スマートフォン用ページへ

NEWS 一覧

急変対応勉強会

2018年03月30日

今回はICLSチームが院内で取り組んだ、急変対応勉強会についてご紹介します。月に1回、全5回に分け急変対応時に必要なスキルアップを目的に勉強会を開催しました。座学にて急変時に使用する薬剤、急変時の役割分担、記録記載の方法の知識をつけ最終的には事例を用いた急変時対応(ICLS)を実践的に行うという内容でした。

参加者として、急変の機会に頻回に出くわすスタッフや急変対応の機会は少ないため急変の場面でどのように動いたら良いのかわからないスタッフ等様々な方が参加してくれました。

このような院内での取り組みがきっかけで、急変対応の知識をもちICLSに関心を持つスタッフが増えてくれた良いなと思い、今後も活動していきたいと思います。


【第56回コース報告】

2018年03月10日

2017年度、最後のコースが開催されました。開講式での受講生の緊張した顔を見る度にこちらも気が引き締まります。

 川﨑幸ICLSコースでは午前中に蘇生に必要なスキル(座学・BLS・気道管理・除細動)を学習します。そして午後は心停止の傷病者を発見した状況を想定し、午前中に学んだスキルを活用してチームとして蘇生を進める練習をします。
今回も受講生全員「合格」で修了証と当コースオリジナルピンバッジをお持ち帰りいただきました。受講生も朝の緊張した表情とはとは変わって無事にコースを終えられた開放感と達成感に満ちた表情でした。
 2017年度も看護師、研修医、救急救命士、臨床工学技士、診療放射線技師、薬剤師と様々な職種の方々に川﨑幸ICLSコースを受講していただきました。また、当院職員だけでなく外部の病院に勤務する医療従事者の方々にもたくさんご参加いただきました。心停止はどの医療機関のどの部署においても起こり得ることです。ICLSコースは実際に居合わせた人や応援に駆けつけた人々と協力して、チーム蘇生ができることを目指しています。みなさんがいざというときに自信を持って蘇生の場に立ち会うことができるようになるために、川﨑幸ICLSコースで学んだことが少しでもお役に立てばいいなと思っています。

~追記~
川﨑幸ICLSコースではランチタイムのお弁当が洋風、和風、ガッツリスタミナ系、ヘルシー系と毎回バラエティに富んでいます。お弁当を選ぶのもコースの楽しみの一つです。そして今回もインストラクター全員あっという間にお弁当を平らげてしまったのでお弁当の写真を撮ることができませんでした……

 


【インストラクター修行!】

2018年03月06日

先日、幸ICLSコース以外のコースにインストラクターとして参加してきました。コース内容は同じでも施設によって雰囲気や指導方法など…カラーが全く違います。同じ施設内の受講生が多いと、受講生の情報(診療科、急変対応の経験)は比較的把握しやすいです。しかし、他施設の規模や受講生の経験など全くわからない中でインストラクターをすることは幸コースではできない経験です。

当日に受講生と初めて会うので、コースが始まってから受講生と話をしながら進めて行きます。その中でインストラクターは受講生に合った指導方法を決めていくことが大切だと考えています。

また、インストラクターとしてもそのコースの指導方法や雰囲気を崩さずに自分がどのように溶け込むか?も大切な仕事です。指導方法も「こうあるべきだ!」と固執せずにそのコースの雰囲気を感じることをいつも意識しています。

そうすると幸ICLSコースにも何か還元できると思っているので、他のインストラクターにも積極的に他施設のコースにも参加するように話しています。

 

今週は今年度最後の川崎幸ICLSコースです。

またコース報告などしていきたいと思います!!


  • 1