大動脈瘤について 基本編

急性大動脈解離の治療

急性大動脈解離

川崎幸病院 川崎大動脈センター 副センター長/大動脈外科部長 大島 晋

急性大動脈解離は大きく分けて心臓に近い上行大動脈に起こるスタンフォードA型と上行大動脈に解離がなく、下行大動脈より末梢側に起こるスタンフォードB型に分類されます。A型は緊急手術、B型は安静と厳重な血圧管理による保存的加療が基本治療になります。

急性大動脈解離は未治療の場合、非常に死亡率の高い病気です

大動脈解離 イメージ

激痛を伴い発症した患者さんは、しばしば循環不全や臓器の虚血(血流障害)に見舞われます。
適切な手術治療が生命の危機を脱する唯一の手段です。私たちはこのような急性疾患に対しても24時間365日対応するシステムをとっています。
他県など遠方の患者さんに対しては、救急ヘリコプターによる搬送を行う場合もあります。

大動脈解離 イメージ

手術方法は、“胸部大動脈瘤の治療”で説明した上行大動脈瘤、および弓部大動脈瘤とほぼ同じです

ただし、血管が非常にもろいことが多く、高度な手術技術が必要です。術後は通常の大動脈瘤よりは、ゆっくりとしたリハビリプログラムをおこない、社会復帰を可能にしています。入院期間はおよそ4週間ですが、退院後もある一定期間は、慎重な経過観察が必要です。