スマートフォン用ページへ

外来のご案内

 
 

支払いについて

入院費のお支払い

入院費は毎月10日に計算し、月に1回請求書をお渡しいたします。
お支払いは2階受付窓口にてお願いいたします。

計算期間請求書発効日お支払い
1~月末10日月末まで

銀行・郵便局のキャッシュカード・クレジットカードでのお支払いが可能です。
詳しくは担当者までご確認下さい。(小切手でのお支払いはご遠慮下さい)
会計受付は365日24時間可能です。ご都合のよい時にお支払い下さい。

● 入院時食事負担額(1食あたり)

  • 一般 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 460円
  • 非課税世帯(入院から90日迄) ・・・・・・・・・・・・・ 210円
  • 同上(入院から91日以降) ・・・・・・・・・・・・・・・・ 160円
  • 標準負担額減額認定区分Ⅰ ・・・・・・・・・・・・・・・ 100円
  •        〃       Ⅱ  ・・・・・・・・・・・・・・ 210円

限度額適用認定証について

高額入院費が予想される70歳未満の患者さまへご案内

高額療養費制度が平成19年4月1日より変更され、高額な入院費(1ヶ月単位)の病院窓口負担について事前手続きにより、下表にある自己負担限度額にとどめられます。

高額療養費制度(限度額適用認定証)とは・・・?
  • 医療費の自己負担分(一部負担金)が自己負担限度額以上になった場合、高額療養費制度が適用になります。保険者で手続きしていただくと、 患者さまは保険診療分における自己負担限度額(食事代等は含まれません)のみを病院にお支払いいただき、差額分ついては保険者が病院へ支払う形になります。
  • 各保険者で手続きを行って下さい。手続きが完了すると、限度額適用認定証が発行されますので、そちらを病院受付にご提出下さい。
  • お支払いは1 ヶ月につき医療機関ごとに自己負担額までとなります。
  • 限度額適用認定証申請した月の1日からの適用となりますので、月末のご入院の場合はお早めに手続きをお願い致します。

お手続き方法:保険の種類を確認し、被保険者証の「保険者」にて申請して認定証をお受け取り下さい。

保健の種類保険者手続きの窓口・問い合わせ先
国民健康保険市区町村市区町村の国民健康保険の係
組合健康保険○○健康保険組合・△△共済組合健康保険組合、共済組合又は勤務先
政府管掌保険全国健康保険協会(協会けんぽ)各都道府県支部

自己負担限度額計算方法

適用区分自己負担限度額
ア 標準報酬月額
83万円以上
252,600円 +(総医療費-842,000円)× 1%
(4回目以降限度額 140,100円)
イ 標準報酬月額
53万円~79万円
167,400円 +(総医療費-558,000円)× 1%
(4回目以降限度額 93,000円)
ウ 標準報酬月額
28万円~50万円
80,100円 +(総医療費-267,000円)× 1%
(4回目以降限度額 44,400円)
エ 標準報酬月額
26万円以下
57,600円
(4回目以降限度額 44,400円)
オ 低所得者
住民税非課税
35,400円
(4回目以降限度額 24,600円)

70 歳以上の方の自己負担限度額

所得区分外来(個人ごと)外来+入院(世帯合算)
一般14,000 円57,600 円
現役並み所得者57,600 円80,100 円+(総医療費-267,000円)× 1%
低所得者Ⅰ8,000 円15,000 円
低所得者Ⅱ24,600 円

DPC導入による入院医療費算定方法変更のお知らせ

川崎幸病院では、平成18年6月1日より『疾患別による包括評価制度(DPC=Diagnosis Procedure Combination)』を導入致しましたので、入院医療費の計算方法が変更になります。
これは国の先駆的な試みである医療の質の標準化を目指すものであり急性期入院医療の入院患者さんの病気や病状をもとに、1日あたりの薬、検査など多くの診療内容の費用が包括的に決められています。
なお手術料、内視鏡検査、リハビリなどについては包括金額には含まれず個別に計算します。