川崎幸病院 臨床研修センター

川崎幸病院は初期研修・後期研修の強化のため、
臨床研修センターを設立。より一層教育体制に力を入れていきます。

川崎幸病院は2012年6月に新築移転し最新の医療環境を備えた急性期病院です。救急患者が多く年間9,000台以上の救急車を受け入れており、common diseaseから専門的治療を必要とする疾患をバランスよく豊富に経験することができます。
脳血管センター、川崎大動脈センター、心臓病センター、消化器病センターなどを開設し、研修医の先生がプライマリケアーのみでなく専門性のある高度医療も習得することができる非常によい環境です。また当院の特色として、医師の出身大学が多岐にわたるとともに、診療科の垣根が低く他の職種とも良好な人間関係が保たれています。臨床研修プログラムにおいては、2年次に長期にわたる選択科目期間を設けることにより、後期研修を見越した希望のカリキュラムを組み入れることが可能です。研修医の先生には実際の臨床現場でできるだけ多くの経験を積んでもらう方針で、各指導医も張り切って指導に当たっています。何事にも積極的に取り組んで臨床医としての実力を養いたいという方が、当院を研修の場に選ばれることを期待します。

川崎幸病院
臨床研修センター長・プログラム責任者

内視鏡外科部長太田 竜

川崎幸病院
初 期 研 修
の 魅 力

1.プログラム選択の自由

※下記プログラムは一例です。

<1年次>

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科系 外科系 【救急】
救急当直

【内科系選択】:消化器内科・腎臓内科・循環器内科より選択

【外科系選択】:心臓血管外科・外科・脳外科・整形外科・泌尿器科・婦人科より選択

<2年次>(外部研修月は参考例です)

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
麻酔科 地域 小児 産婦人科 精神 【選択】 【選択】 【選択】 【選択】 【選択】 【選択】
救急当直 救急当直

救急研修は2ヶ月の救急研修+2年間を通しての救急当直で合計3ヶ月とみなす

内科研修は計6ヶ月、外科研修は4か月、地域・小児・産婦・精神は各1か月を必須研修とする

研修プログラムにつきましては、研修の進捗を考慮し、プログラム責任者と話し合いのうえ決めて行きます。

川崎幸病院 臨床研修センター

研修医の1日

地域医療研修の紹介

2016年より鹿児島県にある下甑島での離島研修を開始しました。ドラマ化もされた人気漫画『Dr.コトー診療所』のモデルとしても知られ、プライマリケア能力の養成に適した環境での経験は、きっと大きな財産になるはずです。

離島研修レポート

  • 離島研修
  • 離島研修
  • 離島研修

2017年からは北海道旭川市にあるサンビレッジクリニックでの研修を開始しました。地元に愛される“かかりつけ医”を目指し、診療・在宅医療に取り組んでいるクリニックです。川崎とは異なる医療環境の中で、医師として様々な経験を積むことができるでしょう。

サンビレッジクリニック研修レポート

  • 離島研修
  • 離島研修

川崎幸病院
初 期 研 修
の 魅 力

2.医学生・初期研修医へ向けた研修を開催

ERカンファレンスの様子

ERカンファレンスの様子

ERカンファレンス

川崎幸病院のERカンファレンスは初期研修医の勉強の場として毎日開催しています。
前日に救急外来で対応した症例をベースに、主訴、年齢→病歴→身体所見を初期研修医が提示し、各段階で追加問診事項などを研修医が質問し、可能性のある鑑別疾患を上げていく臨床推論に準じた形でカンファレンスを進めています。
指導医より、考えるべき疾患や初期マネジメントに関するフィードバックが行われており、内科診断学の考え方やcommon diseaseへの標準的な初期対応を学べるようにしております。放射線科専門医も参加しており、画像診断のフィードバックもしております。

臨床研修報告会

臨床研修報告会の様子

臨床研修報告会

1年次研修医は2ヶ月に1度、研修している科での症例について発表を行います。 上級医の指導を受けながら発表の準備を行い、当日は各科の医師の前で1人ずつ発表を行います。 上級医や研修医からの活発な質問などもあり、各科の研修内容を知る良い機会となっています。 2年次研修医は外部の協力型病院・施設での研修の様子を発表しており、1年次研修医が翌年選択科を決める上での参考になります。

マツケンカンファ

マツケンカンファ

マツケンカンファの様子

マツケンカンファ

国立大阪医療センター松本謙太郎医師をお迎えし、臨床推論を学ぶTBL形式症例検討会“マツケンカンファ”を定期開催しています。研修医と医学生がチームとなってディスカッションし共に教え教えられることで効率的に診断推論力を高めることができ、参加者に好評頂いています。
グループ病院である埼玉石心会病院の 初期研修医ともTV会議システムを利用して中継開催を行いました。

闘魂ERの様子

闘魂ERの様子

闘魂ケースカンファレンスの様子

闘魂ケースカンファレンスの様子

闘魂ER・闘魂ケース
カンファレンス

外部より医師を招聘して研修医・医学生向けに定期的にイベントを開催しています。 闘魂ERでは臨床研修センターの教育担当顧問であるDavid Gaieski医師を招き、ER(救急外来)に来られた患者さんを指導医監督のもと医学生および入職したばかりの1年目初期研修医が問診・診察・カルテ記載を行い、その内容を指導医にプレゼンテーションし指導を受けました。 闘魂!ケースカンファレンスin KAWASAKIでは、臨床研修センターの教育担当顧問である徳田安春医師(JCHO顧問)の他に、外部より栁秀高医師(東海大学総合内科講師)・加藤幹朗医師(横須賀米海軍病院内科)を招き、2例のケースカンファレンスを行いました。徳田先生司会のもと、ケースプレゼンターと参加者(総合内科医師11人、その他医師6人、初期研修医5人、医学生10人)の間でアセスメントやプランに対する熱意あるディスカッションが繰り広げられました。

採用に関する最新情報は随時ホームページへUPしていきます。
医学生参加型のイベントもあるので、ホームページやフェイスブックページも
是非チェックしてくださいね!

川崎幸病院 臨床研修センター

  • センター長プログラム責任者
    太田 竜
  • 副センター長
    塚本 啓祐
  • 副センター長
    根本 隆章
  • 教育担当顧問
    徳田 安春
ページトップ