心臓外科

虚血性心疾患の治療法
「冠動脈バイパス術」

虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症)と診断されたら

「心筋梗塞」や「狭心症」をまとめて「虚血性心疾患」といいます

冠動脈が動脈硬化などの原因で狭くなったり、閉塞することで心筋に充分な血液が行かなくなる疾患です。左右の内胸動脈と大伏在静脈等を用いて、病気の血管をすべて治療する完全血行再建を行います。心筋梗塞に合併した心室中隔穿孔や左心破裂に対しても緊急で対応しております。

気になる症状

気になる症状

虚血状態になった心臓は…?

心筋に血液や酸素がいきわたらなくなり…心臓が悲鳴をあげています。胸が苦しくなって痛みや絞めつけられるような症状が出ます。症状は軽いものから激しいものまでいろいろですが、どことはいえない広い範囲に症状を感じるのが特徴です。
全身に血液を送るポンプの機能にも影響が虚血の状態が長く続くと、心臓を収縮させる心筋の動きが悪くなるので、心臓のポンプ機能にも影響が出てきて、息苦しくなる等「心不全」の症状があらわれてきます。

重症になると血圧が下がり、危険な不整脈が出ることも

重症になると、血圧が下がってショック状態となり、全身が虚血状態になってしまいます。 また、心筋の「心臓の電気信号」を伝える働きにも障害をきたし、「心室細動」という命にかかわる不整脈を起こすことがあります。

狭心症・心筋梗塞の治療法「冠動脈バイパス術」

冠動脈の狭窄や閉塞(冠動脈病変)に対し、その先に別の血管(グラフト)をつなげ、血液がその道(バイパス)を通るようにしてあげる手術が「冠動脈バイパス術」です。

冠動脈病変に対する治療法

  • 保存的治療

    保存的治療

  • カテーテル治療

    カテーテル治療

    (PCI)
  • 開胸手術

    開胸手術

冠動脈バイパス術の適応となるのは、薬物療法やカテーテル治療が難しい場合や、これらの治療では血流の改善が期待できないとされる場合です。

3つの治療法

カテーテル治療(PCI)は循環器内科の医師によって行われます。局所麻酔で行えるため、手術に比べると患者さんの負担は少ないという利点があります。一方で、体内にステントを入れると、ステントに血栓がつき、血管がふさがってしまう(ステント血栓症)というリスクも挙げられます。また、ステントは、金属でできているため金属アレルギーの患者さんには適応できません。そのほかにもカテーテルを通せない箇所に狭窄がみられる場合、カテーテルの挿入によりほかの血管に影響が出ると判断される場合には、冠動脈バイパス術が検討されます。

治療手順

冠動脈バイパス術は、かつては人工心肺を使用し心臓を止めて行われることが多く、いまだ海外ではその方法が主流です。
日本では、1990年代より人工心肺を使用せず、心拍動をさせたまま行うオフポンプ手術が増加し、現在では広く流布しています。
当院では、厳密な術前検査と術中管理により、オフポンプ術が困難な症例も極力オフポンプで行い、またそれを可能とする確率が高くなっています。
また、冠動脈、特に最も重要な左前下行枝の性状が不良で吻合が困難であったり、長期開存が得られにくい症例に対しては、内膜摘除、Onlayパッチといった手法を用いて良好な血流を得ることが可能となります。当院ではそのような難易度の高い冠動脈バイパス手術に積極的に取り組んでいます。

入院から退院について

入院から退院について

治療後のこと

治療後の日常生活で気をつけていただきたいこと

野菜、魚や肉類、乳製品など、栄養を考えたバランスの良い食事を摂りましょう

野菜、魚や肉類、乳製品など、栄養を考えたバランスの良い食事を摂りましょう。

とくに、摂取カロリーや水分、塩分の量は、医師の指示に従ってください。なおサプリメントの摂取には注意が必要です。とくにカルシウムは生体弁組織の耐久性を弱めるとされているので、医師に相談して下さい。

運動レベルは医師と相談して決めてください

運動レベルは医師と相談して決めてください。

運動プログラムに従った適度な運動は、心臓の負担を軽減しライフスタイルを維持するためにも重要となります。

また、新たなスポーツを始める際は、医師に相談してください。

治療費

冠動脈バイパス術には健康保険、高額医療制度が適応されます。費用は年齢や所得によって異なります。
冠動脈バイパス術は高額医療制度が適応となりますので、ご入院前にあらかじめ申請していただき窓口で提示していただくと支払う額は自己負担限度額までで済みます。

高額入院費が予想される70歳未満の患者さまへ

医療費の自己負担分(一部負担金)が自己負担限度額以上になった場合に適応になります。保険者で手続きしていただくと、患者さまは保険診療分における自己負担限度額(食事代等はふくまれません)のみを病院にお支払いいただき、差額分については保険者が病院へ支払う形になります。
申請等の詳細につきましてはクリニック・病院の窓口でもご説明させていただきますので受付でお声がけください。(70歳以上の方は申請は不要です)

※限度額認定証(高額医療費制度)自己負担限度額(月額)

【70歳未満】(要申請)  

ア:252,600円+(総医療費※1-842,000円)×1%
イ:167,400円+(総医療費※1-558,000円)×1%
ウ: 80,100円+(総医療費※1-267,000円)×1%
エ: 57,600円
オ: 35,400円

【70歳以上】(現役並み所得者・低所得者は要申請)  

現役並み所得者(3割):80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
一般(1割・2割):57,600円
低所得者Ⅱ:24,600円
低所得者Ⅰ:15,000円

外来受診のご案内

第二川崎幸クリニック 心臓外科

TEL044-511-2112(予約専用電話)
第二川崎幸クリニック

第二川崎幸クリニック

所在地:神奈川県川崎市幸区都町39-1

最寄り駅:JR川崎駅西口 徒歩15分 タクシー5分

第二川崎幸クリニック交通アクセス

https://saiwaicl-2.jp/access/