スマートフォン用ページへ

NEWS 一覧

【第46回日本救急医学会総会・学術集会】

2018年12月05日

先日、第46回日本救急医学会総会・学術集会で当コースのインストラクターが発表を行いました。

内容は、川崎幸ICLSコース内でのインストラクター育成方法についてです。学会認定のインストラクターになるまでには規定があるのですが、それとは別に当コース独自の認定制度を作っています。これは、インストラクターとしての知識や技術の向上、インストラクター内での指導内容の統一を目的に行なっています。発表では、独自の教育方法を考えるに至ったきっかけや教育に使用しているツールを紹介していました。発表後には質疑応答もあり、終了後も会場の外で詳細を教えてください!と呼び止められていました。

 発表したインストラクターは、今年の1つの目標として演題登録の時期から一生懸命に取り組んでいました。前日もスライドや原稿の最終確認をしたり、本番前の何日かは普段の業務中もソワソワしていました。他のことを相談しても「学会発表が終わるまで何も考えられません…」と言われたり(笑)

学会発表を通して良い経験ができたのかな?と思いました。また、色々な方に川崎幸ICLSのことを知っていただく良い機会にもなりました。

終了後は、一緒に参加したインストラクターと美味しいランチを食べて打ち上げをしました!

 

12月・1月とICLSコースを開催します。またコース報告などをUPしていきます!!