スマートフォン用ページへ

トピックス

トピックス一覧

記事の絞込み:

9月1日 川崎幸病院は許可病床数326床の病院となりました

2012年09月04日

9月1日(土) 川崎幸病院は許可病床数326床の病院となりました。


この記事が9月4日(火)の『神奈川新聞』に掲載されました。


 


※「救急部」→「救急・総合診療部」について


 記事内では「救急・診療部」となっていますが、正しくは「救急・総合診療部」です。


9月1日、『救急・総合診療部』が新設されました

2012年09月01日

9月1日(土)、『救急・総合診療部』が新設されました。


 


※詳しくはこちら


9月8日(土)、10月24日(水) 『市民健康講座』のお知らせ

2012年08月13日

9月8日(土)、10月24日(水)に『市民健康講座』を開催いたします。


お誘い合わせの上、ご来場ください!


 


日時:9月8日(土) 10:00~11:50


場所:川崎市産業振興会館 1階ホール


演題:「放射線治療最前線」~がんと診断されたら~


講師:田中 良明 先生[川崎幸病院副院長/放射線治療センター長]


    中川 恵一 先生[東京大学医学部付属病院放射線科准教授/緩和ケア診療部部長]


 


日時:10月24日(水) 10:30~11:30


場所:川崎市産業振興会館 1階ホール


演題:「心臓病治療の最前線」~不整脈に対する最先端治療~


講師:山嵜 継敬 先生[川崎幸病院循環器科医長]


 


※両日とも事前申込不要・参加費無料


※定員:450名(先着順・定員になり次第受付終了)


 


※詳細はこちらをご覧下さい。

【職員募集】作業療法士 募集のお知らせ

2012年08月06日

作業療法士を募集しております。


 


※詳しくはこちら


7月28日(土)、納涼祭を開催しました

2012年07月28日

7月28日(土)、川崎幸病院新築移転後初の納涼祭を開催しました。


当日は天気にも恵まれ、多くの方にご参加いただきました。


職員による模擬店も好評で、店の前には長蛇の列ができていました。


 


来年以降も納涼祭は開催しますので、楽しみにしていて下さい!


7月23日 がんの放射線治療を開始しました

2012年07月23日

7月23日(月)、川崎幸病院はがんの放射線治療を開始しました。

最近のがん治療は目覚しく進歩し、集学的治療により治療成績の向上とQOL

(生活の質)の改善が得られるようになりました。

川崎幸病院放射線治療センターでは、最新のがん放射線療法への実現に向けて、高度な医療技術の提供と、専門スタッフによる患者さんへの全面的な支援を行ってまいります。


※詳しくはこちら


7月22日(日)放射線治療センター 開設記念講演会と施設見学会が行われました

2012年07月22日

7月22日(日)放射線治療センター 開設記念講演会と施設見学会が行われました。


みなさん熱心に聴かれており、質問も多くいただきました。


また、施設見学会も興味深く治療機器をご覧になっていました。




【演者&テーマ】


・田中 良明 医師


 (川崎幸病院 副院長/放射線治療センター長)


 『放射線でがんは治るのか』


・中川 恵一 医師


 (東京大学医学部付属病院放射線科准教授・緩和ケア診療部部長)


 『日本のがんと放射線治療』


【参加人数】


・33名


【施設見学会】


 放射線治療センター内を見学いただきました。



 


初期臨床研修病院合同説明会に参加しました

2012年07月15日

2012年7月15日(日)


 東京ビッグサイトにおいて、メディカルプリンシプル社主催の初期臨床研修病院合同説明会『レジナビフェア2012』が開催され、当院も臨床研修病院として参加しました。
 医学生は卒後、医師国家試験にて医師免許を取得すると、厚労省の指定を受けた臨床研修病院で2年間の初期研修を行います。この説明会は全国から多くの初期臨床研修病院が参加し、将来医師を目指す医学生に対し、各自にあった研修病院を見つけて貰うための情報を提供する場です。
 当院では、次世代を担う医師の育成にも力を入れており、毎年合同説明会に参加しておりますが、今年の当院のブースには過去最高の医学生が訪問、10名(内、医師8名)のスタッフで対応いたしました。
 臨床研修病院として当院の特色等


7月13日(金)、カテーテルアブレーション治療を開始しました

2012年07月13日

7月13日(金)、川崎幸病院心臓病センターは不整脈の根治治療である、カテーテルアブレーション治療を開始しました。
第1例は発作性心房細動の治療で無事成功いたしました。
● カテーテルアブレーション治療とは?
脈が速くなる不整脈(動悸を感じます)に対する治療法で、電極のついた細いカテーテル(管)を、血管を通して心臓内に挿入し、不整脈の原因である電気回路を探し出し焼灼することで断線させて、不整脈が出現しないようにする治療法です。
治療が成功すれば根治治療となり、それまで続けてきた不整脈の飲み薬をやめることができるケースも多々あります。

7月17日(火)よりシャトルバスの時刻表が一部変更となります

2012年07月13日

7月17日(火)より無料シャトルバスの運行時間および運行経路が一部変更となります。
※詳細はこちらをご覧下さい。