スマートフォン用ページへ

メディアの方へ

 
 

医療連携

地域医療連携室のご紹介

かかりつけ医のおすすめ

「かかりつけ医」とは、日常的な診療や健康管理上のアドバイス等を行ってくれる身近な地域のお医者さんの事です。患者の皆様の状態を診ながら、適切に判断をして、必要があれば専門医療が受けられる病院を紹介してくれます。
一方川崎幸病院は急性疾患の患者の皆様に対応する急性期病院として、地域の医療機関と連携し、役割を分担しながら診療を行っております。したがって、当院で適切な診療科にかかっていただくために、まずはかかりつけの医師に相談し、病状をきちんと診断してもらった上で紹介していただくと治療を円滑に行うことができます。
かかりつけの医師との連携を行いお互いが役割分担をすることで、患者の皆様の外来での待ち時間の短縮にもつながります。また、専門性が高い検査や治療ができるようになります。
患者の皆様が必要なときに適切な治療が受けられ、病院としての機能を十分に果たすためにも、他の病院や診療所の先生方との協力体制が重要ですので、ご理解いただきますようお願いいたします。

診療情報提供書(紹介状)持参のお願い

紹介いただく時に当院宛に作成されるものが診療情報提供書(紹介状)です。紹介状には、患者の皆様の症状や検査、治療経過など、診療する上で必要な情報が記載されています。また重複検査を避け患者の皆様の身体的・金銭的なご負担を軽減することにも必要です。 診療情報提供書(紹介状)をご持参いただけますようお願いいたします。
※ 当院では、救急車で来院した場合や休日・時間外に受診された場合、他医療機関の紹介状を持参された患者さんを除き、初診の場合には初診料の他に「特定療養費」として3,240円(消費税込み)、再診の場合には再診料の他に「特定療養費」として1,080円(消費税込み)をいただくことになっております。