お知らせ一覧

記事の絞込み:

7月12日(木)14:00より、 【Jリーグチームドクター登壇 特別イベント 骨活】を開催いたします。

2018-06-28  お知らせ

7月12日(木)14:00より、ミューザ川崎シンフォニーホール4階市民交流室にて、
【Jリーグチームドクター登壇 特別イベント】を開催いたします。

■イベント名:Jリーグチームドクター登壇 特別イベント
【骨活~ほねかつ~

■日時:2018年7月12日(木)14時00分~16時00分(開場13時15分)

「“骨活”で強くて若い骨をつくろう」
「コツコツ骨太食事術」
「骨を鍛える!骨トレ体操」
「質疑応答「“ボーン”とおこたえします」」

■会場:ミューザ川崎シンフォニーホール 4階市民交流室
■参加申込:不要(先着150名)
■参加費:無料
■講師:
川崎幸病院 副院長/整形外科医師/部長 Jリーグチームドクター 原淳
川崎幸病院 管理栄養士 田内 直恵
川崎幸病院 理学療法士 坂本 明紀

【看護部研修 院内迅速対応システム】

2018-06-26  ICLS

実は・・・ICLSインストラクターはICLSコース以外にも活動しております。

院内迅速対応システム(RRS=Rapid Response System)ってご存知ですか??

多くの「急変」には前兆があるという点に着目したシステムです。

心停止に陥る前の状態変化(重症化する前に)を早期に認識し、早期介入できるか?がとても大切と言われています。

当院も昨年からRRSを導入し、院内に浸透すべく地道に活動を開始しました。

ICLSは主に心停止に対する最初の10分間の蘇生トレーニングを目的としたコースなので、若干趣旨とは違うのですが…。院内心停止を未然に防ぐことができたら患者さんのためになる!という、心停止に至る前の対応についても力を入れてみよう!という目的もあります。

 今回は、教育委員からご依頼をいただいてスタッフⅠ(部署でリーダーを始めるスタッフ)にRRSの研修を行いました。RRSの概要と当院のシステム(起動基準や起動フロー)を刷り込む(笑)講義から始まり、グループに分かれてシミュレーションを行いました。シミュレーションは、患者設定を伝えて患者の評価(Primary Survey)を行い、他者への報告はSBARを意識して報告することを実践してもらいました。研修担当となったICLSインストラクターも普段とは違い、心停止前の患者という設定なのでICLSコースより色々な知識を駆使しながら受講生からの質問に対応していました。

 このような研修は初めてだったので反省点もあったのですが、【心停止前の状態変化に気づく】【困ったときのRRS】ということを覚えてもらえたらいいね〜!とインストラクターで話していました。心停止前からの対応スキルも向上すべく川崎幸ICLSチームは日々精進しております!!

6月14日(木)14:00より【血管力 もっと若返りフォーラム】を開催いたします。

2018-06-02  お知らせ

6月14日(木)14:00より、ミューザ川崎シンフォニーホール4階市民交流室にて、
血管力 もっと若返りフォーラム】を開催いたします。

■イベント名:特別イベント 2年ぶりに帰ってきた。「おかえり、血管力」
【血管力 もっと若返りフォーラム】

「突然死から身を守れ!血管力を強く若くしなやかに」
「血管年齢マイナス5歳をめざそう!マル秘若返りレシピ」
「どこでもできる!血管若返り体操」
「わたしの血管大丈夫?検査でわかる動脈硬化」

■日時:2018年月14日(木)14時00分~16時00分(開場13時15分)
■会場:ミューザ川崎シンフォニーホール 4階市民交流室
■参加申込:不要(先着150名)
■参加費:無料
■講師:川崎幸病院 循環器内科医師/医長 羽鳥慶
ハックドラッグ鹿島田薬局 管理栄養士 榎本寿美玲
川崎幸病院 理学療法士/主任 髙橋由佳
川崎幸病院 臨床検査技師/主任 岡田耕一郎

広報誌『あおぞら』2018年6月号を発行しました。

2018-06-01  広報誌

広報誌『あおぞら』2018年6月号を発行しました。

※バックナンバーはこちら

「かわさき健康塾」の2018年7月のスケジュールが決まりました。

2018-06-01  お知らせ

「かわさき健康塾」の2018年7月のスケジュールが決まりました。

川崎幸病院では、地域の皆様が病気や医療について知識を深め、健康維持・増進、疾病の早期発見・早期治療に役立てていただけるよう、医学公開講座 【かわさき健康塾】を開催しております。
どなたでも無料で参加できますので、どうぞお気軽にお越しくださいませ。
◆かわさき健康塾についてはこちら

 過去の講座や、講演動画、今後のスケジュールなども掲載しています