CE科

特色

CEとはClinical Engineerの略称で、臨床工学技士と言います。臨床工学技士は1987年に制定された「臨床工学技士法」に基づく医学と工学の両面を兼ね備えた国家資格者で、年々高度化する医療機器の操作及び保守点検、管理を行うスペシャリストです。 具体的な業務内容としては人工呼吸器、血液浄化、人工心肺、心臓ペースメーカー、補助循環などの様々な生命維持管理装置を操作、保守管理することが基本ですが、カテーテル検査や人工透析、ペースメーカー点検など、患者さんと直接携わる業務にも従事しています。 ゆえに、我々は医療機器の知識だけではなく医学的知識も必要とされることから、学会認定資格や認定試験などを積極的に取得し、石心会の理念である「医学的根拠に基づく高度医療の実現」を実行できるように努力をしています。
川崎幸病院のCE科は大きく別けて『手術室業務』『血液浄化業務』『循環器業務』の3の業務に大別することが出来ます。それぞれのチームの業務内容を紹介します。

CE科概要

手術室業務

体外循環業務

大動脈外科および心臓外科手術の大半は一時的に心臓を停止させる必要があります。その間に心臓と肺の役割を果たすのが体外循環(人工心肺)です。 数多くの血液ポンプや回路を用いて患者さんの臓器を保護しますが、その操作は困難を極め、多くの経験と知識が必要になります。 本国屈指の症例数を誇る当院では体外循環を専門としているスタッフが多く在籍している為、最大級の体外循環の技術を患者さんへ提供させて頂いています。

体外循環業務

TAVI

2019年4月から新たに経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)の治療がスタートしました。
TAVIは、大動脈弁狭窄症に対して、外科的治療のように胸を開けることなく大腿動脈(足の動脈)などからアプローチし、新たな弁を留置する治療法です。低侵襲な治療のため、高齢や合併症により外科手術ができない患者さんにも治療が可能です。
臨床工学技士の業務は、清潔野に入り、大動脈弁を留置する際に使用するデバイスの組み立てを行なっています。また、大動脈弁を留置する前後の圧波形を記録し、弁を評価しています。

TAVI

手術室CE業務

近年、手術室で使用される機器は手術技術の進歩とともに年々新たな機器が導入されています。それに伴い、安全性の担保、手術手技の簡便化が進んでいます。しかし、機器のトラブルが減少するとは限りません。 そこで手術中に機器トラブルを迅速に対応し、手技の流れを途絶えさせない役割を担う業種が臨床工学技士です。我々の施設では、日勤業務中に手術室の機器管理ができるよう必ず1名は常駐しています。

手術室CE業務

血液浄化業務

透析室管理業務

透析室(14床)では、入院患者に血液透析を実施します。
関連学会が定める水質基準に沿った管理のもと、透析液を補液として使用したオンラインHDFやI—HDFも実施しています。バスキュラーアクセスの状態に合わせて、エコーガイド下による穿刺や血管の評価を実施しています。 透析用周辺機器の定期点検を実施し、安全に透析を施行できる環境を保持しています。

透析室管理業務

病棟血液浄化管理業務

透析室への移動が困難な患者さんに対応するため、救急外来やhigh care unitには単身用水処理装置及び配管を設置し、血液透析を施行することも可能です。また、持続的血液透析濾過(CHDF)や血漿交換(PE)などのアフェレシス療法と併せて、幅広い治療を実施しています。

病棟血液浄化管理業務

VAIVT管理

バスキュラーアクセスの機能的評価をエコーを用いて実施し、必要であればバスキュラーアクセスインターベンション治療〔vascular access intervention therapy〕に立ち会い、介助を行っています。

VAIVT管理

循環器業務

心臓カテーテル検査

心臓カテーテル検査室では、冠動脈の評価を目的とした検査や治療が行われています。その中で血管内エコーなどの医療機器の操作やDrの介助、デバイスの管理などを主に行っています。また、院外心停止の受け入れも積極的に行なっており、緊急検査など24時間対応出来る体制を整えています。

心臓カテーテル検査

アブレーション

発作性上室性頻拍(PSVT)や心房細動(AF)、心室頻拍(VT)など、カテーテルアブレーション治療で必要となる不整脈解析装置や3Dマッピング装置、スティムレーター、高周波発生装置など、あらゆる機器の操作・管理を行っています。 当院は、無透視下でのアブレーション治療も行なっており、患者さんやスタッフの放射線被曝がないのも一つの特徴でもあります。また、現在は1日に2~3件のアブレーション治療を行なっており、年々件数は増加しています。

アブレーション

脳アンギオ

脳カテーテル検査室では、脳血管の造影検査、透視下での治療を行なっています。
当院にて行われる治療としては脳動脈瘤、脳動静脈に対する塞栓術、脳血管の狭窄に対する経皮的血管形成術など多岐に渡ります。また近年、脳卒中に対するプロトコルを発足したことで脳梗塞など緊急に治療が必要な症例にもより迅速な対応が可能となりました。

脳アンギオ

植え込みデバイス管理業務

ペースメーカーやICD/CRT植え込み患者さんの定期点検、植え込み時の点検等を専用の機械(プログラマー)を使用して行っています。近年においては患者さんのご自宅から特殊な機器を経由して情報が自動送信されるシステムを導入しました。 また、リードレスペースメーカーや植え込み型心電計など、最新のデバイスの植え込みや管理も行っています。

植え込みデバイス管理業務

集中治療業務

ICU、CCU、ACUで重症患者さんの生命維持管理装置を操作・管理・点検をしています。例えば、急性血液浄化、人工呼吸器管理はもちろんですが、補助循環の一種であるPCPSやIABP、心臓ペースメーカーなども管理しています。

集中治療業務

医療機器管理業務

約130m2の広さを持つCE室には、人工呼吸器やシリンジポンプなどが置かれています。当科では、約1000台の医療機器を管理しており、メーカの医療機器講習を受けて法律に従い、日々保守・点検を行なっています。 また、機器を安全に適切に使用できるよう、研修医や看護師などに対し、年に数回の講習会を行っています。 生体情報モニタや人工呼吸器を中心とした生命維持管理装置の管理・点検を行っています。また、院内で医療機器のトラブルがあった際には対応を行っています。

医療機器管理業務

CE室紹介

CE室は約130m2の面積が有り、その中には医療機器安全管理室、機器倉庫の他に部品(パーツ)などを保管するパーツ倉庫を設けました。また、機器のメンテナンスを行う為のスペースを広く確保できたことから作業効率も上がることと期待しています。 旧病院ではスペースの関係から縮小していた臨床実習生の受け入れを拡大することができ将来の臨床工学技士によりよい実習が提供できるように努力していきたいと考えています。

CE室紹介

スタッフ紹介

スタッフ紹介

構成人数(2020年4月 現在) 34名

  • 臨床ME専門認定士:3名
  • 体外循環技術認定士:6名
  • 不整脈治療専門臨床工学技士:2名
  • 呼吸療法認定士:13名
  • 透析技術認定士:10名
  • 心血管インターベンション技師:2名

科長紹介

医療技術部 副部長/CE科 科長 長澤 洋一

長澤 洋一

医療技術部 副部長/CE科 科長

略歴

  • 1992年4月 石心会 川崎幸病院 勤務

取得資格

  • 臨床工学技士
  • 体外循環技術認定士
  • 透析技術認定士
  • 呼吸療法認定士

所属学会

  • 日本臨床工学技士会
  • 神奈川県臨床工学技士会
  • 日本体外循環技術医学会(学術委員)
  • 日本人工臓器学会

担当

  • 体外循環

任命

  • 医療機器安全管理責任者

八馬 豊

CE科 副科長

略歴

  • 2003年4月 石心会 川崎幸病院 勤務

取得資格

  • 臨床工学技士
  • 不整脈治療専門臨床工学技士
  • 透析技術認定士
  • 呼吸療法認定士
  • 心血管インターベンション技師

所属学会

  • 日本臨床工学技士会
  • 神奈川県臨床工学技士会(役員)
  • CVIT(日本心血管治療学会)

担当

  • アンギオ室

長澤 建一郎

CE科 透析室主任

略歴

  • 1999年4月 石心会 川崎クリニック
  • 2005年7月 石心会 川崎幸病院 勤務

取得資格

  • 臨床工学技士
  • 透析技術認定士
  • 臨床ME専門認定士

所属学会

  • 日本臨床工学技士会
  • 神奈川県臨床工学技士会(役員)

担当

  • 血液浄化

山田 剛士

CE科 主任

略歴

  • 2008年4月 石心会 川崎幸病院 勤務

取得資格

  • 臨床工学技士
  • 臨床検査技師
  • 不整脈治療専門臨床工学技士
  • 体外循環技術認定士
  • 透析技術認定士
  • 呼吸療法認定士
  • 心血管インターベンション技師

所属学会

  • 日本臨床工学技士会
  • 神奈川県臨床工学技士会
  • 日本体外循環技術医学会
  • 日本人工臓器学会
  • CVIT(日本心血管治療学会)
  • 日本不整脈学会

担当

  • アブレーション

長谷川 高志

CE科 主任

略歴

  • 2007年4月 石心会 川崎幸病院 勤務

取得資格

  • 臨床工学技士
  • 透析技術認定士
  • 呼吸療法認定士
  • 臨床ME専門認定士

所属学会

  • 日本臨床工学技士会
  • 神奈川県臨床工学技士会

担当

  • 血液浄化

八馬 拓也

CE科 主任

略歴

  • 2013年4月 石心会 川崎幸病院 勤務

取得資格

  • 臨床工学技士
  • 体外循環技術認定士
  • 呼吸療法認定士

所属学会

  • 日本臨床工学技士会
  • 神奈川県臨床工学技士会
  • 日本体外循環技術医学会
  • 日本人工臓器学会

担当

  • 手術室