消化器内科

主な対象疾患

悪性疾患:食道癌、胃癌、大腸癌、GIST、胆管癌、膵臓癌、肝臓癌
境界疾患:胃腺腫、大腸ポリープ、膵嚢胞性疾患(IPMN等)
良性疾患:胃潰瘍、十二指腸潰瘍、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン)、虚血性腸炎、大腸憩室炎、憩室出血、総胆管結石、急性胆管炎、急性胆嚢炎、急性膵炎、慢性膵炎、肝硬変

*上記以外にも消化器領域の疾患はすべて対象疾患となります。

消化器内科の特色

消化器内科は消化器急性疾患に対する24時間対応と消化器全般に関する高度専門医療の提供を2本柱として診療を行っており、日本消化器内視鏡学会、日本消化器病学会、日本消化管学会、日本肝臓学会等の各分野における専門医が在籍しています。
消化器急性疾患の対応としては、医師、看護師、技師がチームとなり、24時間緊急内視鏡検査を安全に行える体制をとっており、消化管出血や急性胆管炎等の緊急で内視鏡治療を要する患者も積極的に受け入れております。
高度専門医療の提供として、今後も増加していくと思われる悪性腫瘍に対する診断・治療には、特に力を入れています。消化管領域に関しては、早期癌に対して、NBI(狭帯域光観察)や拡大内視鏡を用いた拡大観察により正確な診断を行い、以前は手術を行っていた大きな病変に対しても、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)で低侵襲な内視鏡治療を行っております。胆膵領域の悪性腫瘍に対しては、CTやMRCPだけではなく、EUS(超音波内視鏡検査)も行って精査し、ERCP(内視鏡的胆管膵管造影)やEUS-FNAB(超音波内視鏡下針生検)で診断しております。癌の浸潤により閉塞性黄疸を生じた場合には、内視鏡的胆管ドレナージを行い、黄疸を改善させ、手術適応のない場合には化学療法も行っています。
良性疾患に関しても、胆膵領域においては、以前は内視鏡的に除去することが困難であった巨大な総胆管結石に対して内視鏡的乳頭ラージバルーン拡張術(EPLBD)を行うことにより内視鏡的に除去しております。急性胆嚢炎に対しては、抗血小板剤や抗凝固剤の内服、肝硬変や腹水貯留等によりPTGBD(経皮経肝胆嚢ドレナージ術)が行えない場合でも、内視鏡的胆嚢ドレナージ術を行い治療しております。急性膵炎後の膵仮性嚢胞(PPC)や被包化壊死(WON)に感染を合併した場合には、EUS下に嚢胞ドレナージを行っており、必要時にはLAMS(Lumen apposing metal stent)を用いています。また、以前は暗黒の大陸と呼ばれていた小腸領域に関しても、カプセル内視鏡で診断を行い、治療が必要な場合にはダブルバルーン内視鏡を用いて止血術やポリープ切除等を行っております。
当科では、専門的な内視鏡診断・治療で地域医療に貢献出来るように日々診療しております。

診療実績

2019年内視鏡検査総件数

2018年内視鏡検査総件数

2019年川崎幸病院内視鏡治療件数

2018年川崎幸病院内視鏡治療件数

川崎幸病院・第二川崎幸クリニック 上部内視鏡件数

川崎幸病院・第二川崎幸クリニック 上部内視鏡件数

川崎幸病院・第二川崎幸クリニック 下部内視鏡件数

川崎幸病院・第二川崎幸クリニック 下部内視鏡件数

川崎幸病院 上部EMR・ESD件数

川崎幸病院 上部EMR・ESD件数

川崎幸病院 下部EMR・ポリペクトミー件数

川崎幸病院 下部EMR・ポリペクトミー件数

川崎幸病院 ERCP件数

川崎幸病院 ERCP件数

川崎幸病院 EUS件数

川崎幸病院 EUS件数

川崎幸病院 総胆管結石除去術件数

川崎幸病院 総胆管結石除去術件数

川崎幸病院 胆道ドレナージ件数

川崎幸病院 胆道ドレナージ件数

※グラフの略語説明

ERCP:内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査

EMR:内視鏡的粘膜切除術

ESD:内視鏡的粘膜下層剥離術

EIS:内視鏡的食道静脈瘤硬化療法

EVL:内視鏡的食道静脈瘤結紮術

EST:内視鏡的十二指腸乳頭切開術

EPBD:内視鏡的十二指腸乳頭バルーン拡張術

EUS:超音波内視鏡

EUS-CD:超音波内視鏡下膵のう胞ドレナージ

医師プロフィール

大前 芳男

大前 芳男

消化器内科部長/内視鏡センター長/がん治療センター副センター長

専門分野・得意とする手技

  • 消化器内科全般
  • 内視鏡診断・治療(上部・下部消化管、胆膵)

略歴

  • 1997年 群馬大学医学部卒
  • 1997年 群馬大学医学部附属病院 第一内科
  • 2001年 亀田総合病院 消化器内科
  • 2003年 昭和大学横浜市北部病院 消化器センター
  • 2004年 昭和大学横浜市北部病院 消化器センター員外助手
  • 2005年 川崎幸病院 消化器内科

認定資格等

  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会 関東支部 評議員
  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
  • 日本消化管学会胃腸科専門医・指導医
  • 日本カプセル内視鏡学会専門医・指導医
  • 厚生労働省認定臨床研修指導医

設楽 雅人

内視鏡室室長
(川崎幸クリニック担当)

専門分野・得意とする手技

  • 消化器内科全般
  • 内視鏡診断(上部・下部消化管)

略歴

  • 1991年 帝京大学医学部卒

認定資格等

  • 日本外科学会認定医・専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医

高畑 彩子

消化器内科医長
(第二川崎幸クリニック担当)

専門分野・得意とする手技

  • 消化器内科全般
  • 内視鏡診断・治療(上部・下部消化管、肝胆膵)

略歴

  • 2003年 新潟大学医学部卒
  • 2010年 医学博士取得

認定資格等

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本肝臓学会肝臓専門医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 医学博士

谷口 文崇

消化器内科医長

専門分野・得意とする手技

  • 消化器内科全般(上部・下部消化管・肝胆膵)

略歴

  • 2004年 大阪大学医学部卒

認定資格等

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内科専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医

塚本 啓祐

消化器内科医長

専門分野・得意とする手技

  • 胆膵疾患(ERCP・EUS)

略歴

  • 2004年 自治医科大学医学部卒
  • 2012年 宮城県立がんセンター 胆膵グループ
  • 2016年  川崎幸病院 消化器内科

認定資格等

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本胆道学会認定指導医
  • 日本膵臓学会認定指導医
  • 日本超音波学会専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医

森重 健二郎

消化器内科医長

専門分野・得意とする手技

  • 消化器内科全般
  • 内視鏡診断・治療(上部・下部消化管)

略歴

  • 2006年 杏林大学医学部卒
  • 2011年 がん研有明病院 内視鏡診療部医員
  • 2016年 川崎幸病院 消化器内科

認定資格等

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会関東支部評議員

岡本 法奈

消化器内科医長

専門分野・得意とする手技

  • 消化器内科全般
  • 内視鏡診断・治療(上部・下部消化管、胆膵)

略歴

  • 2009年 旭川医科大学医学部卒
  • 2009年 旭川厚生病院
  • 2012年 川崎幸病院 消化器内科

認定資格等

  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本カプセル内視鏡学会認定医

粟田 裕治

消化器内科医師

専門分野・得意とする手技

  • 消化器内科全般
  • 上部消化管内視鏡検査、下部消化管内視鏡検査、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)

略歴

  • 2015年 日本医科大学医学部卒
  • 2015年 川崎幸病院 初期臨床研修医
  • 2017年 川崎幸病院 消化器内科

認定資格等

  • 日本内科学会認定医

中島 祥裕

消化器内科医師

略歴

  • 2017年 東京医科大学医学部卒
  • 2017年 川崎幸病院 初期臨床研修医
  • 2019年 埼玉石心会病院
  • 2020年 川崎幸病院 消化器内科

受診のご案内

外来は第二川崎幸クリニックにて行っています。ご予約・お問い合わせはクリニックまでお願いします。

第二川崎幸クリニック

TEL044-511-2112(予約専用電話)

第二川崎幸クリニック

〒212-0021 神奈川県川崎市幸区都町39-1

午前診療/ 9:00~12:00
午後診療/14:00~16:30
夕方診療/17:30~予約診療終了まで
土曜診療/ 9:00~12:00
休診日/日曜・祝祭日

第二川崎幸クリニック交通アクセス 
https://saiwaicl-2.jp/access/

時間外・救急の方は川崎幸病院救急外来へお問い合わせください