理することが大切ですが、定期的に歯科の先生にかかることが理想のようです。
元気になる体操
日時 08月26日 (月) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 4階 『第1・2・3学習室合併』 MAP 定員 108名
その他 本日は講師と来場者の方々一丸となって“元気になる”体操を行いました。姿勢をよくするストレッチや、肩こりを改善する運動などを行い、講演終了後にはみなさん笑顔になっていたことがとても印象的な講座でした。
大腸検査について
日時 08月27日 (火) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 大腸がんの死亡率は“がんの死亡率”でも上位を占めています。大腸がんは早期発見・早期治療をすることが完治へのカギとなるそうです。大腸検査について現在保険適法されている検査方法について説明をいたしました。
コレステロールについて~良いコレステロール、悪いコレステロール~
日時 08月27日 (火) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 悪玉コレステロールという言葉を聞くと、コレステロールは悪いものだと思われるかと思います。しかし、コレステロールは人間の身体をつくるために必要な要素のひとつです。大切なのはコレステロールを高すぎず低すぎずちょうど良いバランスに保つことです。バランスが崩れると動脈硬化などの原因になります。
きずあとの話 ~きずあとを目立たなくする工夫~
日時 08月28日 (水) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 きずあとの話をしていただきました。手術後の傷が気になる方は形成外科の受診をオススメいたします。傷をできる限り目立たせない工夫があるようです。
大動脈瘤シリーズ ~ステントグラフトのいろいろな種類~
日時 08月28日 (水) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 ステントグラフトには種類がいくつかあり、症状に合わせて最も適したものを使用して治療を行います。映像を交えながら詳しくお話いたしました。大動脈瘤は、破裂をしてしまうと生存率が極めて低い恐ろしい病気です。普段からの定期的なCT検査をおススメいたします。
骨粗しょう症のお話
日時 08月29日 (木) 13:30~14:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 本日は登録医の青木整形外科の先生に登壇をいただきました。骨は加齢に伴い密度が減少するようです。女性は閉経後、急激に骨密度が減り、高齢になってからも十分な骨密度を保つためには、カルシウムを十分に摂取するとともに、カルシウムの吸収を促す栄養素を食事に摂取が必要のようです。また、適度な運動が骨代謝を盛んにし、骨を強くするのに有効とのこと。千里の道も一歩から。散歩を日常に取り入れるのはいかがでしょうか。
トイレが近い、間に合わない~一人で悩んでいませんか?~
日時 08月30日 (金) 13:30~14:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『市民交流室』 MAP 定員 150名
その他 本日は中村クリニック泌尿器科、中村薫院長よりご講演いただきました。過活動膀胱の治療には、行動療法・膀胱訓練(トイレを少しがまんする)・骨盤底筋訓練・薬物療法など様々な手法があるとのことでした。 泌尿器科の治療というと、「痛い・恥ずかしい」というイメージが強い方が多いかもしれませんが、一昔前と比べると「痛くない・恥ずかしくない」治療法が増えているとのことでしたので、お悩みを抱えていらっしゃる方は一度受診してみてはいかがでしょうか?
慢性腎臓病(CKD)の治療について
日時 08月31日 (土) 10:30~11:00 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 近年、腎臓病は心筋梗塞や脳梗塞などとの関係も深い、大変危険な病気であることがわかってきました。また、腎臓は大変頑張り屋の臓器で、腎臓の機能が20%程度になるまで、体に異変や不調が見られることはほとんどありません。そのため、自覚症状のないまま放置されがちです。健康診断は定期的に必ず受診、気になることが点があれば早期に腎臓内科を受診することが大切です。
腎臓を守るためのひけつ
日時 08月31日 (土) 11:00~11:30 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 最近、生活習慣病の影響で、糖尿病腎症や腎硬化症などにかかる患者が増えているようです。過剰な塩分摂取、肥満、運動不足、加齢、ストレスなどの要因が重なれば、だれでも腎臓の疾患にかかる可能性があるそうです。減塩に取組、適度な運動を実施していくことを心掛けていくことが腎臓をまもる、また健康を守る秘訣とのことです。
医食同源~腎とアンチエイジング~
日時 08月31日 (土) 11:30~12:00 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 医食同源、腎とアンチエイジングについて講演をいただきました。医食同源(いしょくどうげん)とは、日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し、治療しようとする考え方。「医食同源」という言葉自体は中国の薬食同源思想から着想を得て、近年、日本で造語されたようです。 腎臓を護ることはアンチエイジングにつながる・・・。それは生活習慣を整えることが腎臓をまもること、引いては抗老化につながるということがあるようです。具体的には減塩・カロリーを抑える・リン酸を減らすということが当てはまるそうです。
元気になる体操
日時 09月02日 (月) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 4階 『第1・2・3学習室合併』 MAP 定員 108名
その他 登録医の医療法人啓和会、野末整形外科歯科内科の清水様に講演をいただきました。本日は講師と来場者の方々一丸となって“元気になる”体操を行いました。ストレッチや、肩を伸ばす運動などを行い、講演終了後にはみなさん笑顔になっていたことがとても印象的な講座でした。
低線量CTによる肺がん検診と死亡率との関係 
日時 09月02日 (月) 14:00~14:45 会場 丸子多摩川老人いこいの家 【出前講演】 定員 --
その他 日本人の死亡率の1位は悪性新生物、がんです。‘がん’でも主要部位別で死亡率が高いものは肺がんとのことです。がんは早期発見、早期治療することによって完治する割合は高くなります。しかし肺がんは早期発見がしにくい‘がん’とのことです。現在の肺がんは胸部X線検査の検診することが『(肺がん)がん検診のガイドライン』に記載があります。胸部X線検査での診断は国が認める検診方法です。しかしCT検査を併用することで判断がしやすくなるようです。ただCTは被爆の危険が伴います。かかりつけ医に相談しながら検診をすることをオススメします。
視力のお話~視力と飛蚊症について~
日時 09月03日 (火) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 本日は川崎幸病院の登録医である、田代医院の林先生より視力についてお話していただきました。質疑応答をメインに、来場者からの目全般の悩みについてお答えいただきました。どんな病気も早期発見早期治療が大切です。不安な症状がある方は受診をおススメいたします。
糖尿病をよく知って元気ですごしましょう
日時 09月03日 (火) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 本日は川崎幸クリニックの安島医師より、糖尿病についてお話をしました。 糖尿病の分類・症状・合併症についてや、診断に必要な検査などについてご説明しました。治療としては食事と運動、薬物療法・定期的な検査・初期治療が有効であるとお話しました。
女性の大腸がんについて
日時 09月03日 (火) 14:00~14:45 会場 プラザ大師 2階 『第1・第2学習室』合併 MAP 定員 66名
その他 大腸がんの診断から治療まで幅広く講演いただきました。大腸がんは男性も女性も肥満は’がんのリスク要因’と言われているようです。生活習慣に気を付けることががんのリスクを下げる上で重要のようです。大腸がんは早期発見、早期治療により根治が可能と言われている‘がん’のようです。かかりつけ医がございましたら一度検診することをオススメいたします。
高齢者の熱中症について
日時 09月03日 (火) 14:45~15:30 会場 プラザ大師 2階 『第1・第2学習室』合併 MAP 定員 66名
その他 本日は高齢者の熱中症について講演をいただきました。高齢者は若年者より熱中症になりやすく、重症化しやすいようです。また高齢者の熱中症の特徴は屋内での発症が多いようです。原因は室内の温度や湿度。高齢者の方でエアコンを利用するのが苦手な方が多いようです。今年の夏は暑いようです。こまめな水分補給と室内の温度に気を付けて熱中症にならないようにしましょう。
腰痛のお話~良い姿勢とは~
日時 09月04日 (水) 【出張講演】 会場 キヤノン株式会社 川崎事業所 主催 【出張講演】 定員 --
その他 ※主催団体の方々限定の講演となります。
介護職員が知っておきたい医療知識
日時 09月04日 (水) 【出張講演】 会場 川崎市高齢者福祉施設事業協会 主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は川崎市老人福祉施設事業協会様の研修講演の依頼があり、介護職員が知っておきたい医療知識についての講演をいたしました。介護職員が普段実施している仕事の振り返りとして、また、医療知識の勉強としての講演をいたしました。
急性大動脈解離について
日時 09月05日 (木) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 大動脈解離は大動脈の壁が動脈走行に沿って剥がれた状態をいうそうです。明らかな発症原因は不明ですが、高血圧や動脈硬化などが危険因子とのことです。高血圧や動脈硬化など、生活習慣に起因することが大きいため、偏った食事や運動不足など、思い当たる方は改善をオススメいたします。
やっぱりタバコはやめましょう
日時 09月05日 (木) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 本日は登録医いきいきクリニック院長の武知先生にタバコの危険性について講演いただきました。一般的に喫煙指数(本数/日×年数)が多いほどがんの発生率が高く、呼吸器疾患・脳梗塞・心筋梗塞のような血管病が増加するといわれているようです。タバコは百害あって一利なしと言われています。禁煙に向けた治療もできるようですので、「禁煙しよう!!」と少しでも思った方は禁煙外来を受診してみるのもよいのではないでしょうか。
コレステロールについて~良いコレステロール、悪いコレステロール~
日時 09月06日 (金) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 コレステロールには2つの種類があるとよく言われます。一つは「悪玉」と呼ばれる「LDLコレステロール」。もう一つは「善玉」と呼ばれる「HDLコレステロール」です。LDLコレステロールはLDLという運び屋によって全身に運ばれるコレステロールですが、これが過剰に増えると血管の壁に蓄積して、血管にプラークと呼ばれるコブができるようです。その結果、血液の流れが悪くなり、これが動脈硬化と言われます。そのため、LDLコレステロールの値を一定以上にならないようにすることが大切と言われているようです。
脳疾患について ~脳血管の病気~
日時 09月06日 (金) 14:45~15:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 脳梗塞になる前に、何らかのサインが体に出る場合があります。しかしそのサインの多くは、出たと思ったら10分ほどで、長くても24時間以内に消えてしまう症状ばかりなので、単なる“体調不良”で片付けてしまいがちです。こうしたサインは一過性脳虚血歩発作というようですが、もし一過性脳虚血歩発作が起きると、高い確率で間もなく脳梗塞の症状が出ると言われています。もし(1)からだの片側がしびれる(2)手足に力が入らない (3)急に言葉が出なくなる(4)ろれつがまわらない(5)人の言葉が一時的に理解できない(6)物が二重に見える(7)片目が見えなくなったり、視界の半分が見えなくなったりする(8)食べ物が一時的に飲み込めなくなる等の症状が見られたら迷わず救急にて受診されることをオススメいたします。
動脈硬化と腎臓病の深~い関係
日時 09月07日 (土) 10:30~11:30 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 動脈硬化とは、動脈が狭くなって、血管が硬くなったりして血液の流れが悪くなっている状態を言うそうです。日本人の死因の約30%以上が動脈硬化と関係しているそうです。例えば、脳の血管で動脈硬化の疾患を言うと脳梗塞や脳出血などの脳卒中、心臓で起きるのが狭心症や心筋梗塞。大動脈瘤や腎硬化症・慢性腎臓病(CKD)なども動脈硬化が進行することによっておこると言われます。 誰にでも発症する恐れがあり、命に関わる病気を引き起こす可能性があるため、正しい知識を身につけて、早めの予防・対策が必要とのことです。
腎臓病の食事療法
日時 09月07日 (土) 11:30~12:00 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 腎臓病の食事療養のポイントは塩分摂取を抑えること、また、バランスの良い食事を心掛けることのようです。腎臓病はタンパク質の摂取や塩分摂取の制限等あるそうですが、基本的には塩分摂取を押え、バランスの良い食事を摂取することが大切のようです。まずは汁物を減らしてみるところから始められるかもしれません。
薬と上手につきあうために~薬の正しい飲み方・使い方~
日時 09月09日 (月) 【出張講演】 会場 蒲田法人会 主催 【出張講演】 定員 --
その他 お薬は、胃を通り、腸に届いて、腸から血液の中に入ってから効果が出ます。ですので、上手にお薬を腸まで届けることが必要です。そのためには、正しい飲み方・使い方を守っていただくごとが大切です。また、正しい使い方を守らないと効果が出ないだけではなく、副作用が出るときもあります。薬の正しい飲み方と使い方についてお話しました。
野菜の上手な摂り方
日時 09月10日 (火) 【出張講演】 会場 いきいき教室同好会主催 【出張講演】 定員 --
その他 野菜の上手なとり方について講演いたしました。油と一緒に摂取すると効率がよく吸収しやすいビタミンA、カルシウムと一緒に摂取するとカルシウムが効率よく吸収しやすくなるビタミンDがあるそうです。ビタミンAは人参やホウレンソウ、モロヘイヤなどの野菜が該当し、ビタミンDはキノコ類に多く含まれているそうです。野菜は一日350gの摂取を推進されています。1食に野菜を一皿多く、摂取することを心掛けて頂ければと思います。
本当は怖いメタボリック症候群
日時 09月10日 (火) 13:30~14:30 会場 川崎市国際交流センター 『第4.5会議室合併』 MAP 定員 60名
その他 本日は川崎幸病院の登録医である、徳植医院の徳植院長よりメタボリック症候群についてお話いただきました。予防には食事制限や運動をバランス良く行うことが大切とのことでした。メタボリック症候群は軽視されがちですが、放っておくと重大な症状を引き起こします。早めの受診を意識しましょう。
胸痛を感じたら・・・ ~狭心症について~
日時 09月11日 (水) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 狭心症についてお話しました。狭心症とは、心臓のまわりを走行している冠動脈という血管が、何らかの理由で狭窄(細くなる)してしまい、心臓の筋肉などに酸素が十分に供給されなくなり、心臓の機能が低下してしまう病気です。また狭心症から心筋梗塞になってしまうこともあります。狭心症の主な症状は胸痛です。自覚症状を見逃さずに、早期受診することが大切です。
微生物のはなし ~家庭で出来る食中毒予防~
日時 09月11日 (水) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 本日は食中毒予防についての話をいただきました。食中毒とは食品を摂取しておこる、急性胃腸炎症状をおもな症状とする健康障害とのことだそうです。食中毒は体調によって左右され、また、個々によって症状が違うようです。食中毒を防ぐ一番の対応方法は食品内の微生物を増殖させないことと自分の身体にある常在菌を育てて菌に負けない身体づくりをすることのようです。
肝臓がん~肥満・脂肪肝と関連する発がんも増えてきました~
日時 09月12日 (木) 14:00~15:00 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 本日は登録医である、亀谷内科クリニックの亀谷副院長より、肝臓がんについて講演いただきました。肝臓がんは脂肪肝等と関連があるそうです。脂肪肝は肝臓の機能が低下し、がんの発生要因となるそうです。そのため内臓脂肪を減らすような食生活や運動をバランスよく取り組むことが必要のようです。
腰、股関節、膝関節の痛みへの対処法
日時 09月13日 (金) 14:00~15:00 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 本日は当院の登録医である、かもち整形外科クリニックの浜田良機先生よりお話しいただきました。体重が増えると膝関節の負担が増えるので、体重を減らしましょう。また、痛みを感じたら我慢をせずに、早めの受診を心がけましょう。
ほんとはこわーい脱腸(そけいヘルニア)のお話~診断から最新の治療まで~
日時 09月13日 (金) 14:00~14:45 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 鼠径(そけい)とは、太もももしくは、足のつけねの部分。「ヘルニア」とは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態を言います。「鼠径ヘルニア」とは、本来ならお腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、皮膚の下に出てくる病気とのことです。そけいヘルニアは外科的な治療しか完治はできないそうで、そけいヘルニアをほっておくと、命にかかわることもあるようです。
糖尿病治療の最前線~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 09月13日 (金) 14:45~15:30 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 糖尿病は糖が尿にでてからでは遅いそうです。検診で尿に糖の値がでていなくとも血液検査で空腹時の血糖が120mg/dlを超えた値が出た場合は、早期の治療が望ましいそうです。糖尿病は多くの合併症がかかわります。まずは検診から自分の身体を知りましょう
かわさき幸がんフォーラム~シリーズ2 泌尿器系がん 早期発見治療が命を救う~
日時 09月14日 (土) 10:00~12:00 会場 ソリッドスクエア B1階 多目的ホール MAP 定員 230名
その他 かわさき幸がんフォーラム~シリーズ2 泌尿器系がん 早期発見治療が命を救う~をテーマに泌尿器系がん、特に前立腺がんを中心に講演をいたしました。
トリアージの重要性 ~治療のための優先順位~
日時 09月17日 (火) 14:00~15:00 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日は登録医のゆざわ日航ビル診療所 尾立院長にトリアージの重要性について講演いただきました。トリアージの歴史から現在にいたるまでの経緯について細かく説明いただきました。
肩こり・腰痛・膝痛を100倍楽しむ方法
日時 09月18日 (水) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 男女を問わず腰痛に悩む人は多いいようです。厚生労働省の調べでは体調不良を訴える症状のうち腰痛は男性で1位、女性で2位。ただ8割以上のケースで痛みの原因はわからず、日常の心がけや簡単な体操で症状は改善できるとのことです。
川崎幸病院を知る方法~広報の立場から~
日時 09月18日 (水) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 川崎幸病院を知るためには・・・というテーマで講演をいたしました。病院を知るためには病院を受診していただくことが病院の雰囲気を知る上で一番早いのですが、病院はホームページを利用した広報活動やメディアからの取材等を利用して広報活動を実施しています。ホームページ等で病院は個性をだしていますので、比較してみると楽しいのかもしれません。
事故の発生予防とその再発防止について
日時 09月18日 (水) 【出張講演】 会場 川崎外出支援センター 主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は川崎外出支援センター主催の介護職員研修に講演へ行ってきました。 講演内容は事故の発生予防とその再発防止についてです。職員の心得について質疑応答も踏まえ実施いたしました。
五十肩・腰痛・膝痛サヨナラ ~軽い体操をしながら~
日時 09月19日 (木) 【出張講演】 会場 麻生区社会福祉協議会 主催 【出張講演】 定員 --
その他 『肩こり・膝痛・腰痛にサヨナラ』というテーマで日頃悩みを抱えている肩こり、膝痛、腰痛など痛みを解決するための秘訣を講演いたしました。例えば肩こりの原因は筋肉を動かさないことで筋肉が固くなってしまっているなどが考えられるようです。肩こりの際、肩甲骨を動かすことで肩のこりをほぐすことができるようです。
高額療養費って何? ~知っておきたい医療費と手続について~
日時 09月19日 (木) 【出張講演】 会場 上平間ハイム主催 【出張講演】  定員 --
その他 本日は上平間ハイム様への出張講演をいたしました。テーマは高額療養費って何?を演題に医療費控除についての知っておきたい基本的な手続きについて講演をいたしました。
慢性疾患とメンタルヘルス
日時 09月19日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 本日は慢性疾患とメンタルヘルスについて、川崎幸クリニックの臨床心理士による講演をいたしました。
看護師が伝えるシリーズ~健康に過ごすために~
日時 09月19日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 本日は健康に過ごすためにというテーマにて看護師が伝えたい健康の豆知識についての講演をいたしました。
糖尿病治療の最前線~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 09月20日 (金) 【出張講演】 会場 デル株式会社 主催 【出張講演】 定員 --
その他 ※主催団体の方々限定の講演となります。
災害時に役立つ豆知識
日時 09月20日 (金) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 地震などの災害が起きたときの対処法や避難時の注意点、ケガをされた方の身近なものでできる応急手当法、毛布などを使った搬送方法をお話しました。救助物資が届くまで約3日かかるため、普段から食べ物や飲み物・防寒着やトイレットペーパーを入れた救急バックを用意しておくことが肝心です。
大動脈瘤シリーズ ~ステントグラフトのいろいろな種類~
日時 09月20日 (金) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 大動脈瘤の治療について講演いただきました。大動脈瘤は血管が膨らんで破裂、または裂けてしまう原因の瘤のことです。動脈瘤の治療は経過観察、血圧管理がありますが、手術での治療もあります。手術ではステントグラフトという人工血管を動脈瘤の血管と交換する治療があるそうです
泌尿器科と食事のおはなし
日時 09月24日 (火) 【出張講演】 会場 南河原地区社会福祉協議会/南河原地区すこやか活動推進委員会 主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は川崎幸病院の登録医である、おさないクリニックの長内院長より、 泌尿器科と食事のおはなしとのことにて話をいただきました。本日は特に尿路結石と食事の関係について話がありあした。尿路結石は尿の中に含まれている物質が腎臓の中で結晶をつくり、それが蛋白質などの有機物質と結合し、固まったものを結石というようです。食事や日常習慣によって影響をうけるそうです。食事は片寄りなくバランスのよい食事を心掛け、運動を適度にすることがよいようです。
きずあとの話 ~きずあとを目立たなくする工夫~
日時 09月25日 (水) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 きずあとの話をしていただきました。手術後の傷が気になる方は形成外科の受診をオススメいたします。傷をできる限り目立たせない工夫があるようです。
足の痛みを感じたら・・・ ~下肢閉塞性動脈硬化症について~
日時 09月25日 (水) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 下肢閉塞性動脈硬化症とは、足に血液を運ぶ血管がつまり、血液不足に陥った足の部分が痛んだり、冷えたり、時には下肢切断にいたることもある疾患だそうです。足先が黒くなり、細菌感染がおこってその傷が治らないこともあるようです。足の痛みの症状はもしかしたら下肢閉塞性動脈硬化症かもしれません。お近くの内科に相談をしてみるのもよいかもしれません。
ピロリ菌について
日時 09月27日 (金) 14:00~15:00 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日は川崎幸病院の登録医であるパークシティクリニックの大森院長より、ピロリ菌の検査方法や除菌方法についてご講演いただきました。ピロリ菌は胃がんなど様々な症状を引き起こす要因となります。胃に不快感などの症状がある方は、一度検査をおススメいたします。
病院を上手に受診するために
日時 09月27日 (金) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 2番会議室 MAP 定員 63名
胸痛を感じたら・・・ ~狭心症について~
日時 09月27日 (金) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
秋に向けた感染症対策
日時 09月30日 (月) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 秋となりインフルエンザをはじめとする感染症が気になる時期となりました。感染症の予防方法に共通していることは手洗いやうがいを実施し、ウィルスを身体に入れないことが必要とのことだそうです。 空気が乾燥し、ウィルスが蔓延しやすくなりますので、外から帰宅される際は、手洗い、うがいを実施ください。
病院を上手に受診するために
日時 09月30日 (月) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 病院を上手に受診するためにというテーマで講演いたしました。外来の上手な受診の方法としては症状を詳しく説明できるようにメモをとることが重要のようです。いつごろから、身体のどこに、どんな症状で、経過どうかという内容を説明できるようにすることが、適切な処置につながるようです。
病院機能分化と救急医療
日時 10月01日 (火) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日は石井暎禧院長が急用のため、笹栗志朗院長代行よりお話しいたしました。 急性期病院としての川崎幸病院の役割や、地域医療連携の重要性についてお話しいたしました。川崎幸病院が新築移転して1年以上経ちましたが、今後も地域の皆様にために尽力して参りますので、宜しくお願いいたします。
在宅医療の現場から~医療者として、どうお役に立てるのか~
日時 10月02日 (水) 14:00~15:00 会場 中原市民館 2階 第3・第4会議室合併 MAP 定員 48名
その他 本日は登録医の信愛ホームケアクリニックの田村先生に在宅医療の現場から~医療者として、どうお役立てできるか~をテーマに講演いただきました。「在宅医療」とは、自宅で医療を受けることをいいます。病気や障害があって病院に通うのが困難な方、自宅での看取りを希望されている方の為に、医師や看護師など専門のスタッフが自宅へ訪問し、治療や介護のお手伝いをするとのことです。在宅医療を選択する際は在宅で出来ること出来ないことがありますので、お近くの地域包括支援センター等の専門施設へお問い合わせいただき、在宅医療の実施施設とよく相談した上で、治療の選択をしてください。
メタボリックシンドロームと言われたら
日時 10月03日 (木) 【出張講演】 会場 東京油槽株式会社 主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は東京油槽株式会社主催にて出張の健康塾を開催いたしました。メタボリックシンドロームについて管理栄養士の立場から講演をいたしました。
急性大動脈解離について
日時 10月03日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 関根医師が緊急手術のため、2講演目の西村医師よりお話しいたしました。関根医師の講演を期待してご来場いただいた方々には、深くお詫び申し上げます。
ハイブリット治療~手術とIVRの融合~
日時 10月03日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 大動脈手術と血管内治療を同時に行う治療方法である、ハイブリット治療についてお話しいたしました。(別個で行う場合もございます。) 手術範囲の減少による、患者さんへの負担軽減や合併症の低減というメリットがあると同時に、別個で行う場合の、手術を2回に分ける精神的・コスト増加の負担というデメリットがあることなどについてお話しいたしました。
シミ・皮膚癌
日時 10月03日 (木) 14:00~14:45 会場 中原市民館 2階 第3・第4会議室合併 MAP 定員 48名
その他 本日は登録医こすぎ皮ふ科、院長の山本亜偉策先生に『シミ・皮膚癌』についての講演をいただきました。皮膚癌とは、皮膚に生じた悪性新生物の総称で、主なものに基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫等があるようです。ホクロとは似ているようで違うようなので、気になる形状のホクロ等があれば皮膚科専門医にご相談ください。
睡眠時無呼吸症候群のお話
日時 10月04日 (金) 19:30~20:30 会場 川崎市総合福祉センター エポックなかはら 7階 第3会議室 MAP 定員 60名
その他 本日は川崎幸病院の登録医であるすずき耳鼻咽喉科クリニックの鈴木院長より、睡眠時無呼吸症候群の自覚症状や治療方法などについて幅広くお話しいただきました。軽症の場合はとくに治療を要さない場合が多いそうです。重症の場合、CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法)や口腔内装具・軟口蓋形成術などの治療法があるとのことでした。
渡る世間は糖尿病ばかり
日時 10月07日 (月) 14:00~14:45 会場 川崎クリニック6階 MAP 定員 90名
その他 本日は糖尿病の話を川崎クリニックの久間医師より講演いたしました。講演テーマは「渡る世間は糖尿病ばかり」です。渡る世間は糖尿病ばかりというテーマの通り、糖尿病はとても多い疾患であり、日本は世界の中で第9位、約710万人の疾患者がいるそうです。糖尿病にならないようにするためには、食生活の改善と運動が一番効果的。食後、30分後に少し散歩することが結構よいそうです。
糖尿病と腎臓のアブナイ関係
日時 10月07日 (月) 14:45~15:30 会場 川崎クリニック6階 MAP 定員 90名
その他 糖尿病と腎臓についての講演をいたしました。糖尿病になったら腎臓には注意が必要のようです。簡単に言うと、高血糖状態が続くことにより、腎臓の機能が損なわれてしまうからだそうです。糖尿病と言われた日から腎臓に気遣う生活、特に塩分を控え、高血圧の予防等、心掛けることが大切とのことです。
介護が必要な方にどんな病院・どんな施設があるの?
日時 10月08日 (火) 【出張講演】 会場 いきいき教室同好会 主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日はいきいき同好会様への出張講演をいたしました。現在、病院は急性期病院・回復期リハビリ病院・療養病院等があるそうです。むかしは病院に入院した場合、家に帰れるまで病院で入院ができたのですが、現在は急性期病院で一定期間集中的に治療したのち、回復期リハビリ病院や療養病院に転院をし、在宅復帰に向けて治療に取り組んでいくようです。在宅での生活が困難な場合は介護施設を利用していくようです。
生活習慣病について
日時 10月09日 (水) 【出張講演】 会場 ひらまの里 地域包括支援センター 主催 【出張講演】 定員 --
その他 ※主催団体の方々限定の講演となります。
看護師が伝えるシリーズ~前立腺がんについて~
日時 10月10日 (木) 【出張講演】 会場 古市場町内会 主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は古市場町内会にて出張講演をいたしました。内容は前立腺がんについてです。前立腺がんはPSA検査という血液検査によって簡単に知ることができるそうでう。がんは早期発見すると治療法が多くあります。がんは2人に1人はなる時代といわれていますので、がん健診などをオススメいたします。
10月10日は転倒予防の日 ~足腰に良い体操をご一緒に~
日時 10月10日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎クリニック6階 MAP 定員 90名
その他 10月10日は転倒予防の日です。本日は転ばぬ先の杖。足腰を鍛える体操を中心に講演をいたしました。
安心してお家で生活するために ~手すりの重要性~
日時 10月10日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎クリニック6階 MAP 定員 90名
その他 転倒予防の日に関連し、本日は安心して家で生活するために手すりについて講演をいたしました。転倒を予防するためには手すりを上手に活用することが必要とのことです。家では転倒するところが多くありますので、必要に応じて手すりを活用してください。
肺がんって怖い病気?
日時 10月11日 (金) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 肺がんに関する様々なお話をいたしました。テーマにもありますように、肺がんはやはり「怖い病気」であります。ですが、早期に発見し、早期治療を行えば完治する可能性もあるとのことでした。CT撮影など検査は比較的簡易的に行えるので、定期的な検査をおススメいたします。
がんの放射線治療~肺がんについて~
日時 10月11日 (金) 14:45~15:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日は肺がんに関して幅広くお話いただきました。肺がんの分類や肺の構造、放射線治療について説明がありました。肺がんは早期発見・早期治療が重要とのことです。半年に1度は肺がん検診を受けてみることをオススメいたします。例えば、肺がんになる原因はタバコの喫煙によることが多いようです。そのため喫煙されている方は特に検診をしてみるのはよいと思います。
在宅医療のお話 ~生活を支える在宅医療・介護~
日時 10月11日 (金) 19:00~20:00 会場 川崎市総合福祉センター エポックなかはら 7階 第3会議室 MAP 定員 60名
その他 本日は川崎幸病院の登録医であるこだま診療所の児玉院長より在宅医療全般についてお話いただきました。最後には、「在宅医は在宅医療中は患家の準家族であり、患者さんと患家に向かい手を携えて支援する上下の無い全職種スタッフの輪の中に立っている」とのお話で締めくくりました。
薬と上手につきあうために ~薬の正しい飲み方・使い方
日時 10月15日 (火) 【出張講演】 会場 幸区老人クラブ連合会 東地区・戸手九十九会 主催 【出張講演】 定員 --
その他 お薬は、胃を通り、腸に届いて、腸から血液の中に入ってから効果が出ます。ですので、上手にお薬を腸まで届けることが必要です。そのためには、正しい飲み方・使い方を守っていただくごとが大切です。また、正しい使い方を守らないと効果が出ないだけではなく、副作用が出るときもあります。薬の正しい飲み方と使い方についてお話しました。
心と食事について
日時 10月15日 (火) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 2番会議室 MAP 定員 63名
その他 食は人の愛情や退行、コミュニケーションに関わる存在であるだけに、心理的な安定と強い結びつきを持っており、気持ちを切り替えたり、感情を抑えたり、発散したりという道具になっているそうです。ゆえに、心の健康状態で食行動は変化するとのことでした。
中高年の方のスポーツ活動のススメと注意点
日時 10月15日 (火) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 2番会議室 MAP 定員 63名
CTとMRIの違いについて
日時 10月17日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 本日はCTとMRIの違いについて講演いただきました。画像化する原理は、MRIは磁石、CTは放射線とのことです。被曝という点で考えれば、MRIの方は被爆をしませんが、MRIの機器の性能上、機器が発する音が大きかったり、長時間の検査時間が必要だったりという長所や短所があるようです。
もしもの時にあわてない子どもの手当て
日時 10月19日 (土) 【出張講演】 会場 矢向エンゼルホーム 主催 【出張講演】 定員 --
その他 子どもが有事の際にどのような対応を心がけたほうがよいかの話がありました。子どもを育てる上では色々な悩みがあると思います。有事の際、また悩みがある際は一人で抱え込まず最寄りの医療機関、またはかかりつけ医、子育て支援センターなどへ行き相談ください。
病院を上手に受診するために
日時 10月20日 (日) 【出張講演】 会場 川崎区中央第1社会福祉協議会 主催 【出張講演】 定員 --
その他 ※主催団体の方々限定の講演となります。
コレステロールについて~良いコレステロール、悪いコレステロール~
日時 10月21日 (月) 【出張講演】 会場 東亜石油株式会社 主催 【出張講演】 定員 --
その他 コレステロールには2つの種類があるとよく言われます。一つは「悪玉」と呼ばれる「LDLコレステロール」。もう一つは「善玉」と呼ばれる「HDLコレステロール」です。LDLコレステロールはLDLという運び屋によって全身に運ばれるコレステロールですが、これが過剰に増えると血管の壁に蓄積して、血管にプラークと呼ばれるコブができるようです。その結果、血液の流れが悪くなり、これが動脈硬化と言われます。そのため、LDLコレステロールの値を一定以上にならないようにすることが大切と言われているようです。
コレステロールについて~良いコレステロール、悪いコレステロール~
日時 10月22日 (火) 【出張講演】 会場 東亜石油株式会社 主催 【出張講演】 定員 --
その他 昨日に引き続き、同会場・テーマで出張講座を行いました。
けが・病気、こんな時どうすればいいか?
日時 10月22日 (火) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 2番会議室 MAP 定員 63名
その他 『けが、病気、こんな時どうするのが良いか』という救急のテーマで講演をいただきました。救急で運ばれてこられる方の事例をもとに腸閉塞・虫垂炎など幅広いテーマで紹介をいたしました。いつもと違う症状があれば自分で判断するのではなく、医師に相談することが望ましいとのことです。
病院を上手に受診するために
日時 10月22日 (火) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 2番会議室 MAP 定員 63名
その他 病院を上手に受診するためにというテーマで講演いたしました。外来の上手な受診の方法としては症状を詳しく説明できるようにメモをとることが重要のようです。いつごろから、身体のどこに、どんな症状で、経過どうかという内容を説明できるようにすることが、適切な処置につながるようです。
誤嚥性肺炎を防ぐためには
日時 10月23日 (水) 【出張講演】 会場 ひらまの里 特別養護老人ホーム 主催 【出張講演】 定員 --
その他 誤嚥性肺炎は、食事の誤嚥、また加齢によって嚥下機能が低下することによる唾液の誤嚥などがあげられるようです。特に唾液の誤嚥では口腔ケアを実施していることと実施していないとでは口腔ケアを実施しているほうが誤嚥性肺炎になりにくいようです。
食べられないこととは?
日時 10月24日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 本日は食べられないこととは?をテーマに、もし自分や家族の誰かが寝たきりになり、食べることが難しくなったとき、どうするかを考えさせる講演でした。生とは死とは、あまり考える機会がないのですが、死は必ず訪れるものです。どう自分が生き、死へ向かうか・・・。縁起が悪いため話す機会はないと思いますが、大切なことと感じます。家族と一度話してみるのもよいのかもしれません。
胸痛を感じたら・・・ ~狭心症について~
日時 10月24日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 定員 99名
その他 狭心症は発作的に、胸の痛みや圧迫感などの症状を起こす病気だそうです。一般的には、「労作性狭心症」か「安静狭心症」などに分けられるようです。原因は血管内腔が狭くなることによって、心筋に十分な血流・酸素が送り込めないときに胸の痛みが起こるようです。血管狭窄の原因の大多数は糖尿病・高脂血症、高血圧などに引き続いて起こる動脈硬化とのことです。血管狭窄の原因をお持ちの方は一度検診をオススメいたします。
動脈硬化と腎臓病の深~い関係
日時 10月25日 (金) 10:00~11:00 会場 川崎クリニック6階 MAP 定員 90名
その他 本日は動脈硬化と腎臓病の深~い関係の話に変わり、TBSラジオ大沢悠里のゆうゆうワイド/毒蝮三太夫のミュージックプレゼントの公開ラジオの講演をいたしました。
腎臓病の食事療法
日時 10月25日 (金) 11:00~11:30 会場 川崎クリニック6階 MAP 定員 90名
その他 本日は腎臓病の食事療法の話に変わり、TBSラジオ大沢悠里のゆうゆうワイド/毒蝮三太夫のミュージックプレゼントの公開ラジオの講演をいたしました。
糖尿病治療の最前線~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 10月25日 (金) 【出張講演】 会場 河原町ふれあいサロン 主催 【出張講演】 定員 --
その他 糖尿病の方は継続して病院に通院することが重要なようです。病院に通わなくなると糖尿病が悪化し、他の病気との合併症になるリスクが高まるようです。無理することはないのですが、継続的に医療機関にかかり、自分の状態を知ることは必要なことだと思います。
慢性腎臓病(CKD)の治療について
日時 10月26日 (土) 10:30~11:00 会場 川崎クリニック6階 MAP 定員 90名
その他 近年、腎臓病は心筋梗塞や脳梗塞などとの関係も深い、大変危険な病気であることがわかってきました。また、腎臓は大変頑張り屋の臓器で、腎臓の機能が20%程度になるまで、体に異変や不調が見られることはほとんどありません。そのため、自覚症状のないまま放置されがちです。健康診断は定期的に必ず受診、気になることが点があれば早期に腎臓内科を受診することが大切です。
腹水濾過濃縮再静注法について
日時 10月26日 (土) 11:00~11:30 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 お腹には臓器をつつむ膜があるそうです。それは腹膜といい、臓器と臓器の摩擦を少なくするために腹腔とよばれるすきまをつくっているそうです。腹腔には通常20〜50mLの水が入っていますが、さまざまな病気の影響で通常よりたくさん貯まった水、または状態を腹水というようです。腹水は 腹水濾過濃縮再静注法という方法にて、肝硬変やがんなどによって貯まった腹水を濾過濃縮などし、自己の体内へ必要な栄養を戻すという治療があるそうです。
慢性腎臓病(CKD)・検査の見方
日時 10月26日 (土) 11:30~12:00 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 本日は日ごろの血液診断において、腎臓病に診断データの診方について講演をいただきました。診断データは専門的な用語が多いため、分かりにくいことが多々あると思います。本日は診断データの用語の基礎について詳しく説明いただきました。
脳卒中~脳卒中の治療と予防~
日時 10月28日 (月) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 本日は脳卒中についてお話しました。脳卒中には大きく分けて、脳の血管が詰まって起こる脳梗塞と、脳の血管が破れて起こる脳出血、くも膜下出血があります。どちらの病気も動脈硬化という血管の老化が大きな原因です。動脈硬化は高血圧、高脂血症、糖尿病、などの生活習慣病により進行が進みます。日頃の食生活に気を付け、ストレスをためずに生活をすることが大切のようです。
胸の痛みを感じたら・・・~狭心症について~
日時 10月28日 (月) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 狭心症の症状・検査方法・治療法など幅広くお話いただきまいした。別の病気でも胸痛が起こることがあり、逆に胸痛を伴わない心筋梗塞もあるとのことでしたので、少しでも異変があるようでしたら、病院で診察してもらうことをおススメいたします。
肩こり・腰痛に良く効くストレッチ
日時 10月29日 (火) 【出張講演】 会場 デル株式会社 主催 【出張講演】 定員 --
その他 ※主催団体の方々限定の講演となります。
えっ?タバコって歯にも悪いの?~喫煙と口腔衛生~
日時 10月31日 (木) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 2番会議室 MAP 定員 63名
その他 本日は登録医、伴場歯科医院、院長の伴場先生の喫煙と口腔衛生について講演いただきました。タバコは体に悪いことしかない、百害あって一利なしといわれるように、いいことはないようです。口腔内に関してもよいことがなく、歯茎の色が変わるなどの弊害があるようです。
「ここまで見える!」 体にやさしい切らない手術 ~腹腔鏡手術の全て~
日時 11月01日 (金) 14:00~14:45 会場 プラザ大師 2階 『第1・第2学習室』合併 MAP 定員 66名
その他 腹腔鏡手術の最大のメリットは、何といってもお腹を大きく切らないことのようです。手術後にお腹がいたいのは、開腹したことによる傷の痛みとのこと。確かに、お腹を大きく切る開腹手術の痛みに比べて負担は少ないように感じます。ただ腹腔鏡は大変難しい手術のようです。腹腔鏡手術がでできる手術とできない手術があるそうですので充分に医師と相談が必要かもしれません。
冬に多い皮膚炎 ~乾燥肌~
日時 11月01日 (金) 14:45~15:30 会場 プラザ大師 2階 『第1・第2学習室』合併 MAP 定員 66名
その他 本日は冬の時期に多い皮膚のトラブルについて講演をいただきました。乾燥肌の方はお風呂に入る際は熱いお湯につかるのではなく、ぬるめのお湯につかることが冬の乾燥肌にならないための秘訣のようです。
だれも教えてくれない病院の上手なかかり方
日時 11月05日 (火) 19:00~20:00 会場 川崎市総合福祉センター エポックなかはら 7階 第3会議室 MAP 定員 60名
その他 病院の上手なかかり方についての講演をいたしました。
肩こり・腰痛・膝痛を100倍楽しむ方法
日時 11月06日 (水) 14:00~14:45 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 腰痛の人は全国に推定で2800万人いることが、厚生労働省研究班の調査でわかったそうです。40~60代の約4割は腰痛に悩んでおり、関係学会では、一般的な治療法ごとにお勧め度をまとめているようです。原因不明の腰痛では、安静よりも運動が効果的で、1カ月以上続く痛みにはマッサージの効果ははっきりせず、ストレスなど心理的な影響も腰痛の引き金になると認定されたようです。つまりストレスをためずいることが、精神的にも原因不明な腰痛改善にもある程度改善が見込まれるとのことです。・・・本当でしょうか。ただ病は気からといわれています。今以上に笑顔で過ごしていきたいものです。
看護師が伝えるシリーズ ~血圧について~
日時 11月06日 (水) 14:45~15:30 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 高血圧とは、血圧が一定より高い状態が続くことだそうです。高血圧の診断は診察室にて水銀血圧計か、それと同じ程度に正確な自動血圧計で正しく測った数値にて、高血圧かそうでないかが判断されるようです。活動中の血圧は、運動の強さによって常に変動し、一度目に測ったときに収縮期血圧160/拡張期血圧90mmHgだった人が、数分後には140/80mmHgに下がっているなどがよくあるそうです。そのため血圧を正確に測るためには、少なくとも15分間は静かにすわって安静にしてから、測ることが望ましいようです。
胸部大動脈瘤と急性大動脈解離について
日時 11月07日 (木) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 ※大変申し訳ございませんが、本公演は緊急手術の関係上、休講とさせていただきます。なお第2講演の造影CT~造影って何!!!?~は講演をいたします。どうぞよろしくお願いいたします。
造影CT~造影って何!!!?~
日時 11月07日 (木) 14:45~15:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日は造影CTの利点や副作用についてお話いたしました。 造影CTは水分補給による副作用低減効果が認められ、検査当日に飲むことが最も効果があると言われているそうです。ただ、水分とはいえ牛乳は胃酸によって胃で固まってしまうため、副作用の1つである嘔吐があった場合危険なので、飲まない方がいいとのことです。
インフルエンザ予防について
日時 11月07日 (木) 【出張講座】 会場 スターブル塩浜 主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は主催者からの申し入れにより中止となりました。
糖尿病と年末年始
日時 11月08日 (金) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 4階 『第1・2・3学習室合併』 MAP 定員 108名
その他 糖尿病はストレスによって、血糖の値が変化するようです。年末年始はストレスがたまる時期と忘年会や外食をする機会が多くなると思いますが、食事の量に気を付けて日々を過ごしていくことが必要となるようです。
コレステロールについて~良いコレステロール、悪いコレステロール~
日時 11月08日 (金) 14:45~15:30 会場 川崎市教育文化会館 4階 『第1・2・3学習室合併』 MAP 定員 108名
その他 悪玉コレステロールという言葉を聞くと、コレステロールは悪いものだと思われます。しかし、コレステロールは人間の身体をつくるために必要な要素のひとつだそうです。大切なのはコレステロールを高すぎず低すぎずちょうど良いバランスに保つことです。バランスが崩れると動脈硬化などの原因になりますので、生活習慣等に気を付けた食生活、適度な運動が必要のようです。
糖尿病治療の最前線~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 11月08日 (金) 【出張講座】 会場 幸区老人クラブ連合会 主催 【出張講座】 定員 --
その他 糖尿病は糖が尿にでてからでは遅いそうです。検診で尿に糖の値がでていなくとも血液検査で空腹時の血糖が120mg/dlを超えた値が出た場合は、早期の治療が望ましいそうです。糖尿病は多くの合併症がかかわります。まずは検診から自分の身体を知りましょう
慢性腎臓病(CKD)の基礎~腎臓のはたらきを知ろう~
日時 11月11日 (月) 14:00~14:45 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 ※事前申込み不要、参加費無料です。
慢性腎臓病(CKD)治療の実際 ~食事療法と薬物療法~
日時 11月11日 (月) 14:45~15:30 会場 川崎クリニック6階 会議室 MAP 定員 90名
その他 ※事前申込み不要、参加費無料です。
心と健康について
日時 11月12日 (火) 10:00~11:00 会場 川崎市総合福祉センター エポックなかはら 7階 第3会議室 MAP 定員 60名
その他 人は日常生活のなかで、さまざまなストレスを受けています。 ストレスには良いものと悪いものがあり、人はそのなかでバランスを取りながら生活しているそうです。ストレスは個人の価値観や捉え方によっても変わってきます。たとえば、仕事に熱心で真面目な人は、仕事にあまり重きを置いていない人よりも、仕事上の失敗をストレスと感じやすいようです。一方、失敗を糧とするようなタイプの人にとっては、むしろ「良いストレス」になることもあるかもしれません。ストレスの解消については自分の気持ちや考えを素直に伝えること、我慢ができそうなときには、ときには我慢をしてみること等、状況において対処を変えることが望ましいようです。
脳を若く保つ!
日時 11月12日 (火) 【出張講座】 会場 いきいき教室同好会 主催 【出張講演】 定員 --
その他 65歳以上の7人に1人といわれる認知症。記憶を司る脳が衰えていることは知られているが、最近では、感情を司るところも衰え、認知症の発症に大きく関わることが言われているようです。また、耳垢と認知症にも大きな関わりがあるとも言われています。認知症にならないようにするためにはどうするか?それは人とよく話すこと、趣味を多く見つけること、違ったことをしてみることなどがボケないためには必要とのことです。
食べる楽しみをいつまでも ~最新治療から口腔ケアまで~
日時 11月13日 (水) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 本日は登録医、熊沢歯科医院の熊沢院長に講演をいただきました。講演内容は食べる楽しみをいつまでもというテーマにて口腔ケアに関する治療方法やインプラントやホワイトニングなどの最新の治療についてさまざまなテーマを取り上げ講演をいただきました。
あなたも家庭の救命士 ~使ってみようAED!!~
日時 11月13日 (水) 【出張講座】 会場 お茶べりサロン 主催 【出張講座】 定員 --
その他 本日はAEDの使い方や心肺蘇生法について講演をいたしました。AEDは電源をいれてアナウンスに従って操作するだけで、簡単に扱える医療機器です。もし、あなたの目の前で人が倒れたらどうしますか?AEDは身近にある機器です。もしもの際、AEDを使用できるよう、設置場所を確認し、緊急時に使用できるほうがよいですね。
CTで診るあなたのお腹~こんな病気がわかります~
日時 11月14日 (木) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 CT診断について講演をいただきました。CTで投影される情報は黒から白のグラデーション。また映像は縦または横に輪切りをしたように写されます。黒は空気、カルシウムが多い骨は白色に写されます。映像のグラデーションによって胆石があるなど診断ができるようです。
看護師が伝えるシリーズ ~脳卒中の早期発見と救急外来の受診の仕方~
日時 11月14日 (木) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 脳卒中の早期発見と救急外来の受診方法について講演をいただきました。脳卒中は4時間半までに治療ができることとできないとでは治療後の後遺症の有無に大きくかかわってくるとのことです。もし顔にゆがみをもつ、言葉がうまく話せない、理解できない等の異常があった際は至急、開頭手術等ができる施設へ受診していただくことをオススメいたします。
プロフェッショナルな「救急医療」 ~川崎幸病院の流儀~
日時 11月15日 (金) 【出張講座】 会場 大島地区社会福祉協議会 主催 【出張講座】 定員 --
その他 ※主催団体の方々限定の講演となります。
【かわさき幸・血管フォーラム】動脈硬化と心臓病・脳卒中 ~最新治療と予防について~
日時 11月16日 (土) 9:40~11:45 会場 川崎市産業振興会館 1階  『ホール』 MAP 定員 478名
その他 ※事前申込み不要、参加費無料です。
病院の薬と市販薬について
日時 11月18日 (月) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 病院の薬と市販薬の違いについて講演いたしました。
ハイブリット治療~手術とIVRの融合~
日時 11月18日 (月) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 血管の疾患についての治療方法について、手術とIVRの融合をテーマに講演をいたしました。
だれも教えてくれない病院の上手なかかり方
日時 11月19日 (火) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 病院を上手に受診するためにというテーマで講演いたしました。外来の上手な受診の方法としては症状を詳しく説明できるようにメモをとることが重要のようです。いつごろから、身体のどこに、どんな症状で、経過どうかという内容を説明できるようにすることが、適切な処置につながるようです。
けが・病気、こんな時どうすればいいか?
日時 11月19日 (火) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 本日の講座は救急について。川崎幸病院の救急受け入れ態勢のご紹介と怪我や病気になったときの応急処置などについてお話ししました。切り傷の止血方や消毒法、また救急車を呼ぶかどうかの判断、また、冬場に救急者で運ばれる方が増える一酸化炭素中毒や、餅をのどに詰まらせたなどいざという時の対処方についてお話しました。
看護師が伝えるシリーズ ~むくみについて~
日時 11月20日 (水) 【出張講座】 会場 しおん地域包括支援センター 主催 【出張講座】 定員 --
その他 本日は”むくみ”についての講演をいただきました。普段ある”むくみ”の原因は塩分の取りすぎや同じ姿でいることが多いからとのことです。つまり座りっぱなし、立ちっぱなしは”むくみ”の原因となるようです。できれば同じ姿ではなく、少しストレッチしたりすることが必要ですね。また塩分は控えめに。
動悸を感じたら・・・~不整脈について~
日時 11月21日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 動悸には心臓由来と心臓以外の要因によって起こるものがあるとのことでした。動悸のすべてが必ずしもすぐに治療が必要なものばかりではないですが、動悸と一緒に胸痛や呼吸困難・急に目の前が暗くなる・気が遠くなるといった症状がある場合は、すぐに病院へいきましょう。
リハビリの大切さ
日時 11月21日 (木) 【出張講座】 会場 川崎高等学校 主催 【出張講座】 定員 --
その他 本日は川崎市立川崎高等学校福祉科においてリハビリの大切さについての講義をいたしました。将来、介護・福祉を担う生徒にリハビリの大切さ、Welfareについて現場での活動内容を踏まえた授業をいたしました。
低カロリースイーツでティータイム
日時 11月22日 (金) 14:30~16:00 会場 川崎市教育文化会館 5階 『料理教室』 MAP 定員 --
その他 本日はかわさき健康塾初となる、「料理教室」を行いました。 「ミルク寒天/コーヒー寒天」「焼きりんご」「パンケーキ」の調理・試食を行いました。 今後も料理教室を継続的に行っていく予定ですので、ぜひご参加ください。
コレステロールについて~良いコレステロール、悪いコレステロール~
日時 11月22日 (金) 【出張講座】 会場 河原町ふれあいサロン 主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は河原町ふれあいサロンにて出張講演をいたしました。テーマはコレステロール。コレステロールはバランスが大切だそうです。 悪玉コレステロールが多くても、善玉コレステロールが多すぎることも身体にはよくないそうです。 血液検査をされた際は、悪玉コレステロール、善玉コレステロールが基準値内かよく確認をしてみてください。
元気に歩ける体操
日時 11月25日 (月) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 4階 『第1・2・3学習室合併』 MAP 定員 108名
その他 登録医の医療法人啓和会、野末整形外科歯科内科の清水様に講演をいただきました。本日は講師と来場者の方々一丸となって“元気に歩ける”体操を行いました。ストレッチや、肩を伸ばす運動などを行い、講演終了後にはみなさん笑顔になっていたことがとても印象的な講座でした。
お母さんのためのお薬講座
日時 11月25日 (月) 【出張講座】 会場 子育て支援センター あすなろ 主催 【出張講座】 定員 --
その他 乳幼児の薬全般についてのお話をいたしました。 うまく薬を飲ませられない場合は、食後を食前にする、温度を変えてみる、飲ませる人を変えてみる、自分で飲ませるなど、色々と手段を変えてみることが有効だそうです。
おしっこの話
日時 11月26日 (火) 13:30~14:15 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 本日は川崎幸病院の登録医である、おさないクリニックの長内院長より、 泌尿器科と食事のおはなしとのことにて話をいただきました。本日は特に尿路結石と食事の関係について話がありあした。尿路結石は尿の中に含まれている物質が腎臓の中で結晶をつくり、それが蛋白質などの有機物質と結合し、固まったものを結石というようです。食事や日常習慣によって影響をうけるそうです。食事は片寄りなくバランスのよい食事を心掛け、運動を適度にすることがよいようです。
不整脈と脳梗塞の危ない関係
日時 11月26日 (火) 13:30~14:30 会場 川崎市国際交流センター 『第4.5会議室合併』 MAP 定員 60名
その他 本日は川崎幸病院の登録医である、豊崎医院の豊崎院長よりご講演いただきました。 不整脈の代表である心房細動が、高齢化に伴い増加しており、心房細動は脳梗塞の原因として極めて重要であるということをお話いただきました。心原性脳梗塞の予後は不良であり、予防として抗凝固薬の服用が必要であるとのことでした。
元気な今だから考える老後の施設
日時 11月26日 (火) 【出張講座】 会場 南河原地区社会福祉協議会/南河原地区すこやか活動推進委員会 主催 【出張講演】 定員 --
その他 本日は高齢者施設についての講演をいたしました。現在は元気と思っていても、一寸先は闇というようにどうなるかはわかりません。今から自分が施設をつかうことになったとき、または使わないで自宅で過ごしていくとするならばどのような備えが必要か、考える必要があるなと感じました。
大腸検査について
日時 11月27日 (水) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 胃がんも大腸がんも早期発見・早期治療が大切です。しかし早期のがんはほとんどが無症状です。そのため、早期発見のためには定期的に内視鏡検査を受けることが大切です。しかし、内視鏡検査は苦しいと思われている方が多いです。 鎮静剤の使用や経鼻内視鏡の活用など、内視鏡検査の苦痛軽減のための当院での取り組みについてお話をしました。
CTの上手な利用のしかた ~こんな病気に有用です~
日時 11月27日 (水) 13:30~14:30 会場 川崎市国際交流センター 『第4.5会議室合併』 MAP 定員 60名
その他 本日は登録医の久保田クリニック院長にCTの上手な利用のしかたについて講演いただきました。CTでわかる病気やわかりにくい病気について教えていただきました。
乳がんの誤解と正解 ~あなたは、そのウワサ信じますか?~
日時 11月28日 (木) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 乳がんについて講演をいただきました。 乳がんは全て同じ方法で治療は行わないそうです。 乳がんは遺伝子の異なる‘がん遺伝子’が現在10種ほど見つかっているそうです。 乳がんは初期に発見されることが重要とのことです。 現在、マンモグラフィー検査等ありますので、一度検診されることをおすすめいたします。
放射線治療にできること~乳がんの再発予防と緩和について~
日時 11月28日 (木) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 ※講演予定であった芝田紫野医師が体調不良のため、急遽講師を変更させていただきました。 芝田医師に代わり、田中良明医師(川崎幸病院 放射線治療医師 放射線治療センター長/副院長)より同テーマについてお話させていただきました。 
動脈硬化と骨と腎臓病の深~い関係
日時 11月29日 (金) 【出張講座】 会場 川崎市老人クラブ連合会 女性部大会 主催 【出張講座】 定員 --
その他 本日は川崎市老人クラブ連合会 女性部大会への出張講演を実施いたしました。特にテーマは骨粗しょう症について、80歳以上の女性は2人に1人は骨粗しょう症のようです。カルシウムとビタミンDの摂取、また日光浴が適度に必要のようです。
慢性腎臓病(CKD)と骨と動脈硬化について
日時 11月30日 (土) 10:30~11:15 会場 川崎日進町ビルディング6階 川崎クリニック会議室 MAP 定員 90名
その他 近年、腎臓病は心筋梗塞や脳梗塞などとの関係も深い、大変危険な病気であることがわかってきました。また、腎臓は大変頑張り屋の臓器で、腎臓の機能が20%程度になるまで、体に異変や不調が見られることはほとんどありません。そのため、自覚症状のないまま放置されがちです。健康診断は定期的に必ず受診、気になることが点があれば早期に腎臓内科を受診することが大切です。
腹水濾過濃縮再静注法について
日時 11月30日 (土) 11:15~11:45 会場 川崎日進町ビルディング6階 川崎クリニック会議室 MAP 定員 90名
その他 お腹には臓器をつつむ膜があるそうです。それは腹膜といい、臓器と臓器の摩擦を少なくするために腹腔とよばれるすきまをつくっているそうです。腹腔には通常20〜50mLの水が入っていますが、さまざまな病気の影響で通常よりたくさん貯まった水、または状態を腹水というようです。腹水は 腹水濾過濃縮再静注法という方法にて、肝硬変やがんなどによって貯まった腹水を濾過濃縮などし、自己の体内へ必要な栄養を戻すという治療があるそうです。
ハイブリッド治療~手術とIVRの融合~
日時 12月02日 (月) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 4階 『第1・2・3学習室合併』 MAP 定員 108名
その他 血管の疾患についての治療方法について、手術とIVRの融合をテーマに講演をいたしました。
放射線治療は怖くない
日時 12月02日 (月) 14:45~15:30 会場 川崎市教育文化会館 4階 『第1・2・3学習室合併』 MAP 定員 108名
その他 本日は放射線治療についての講演をいたしました。放射線治療は放射線技師や放射線治療医がいることによって人体に有益な働きが期待できる治療ということがわかりました。
今日から分かる検査データ
日時 12月02日 (月) 19:00~19:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日は検査データについての講演をいたしました。検査データはわかりにくいことが多くあると思いますが、丁寧に説明いただきました。
プロフェッショナルな「救急医療」 ~川崎幸病院の流儀~
日時 12月02日 (月) 19:30~20:00 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日は救急医療の現状と幸病院で実施している救急医療の紹介をいたしました。
五十肩・腰痛・膝痛サヨナラ ~軽い体操をしながら~
日時 12月03日 (火) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 肩こり、膝痛、腰痛など痛みを解決するための体操をいたしました。例えば腰痛の原因はお腹まわりの筋肉や腰回りの筋肉を動かさないことで腰を支える力が弱ることが要因のようです。腰痛はお腹まわりの筋肉をつけることで腰痛が緩和していくようです。無理はせず、自分ができる範囲で毎日お腹まわりの筋肉を鍛えることが望まれるようです。
医療ソーシャルワーカーの上手な活用方法
日時 12月03日 (火) 14:45~15:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日は医療ソーシャルワーカーの上手な活用方法について講演をいたしました。ソーシャルワーカーは社会的に支援を必要とする人々とその環境に働きかけを行うとともに必要な社会福祉のサービスを開発・運営する役割をしているそうです。適切な医療を受ける上で、生活との折り合いがつかない際の重要な相談役であるため、気軽に相談をしてみてください。
健康な老後を過ごすために~生活習慣病の予防と付き合い方~
日時 12月04日 (水) 13:30~14:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 本日は川崎幸病院の登録医である、松葉医院の院長・松葉育郎先生より生活習慣病の予防と付き合い方についてお話いただきました。 生活習慣病の予防には、バランスの良い食事・適度な運動・充分な睡眠などが有効であるとのことです。普段からバランスの良い食事・適度な運動・睡眠は言われていることと思いますが、日常生活において1つでも変化を重ねていくことが必要のようです。
心と休暇
日時 12月05日 (木) 10:00~11:00 会場 川崎日進町ビルディング6階 川崎クリニック会議室 MAP 定員 90名
その他 ストレスがたまると、何がリラックスか分からず、理想を高く持ってしまいがちです。しかし、一生不安にならない、一生うつにならないなど、それは不可能なことだそうです。いかに余分な不安、余分な緊張が抜けるかが大事とのお話をいたしました。
急性大動脈解離について
日時 12月05日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎日進町ビルディング6階 川崎クリニック会議室 MAP 定員 90名
その他 本日は大動脈解離についての講演でした。どんな病気か?症状は?病気を見つけるための検査は?治療法は?大動脈解離の病気についてくわしくお話しました。どんな病気の手術でもリスクはあります。手術を受けるリスクと手術を受けないリスクを比べてよりリスクが少ない選択が必要と知りました。
今日から分かる検査データ
日時 12月05日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎日進町ビルディング6階 川崎クリニック会議室 MAP 定員 90名
その他 本日は検査データについての講演をいたしました。検査データはわかりにくいことが多くあると思いますが、丁寧に説明いただきました。
糖尿病のミカタ
日時 12月09日 (月) 14:00~14:45 会場 川崎日進町ビルディング6階 川崎クリニック会議室 MAP 定員 90名
その他 本日は糖尿病についての講演をいただきました。糖尿病は全身疾患のもととなります。糖尿病にならないように日々の生活を見直すことが必要のようです。
糖尿病と腎臓のアブナイ関係?
日時 12月09日 (月) 14:45~15:30 会場 川崎日進町ビルディング6階 川崎クリニック会議室 MAP 定員 90名
その他 本日は糖尿病と腎臓の関係について講演いただきました。糖尿病は全身疾患のため腎臓にも影響があるそうです。まずは糖尿病にならないように偏った栄養を摂取するのではなく、まんべんなく栄養を摂取することが必要のようです。また日々の生活に運動を少しずつでも取り入れることが必要のようです。
「認知症予防体操」
日時 12月09日 (月) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 『3番会議室』 MAP 定員 60名
その他 本日は登録医、野末整形外科歯科内科より認知症予防体操を実施いたしました。認知症予防のためには同じような行動ではなく、いろいろと考えながら体を動かしたほうが認知症予防につながるようです。
看護師が伝えるシリーズ ~頭の病気 このサインに注意を~
日時 12月10日 (火) 【出張講座】 会場 河原町デイサービス 主催 定員 --
その他 本日は脳卒中のサインを早期に見つける方法について講演いただきました。脳卒中の注意すべきサインは10項目あるそうです。ただ一番注意が必要なことは普段と違うことを察知することが必要とのことです。そのためには家族とのコミュニケーションをよくはかることが大切です。
胆石のはなし
日時 12月11日 (水) 14:00~14:45 会場 川崎日進町ビルディング6階 川崎クリニック会議室 MAP 定員 90名
その他 本日は胆石についての話がありました。胆石の初期症状としては、背中に違和感を覚えることがあったり、脂っこいものを食べた数時間後に、右の上部のお腹に不快感を覚えたり軽い痛みがでるそうです。何か気になることがあればためらわず、かかりつけ医に相談をして早期に治療をすることが良いようです。
1211(胃にいい)はなし
日時 12月11日 (水) 14:45~15:30 会場 川崎日進町ビルディング6階 川崎クリニック会議室 MAP 定員 90名
その他 本日は12月11日、胃に良いという語呂合わせにて、胃腸の日と言われています。そのため特別講演にて胃に良い話を講演いたしました。12月は忘年会や飲み会が多いこの月になります。今回は胃に起こる様々な症状について、また治療について、幅広く講演いただきました。
動悸を感じたら・・・~不整脈について~
日時 12月11日 (水) 14:00~14:45 会場 川崎市総合福祉センター エポックなかはら 7階 第3会議室 MAP 定員 60名
その他 本日は動悸を感じたらというテーマにて不整脈について、症状や治療方法についての講演をいたしました。
膝痛に対する運動療法と手術について
日時 12月13日 (金) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日は膝痛に対する治療方法について講演をいたしました。
心臓病治療の最前線~不整脈に対する最先端治療~
日時 12月13日 (金) 14:45~15:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日は心臓病治療の最前線という内容にてアブレーションについての治療方法について講演をいたしました。
お正月に気を付けたい 家族の為の救急講座
日時 12月13日 (金) 【出張講座】 会場 南幸町一丁目都町町内会 主催  定員 --
その他 本日は家族のための救急講座という内容にて身近でできる”いざ”というときの対応方法について講演をいたしました。
いまさら聞けない!病院でもらう領収書の見方と疑問
日時 12月16日 (月) 19:00~19:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 医療費について、特に病院で発行している領収書の見方について講演をいたしました。
病院を上手に受診して診察時間と医療費をスリムに!
日時 12月16日 (月) 19:30~20:00 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日は病院を上手に活用するやり方について講演をいたしました。
病院を上手に受診するために
日時 12月17日 (火) 【出張講座】 会場 いきいき教室同好会 主催  定員 --
その他 本日は病院を上手に受信するためにというテーマにて、最近の病院事情を講演いたしました。
糖尿病治療の最前線~わかりやすい糖尿病のお話~
日時 12月17日 (火) 14:00~14:45 会場 川崎市教育文化会館 4階 『第1・2・3学習室合併』 MAP 定員 108名
その他 本日は糖尿病についての講演をいたしました。糖尿病はひそかに訪れる疾患とのことです。定期健診は必ず受けて、自らの身体の状況を知ることが必要とのことです。
けが・病気、こんな時どうすればいいか?
日時 12月17日 (火) 14:45~15:30 会場 川崎市教育文化会館 4階 『第1・2・3学習室合併』 MAP 定員 108名
その他 本日は急なけがをした場合どのような対応が必要か、簡単な治療方法についての講演をいたしました。
まぶたのたるみのお話
日時 12月18日 (水) 14:00~14:45 会場 川崎日進町ビルディング6階 川崎クリニック会議室 MAP 定員 90名
その他 まぶたのたるみについて話をいただきました。目は加齢による影響が最も出やすいパーツとのことです。原因は、重力の影響で目の周りの筋肉が落ち、皮膚が伸びてしまうことで、“たるみ”を招いてしまうことがあるそうです。伸びてしまった余分な皮膚を取り除けば、一気に若返ることができるようなので、気にされる方は一度最寄の形成外科の受診をされてみてはいかがでしょうか。
病院の薬と市販薬について
日時 12月18日 (水) 14:45~15:30 会場 川崎日進町ビルディング6階 川崎クリニック会議室 MAP 定員 90名
その他 本日は病院の薬と市販薬の違いについて紹介いただきました。
便秘とおしりの話
日時 12月19日 (木) 13:30~14:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 本日は、当院登録医の田代医院院長の田村先生が便秘についてのお話をしました。 今回の講座では、便秘を予防する食事、生活習慣などについてお話をしました。
体がゆがむと顔も頭も悪くなる
日時 12月19日 (木) 15:00~16:00 会場 ソリッドスクエア西館1階 『2番会議室』 MAP 定員 63名
その他 本日は登録医の塩谷先生が身体のゆがみと健康についての講演をいたしました。
看護師が伝えるシリーズ ~他人に聞けない便のはなし~
日時 12月19日 (木) 【出張講座】 会場 上平間ハイム 主催  定員 --
その他 本日は便についての話をいたしました。軟便、硬便、便秘等についての幅広く便についての講演、快便に向けての紹介をいただきました。
放射線治療にできること
日時 12月20日 (金) 14:00~14:45 会場 川崎市国際交流センター 『第4.5会議室合併』 MAP 定員 60名
その他 本日は放射線治療として治療ができることをテーマにどのような治療ができるかを詳しく説明いただきました。
クリスマスに糖尿病のお話し ゆく年くる年感染予防のお話し
日時 12月25日 (水) 14:00~15:00 会場 川崎日進町ビルディング6階 川崎クリニック会議室 MAP 定員 90名
その他 本日は川崎幸病院、認定看護師2名による限定コラボ講演をいたしました。講演テーマはクリスマスに糖尿病のお話し ゆく年くる年感染予防のお話しについてです。クリスマスにちなんだ血糖を下げる料理の紹介や年末に向けた大掃除の話について講演をいたしました。
胸部単純写真について
日時 12月26日 (木) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 本日は胸部X線検査(レントゲン)についての講演をいたしました。 レントゲンでは重なっている部分を読み取ることができないそうなので、レントゲンを撮る際には、ガラの付いたTシャツを着ないことや、髪の毛が長い方は髪の毛が写らない様に上げるなどの注意が必要とのことです。ただ、レントゲンはCTの被ばく量と比べると20分の1で検査できるとのことなので、病気の早期発見のためにも年に1度は検査をすることをおススメいたします。
脳卒中について学びましょう!!
日時 12月26日 (木) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階 『第3研修室A・B室』 MAP 定員 99名
その他 脳卒中の予防方法や治療方法について幅広い講演をいたしました。 「半身がしびれる」「ろれつがまわらなくなる」「今までに感じたことのないような頭痛」などは、脳卒中の特に危険なサインなので、左記のような症状が万が一起きたら迷わず病院へ行きましょう。
知って安心! あなたの情報は私たちが守ります ~診療情報管理士ってどんな人?~
日時 12月27日 (金) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日は来院されている方とは接する機会のない診療情報管理士についての話をいたしました。病院は多くの職員が支えていることがわかる講演でした。
お酒との健康的なおつきあい ~美味しく・楽しく・体に優しく~
日時 12月27日 (金) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日はお酒との健康的な付き合いについて管理栄養士の観点からの講演をいたしました。お酒をほどほどに摂取することで体に良い影響がみられるようです。お酒は楽しく、美味しく飲みたいものです。
お酒との健康なお付き合い
日時 12月27日 (金) 【出張講座】 会場 河原町ふれあいサロン 主催  定員 --
その他 本日はお酒との健康なおつき合いということで、年末年始によく飲むお酒についての講演をいたしました。お酒はほどほどにというように、飲みすぎると体には悪い影響しかないようです。年末年始はお酒と付き合うことが多いと思いますが、泥酔するような一気飲みはしないようにしてください。
川崎幸病院のミッション
日時 01月07日 (火) 13:30-14:30 会場 川崎幸病院 5階 講義室  MAP 定員 81名
その他 新年最初の健康塾は「川崎幸病院のミッション」をテーマに現在の医療問題の現状を踏まえ、川崎幸病院として取り組むべきことにフォーカスをあてて講演をいたしました。これからも地域に愛される病院として頑張っていきたいと考えております。本年も「川崎幸病院並びにかわさき健康塾」をよろしくお願いいたします。
パーキンソン病のおはなし
日時 01月08日 (水) 14:00~14:45 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 『研修室1、2、3』 MAP 定員 81名
その他 本日はパーキンソン病についての講演をいたしました。パーキンソン病はふるえ、動作緩慢、小刻み歩行などの症状がでるようです。脳内の中脳という場所の黒質という部分の神経細胞の数が減ることが原因のようです。ただ真相はまだ判っていないようです。薬剤療法・手術療法があるようですが、個々によって症状が違うようですので、最寄の神経内科を専門にしている診療所へ受診し、治療をすすめることが重要のようです。
ハイブリッド治療 ~手術とIVRの融合~
日時 01月08日 (水) 14:00~14:45 会場 総合福祉センターエポックなかはら第3会議室 MAP 定員 60名
その他 本日は血管内に挿入した医療機器によって行われるステント治療の最新治療について紹介をいたしました。
小刻みに歩くようになったら要注意⁉~パーキンソン病のリハビリ~
日時 01月08日 (水) 14:45~15:30 会場 ミューザ川崎シンフォニーホール 4階研修室1+2+3 MAP 定員 81名
その他 パーキンソン病が発症した際、ふるえ、動作緩慢、小刻み歩行などの主な症状が発生するそうです。パーキンソン病が進行すると筋肉が固くなり、動かしにくくなるそうです。ただ適切なリハビリ、筋肉のコリをほぐすことによって症状が緩和することがあるそうです。本日はパーキンソン病を発症した際に実際リハビリを実施している内容を簡単な体操にし、実践をいたしました。
造影CT~造影って何!!!?~
日時 01月09日 (木) 14:00~14:45 会場 ソリッドスクエア西館1階 2番会議室 MAP 定員 63名
その他 造影についての講演をいたしました。造影剤は病気を見つけ出すために、あるいは病変があればその性状を詳しく調べる目的で使用されるそうです。しかしながら、体質によっては、他の薬と同様に副作用が発生する場合があるようです。もし造影CTをする際、疑問に思うことがあれば、放射線技師や看護師へ気軽に相談をしてください。
脳卒中~脳卒中の危ないサイン~
日時 01月09日 (木) 14:45~15:30 会場 ソリッドスクエア西館1階 2番会議室 MAP 定員 63名
その他 脳卒中についての講演をいたしました。脳卒中の特徴は、脳の血管が破れるか詰まるかして、脳に血液が届かなくなり、脳の神経細胞が障害されることのようです。より早期(3時間以内が目安)に治療を開始すると後遺症が軽くなる救急疾患とのことですので、何か視野に異変があったり、普段とことなるようなことがあれば救急の受診をしてください。
腸内環境を整えよう!
日時 01月09日 (木) 13:45~14:15 会場 ルリエ新川崎 2階集会室 MAP 定員 40名
その他 ※事前申込み不要、参加費無料です
最新の放射線治療 ~より体にやさしい治療を目指して~
日時 01月14日 (火) 14:00~14:45 会場 川崎市産業振興会館 9階第3研修室A・B室 MAP 定員 99名
その他 放射線治療についての講演をいただきました。がん治療は、3大治療法である外科療法、放射線療法、化学療法(抗がん剤)を組み合わせておこなうことが必要のようです。その中で放射線治療はがんの病巣部に放射線を照射して、がん細胞を死滅させる局所療法とのこと。治療前の検査技術や照射方法の進歩によって、がんの大きさや位置を正確に測り、その部分だけに集中的に照射することが可能になって、効果は格段に向上しているそうです。もし放射線治療について気になることがあれば、弊施設または放射線治療科を設置している施設へお問い合わせください。
安全・安心な放射線治療を目指して ~医学物理士の仕事とは~
日時 01月14日 (火) 14:45~15:30 会場 川崎市産業振興会館 9階第3研修室A・B室 MAP 定員 99名
その他 本日は放射線治療の縁の下の力持ちでもある医学物理士についての紹介をいたしました。放射線治療をしていく上で、放射線の放射を調整し、適切な治療ができるように取り組んでいく職員が放射線治療品質管理と言われる職業とのことです。大学病院や高度先進医療を推進していく施設にいるそうですが、民間では医学物理士の採用をしているところは極々わずかの様です。
肩こり・腰痛・膝痛を100倍楽しむ方法
日時 01月15日 (水) 14:00~14:45