お知らせ一覧 (ICLS)

記事の絞込み:

ICLS研修医コース

2021-08-17  ICLS

こんにちは!

久々の更新となりました。

COVID-19が蔓延している中ではありますが、今年も感染対策を十分に配慮しながらICLS研修医コースが2日間に渡って開催されました!

我々インストラクターもこの研修医コースの開催は毎年ドキドキワクワクです!

 

今回の研修医コースは、4月入職の研修医の先生8名が受講しました。

入職して3ヶ月、1度も急変に当たったことがない先生が半数以上!急変現場に遭遇した事がある先生は、怖くて看護師の後ろに逃げてしまった!と言うエピソードを持っている先生も居ました。


大丈夫です!

このコースを受講したみなさんは、明日からの急変現場で何をしたら良いか分かるようになります!

一日頑張りましょう!と元気いっぱいコースはスタートしました!

 

午前中は、講義を受けた後実際にブースに分かれて細かな機材の使用方法や注意事項を学びました!

気道ブースでは麻酔科を回った先生が、一緒に受講している先生をリードしたり!

循環器を回った先生が、除細動器ブースではリードしたりと学ぶ意欲が本当に溢れ出ていました!!!

午後は、午前中に学んだスキルを使用し実践を行います!

実際にアルゴリズムにのせて行うとやる事が多くて、難しい!と言う声がありましたが、お互いに協力しながらシナリオをこなしてました♪

 

最初は、イメージが湧かなかったタイムキーパーや記録もポイントを抑えてしっかり出来るようになりました!

 

 

最後のテストは、緊張しながらもしっかり抑える所は抑えて全員合格となりました!

お疲れ様でしたー!

 

 

次は、10月新しいアシスタントと医師を迎えてますますパワーアップしてコース開催していきたいと思います!

【急変に強くなるぞ! 川崎大動脈センター出張講座 第1弾】

2021-06-15  ICLS

日本の梅雨がなくなるのでは?!と感じるくらいの晴れが続きましたね〜

ようやく614日に梅雨入りが発表された翌日。

当院川崎大動脈センターの集中治療室教育スタッフから「急変の勉強会をしてほしい!!」と熱意あるお言葉をいただき出張講座に行ってきました!

 

簡単に、当院の川崎大動脈センターをご紹介♬

国内最多の手術症例数と治療実績を持つ、国内唯一の大動脈疾患治療専門施設。そのため、センターには一般病棟42床、専用ユニット16床を設置し24時間対応しています。

予期せぬ心停止が全く起こらないというわけではありません。

もし、患者さんの状態が急変し心停止に至ったときに、初期対応から治療までを迅速かつ的確に対応できるか?が求められます。

 

というわけで、川崎大動脈センターのユニットの看護師4名と一緒にICLSを学習しました。

今年転職したばかりのスタッフ、急変対応がちょっと苦手かも…というスタッフ。

そんな4名で夜勤をしていたところ、NPPVの換気量低下アラームが鳴っています…というところから講義を始めました。

 



  • ■受け持ちスタッフが患者状態をしっかり評価し心停止をすぐに覚知できた

  • ■医師が到着してから出される指示を受け、スムーズに動けた

  • ■スタッフのできること、できないことを互いに確認しながらできた   などなど


突然始まったシミュレーションにも関わらず、目の前の模擬患者さんを救うべく4人が一丸となってICLSを全うしていました。

 

「挿管介助をしたことがないです…」と心配げなスタッフ。

そういう人こそ、この講座をぜひぜひ活用してほしい!!

他のユニットスタッフも「何が必要なのかな」「確認することは何かな」「介助している最中はどうしたらいいのかな」一緒にゆっくり一つ一つ確認してもらいました。大動脈疾患を管理していると、吐血・喀血をすることもありますね。そんな状況でどのように介助しながら挿管介助を行うか、などなるべく臨床に近い説明をしながら実践してもらいました。

 

そして、ICLSの基礎に戻って…

質問です。

改めて、心停止の4つの波形は何ですか?!(あなたは、ぱっと言えますか?)

目をまんまるくしながらも、4人で知識を合わせて答えていました。

 

なぜ、心停止の4つの波形を理解する必要があるのか。

初期波形が何かで対応が変わってくるのです。

大きくは、除細動の適応となるのか、適応ではないのか。

除細動適応(VFPulselessVT)の場合は、早期に実施することが極めて重要となるんです。

だから、まずは、心停止の4つの波形を知らないとついていけなくなるんです…

 

私は、この出張講座の中で、たくさん間違って失敗してほしいと思っています。

練習だからこそできないこと・できること、知らないこと・知っていることを自分自身だけでなく他のスタッフとも共有する。できなかったこと、知らなかったことをこの講座を通して、自分の知識の武器になればこの講座の意味が成り立つと思っています!!

 

他にも、ありがたいことに他の部署からもお声かけしてもらっている最中です!

院内中、あっちこっちへ宅配ICLSやっていますので、また、このブログで会いましょう\(^o^)

コロナ禍が落ち着いたら、以前の外部出張ICLSもやりたいものですね。

そして、院内ICLSコースも開催中♬7月は研修医コースです!お楽しみに(^^)

 

【気合十分!川崎心臓病センター出張講座 第3弾】

2021-04-21  ICLS

先月のお話ですが、「気合い十分!川崎心臓病センターシリーズ」の総まとめです!

これまで、座学で頭の中に知識を叩き込み、簡単なシミュレーションで実践して知識を具現化してきました。

今回は、総仕上げということで実際の病室をお借りして実際の急変に近い状況でシミュレーションを行いました。

 

アブレーション後のバイタルサイン測定をとっている最中、患者さんの様子が…?!

あれ?反応も鈍くなってきてる?!…

こんな時、どうしましょう?

 


今までの学習を活かして、川崎心臓病センターの看護師さんは、Dr役のスタッフが来るまで対応していました!

さらに、Dr役のスタッフから「エコー持ってきて!心嚢ドレナージキットも!採血とれたよ、血液ガス測ってきて!」次から次へと指示が…

 

模擬病室とは違い、病棟にはない物品を取りに行くと、その度に人員が少なくなり、役割が変わったりしますが、互いに声をかけ合って「リーダーはここにいた方がいいかも!」「胸骨圧迫、変わりますよー!」と、声を出して連携している様子が見れました。

 

状況認識をして役割分担を整理する、簡単なようで難しいですよね。

けど、これをトレーニングすることで体が覚えていくと自然と動けるようになる時もあるんです。

いつも同じメンバーで急変対応できれば、阿吽の呼吸と言われるようにベストなパフォーマンスができるかもしれない。

けど、現実は、毎日スタッフのメンツは変わります。

だからこそ、もし、この勤務メンバーで急変が起きたら?

と考える頭を持つことも大事ですね。

 

トレーニングしたことが全ての正解ではないですが、互いのスタッフ間でいろんな意見を言い合い、これがベストだー!と言えるのが大事かと思います。

 

さてー、次はどこのは病棟にお邪魔できるでしょうか!

乞うご期待!!

 

【気合十分!川崎心臓病センター出張講座 第2弾】

2021-02-16  ICLS

2月に入りましたが、あまり寒さを感じない今日この頃。

23日に第2弾のICLS出張講座を行いました!

余談ですが、23日、通常なら節分の日。2021年は23日が立春となるので、2日が節分となったんですよね。

明治30年(1897年)22日以来124年ぶりらしいですよ。次は、2024年らしいです・・・笑

 

ということで、第2段のICLS出張講座は、「症例シミュレーションを通してICLSの知識を活かそう!!」

今回も、感染対策の観点から少人数で数回に分けて開催します。

 

最初に、前回得た知識をフル活用して一通りやってもらいました。

心停止発見から応援到着、医師が装着するまで看護師だけで対応、医師が到着してからの指示の嵐、いろんな山がありました。

黙々とそれぞれ、とにかく頑張っているのが伝わってきました。終わった直後は、皆さん、笑顔というよりも深いため息を吐いてました笑

 

次に、動画で撮影したものを自分たちで視聴してもらいました。

院内の急変対応振り返りシートを使ってディスカッションをしてもらい、改善できることや工夫できることなどお互いに意見を出し合い、どのようにしたら急変対応がスムーズに進めることができるか話し合ってもらいました。

自分の動きを見るのは恥ずかしいところもありますが、自分の動きを見ることは普段ないことであって、自分の行動を見直すチャンスになりますね!

 

2回目のシミュレーション開始。

開始前に、役割分担を確認し、スタッフ間で意識統一していました!

1回目よりもみんな声が出てました!医師の指示に対しても返事をしたり、心停止の処置対応だけでなく、連絡調整も自ら声をかけて確認したり、積極性が出てきました。事前に考えることは臨床ではないかもしれないですが、少ない夜勤メンバーでイメトレすることも大事なのかもですね!

 

今回は、実際のシミュレーションをもとに振り返り、改善策を2回目のシミュレーションで実践してみるという実践型を行いました。座学だけでなく、実際に動かないと見えない点もあるので、定期的にやりたいですね。

 

おまけに、今回の出張講座には、救急外来の3年目のスタッフも講師側で参加してもらいました。同じ部署に教えるのは、人間関係が成り立っているのでやりやすさがあります。部署以外で教えるのは、相手の知識や背景を捉えて、どのように伝えると理解しやすいのかよく考えながら指導することも大切です。この経験がどこかで役になってくれるといいな・・・と感じながら見ていた私でした。

【気合十分!川崎心臓病センター出張講座】

2021-01-19  ICLS

あけましておめでとうございます!!

Saiwai ICLSスタッフは、2021年もコロナに負けずに活動していきます!

ということで、新年最初の活動は当院の川崎心臓病センタースタッフへのICLS出張講座をさせていただきました。

当院の川崎心臓病センターは、8階南病棟が心臓外科を主体とした病棟、8階北病棟が循環器内科を主体とした病棟です。

循環器内科は、カテーテル検査数がトップクラスであり、さまざまな症例を学ぶことができる病棟です。今回は、8階北病棟に伺いました。

気温も寒くなり、循環器疾患入院する患者数も増加してくると、重症患者も増えてきます。どんな患者さんにも急変するリスクがありますが、はじめに対応する看護師が冷静に初動対応できるかがポイントになってきます。

 



コロナ対策を前提に座学と実践の両方で講義を行いました。

参加するスタッフは、リーダーを担当するスタッフがほとんど。

今回の講師は、通常業務は病床管理を担いながらも、ICLSへの熱意は誰よりも強い科長が行ってくれました!

参加してくれた皆さんは、メモをたくさんとったり、実技は積極的に前に出て実践したり、日頃の疑問を聞いてみたりと、ICLSへの学習意欲を強く感じる雰囲気であっという間の1時間ちょっとでした。

8階北病棟科長も終始参加していただき、スタッフみんなが同じゴール(急変対応をできるようになろう)に進もうという一体感があって、ステキな病棟だなと感じました!

【みんなの健康塾! コロナ禍を打破してニーズに応えよ!!】

2020-12-09  ICLS

新型ウイルス感染が拡大した2020年。

コロナ感染者数の増加、ワクチンはどうなるかなどのニュースが連日、目に入る。

すれ違う人全員がマスクをしているのは当たり前、仕事スタイルもテレワーク、授業もオンラインで行っている学校も。

「今日はこうだったんだ!」「あれってウケるよね!」

なーんておしゃべりしながら美味しいご飯を食べるのも、極力控えようと呼びかけ合うのが一般化となっている世の中。

なんだか、生きづらい世の中になってきたのか・・・?

やりたいこともできないのか・・・?

制限のある中でもお互いのニーズを上手く攻略できる手段はないか?

 

昨年度、みんなの健康塾を通じて直接学校に行き、心肺蘇生の出張講座を行っていたが、コロナ禍になり行くことができなかった。

学校側からは、どうにか心肺蘇生の講座ができないかという依頼があった。

このニーズになんとか応えるべく関わるスタッフで協議し動画撮影を行う方法で取り組んだ。

くもり空で寒さが増したクランクイン当日。某所にスタッフが集結し、動画撮影を行った。

カメラワークや演者(?)の立ち位置を確認。カメラが回り始め、現場はいつの間にか、カメラマンと監督の熱い演技指導も入っていた。

NGシーンを繰り返し、数時間後になんとか「OK」をもらい、クランクアップとなった。

 

実演とは違う、動画だからできる細かい手元を撮影したり、カメラに見せながらも自然な動きをするなど、人への見せ方を学べた時間だった。

 

さて!これから、動画編集をして、どんな感じになるのかな〜

楽しみです♪

そして、その動画を見た学校の先生方の反応はどうかな。上手く伝わるかな。

上映し終わるまで、ドキドキですね。



【2021年の講演会に間に合うように編集しています。O.Aまでお楽しみに!】

【第73,74回ICLSコース開催 研修医コース】

2020-09-24  ICLS

セミが鳴いていた8月も終わり、風が少し冷たくなってきた9月。

新型コロナウイルス感染の拡大により開催できるか心配なところでしたが、毎年恒例の研修医saiwaiICLSコースを無事2回(1回4名ずつの計8名)に分けて開催することができました。


研修医の皆さんの協力もあり、手指消毒・人形のアルコール消毒・マスク着用をしっかりと守って実践することができました!普段から行っていることなので、言わずとも自然と行ってくれました。


そして、全員がICLSプロバイダーを取得することができました。

毎年恒例となっている研修医コース。先生方の仲の良さを知るとともに、私たちインストラクターも知識を深め、インストラクションを磨くことができるありがたい機会。互いに成長し合う環境って素敵ですね!

 

次回は10月の予定です。

しばらくの間は、外部からの受け入れは制限していますが・・・

いつかコロナが収束したら、いろんな受講生やインストラクターに会えることを楽しみに頑張ります!!

それまで、みんなで乗り切ろう!

【第72回ICLSコース開催 3密を避けたコースの開催!】

2020-06-29  ICLS

   みなさん、お元気ですか?

新型コロナウイルスが日本中に広まり、手洗い・手指消毒、マスクの装着などの感染対策が一般化される中、働き方自体も今の時代に合わせて「今、できる方法は何か?」という視点から様々な分野で工夫され活動が開始されてきていますね。


私たち、幸ICLSコース運営事務局もこの渦中ですが、「3密を避けたICLSコース開催するにはどうしたら良いか?」と検討をして613日土曜日に5ヶ月ぶりに開催することができました。久々のインストラクター活動は少し鈍ってましたが、やはり楽しいですね。


開催するまでに医療安全や感染対策チームにアドバイスをいただいたり、ブースの距離やアメニティの個装、触れた後のアルコール消毒(写真は環境クロスですが、中身はエタノールクロスです)の徹底やスタッフの手指消毒の徹底など感染対策を徹底しました。また、通常は受講生10名の2ブースでの開催をしていましたが、人数を制限したコース開催としました。


今回は、当院救急センターのスタッフ2名!4月から救急センターのスタッフの一員として働いているスタッフなので、日々救急の最前線で厳重な感染対策をしながら急変患者を対応しています。そのため、もし、新型コロナウイルス感染が疑われる患者が心停止したらどうするか、というところもCD齋藤医師によるプチ講義も加えて今の時代に即したコース内容にしてみました。


心停止に対する処置(胸骨圧迫や気管挿管など)はエアロゾルが発生する状況下であるため、スタッフの個人防護具の装着の徹底、また、対応スタッフを最小限に抑えること、気管挿管を早期に行うことなど感染対策を考慮した心停止対応も学習することができたコースになってのではないかと思います。


そして何より、マスクを装着しての胸骨圧迫の疲労度は半端ないですよね。当院は、LUCAS(自動式心臓マッサージ機)があるので、積極的に使うことも医療スタッフの感染防止にもなり胸骨圧迫の質の維持にもつながると改めて感じました。


制限があるからできない、ではなく、今の状況で何ができるか?

今の時代に即した働き方とは?・・・・

ポジティブな発想を持って今までの活動を続けることができたらと思います!

試行錯誤ですが、次回、7月も開催を目指します!

【第70回ICLSコース開催】

2020-01-15  ICLS

令和2年となった最初のコースを開催しました!!

 

今回は、当院の看護師4名と放射線技師1名が参加されました。

 

とっても緊張した面持ちで始まったコースでしたが・・・

途中、受講生同士で最低限、気をつけることを話そうと会話を増やし、

頭が真っ白になっても、「胸骨圧迫の質は保つ」「声をもっと出す」ということを忘れずに1日を過ごしました。

一生懸命に実技をこなしていき、次第に、笑顔や声を出すことも多くなり、素敵な蘇生チームになってきました!

 

緊張の中、最終試験をむかえ…

5名の受講生がプロバイダーを取得することができました!

 

最後の修了式の集合写真は今日一番の笑顔でした♫

 

また、外部のインストラクターも遠方から2名参加していただきました。

ありがとうございます!!

 

次回3月で今年度のICLSコースは最後になる予定です。

あっという間に1年経つのか・・・

 

来年度に向けて準備をしなければ!!笑

【第69回ICLSコース開催】

2020-01-06  ICLS

新年明けましておめでとうございます!本年も幸ICLSコースをよろしくお願いします。

12月に令和元年も今年最後の幸ICLSコースを開催しました。

今回は、当院の看護師8名が参加されました。

当院の看護部教育ラダーの内容にはRRSICLSを学ぶ機会があり、私たちインストラクターは講師として参加しています。そのため、今回参加したスタッフの方々はこの間お会いしたばかりの方であったり、当院新卒からいるスタッフでした。中には、講義に配布した資料も持参し休憩の合間に見ているスタッフもいました。

1日でありましたが、皆さん無事にプロバイダー取得することができました!

 また、今回は、外部からもインストラクターの方が2名、参加してくれました。

外部スタッフのお話を聞くと、違う視点の考え方やインストラクションも発見ができ刺激になります。ご参加、ありがとうございました。

 

コース終了後、「インストラクター活動お疲れ様!」として忘年会を開きました。そして、寂しくなりますがインストラクター2名の方が退職されるので送別会もかねて…

また、令和21月コースに会いましょう!!!

【第47回 日本救急医学会総会・学術集会参加報告】

2019-10-15  ICLS

ようやく長袖を着ることに落ち着いてきた10月。

今年もこの季節がやってまいりました!

102日から4日に開催された「日本救急医学総会・学術集会」

昨年度は「アシスタントインストラクター育成についての検討」で報告させていただきましたが、今年度は当コースのインストラクター3名が学会で発表させていただきました!

 

 初日にはパネルディスカッションにて「ICLSコースにおける指導者の育成とその工夫」を発表しました。様々な活動において学びを得る中でどうしても時間外活動が多くなってしまうインストラクターの負担を勤務内にできないかという視点で「看護ラダー研修」に着目し、参加することにより経験値をあげるという内容です。このインストラクターはママナースでもあり、子育てをしながらも活動を続けています。仕事も家庭も忙しい中でもこのような指導案を提案することによりインストラクター候補のハードルも下がるきっかけになるといいなと思っています。

 同日、ポスター発表にて「ICLSプロバイダーに対するフォローアップ体制の検討」を発表しました。プロバイダー取得後、更新制度はないので個人の意思に任されています。そこで、筆記試験という形でフォローアップができないかという提案になります。プロバイダー取得後の継続的な知識・技術の維持ができることも今後の課題となってきそうです。

 最終日、「移動時における機械的胸骨圧迫と用手的胸骨圧迫の比較」を発表させていただきました。当院の構造上、3階に血管撮影室となっており、2階にあるERからの移動中には胸骨圧迫の質の維持を求められます。当院はLUCASを導入しているため、移動時には使用しています。「LUCAS vs 人為的」はどちらが正確かという発表でした。結果は、「LUCAS」となりました。用手的圧迫では疲労や移動の揺れによる質の低迷がこのような結果となりました。しかし、日本人の体型ではサイズが合わない場合があったり、Lucas使用による合併症(肺挫傷や皮膚トラブル)はつきものです。一般的な胸骨圧迫の対応一つにしても、傷病者の体型や病状の背景、また看護師としての家族への配慮など考えると様々なアセスメントができるのではないかと考えさせられた発表でした。

他にも、様々な先生方の発表を聞くことができ、私個人としても貴重な収穫となりました。

パネルがあったので、その前でみんなで記念撮影♫

演者の皆さん、仕事も忙しい中で学会資料作成お疲れ様でした!!

素敵な発表ありがとうございました!!

【第67回ICLSコース開催】

2019-09-21  ICLS

ヒグラシゼミの声も少なくなり、秋の虫の音が聞こえて来た9月。

空を見上げると、いわし雲がちらほら。   秋ですね〜

読書の秋、勉強の秋、食欲の秋…なんて言いますが、

ICLSの秋!?ということで…笑(無理やりですね)

921日に臨時コースを開催させていただきました。

 

ありがたいことに、当コースは外部受講生の受け入れを開始してから、多数の受講希望のご連絡をいただいております。そのため、抽選に外れる方もいました…(本当に申し訳ないです…ゴメンなさい。)

中には、何度も連絡をいただく方もおり、その希望に何とかお答えしたい!という思いから、9月は小規模ですが開催させていただきました。

 

今回は、5名でいつもより少ないですが、遠方から参加してくれた方もいました。

とても積極的な受講生の皆さんであり、質問もたくさんしてくれました!インストラクターにとってはとても嬉しいことなのです…

和気藹々とコースを行いましたが、インストラクターのちょいちょい仕込むボケや仕掛けに微動打にせず、「真剣に」ICLSを全うしてくださり、5名とも「プロバイダー取得」することができました!!

 

記念にみんなで写真撮影しました!とってもいい笑顔ですね!!

 

私たち、インストラクターがICLSを学びたいという人にどのように影響を与えることができるのかははっきりとはわかりません。けれど、コースに参加し、私たちインストラクターと1日過ごす中で少しでも何か一歩踏み出す助けになれたらなと思いながら、わたしは日々活動しています。

 

今のところ、今年度はホームページ通りの開催を予定しております。

ぜひ、外部からの受講希望もお待ちしておりますので、どしどしご応募ください!!(定員に達した場合は抽選もれとなりますので、ご了承ください)

たくさんの人とお会いできることをお待ちしておりまーす♫

【出張勉強会の相談、お受けします!!】

2019-08-22  ICLS

川崎幸ICLSチームでは、法人内のクリニックからご依頼をいただいてBLSやシミュレーションなどの勉強会を行っています(2019222のブログをご覧ください!)

 

先日、とある会議が始まる前に……(クリニックに行っている勉強会)ああいうのって、他の透析クリニックとかでも需要ってあるのかな??」という話になりました。

そ・こ・で!!

外部医療機関からの勉強会のご相談をお受けしたいと思います!

 

例えば

・透析中にもしものことがあったらどうしよう…とお悩みのクリニックの皆さま

・心肺停止になった時の一次救命処置(BLS)

・救急車が来るまでの対応(患者対応、救急隊に伝えてほしい情報etc

・以前に急変した患者さんの経過や対応を振り返りけど…やり方がわからない など

 

心停止してから数分で脳の不可逆的なダメージが始まります。

救急車を要請してから到着までは平均6分前後だそうです。

社会復帰(倒れる前の日常生活に戻ること)をするためには迅速な蘇生処置が必要です。

そのための対応を一緒に勉強しませんか?

医療機関からのご相談につきましては、下記までお気軽にご連絡ください。

問い合わせ先:kawasaki_saiwai_icls@yahoo.co.jp

 

また、川崎幸病院は一般市民向けの健康講座【みんなの健康塾】を様々な場所で開催しています。

私たちも講師として心肺蘇生の出張講演を担当しています!

町内会、学校、企業団体の方は下記までお問い合わせください!

問い合わせ先:みんなの健康塾 044-542-7007

【第65回ICLSコース開催】

2019-07-24  ICLS

毎日、雨ばかりで気持ちがブルーになる梅雨時期ですが、713日土曜日に幸ICLSコースを開催しています!今回の受講生は、そんな雨も吹き飛ばすような明るく楽しく受講してくれた当院研修医6名とER看護師1名です!

当コースは、毎年この時期に研修医向けのコースを開催しています。研修医は当院救急科もローテーションでまわるため、現場でICLSの質を求める場面に遭遇することが多くあります。そのため、今回のコースはスタンダードな内容に加えて、より現場で役立つインストラクションを工夫して提供しました。

 先生方のほとんどがディレクターの勧めでコースの参加に至ったようですが、実際にコースが始まると、テキストを片手にメモを取りながら真剣にインストラクターの説明を聞き、たくさんの質問をしてくださいました。

当院は胸骨圧迫にLucas(自動式心臓マッサージ機)を使用することが多いため、今回はたくさん胸骨圧迫を経験してもらいました。実際に、5-6㎝の深さで押せているのか画像で表示すると、意外にも押せていないと自覚されたり、2分間胸骨圧迫の質を維持することの大変さを知っていただけたかなと思います。

また、シナリオステーションでは、普段の仲の良さがとても伝わるチームワークを見ることができました!

 

コース受講生の大半は看護師を占めています。インストラクターにとっても医師向けへのコースを提供することはより深い知識が必要となってくるのでスキルアップできる場でもあります。アシスタントにとっては刺激のある1日となったことでしょう!

7名全員が「合格」となり、笑顔で記念撮影を終えることができました!

みなさん、一日お疲れ様でした!

 

おまけ…

コース終了後、インストラクター親睦会でBBQをしました!あいにくの雨でしたが、室内でもできる場所でおしゃれなお店でした♫

参加者全員で記念撮影!これで、エネルギーチャージができたかな〜

次回のコースは8月コースです!お楽しみに!

【第64回ICLSコース開催】

2019-05-13  ICLS

 「令和」になって初のコースが開催されました!

今回も10名の受講生が参加してくれました。

たくさん胸骨圧迫する上で身体を使い、頭もフル回転して疲労感もあったと思いますが、写真のようにみなさんでICLSプロバイダーを取得することができました!!(おめでとうございます!)

 

今回は、いつもコースで頑張っているICLSインストラクターの紹介です♫

インストラクターは実際のICLSスキルを教えるだけでなく、コースがスムーズに楽しく開催できるように「おもてなし」も考えています(笑)

休憩中のお菓子やお弁当もその一つです!!

当コースのインストラクターには「グルメ王」がいるんですが・・・

今回、担当依頼をしたところおしゃれな弁当を頼んでくれました!

ピクニックに持って行きたくなるお弁当ですね!!

毎コース、お弁当のメニューは変えているので、毎度参加するインストラクターにとってはテンションが上がる瞬間でもあります(笑)

また、インストラクターとして参加する上で少しでもモチベーションをあげるため(?笑 )に、インストラクター専用ユニフォームも作成しています!

受講生はもちろんのこと、インストラクターも楽しくなるような工夫ができたらと思っています。

【BLSはじめました。】

2019-05-04  ICLS

今年度からICLSコースとは別に日本救急医学会認定のBLSコースをはじめました!!

今回の受講生は8名で約3時間のコースです。

胸骨圧迫、換気、AEDの使い方を行い、最後は実技試験になります。

不定期開催になりますが、医療者以外も参加できるようなコースにしたいと思っています。

今年も蘇生の輪が広がるような活動を行なっていきたいと思います。

【第63回ICLSコース開催】

2019-03-20  ICLS

3月・・・

卒業シーズンの桜が舞い散る様子はいつも期待とさみしさを感じます。

と、しみじみと思いふけていましたが、3月9日、今年度最後のコースが開催されました!(レミオロメンの39日 いい歌ですよね・・・笑)

 

3月コースは、当院以外のスタッフのみなさんも含めて10名が参加しました。

お話を聞くと職場はそれぞれ。救命救急センターや混合病棟、クリニックなどなど・・・

職場が違ってもいろんな「きっかけ」があって・・・

ICLSコースを受講しようと一歩を踏み出してくれたので、みなさんにお会いすることができました!

「きっかけ」って素敵ですね!


それぞれの職場の背景を聞いていくといろんな話が聞けて、わたしがわくわくして逆にたくさん質問してしました♪

 

また、今回は看護師だけでなく、医師や栄養士の方も参加しました!

 

栄養士の方は循環器病棟を担当しているため、何かあったときに自分もできたら・・・という思いから参加してくれたようです。

 

ICLSコースは医師や看護師のイメージが強いかもしれませんが、医療に携わる方であれば受講できます。事前勉強もいろんな参考文献から自己学習していました!

 

長い1日となりましたが、10名の受講生全員が「合格」でき、知識と技術をそれぞれがお持ち帰りすることができたかと思います。

 

4月からは新年度が始まりますね〜 お花見の時期ですね〜 お団子食べたくなりますね〜・・・


さてさて、次は5月の開催予定です!!準備をしなければ!笑

救急医学会認定BLSコース始めます!

2019-03-05  ICLS

2019年度から日本救急医学会認定BLSコースを開設します。

えっ?ICLSコースがあるのにと思われた方!(いるかな?)

そうなんです!ICLSコースをはじめて6年、いまさらです(笑)

 

ICLSは除細動を使ったり、薬剤を使ったりとどちらかというと医療従事者向けの蘇生トレーニングコースになっています。でも、川崎幸ICLSコースでいつも言っているのは、「BLSの質(主に胸骨圧迫)をきちんと維持しましょう」ということです。

もちろん、ICLSコースの中にもBLSの時間はありますし、その中でもきちんと指導はしています。ただ、良好な心肺(脳)蘇生を実現するためにはバイスタンダーCPR(偶然居合わせた人)がとても重要です。

そう考えたときに医療従事者以外(もちろん医療従事者も)にもこういったコースが必要かも?→ICLSのように認定コースとしてできるな~→誰でも参加できるような気軽なコースをやろう!!という流れになりました。

 

コースは3時間で受講料は3000円に設定して始めようと思います。

当院は急性期を担う病院です。起きないことが一番ですが、いつどこで急変が起こるかわかりません。院内のあらゆる職種の皆さんにお役にたてるコースになれば良いな♪と思っています。

外部の方にもご参加いただけるように計画中です。詳細は、随時ブログにUpしていきます!

【出張勉強会:川崎クリニック BLS・ICLS】

2019-02-22  ICLS

2月に入り雪が降る日もありましたね。寒くてこたつから出れない私ですが、インストラクター活動はちゃんとしています(笑)

 

川崎幸病院は石心会グループの一施設です。東京や埼玉にも医療・福祉施設があり、その中には当院のご近所さんである「川崎クリニック」があります。

今回は、「川崎クリニック」から勉強会の依頼をいただきました!

川崎クリニックは一般外来もありますが、人工透析の設備が整っており通院透析が可能なクリニックです。今回は、透析室で働くスタッフからの依頼でした。

今までに当コースに参加してきたスタッフの方々がいました。

「稀に心停止に至る場面に出会うことがある。だから、学びたい」と。

「いつでも依頼があれば行きますよ〜」と話していました。

コース中の何気ない会話が今月、勉強会と言う形になりました!(聞いたときは嬉しかったです♪)

 

事前に、クリニックのBLS委員会から要望内容やアンケート結果をいただいたので、その要望をもとに内容を考えました。

現地に向かう途中、要望に沿った勉強会になるかな〜、つまらないって思わないかな〜なんて考えながら徒歩5分ちょっとで到着!

ご近所さんだったのに、今回初めてお邪魔しました!笑

 

BLSICLSの技術確認の後、実際の症例シミュレーション(透析中にうめき声が・・・)を通して実際に動いてみるとどんな感じか?体験してもらいました。

「あなたは、記録して!」「了解しました!」など声が出ていました。

この勉強会は、2回に分けて(1回25名前後)同じ内容を行いました。

1回目の勉強会で「個々の技術を磨くことは重要。でも、それをより発揮するためには役割分担によるチーム性も大事かも」と話していました。すると、2回目に来た時に、すでに対策が行動化(役割分担が明確化されパウチなど)されており、私は驚きを隠せませんでした∑(゚Д゚)(行動力、半端ない!)

こういう現場のスタッフの皆さんが、急変対応の意識が高いことは患者さんにとっても安心ができる場所でもあるなぁと思いました。

 

今回は、施設は違えど同じ法人スタッフ同士の交流会にもなり、逆に透析ならではの現場のお話もできたので私も勉強になりました。行動力のあるクリニックのスタッフの皆さんを見習って私たちインストラクターも活動を頑張りたいと思います。

勉強会依頼を考えてくださったBLS委員会の皆さんをはじめ、川崎クリニック部長さま、そして、当日参加したスタッフの皆さん、貴重な時間をありがとうございました!!これからも、よろしくお願いします!

3月9日(土) ICLSコース受講生募集

2019-02-13  ICLS

201939日(土)に開催する川崎幸ICLSコースの受講生を募集いたします。

日時:201939日(土)8:30~17:00

場所:川崎幸病院

受講料:1万円

募集人数:若干名(先着順)

申込先:kawasaki_saiwai_icls@yahoo.co.jpまでメールをお送りください

※件名

39日コース受講申し込み

※本文に下記をご記入の上送信してください。

氏名(フルネーム)・所属施設・所属部署・職種・経験年数

 

受講可否につきましては、担当者より返信させていただきます。

募集定員になりましたら受け付けを終了させていただきますのでご了承ください。

 

この機会に是非ICLSを受講してみてはいかがでしょうか?

ご応募お待ちしております。